2013年8月13日 (火)

Cross Platform Transportable Tablespace #12

ネタとしては地味ですがOracle Database 12cのTransportalbe tablespaceも軽めにチェック

以前のエントリ..2009年か〜〜遠い目
Cross Platform Transportable Tablespace #11


あれ、ちょいとズレてるけどご愛嬌:)

06:59:36 SYS@orcl12c> select * from v$version;

BANNER CON_ID
-------------------------------------------------------------------------------- ----------
Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.1.0 - 64bit Production 0
PL/SQL Release 12.1.0.1.0 - Production 0
CORE 12.1.0.1.0 Production 0
TNS for Linux: Version 12.1.0.1.0 - Production 0
NLSRTL Version 12.1.0.1.0 - Production 0

プラットフォームの情報も変化はない。Mac OSの文字もそのまま..

06:52:31 SYS@pdborcl> select * from v$transportable_platform;

PLATFORM_ID PLATFORM_NAME ENDIAN_FORMAT CON_ID
----------- ----------------------------------------------------------------------------------------------------- -------------- ----------
1 Solaris[tm] OE (32-bit) Big 0
2 Solaris[tm] OE (64-bit) Big 0
7 Microsoft Windows IA (32-bit) Little 0
10 Linux IA (32-bit) Little 0
6 AIX-Based Systems (64-bit) Big 0
3 HP-UX (64-bit) Big 0
5 HP Tru64 UNIX Little 0
4 HP-UX IA (64-bit) Big 0
11 Linux IA (64-bit) Little 0
15 HP Open VMS Little 0
8 Microsoft Windows IA (64-bit) Little 0
9 IBM zSeries Based Linux Big 0
13 Linux x86 64-bit Little 0
16 Apple Mac OS Big 0
12 Microsoft Windows x86 64-bit Little 0
17 Solaris Operating System (x86) Little 0
18 IBM Power Based Linux Big 0
19 HP IA Open VMS Little 0
20 Solaris Operating System (x86-64) Little 0
21 Apple Mac OS (x86-64) Little 0

20行が選択されました。


con_idはお約束で追加されていますが、ビューは大きく変わってないようですね。

12cで試している方のエントリを見つけたのでメモ:
Oracle 12c: Transport tablespaces across platforms




Cross Platform Transportable Tablespace #11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

Oracle Database 12c New Feature : Invisible Columnsの怪w s/怪w/謎/

Oracle® Database New Features Guide 12c Release 1 (12.1) - 1.5.5.3 Invisible Columns
Oracle® Database Administrator's Guide 12c Release 1 (12.1) - Understand Invisible Columns


予告通り Invisible Columnの小ネタを。
(祭りに呼び出されて書けないかかもしれない、という状況にはならずw この時間に自宅にいるのはラッキーw)

本題とは関係ないですが、改行されないのはご愛嬌:)

SYS@orcl12c> startup pluggable database pdborcl;
ラガブル・データベースがオープンされました。SYS@orcl12c>
SYS@orcl12c>
SYS@orcl12c> conn scott@pdborcl
パスワードを入力してください:
接続されました。
SCOTT@pdborcl>

Invisible columnを含む表を作成します。(問題なく作成されました。当たり前か..)

SCOTT@pdborcl> create table hoge (a number, b number, c number invisible);

表が作成されました。


SQL*Plusのdescコマンドで見てみます。マニュアルの通り、Invisible columnはリストされません。

SCOTT@pdborcl> desc hoge
名前 NULL? 型
----------------------------------------- -------- ----------------------------
A NUMBER
B NUMBER


さあ、ここから、気持ち悪い事が起きますよ〜〜。よ〜〜〜く見ててくださいね〜〜。

列は隠れていますが、存在を知って、Invisible Columnでもカラムを指定すればデータを登録できるんです。見えてないだけなんです!

SCOTT@pdborcl> insert into hoge(a,b,c) values(1,2,4);

1行が作成されました。


カラム指定しないとa列と、b列しかないものとして扱われ、見慣れたエラー、「ORA-00913: 値の個数が多すぎます。」となります。

いい感じの気持ち悪さでしょ :)

SCOTT@pdborcl> insert into hoge values(11,12,14);
insert into hoge values(11,12,14)
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-00913: 値の個数が多すぎます。

2列分なら正常に登録できます。見えるのはa列とb列の2列なので当然と言えば当然。

SCOTT@pdborcl> insert into hoge values(11,12);

1行が作成されました。

SELECTリストに * を指定すれば、ほらほら、自然です。 a列とb列だけがリストされています。

SCOTT@pdborcl> select * from hoge;

A B
---------- ----------
1 2
11 12


でも...c列の存在を知っている人には....見えちゃうんです。

SCOTT@pdborcl> select a, b, c from hoge;

A B C
---------- ---------- ----------
1 2 4
11 12 [null]

同様に削除や更新もできちゃいます。見えないものが見えてる人にはw。
(その存在を知らない人には見えないわですが...)

SCOTT@pdborcl> update hoge set c = 14 where c is null;

1行が更新されました。

SCOTT@pdborcl> select a, b, c from hoge where c = 14;

A B C
---------- ---------- ----------
11 12 14

SCOTT@pdborcl> delete from hoge where c = 14;

1行が削除されました。

SCOTT@pdborcl> select a, b, c from hoge;

A B C
---------- ---------- ----------
1 2 4


ORDER BY句でも、その存在さえ知っていればいろいろイタズラできますね。

SCOTT@pdborcl> select a,b,c from hoge order by c desc;

A B C
---------- ---------- ----------
11 12 14
1 2 4


おもしろいですね。

SCOTT@pdborcl> select * from hoge order by c desc;

A B
---------- ----------
11 12
1 2

Invisible columnには索引も作れます!

SCOTT@pdborcl> create index hoge_ix on hoge(c);

索引が作成されました。

SCOTT@pdborcl> set autot trace exp
SCOTT@pdborcl> select * from hoge where c = 14;

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 3349209795

-----------------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
-----------------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 1 | 39 | 2 (0)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS BY INDEX ROWID BATCHED| HOGE | 1 | 39 | 2 (0)| 00:00:01 |
|* 2 | INDEX RANGE SCAN | HOGE_IX | 1 | | 1 (0)| 00:00:01 |
-----------------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

2 - access("C"=14)

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

SCOTT@pdborcl>

次のようなイタズラもできます! うひゃw うひゃw 

相手の腕試をしするにはぴったりなイタズラです(嘘

SCOTT@pdborcl> alter table hoge modify (c number not null);

表が変更されました。

SCOTT@pdborcl>
SCOTT@pdborcl> insert into hoge(a, b) values(100,111);
insert into hoge(a, b) values(100,111)
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-01400: ("SCOTT"."HOGE"."C")にはNULLは挿入できません。


イタズラはこれくらいにして、Invisible Columnをディクショナリビューから覗いてみましょう。
Invisible Indexもディクショナリビューからいろいろと情報を得ることができましたよね! 
(多分、同じように見れるのでは...と思っていたが...

desc[ribe]コマンドではInvisible Columnは見えませんが、 ALL/DBA/USER_TAB_COLUMNSからは見る事ができます。

racle® Database Reference 12c Release 1 (12.1) - ALL_TAB_COLUMNS


ただし、見る事はできるのですが、その列がInvisible Columnかどうかを確認する列がないんですよ。(ぱっと見)

例えば、Invisible IndexだとALL/DBA/USER_INDEXES確認できます

SCOTT@pdborcl> select index_name,visibility from user_indexes where table_name='HOGE';

INDEX_NAME VISIBILIT
------------------------------ ---------
HOGE_IX INVISIBLE
HOGE_PK VISIBLE


そこで疑問!
SQL*PLusのdesc[ribe]コマンドはどのような情報を基にVisible Columeだけを表示してるんでしょうねぇ〜。

これ、探すのにてこずりましたよ!

以下のマニュアルにも記載されていますが、Visible/InvisibleにするとColumn Orderが変化することにも関連しているようです。
Oracle® Database Administrator's Guide 12c Release 1 (12.1) - Understand Invisible Columns

desc[ribe]ではInvisible Columnは見えません

SCOTT@pdborcl> desc hoge
名前 NULL? 型
----------------------------------------- -------- ----------------------------
A NUMBER
B NUMBER


どのような情報を見てInvisibleであると判断しているのか....

SCOTT@pdborcl> select column_name,data_type,nullable,column_id from user_tab_columns where table_name='HOGE' order by column_id;

COLUMN_NAME DATA_TYPE N COLUMN_ID
------------------------------ ---------- - ----------
A NUMBER Y 1
B NUMBER Y 2
C NUMBER N [null]


COLUMN_IDがNULLである列がInvisible Columns !!!!

SCOTT@pdborcl> l
1 select
2 column_name
3 ,data_type
4 ,nullable
5 ,column_id
6 from
7 user_tab_columns
8 where
9 table_name='HOGE'
10 and column_id is not null
11 order by
12* column_id
SCOTT@pdborcl> /

COLUMN_NAME DATA_TYPE N COLUMN_ID
------------------------------ ---------- - ----------
A NUMBER Y 1
B NUMBER Y 2

いずれ、ALL/DBA/USER_TAB_COLUMNSに、VISIBILITYという列が追加されるんじゃないかと想像してます :)

それまでは俺俺 USER_TAB_COLUMNSビューでも作っておくと便利かも...しれない。

SCOTT@pdborcl> create view my_tab_columns as
2 select
3 user_tab_columns.*
4 ,case when user_tab_columns.column_id is null
5 then 'INVISIBLE' else 'VISIBLE' end as VISIBILITY
6 from
7 user_tab_columns
8 ;

ビューが作成されました。
SCOTT@pdborcl> select column_name,data_type,nullable,visibility from my_tab_columns where table_name='HOGE' order by column_id;

COLUMN_NAME DATA_TYPE N VISIBILIT
------------------------------ ---------- - ---------
A NUMBER Y VISIBLE
B NUMBER Y VISIBLE
C NUMBER N INVISIBLE


このような特性を理解した上で、どのような場面で使うと便利なのか、じ〜〜〜〜っくり考えてみたいと...と思いつつ...寝ます。パタリ。 1:48am


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

Oracle Database 12c R1 : コンテナデータベースとプラガブルデータベースを歩きやすくしてみる

世界を見渡せば、かなりの方がOracle Database 12cのインストール手順を公開し始めているのでインストール後の話を書いておきますね。

インストール時にPluggable Databaseも同時に作成してもtnsnames.oraにはContainer Databaseへの接続定義しか無かったんです。(私のインストール手順に問題がなければ..なんですが)
無くてもEasy connectを使えば接続できるので問題はないんですが...

ただ、Easy connectで毎回タイプするのも面倒(少々長いし)なので、tnsnames.oraにPluggable Database接続用定義を作成しておきましょう。

定義内容はいままでと変わらず。 SERVICE_NAMEの箇所を接続先のPluggable Database名にするだけ。
(Pluggable Database名と書いたが、マニュアル読みきれてないので表現は間違っているかもしれません。間違っていたら後で修正します)

[oracle@emperortetra]$ cat $ORACLE_HOME/network/admin/tnsnames.ora
# tnsnames.ora Network Configuration File: /opt/u01/product/12.1.0/dbhome_1/network/admin/tnsnames.ora
# Generated by Oracle configuration tools.

# for Container Database : orcl12c
ORCL12C =
(DESCRIPTION =
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = emperortetra)(PORT = 1521))
(CONNECT_DATA =
(SERVER = DEDICATED)
(SERVICE_NAME = orcl12c)
)
)

# for Pluggable Database : pdborcl
PDBORCL =
(DESCRIPTION =
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = emperortetra)(PORT = 1521))
(CONNECT_DATA =
(SERVER = DEDICATED)
(SERVICE_NAME = pdborcl)
)
)

本題である、歩きやすくするための設定がこれ。

複数のPluggable DatabaseとContainer Database間を旅することも多くなりそうですから、今、自分はどこにいるのか把握しやすくしておいたほうが吉かと。

12c以前から定番で設定している内容ではあるのですが。赤字部分がポイント

目立たないけど、地味に大切なのが、 set tab off だと思っているのは私だけだろうか!w 
(ここのところ、set tab offじゃない人のコピペしてきた、位置ズレまくりの実行計画見せられててイライラしている影響もある :)


それ以外の設定も、設定してるだけで、「むむむ、この方できるかも!」 と、
思わせる(思わせるだけですからね!w つかみはOK的な感じなので、あとはあなた次第)設定内容なので大切と言えば大切。
(login.sqlでもOK)

[oracle@emperortetra]$ cat $ORACLE_HOME/sqlplus/admin/glogin.sql
--
-- Copyright (c) 1988, 2005, Oracle. All Rights Reserved.
--
-- NAME
-- glogin.sql
--
-- DESCRIPTION
-- SQL*Plus global login "site profile" file
--
-- Add any SQL*Plus commands here that are to be executed when a
-- user starts SQL*Plus, or uses the SQL*Plus CONNECT command.
--
-- USAGE
-- This script is automatically run
--
set linesize 180
set pagesize 10000
set timi on
set time on
define _EDITOR=vi
col table_name for a30
col column_name for a30
col segment_name for a30
col tablespace_name for a30
col index_name for a30
col partition_name for a30
col sub_partition_name for a30
set sqlp "_USER'@'_CONNECT_IDENTIFIER> "
set tab off
[oracle@emperortetra]$


リスナーを起動してステータスを見てみましょう (u01が/optの下にあるのは内緒w じゃないw
まだ、データベースを起動していないのでこんな感じです。

[oracle@emperortetra]$ lsnrctl status

LSNRCTL for Linux: Version 12.1.0.1.0 - Production on 06-7月 -2013 09:10:04

Copyright (c) 1991, 2013, Oracle. All rights reserved.

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1521)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名 LISTENER
バージョン TNSLSNR for Linux: Version 12.1.0.1.0 - Production
開始日 06-7月 -2013 09:06:38
稼働時間 0 日 0 時間 3 分 26 秒
トレース・レベル off
セキュリティ ON: Local OS Authentication
SNMP OFF
パラメータ・ファイル /opt/u01/product/12.1.0/dbhome_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル /opt/u01/diag/tnslsnr/emperortetra/listener/alert/log.xml
リスニング・エンドポイントのサマリー...
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1521)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=emperortetra)(PORT=1521)))
リスナーはサービスをサポートしていません。
コマンドは正常に終了しました。
[oracle@emperortetra]$


Container Databaseの起動(12cより前のOracle Databaseと同じですね)

Container Databaseである orcl12c がSQL*Plusのプロンプトに表示されていますよね!! :)

[oracle@emperortetra]$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 12.1.0.1.0 Production on 土 7月 6 09:25:22 2013

Copyright (c) 1982, 2013, Oracle. All rights reserved.

アイドル・インスタンスに接続しました。

09:25:22 SYS@orcl12c> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 1653518336 bytes
Fixed Size 2289016 bytes
Variable Size 1040188040 bytes
Database Buffers 603979776 bytes
Redo Buffers 7061504 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
09:25:32 SYS@orcl12c>



Pluggable Databaseを起動します!

09:25:34 SYS@orcl12c> alter pluggable database pdborcl open;

プラガブル・データベースが変更されました。

経過: 00:00:00.86


Pluggable DatabaseのSYS、SYSTEMおよび、SCOTTユーザに接続してみます!
09:25:53 SYSTEM@orcl12c> conn sys@pdborcl as sysdba
パスワードを入力してください:
接続されました。
09:26:06 SYS@pdborcl>
09:26:07 SYS@pdborcl>
09:26:07 SYS@pdborcl> conn system@pdborcl
パスワードを入力してください:
接続されました。
09:26:34 SYSTEM@pdborcl>
09:26:34 SYSTEM@pdborcl>
09:26:35 SYSTEM@pdborcl> conn scott@pdborcl
パスワードを入力してください:
接続されました。
09:26:50 SCOTT@pdborcl>
09:26:51 SCOTT@pdborcl>
09:26:51 SCOTT@pdborcl>


SQL*Plusのプロンプトに接続先の情報を表示しておくと便利ですよね。Database間を歩きやすく、迷子になりにくくなりますよ! :)

おまけ
Container Databaseおよび、Pluggable Database起動後のlistenerのステータスは以下の通り。

[oracle@emperortetra]$ lsnrctl status

LSNRCTL for Linux: Version 12.1.0.1.0 - Production on 06-7月 -2013 09:28:09

Copyright (c) 1991, 2013, Oracle. All rights reserved.

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1521)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名 LISTENER
バージョン TNSLSNR for Linux: Version 12.1.0.1.0 - Production
開始日 06-7月 -2013 09:06:38
稼働時間 0 日 0 時間 21 分 31 秒
トレース・レベル off
セキュリティ ON: Local OS Authentication
SNMP OFF
パラメータ・ファイル /opt/u01/product/12.1.0/dbhome_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル /opt/u01/diag/tnslsnr/emperortetra/listener/alert/log.xml
リスニング・エンドポイントのサマリー...
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1521)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=emperortetra)(PORT=1521)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcps)(HOST=emperortetra)(PORT=5500))(Security=(my_wallet_directory=/opt/u01/admin/orcl12c/xdb_wallet))(Presentation=HTTP)(Session=RAW))
サービスのサマリー...
サービス"orcl12c"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"orcl12c"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"orcl12cXDB"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"orcl12c"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"pdborcl"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"orcl12c"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
コマンドは正常に終了しました。
[oracle@emperortetra]$

Enjoy Oracle Database 12c R1 :)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

Oracle Database 12c R1 12.1.0.1.0 released!

http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/enterprise-edition/downloads/index.html

Oracle Database 12c release 1 12.1.0.1.0 がやっと公開されました :)

ダウンロードは朝一でしたが、帰宅してからインストール、力尽きたので、寝ます。<イマココ

ちなみに、Linuxは、CentOS5.8 x86_64です。Oracle11g R2をインストールしていたのですが、そのまま別ORACLE_HOMEへインストールしてみました。 

問題なく?インストールできたようですが、6系とかSolarisにしたほうが良かったかなぁ...w


20130627_03453


20130627_11605


なんか、沢山のバックグランドプロセスが... まだマニュアルもまともに読んでないので、これからです :)


20130627_12233


そして、噂のpga_aggregate_limit

SQL> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
pga_aggregate_limit big integer 3596M
pga_aggregate_target big integer 1798M
SQL>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

jdk-7u13にアップデート

http://docs.oracle.com/javase/


20130203_61623


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

やはり、来たね VirtualBoxアップデート :)

この時期に仕事やっつけてないと、クリスマスが大変だものね〜 :) と

https://www.virtualbox.org/wiki/Changelog

20121223_142825

20121223_143046


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

VirtualBoxのゲストさん、いらっしゃ〜〜い

VirtualBox で いろんなGuestOS起動してみた。(MacOS Xは以前書きましたけど、他のOSもまとめて書いておきますね)

HostはMac/OS X Mountain Lionでございます。
20121215_64848

VirtualBoxは、4.2.4でございます。

20121215_65224


GuestOSのみなさま :)

まずは、Mac on Mac から

Mac OS X Leopard 10.5
Macos_x_leopard_105

Oracle Solaris11.1
Oracle_solaris111


HAIKU Alpha4
Haiku_alpha4


OpenSUSE 12.2
Opensuse122


Ubuntu 12.10
Ubuntu1210_2


Fedora 17
Fedora

CentOSとかWindowsもね

CentOS 5 and 6
Centos5_2

Centos6

Windows XP and 7
Windowsxp

Windows7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

VirtualBox 4.2.4 Released

余裕がなくてアップデート1つ飛ばしてしまった >< 

OS X関連 bug fix含んでいるので更新など...

対応ゲストOS一覧はここ.
https://www.virtualbox.org/wiki/Guest_OSes


https://www.virtualbox.org/wiki/Changelog

20121029_53350
20121029_53427

20121029_53455
20121029_53517
20121029_53541

20121029_55901


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

VirtualBox 4.2 Released !!!

VirtualBoxリリーススピードがすごいっす。。

VIrutalBox 4.2リリース! グループ化したVMは一括起動できるんで便利ですね〜

一括起動するとする際には、グループ内の並び順で順次起動されてます。この機能が追加されるとたぶん更なる要求があるかもしれませんね。順に起動するだけでなく任意に一括起動とか、各VMの起動間隔したいとか :)

20120922_141057


20120922_141104


2012/9/23更新(相変わらずミスが多い ><)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

VirtualBox 4.1.22 、 4.2近くに来てるし〜:)

4.1.22 今回は随分間隔短いリリースだな (^^;;;

20120911_84234

4.2.0 も RC4な


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

VirtualBox 4.1.20 released!

Mac OS X hosts: adaptions to Mountain Lionとの記載もあるので即アップデート

20120822_90846


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

VirtualBox 4.1.18 released!

https://www.virtualbox.org/wiki/Changelog

定期的にアップデートされてて素敵:)

20120623_73025


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

VirtualBox 4.1.16 released

https://www.virtualbox.org/wiki/Changelog

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

Mac OS X hosts: addressed issues running on Mountain Lion Preview 3 と Moutain Lion対応も順調のようですな〜 :)


20120602_75941

とりあえず、MacOS X Lion阪はアップデートdone.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

VirtualBox 4.1.14 と OS X Mountain Lion対応? 4.1.15がリリースされてた

今気づいたけど、4.1.14だけだと思ったら、MacOS X Mountain Lion対応の VirtualBox 4.1.15も出てたのね。:)

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

20120506_183804


20120506_190633


とりあえずアップデート

20120506_185041


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

VirtualBox 4.1.12 released

https://www.virtualbox.org/wiki/Changelog

20120407_194045

おやおや、今気づいたけど、VirtualBoxについてのダイアログ。バー部分が角張ってるよね。4.1.10から上部だけ角張ってる。

4.1.8まではラウンドだったのに…気になる

以下、4.1.8

20111220_12335


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

VirtualBox 4.1.10 released - あれ前回は 4.1.8だったけど一つ飛んだね

https://www.virtualbox.org/

少々時間空いたな〜と思っていたら、4.1.8の次は、一つ飛ばして4.1.10ですね。:)

20120316_163833

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 Unconference当日のデモ環境は VirtualBox4.1.10で、GuestOSはCentOS5.8、データベースはOracle11g R2で。もちろんホストOSはOS Xですよ:)

Unconference_jpoug

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

VIrtualBox 4.1.8 released :)

クリスマス前にリリース! されてたのでupdate. Linuxのは後で。

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

20111220_12000


20111220_12335


特に問題なく起動したし:)

20111220_12543


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

PL/SQL de Conditional Compile #6

随分前にPL/SQL de Conditional Compile #5ってエントリ書いてたのを思い出して、11g R1/R2用のを見てみたらソースに丁寧なコメント(マニュアルよりいいんじゃね?w )が書かれていてうれしくなった。

オラクルさんとして見せたくない部分は見えないようになっているけど、見せても問題ないところはコードが見える(all_sourceビュー)わけで、それはそれでうれしいわけです。はい。マニュアルが意外に不親切だったりするので。

(マニュアル、良くなりましたよ。昔より。 > 褒めておかないとね、だれとなくw。)...文字サイズも多くしておきましたw

● Oracle11g R1 11.1 の DBMS_DB_VERSION

package dbms_db_version is
version constant pls_integer := 11; -- RDBMS version number
release constant pls_integer := 1; -- RDBMS release number

/* The following boolean constants follow a naming convention. Each
constant gives a name for a boolean expression. For example,
ver_le_9_1 represents version <= 9 and release <= 1
ver_le_10_2 represents version <= 10 and release <= 2
ver_le_10 represents version <= 10

A typical usage of these boolean constants is

$if dbms_db_version.ver_le_10 $then
version 10 and ealier code
$elsif dbms_db_version.ver_le_11 $then
version 11 code
$else
version 12 and later code
$end

This code structure will protect any reference to the code
for version 12. It also prevents the controlling package
constant dbms_db_version.ver_le_11 from being referenced
when the program is compiled under version 10. A similar
observation applies to version 11. This scheme works even
though the static constant ver_le_11 is not defined in
version 10 database because conditional compilation protects
the $elsif from evaluation if the dbms_db_version.ver_le_10 is
TRUE.
*/

ver_le_9_1 constant boolean := FALSE;
ver_le_9_2 constant boolean := FALSE;
ver_le_9 constant boolean := FALSE;
ver_le_10_1 constant boolean := FALSE;
ver_le_10_2 constant boolean := FALSE;
ver_le_10 constant boolean := FALSE;
ver_le_11_1 constant boolean := TRUE;
ver_le_11 constant boolean := TRUE;

end dbms_db_version;


● Oracle11g R2 11.2 の DBMS_DB_VERSION

package dbms_db_version is
version constant pls_integer := 11; -- RDBMS version number
release constant pls_integer := 2; -- RDBMS release number

/* The following boolean constants follow a naming convention. Each
constant gives a name for a boolean expression. For example,
ver_le_9_1 represents version <= 9 and release <= 1
ver_le_10_2 represents version <= 10 and release <= 2
ver_le_10 represents version <= 10

A typical usage of these boolean constants is

$if dbms_db_version.ver_le_10 $then
version 10 and ealier code
$elsif dbms_db_version.ver_le_11 $then
version 11 code
$else
version 12 and later code
$end

This code structure will protect any reference to the code
for version 12. It also prevents the controlling package
constant dbms_db_version.ver_le_11 from being referenced
when the program is compiled under version 10. A similar
observation applies to version 11. This scheme works even
though the static constant ver_le_11 is not defined in
version 10 database because conditional compilation protects
the $elsif from evaluation if the dbms_db_version.ver_le_10 is
TRUE.
*/

ver_le_9_1 constant boolean := FALSE;
ver_le_9_2 constant boolean := FALSE;
ver_le_9 constant boolean := FALSE;
ver_le_10_1 constant boolean := FALSE;
ver_le_10_2 constant boolean := FALSE;
ver_le_10 constant boolean := FALSE;
ver_le_11_1 constant boolean := FALSE;
ver_le_11_2 constant boolean := TRUE;
ver_le_11 constant boolean := TRUE;

end dbms_db_version;

version 12 and later codeなんて箇所、いいですね〜w


PL/SQL de Conditional Compile #1
PL/SQL de Conditional Compile #2
PL/SQL de Conditional Compile #3
PL/SQL de Conditional Compile #4
PL/SQL de Conditional Compile #5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

VIrtualBox 4.1.4 released

http://www.virtualbox.org/wiki/Changelog


LinuxとMacのVirtualBoxを4.1.4アップデートするなど。毎月一回のお約束:)

VirtualBox4.1.4 about


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

VirtualBox 4.1.2 released! 月1ペースか。:)

http://www.virtualbox.org/wiki/Changelog

ほんと良いペースですねー。


20110816_230112


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

Lionがでたとおもったら、VirtualBox 4.1も出てたのね。

http://www.virtualbox.org/wiki/Changelog

20110722_13624

Lion入れるより先にVirtualBox 4.1にしてみたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

VirtualBox 4.0.12 リリース、活発だな〜 :)

気づいたら、4.0.12がリリースされてる。:) すげ〜活発な。  アップデートdone.

20110717_83523

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

Oracle11g R2 EE 11.2.0.1.0 for Solaris10 (x86_64) on VirtualBox 3.2.12 for MacOS X

Oracle11g R2 for Solaris10 (x86_64) をVirtualBox 3.2.12 for MacOS X上に構築してみた。メモリ2GBしかないとCPU的にもきついのですげ〜時間かかりましたけどね。とりあえずできるっちゅーことで。 :)

MacBook Air 13inch RAM:2GB 128GBモデルでSnow LeopardにVirtualBox 3.2.12を入れて構築してます。ちなみに、Solaris10はファイルシステムにZFSを使ってみました。

20101211_183249

20101211_183219

20101212_165313

| | コメント (0) | トラックバック (0)