« Tiger Server De Oracle10g その4 | トップページ | Tiger Server De Oracle10g その6 »

2005年8月 4日 (木) / Author : Hiroshi Sekiguchi.

Tiger Server De Oracle10g その5

ワークグループマネージャでOracle所有者用アカウントを作成する。

ワークグループマネージャでユーザボタンをクリックするとユーザリストが表示される。

account1


ツールバーにある、「新規ユーザ」アイコンをクリックで、新規ユーザを作成できる。

以下のスナップショットでは、名前とユーザ名に oracle を設定し、UID(ユーザID)には自動設定された値をそのまま利用する。

account2


グループボタンをクリックして、プライマリグループに oinstallを設定し、他のグループとして dba を設定する。
account3


ホームボタンをクリックして、ホームディレクトリの設定。ホームディレクトリは、前回作成しておいたディレクトリを設定する

account4


はい、できあがり!(問題なければ、ホームディレクトリ以下にFinderのスナップショットのようなフォルダができあがっているはずだ!)

account5 account6


次回、Kernel ParametersとShell Limitsの設定へつづく。

| |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tiger Server De Oracle10g その5:

コメント

コメントを書く