« PL/SQL で Python Challenge 5 謎は解けたが。 迷走。 | トップページ | Tiger Server De Oracle10g 予告編 »

2005年7月 5日 (火) / Author : Hiroshi Sekiguchi.

Tiger & Panther De Oracle10g

Oracleの自動起動の設定をしたが、一つ忘れていた。自動停止のことを。

MacOS X 10.2 JaguarのころからOSのシャットダウン時に、/Library/StartupItems/xxx/xxx スクリプトに記述された、StopService()が実行されていない。これはPantherでも、Tigerでも同じようである。(MacOS X Serverではどうなのかは調べていない)
調べる必要はあるが今のところは手動で、 /sbin/SystemStarter stop "xxxxx" として停止するのが一番無難のようだ。ちなみに、Jaguarに Oracle 9i をインストールした際に参考にした、O'Reillyの記事でも同様の記述がある。 今のところ、Oracleのインスタンスを手動停止しないと、 MacOS X では、 kill -TERM されてしまうということのようだ。 MacOS X Tiger Serverではどうなんだろう?? MacOS X Serverはまだないのだが、MacOS X Serverを入手したら、ぜひ試してみたい点である。 (Apple ScriptでShutdownイベントを拾えれば、自動停止は可能かもしれない。。。これも調べてみよう)
 

| |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tiger & Panther De Oracle10g:

コメント

コメントを書く