« Oracle de XMLDB #10 - 三度脱線 | トップページ | Dashboard Widget Top50 - 2007/12/08 »

2007年12月 7日 (金) / Author : Hiroshi Sekiguchi.

Oracle de XMLDB #11 - 三度脱線のおまけ

三度脱線したついでに・・・・

HTTPURITYPE型User-Agentはどうなっているのだろうか?  

そう思ったらやった方がはやいですね!!  

ということで、我が家のMac OS X server Leopard 10 Client版で普段は眠っているApacheを起動、Mac De OracleのAtomを配置して試してみた。

192.168.1.19 - - [07/Dec/2007:00:43:46 +0900] "GET /feed/mac_de_oracle_atom.xml HTTP/1.1" 200 13811 "-" "Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/419.3 (KHTML, like Gecko) Safari/419.3"
192.168.1.19 - - [07/Dec/2007:00:54:57 +0900] "GET /feed/mac_de_oracle_atom.xml HTTP/1.1" 304 - "-" "AppleSyndication/54"
192.168.1.20 - - [07/Dec/2007:01:05:25 +0900] "GET /feed/mac_de_oracle_atom.xml HTTP/1.1" 200 14644 "-" "-"

見ての通り、最後のログがOracleのHTTPURITYPE型でアクセスした場合のログなのだが、User-Agentは設定されていない!

| |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Oracle de XMLDB #11 - 三度脱線のおまけ:

コメント

コメントを書く