« Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #12 (APEX3.2と遊ぶ #5) | トップページ | recipetterを鍛えられるのか? »

2009年5月29日 (金) / Author : Hiroshi Sekiguchi.

Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #13 (APEX3.2と遊ぶ #6)

Oracle10g R2 10.2.0.4.0 for MacOSX (Intel x68-64)でAPEX3.2と遊ぶの第六話。

Intel版MacへOracle HTTP ServerとPL/SQL gatewayをORACLE_HOMEごと移動するための環境作りとしてPowerPCの環境でOracle 10g R1 10.1.0.3.0 + Oracle HTTP Server + HTMLDB 1.5をインストール及び構成するところから。


MacOSX 10.4.11とJavaSE6.0 Developer Preview 1となっている事以外は、Tiger Server De Oracle10g その6と同じである。(ちなみにMacOSXのカーネルパラメータはTiger Server De Oracle10gをやっていた当時のままなので今回の手順ではさらりと書いておくことにした。)

Oracle所有者の環境変数やカーネルパラメータはインストレーションガイド以前のものを参考にしてみてね。

参考資料
Oracle Database 10g Release 1 (10.1) Documentation for Apple Mac OS X

ちなみに、今回の環境変数設定などは以下、あらかじめインストールするディレクトリなどは決めているので事前に設定しておいた。(MySQL関係のは気にしないでね。)


G5Server:˜ oracle$ cat .bash_profile
alias ls='ls -v'
alias ll='ls -vl'
alias startapex='$ORACLE_HOME/../apex/Apache/Apache/bin/apachectl start'
alias stopapex='$ORACLE_HOME/../apex/Apache/Apache/bin/apachectl stop'

umask 022

# oracle environment
TEMP=/tmp
TMPDIR=/tmp
ORACLE_BASE=/Volumes/Discus/4oracle/oracle/u01/app/oracle
ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/10.1.0/tiger
ORACLE_SID=tiger
NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8
DYLD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib:$ORACLE_HOME/rdbms/lib:$DYLD_LIBRARY_PATH
PATH=$ORACLE_HOME/bin:$PATH
export TEMP TMPDIR ORACLE_BASE ORACLE_HOME ORACLE_SID NLS_LANG DYLD_LIBRARY_PATH PATH

export MYSQL_HOME=/usr/local/mysql
export DATADIR=$MYSQL_HOME/data
export PATH=$MYSQL_HOME/bin:$PATH
G5Server:˜ oracle$

TerminalでunzipしてできるDisk1以下のrunInstallerを起動してOracledatabase 10g R1のインストール開始(Tiger Server de Oracle10gも見てね


Install_db_1

Install_db_2

Install_db_3

Install_db_4_2

Install_db_5

今回はデータベースそのものよりOracle HTTP ServerとAPEXがメインなので必要最低限のオプションだけにしてインストール時間の節約。
Install_db_6_2

Install_db_7

Install_db_8

Install_db_9

インストール時にデータベース作成は行わない。
Install_db_10

Install_db_11

Install_db_12

お約束のroot.shの実行要求が表示されたらTerminalからrootユーザでroot.shを実行する。
Install_db_13

Configuration Assistantの実行でnetcaの実行に失敗するが、JavaSE6.0 Developer Preview 1を利用していることが影響していると考えられる内容であったためエラーを無視してすすめる。(netcaはこの後、手動で実行すれば問題ないので。)
JDK1.4.2又はJavaSE5.0を使っているのならこのエラーには遭遇しないと(思われる)。


Install_db_14

Install_db_15

Install_db_16

Install_db_17_2



OracleDatabase 10g R1のインストールでTiger Server De Oracle10gの頃にはなかったエラーがnetcaの実行中に発生したがこれはJavaSE6.0 Developer Preview 1をデフォルトのJDKに設定している(詳細は次回)ことが影響しているようなのでOUIのインストールではエラーを無視し後でnetcaを手動実行する。

今回はここまで、To be continued.





バックナンバー

Oracle10g R2 for MacOSX (Intel x86-64) released !!!
Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #1
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #2
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #3 (ちょいと寄り道)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #4 (Companion CD installation)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #5 (dbstart and dbshut does not work!! But....)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #6 (onsがバグっている?件..)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #7 (iSQL*Plusのメッセージがものすごく怖い件)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #8 - (APEX3.2と遊ぶ #1)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #9 - (APEX3.2と遊ぶ #2)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #10 (APEX3.2と遊ぶ #3)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #11 (APEX3.2と遊ぶ #4)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #12 (APEX3.2と遊ぶ #5)

| |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #13 (APEX3.2と遊ぶ #6):

コメント

コメントを書く