2015年11月21日 (土)

WITH clause in-line PL/SQL functionって....

12cの新機能でオイタをしてみたw

with句に関数仕込んで内部でSQL文を実行してオイタしてみました。

実際にこのような使い方するんでしょうか?
これをやるなら素直にスカラー副問合せの方がいいと思うんですね.....
(スカラー副問合せのように使われたら、同じく12cの新機能、Scalar subquery unnestingもできなし。)

なんでこんな機能必要なんだろう?
どのような場面で、有効なんだろう?

今の所、使いどころが思い浮かばないので、誰か教えて〜〜〜〜〜! 
とモヤモヤしてたんですが、今日はお留守番で時間だけはあったので、ごにょごにょとw


SCOTT> set serveroutput on
SCOTT> set feed off
SCOTT> r
1 with
2 function hoge return varchar2
3 deterministic
4 as
5 begin
6 for rec in (select empno,ename from emp order by empno) loop
7 dbms_output.put_line('**** '||rec.empno||':'||rec.ename||' ****');
8 end loop;
9 return null;
10 end;
11 select
12 hoge
13 from
14 dual
15 where
16* hoge is not null

**** 7369:SMITH ****
**** 7499:ALLEN ****
**** 7521:WARD ****
**** 7566:JONES ****
**** 7654:MARTIN ****
**** 7698:BLAKE ****
**** 7782:CLARK ****
**** 7839:KING ****
**** 7844:TURNER ****
**** 7900:JAMES ****
**** 7902:FORD ****
**** 7934:MILLER ****

経過: 00:00:00.01

こんなことをやられると....
実行計画には現れないしw (ちなみにスカラー副問合せは実行計画を見ただけでわかりますです。はい)

ただのチューナーいじめじゃ >< w
SQLトレースなら補足できるけど、なんぎじゃのう。げほげほ

(WITH句のインラインPL/SQLファンクション(名称あってるのかな?)内部でSQL文は実行しない方がいいと思うけど。。。。???)


SCOTT> 
SCOTT> set autot trace exp stat
SCOTT> r
1 with
2 function hoge return varchar2
3 deterministic
4 as
5 begin
6 for rec in (select empno,ename from emp order by empno) loop
7 dbms_output.put_line('**** '||rec.empno||':'||rec.ename||' ****');
8 end loop;
9 return null;
10 end;
11 select
12 hoge
13 from
14 dual
15 where
16* hoge is not null

**** 7369:SMITH ****
**** 7499:ALLEN ****
**** 7521:WARD ****
**** 7566:JONES ****
**** 7654:MARTIN ****
**** 7698:BLAKE ****
**** 7782:CLARK ****
**** 7839:KING ****
**** 7844:TURNER ****
**** 7900:JAMES ****
**** 7902:FORD ****
**** 7934:MILLER ****

経過: 00:00:00.03

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 4034615273

-----------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Cost (%CPU)| Time |
-----------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 1 | 2 (0)| 00:00:01 |
|* 1 | FILTER | | | | |
| 2 | FAST DUAL | | 1 | 2 (0)| 00:00:01 |
-----------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

1 - filter("HOGE"() IS NOT NULL)


統計
----------------------------------------------------------
1 recursive calls
0 db block gets
2 consistent gets
0 physical reads
0 redo size
363 bytes sent via SQL*Net to client
541 bytes received via SQL*Net from client
1 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
0 rows processed




WITH句のインラインPL/SQLファンクション内でのSQL文の実行はダークサイドな香りしかしないので、使うならデータの加工等、計算中心目的かねぇ〜。とマニュアル読んでたら見つけたw
 
(マニュアルのサンプルも加工のみ! )

SCOTT> r
1 with
2 function hoge(eno number) return varchar2
3 deterministic
4 as
5 begin
6 dbms_output.put_line('Called');
7 return '**** '||eno||' ****';
8 end;
9 select
10 hoge(empno)
11 from
12* emp

HOGE(EMPNO)
---------------------------------------------------------------------
**** 7369 ****
**** 7499 ****
**** 7521 ****
**** 7566 ****
**** 7654 ****
**** 7698 ****
**** 7782 ****
**** 7839 ****
**** 7844 ****
**** 7900 ****
**** 7902 ****
**** 7934 ****
Called
Called
Called
Called
Called
Called
Called
Called
Called
Called
Called
Called
経過: 00:00:00.02

Database SQL Language Reference (12.1)
Database SQL Language Reference (12.1) - SELECT


みなさん、ダークサイドに落ちないように注意しましょうね! :)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

机上SQLチューニング、クイズ! 駆動表(外部表)はどれだ!!!!

予備プラン発動中 :)

ということで、諸事情により開け忘れた窓を開けるためJPOUG Advent Calendar 2014 2回目の登場となりました。

JPOUG Advent Calendar 2014 17日目のエントリーです。


突然ですが、

「机上SQLチューーーーーニング、クイズ〜〜〜っ!!!!!!
 駆動表(外部表)はどれだ!!!!」


なお、このクイズには次の制限があります。

別途、本ブログで解答エントリーが公開(年明けを予定)されるまで、Oracle Databaseを利用して答え求めるのは禁止。 :-)
Oracle Databaseを利用せず、机上で、どの表を駆動表(外部表)にすれば理想的な実行計画になりそうか考えてみてね。

また、解答はOracle Database 12c Release 1 12.1.0.2.0 のオプティマイザをインストールしたまま(初期化パラメータはデフォルトのまま)の環境を使って行います。
(11gでも違わないと思いますが)

というクリスマスプレゼント :)

次に示されるSQL文の駆動表(外部表)はどれでしょうか? 

前提

統計情報と実データとの間に乖離はありません。
リテラル値で指定した検索条件に該当するデータは必ず存在します。


※引っ掛け問題もあるよ! :)


問題1
次に示すSQL文の駆動表(外部表)はどれでしょうか? 

表と索引
create table a1 (
id number primary key
, data varchar2(1000)
) nologging
/
create table a2 (
id number primary key
, data varchar2(1000)
) nologging
/

統計情報
TABLE_NAME INDEX_NAME NUM_ROWS DISTINCT_KEYS CLUSTERING_FACTOR
-------------- -------------- ---------- ------------- -----------------
A1 SYS_C0010377 10000 10000 295
A2 SYS_C0010378 2000 2000 59

SELECT
/* SQL01 */
/*+
MONITOR
USE_NL(a1 a2)
*/
*
FROM
a1
INNER JOIN a2
ON
a1.id = a2.id
WHERE
a1.id BETWEEN 1 AND 100
/

問題2
次に示すSQL文の駆動表(外部表)はどれでしょうか? 
(表と索引、および、統計情報は問題1と同じです。)

SELECT
/* SQL02 */
/*+
MONITOR
USE_HASH(a1 a2)
*/
*
FROM
a1
INNER JOIN a2
ON
a1.id = a2.id
/

問題3
次に示すSQL文の駆動表(外部表)はどれでしょうか? 
なお、D1とD2の多重度は、D1:D2 = 1:100
(個人的にUMLの多重度表記のほうが好きなので、UML表記の多重度で記述します。

表と索引
create table d1 (
id number
, data varchar2(1000)
) nologging
/
alter table d1 add constraint pk_d1 primary key (id) using index nologging
/
create table d2 (
id number not null
, seq# number not null
, data varchar2(1000)
) nologging
/
alter table d2 add constraint pk_d2 primary key (id, seq#) using index nologging
/

統計情報
TABLE_NAME INDEX_NAME NUM_ROWS DISTINCT_KEYS CLUSTERING_FACTOR
-------------- -------------- ---------- ------------- -----------------
D1 PK_D1 200 200 9
D2 PK_D2 20000 20000 870

SELECT
/* SQL03 */
/*+
MONITOR
*/
*
FROM
d2
WHERE
EXISTS (
SELECT
1
FROM
d1
WHERE
d1.id = d2.id
AND d1.id IN (1,5)
)
/


問題4
次に示すSQL文の駆動表(外部表)はどれでしょうか? 
(表と索引、および、統計情報は問題3と同じです。)

SELECT
/* SQL04 */
/*+
MONITOR
*/
*
FROM
d1
INNER JOIN d2
ON
d1.id > d2.id
AND d2.id BETWEEN 1 AND 5
AND d2.seq# BETWEEN 2 AND 4
/


問題5
次に示すSQL文の駆動表(外部表)はどれでしょうか? 

表と索引定義
create table b1 (
id number
, data varchar2(1000)
) nologging
/
alter table b1 add constraint pk_b1 primary key(id) using index nologging
/
create table b3 (
id number
, seq# number
, data varchar2(1000)
) nologging
/
alter table b3 add constraint pk_b3 primary key (id, seq#) using index nologging
/
create table b2 (
id number
, seq# number
, subseq# number
, data varchar2(1000)
) nologging
/
alter table b2 add constraint pk_b2 primary key (id ,seq#, subseq#) using index nologging
/

統計情報
TABLE_NAME INDEX_NAME NUM_ROWS DISTINCT_KEYS CLUSTERING_FACTOR
-------------- -------------- ---------- ------------- -----------------
B1 PK_B1 20000 20000 870
B2 PK_B2 5000 5000 228
B3 PK_B3 500 500 23

ERDと多重度
b1 : b3 = 1 : 0..2
b3 : b2 = 1 : 0..10
(UML表記の多重度で記述しています。
20141221_120733

SELECT
/* SQL05 */
/*+
MONITOR
USE_HASH(b1 b3 b2)
*/
*
FROM
b1
INNER JOIN b3
ON
b1.id = b3.id
INNER JOIN b2
ON
b3.id = b2.id
AND b3.seq# = b2.seq#
/


問題6
次に示すSQL文の駆動表(外部表)はどれでしょうか? 
(表と索引、および、統計情報は問題5と同じです。)

SELECT
/* SQL06 */
/*+
MONITOR
USE_HASH(b1 b3 b2)
*/
*
FROM
b1
LEFT OUTER JOIN b3
ON
b1.id = b3.id
LEFT OUTER JOIN b2
ON
b3.id = b2.id
AND b3.seq# = b2.seq#
/


冬休みの宿題〜〜〜〜っ。暇つぶしにトライしてみてくださいね。(ニヤニヤ 

解答エントリーの公開は年明けを予定していま〜す。

We wish your merry christmas and a happy new year!

次の扉は、Tamie Yamamotoさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

Macユーザ増えたよな〜 :) とアクセスログ見て

このブログを書き始めたころは、タイトルとは裏腹にWindowsとかIEからのアクセスが多かったのですが、ここ1、2年でずいぶん変ってきたな〜、とか、IEの減りっぷりって凄いとか思いながらアクセスログみてると思います。

次のグラフは当ブログのアクログからIEの世代交替状況を見たものです。来年はどうなってるか楽しみですねー。さすがにIE10はまだありませんが、IE7など以前のはとっとと消えてほしいですね。


Ies



次のグラフは、当ブログを参照しているブラウザの種類(バージョンに関係なく)でまとめたものです。
IEの減りっぷりは見事というか、IE9の出遅れ感が強いだけで、これからIE10とかで盛り返してくるのか見物ですね〜。ただIE6/7/8使っているところって大人の事情で金縛り状態のところが多いから切り替わるためには1、2年のタイムラグはありそうな気がします。 だって昨年でさえ、IE6/7対応縛りでjavascriptがおそーいとか無茶やってるとこ多数あったしw


Browser



最後のグラフは、OS別(バージョンに関係なく)でまとめたものです。
いろいろな勉強会とか参加してて特にここ2、3年で随分Macユーザ増えましたよねー、ほんと。
以前はWindowノートが半分以上だったところでも、最近MBAだらけとかいうとこ多いっす。


Os


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇!

別途検証して別エントリにする予定だけど(遠征先で時間ないので…)、この状態でshutdown immeidateが待機するとshutdown timeoutしないというのも特徴みたい…

Oracleのバージョンは11g R2 11.2.0.1.0 for Linux (32bit)だけどUnix/Linux系なら発生するよ、きっと。

そういえば、以前こんなエントリ書いてましたっけ「shutdown timeout

では、早速再現テスト。

まず、SQL*Plusを起動、SYSユーザに接続してOracleインスタンスを起動します…

[oracle@leaffish ˜]$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 火 2月 8 00:46:11 2011

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle. All rights reserved.

00:46:11 > conn / as sysdba
アイドル・インスタンスに接続しました。
00:46:16 SYS> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 422670336 bytes
Fixed Size 1336960 bytes
Variable Size 373295488 bytes
Database Buffers 41943040 bytes
Redo Buffers 6094848 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
00:47:17 SYS>


別端末でSQL*Plusを起動してSYSTEMユーザまたはSYSユーザに接続.
(別途詳しく検証する予定だけど、今のところSYSTEM/SYSユーザ以外では発生してないので)

[oracle@leaffish ˜]$ 
[oracle@leaffish ˜]$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 火 2月 8 00:50:18 2011

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle. All rights reserved.

00:50:18 > conn system
パスワードを入力してください:
接続されました。
00:50:23 SYSTEM>


次にOracleを起動したSQL*PlusのSYSユーザでshutdown immeidateを発行する…

00:51:22 SYS> shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
00:51:34 SYS>


この状態だとOracleインスタンスは正常にshutdown immeidateで停止できる。あたりまえだけど。

では、再現テストですよん。

では次のパターンはどうか?

前述した手順と同じく、SYSで接続してOracleインスタンスを起動する…

[oracle@leaffish ˜]$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 火 2月 8 00:54:47 2011

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle. All rights reserved.

00:54:47 > conn / as sysdba
アイドル・インスタンスに接続しました。
00:54:52 SYS> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 422670336 bytes
Fixed Size 1336960 bytes
Variable Size 373295488 bytes
Database Buffers 41943040 bytes
Redo Buffers 6094848 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
00:55:46 SYS>


前述した手順と同様に、別端末でSQL*Plusを起動し、SYSTEMユーザ(SYSユーザでもいいよ)へ接続する。
さらに、! (SQL*Plusのhost command)でshellに入っておく…。ここがポイント

[oracle@leaffish ˜]$ 
[oracle@leaffish ˜]$
[oracle@leaffish ˜]$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 火 2月 8 01:01:42 2011

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle. All rights reserved.

01:01:42 > conn system
パスワードを入力してください:
接続されました。
01:01:47 SYSTEM> !
[oracle@leaffish ˜]$


shutdow immeidateの待機を再現させますよー、Oracleインスタンスを起動したSQL*PlusのSYSユーザでshutdown immeidate文を発行する…

01:03:04 SYS> 
01:03:05 SYS> shutdown immediate


いつまでたってもOracleインスタンスは停止しない。この例では載せていないがマニュアルに記載されているshutdown timeoutも1時間たっても2時間たっても発生しないようだ…(別途検証予定)


アラートログを確認してみると…5分毎に、”SHUTDOWN: Active processes prevent shutdown operation”というログを出力し続けてる…

Tue Feb 08 01:03:07 2011
Shutting down instance (immediate)
Shutting down instance: further logons disabled
Stopping background process QMNC
Stopping background process MMNL
Stopping background process MMON
License high water mark = 2
All dispatchers and shared servers shutdown
Tue Feb 08 01:08:17 2011
SHUTDOWN: Active processes prevent shutdown operation
Tue Feb 08 01:13:24 2011
SHUTDOWN: Active processes prevent shutdown operation
Tue Feb 08 01:18:31 2011
SHUTDOWN: Active processes prevent shutdown operation
Tue Feb 08 01:23:37 2011
SHUTDOWN: Active processes prevent shutdown operation
Tue Feb 08 01:28:43 2011
SHUTDOWN: Active processes prevent shutdown operation


プロセスのトレースファイルで最新のものでファイルサイズが増えつつけているものがある…
tailでのぞいてみると…

PID=3542のOSプロセスをkillできずにループしているように見える…

[oracle@leaffish trace]$ ll -lrt

・・・中略・・・

-rw-r----- 1 oracle oinstall 61 2月 8 01:00 discus_mman_3483.trm
-rw-r----- 1 oracle oinstall 863 2月 8 01:00 discus_mman_3483.trc
-rw-r----- 1 oracle oinstall 61 2月 8 01:00 discus_dbrm_3477.trm
-rw-r----- 1 oracle oinstall 904 2月 8 01:00 discus_dbrm_3477.trc
-rw-r----- 1 oracle oinstall 45 2月 8 01:01 discus_ora_3539.trm
-rw-r----- 1 oracle oinstall 669 2月 8 01:01 discus_ora_3539.trc
-rw-r----- 1 oracle oinstall 235323 2月 8 01:08 alert_discus.log
-rw-r----- 1 oracle oinstall 6420 2月 8 01:12 discus_ora_3513.trm
-rw-r----- 1 oracle oinstall 60565 2月 8 01:12 discus_ora_3513.trc
[oracle@leaffish trace]$
[oracle@leaffish trace]$ tail -f discus_ora_3513.trc
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:15.641
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:16.663
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:17.678
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: Attempt 119 to re-kill process OS PID=3542.
ksukia: killed 1 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:18.699
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:19.709
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:20.735
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:21.750
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:22.756
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: Attempt 120 to re-kill process OS PID=3542.
ksukia: killed 1 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:23.779
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:24.790
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.

*** 2011-02-08 01:13:25.821
ksukia: Starting kill, flags = 1
ksukia: killed 0 out of 1 processes.

[oracle@leaffish trace]$

killできないと繰り返しログに吐かれているプロセス PID=3542とは何者?…
psとpstreeコマンドでみてみると…

SQL*Plusの!(host command)でshellに入る生成されるプロセスらしい…、このプロセスSYSTEMユーザやSYSユーザ以外接続している場合はなぜか今のところ生成されいないように見える…

この<defunct>なプロセスは何屋さん? shutdown immediateをimmediateじゃない状態にするのは大量のundoデータだけじゃないのね〜><

それもSQL*Plusの!(host command)は便利なので、私も多用していまして、ついつい、SQL*Plusに接続して、!でshellに入って、SQL*Plusから入ったのを忘れてさらに、SQL*Plus起動して、!でshellに入って…なんてことやってしまうことは多々あります。><

これが原因で、shutdown immeidateが待機させられるなんて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜><。

[oracle@leaffish ˜]$ ps -ef | grep 3542
oracle 3542 3541 0 01:01 ? 00:00:00 [oracle] <defunct>
oracle 3785 3056 0 01:24 pts/5 00:00:00 grep 3542
[oracle@leaffish ˜]$
[oracle@leaffish ˜]$ pstree -up oracle

・・・中略・・・

gnome-terminal(2806)─┬─bash(2812)───sqlplus(3398)───oracle(3513)
├─bash(2909)───tail(3055)
├─bash(2937)
├─bash(3031)───sqlplus(3541)─┬─bash(3543)
│ └─oracle(3542)
├─bash(3056)───pstree(3772)
├─gnome-pty-helpe(2811)
└─{gnome-terminal}(2813)

・・・以下略・・・


もう少し検証してみましょう! 

shellからだけexitしてみるも……Oracleはまだ停止しない…

01:01:42 > conn system
パスワードを入力してください:
接続されました。
01:01:47 SYSTEM> !
[oracle@leaffish ˜]$ exit
exit

01:30:56 SYSTEM>


じゃ、SQL*Plusからもexitしよう

01:01:42 > conn system
パスワードを入力してください:
接続されました。
01:01:47 SYSTEM> !
[oracle@leaffish ˜]$ exit
exit

01:30:56 SYSTEM> exit
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing optionsとの接続が切断されました。
[oracle@leaffish ˜]$


次の瞬間……

データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
01:32:10 SYS>

なんだと〜〜〜〜〜〜〜〜。いつからこーなんだー。 怖くてSQL*Plusから!(host command)でshellに入れないじゃないか〜〜〜><


次回へつづく。


shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇!
shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇! #2
shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇! #3
shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇! おまけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

IEって遅いんだよー。ってことをあまり気にしてない方へ。

speed/validity selectors test for frameworks.っていう有名なサイトがあるんだけど、具体的にどのぐらいの差になんの? なんてあまり情報が載ってるところはないので自分で確認できる範囲で新旧CPUとブラウザで比較してみました。なにかの参考になるとは思います。jQueryでだけですけどね。


12


IE6/7のデータを載せてないのですが、jQuery1.2.6(Slicktestのオリジナルでテストされてるやつね)で、他のプラウザと処理結果の違うところがいくつか発生するので載せるかどうか考えてるところ。注釈付きで載せるかな〜。まあ、IE8ですらこの遅さだからIE6/7はもっと遅いんだけどね。 2010/5/31追記
8-Jun-2010:Safari5及びChrome5リリースされたのでデータ追記。また、Safari5はMacOS X 10.5以上でリリースされたためMacOS X 10.4では同時期のWebkitで計測したでたを追加
9-Jun-2010:MacOS X 10.6.3/Chrome5.0.375.70にアップデートされたので結果を追加。
9-Jun-2010:Intel MacOS X Safari5がインストール直後にSafari4より遅かったが、cacheクリア、resetで早くなったので追記


注)各ブラウザで同テストを10回実行して、最大値、最小値を除いた平均値を載せてあります。

CPU毎にいろいろなブラウザでSlickSpeed TestのjQueryのライブラリを1.3以降にして比較してみた。
IEは8.0でもダントツで遅いのがはっきり分かりますね。またOSの影響よりCPUのクロック数での違いが大きい事も分かりますよね。
1CPUのクロック数が早いほうが処理速度がいいって結果からも分かります。実際、Windowsだと、IEでテスト中にタスクマネージャを見ると1CPUが100%になるのが確認できますよー。(ネタが集まったらまた情報を載せる予定。)

CPU/OS Browser Version jQuery1.3.2 jQuery1.4.2
Intel Core2 Duo 2Ghz /
WindowsXP
4.0.5 36ms 43ms
3.6.3 61ms 80ms
10.52 50ms 50ms
8.0 277ms 375ms
IBM PowerPC G4 1Ghz /
MacOS X 10.5.8
4.0.5 102ms 148ms
5.0 81ms 99ms
3.6.3 139ms 131ms
10.52 127ms 124ms
Intel Core2 duo 2.2Ghz /
MacOS X 10.6.3
4.0.5 35ms 44ms
5.0
(6533.16)
Install直後
40ms 49ms
5.0
(6533.16)
clear cache and reset後
34ms 38ms
5.0beta 39ms 40ms
5.0.375.55 49ms 47ms
5.0.375.70 39ms 38ms
3.6.3 63ms 63ms
10.52 57ms 54ms
IBM PowerPC G5 2.7Ghz /
MacOS X 10.4.11
4.0.5 42ms 54ms
Webkit r60742(5-Jun) 38ms 43ms
3.6.3 52ms 48ms
10.52 45ms 46ms
AMD Athlon XP 2200+ /
Windows XP
4.0.5 96ms 114ms
5.0 85ms 110ms
4.1 64ms 60ms
5.0 67ms 66ms
3.6.3 95ms 95ms
10.52 65ms 63ms
8.0 255ms 238ms
AMD Athlon MP 2800+ /
Windows XP
4.0.5 73ms 89ms
5.0 68ms 84ms
4.1 49ms 46ms
5.0 47ms 45ms
3.6.3 73ms 72ms
10.52 56ms 53ms
8.0 240ms 255ms
Intel Pentium M 1Ghz /
CentOS 5.4
3.6.3 101ms 100ms
10.10 118ms 117ms

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

Opera 10(正式版)で改善されたOpera 10 betaでのtext-shadow表示問題

Safari4.0とFireFox3.5とOpera 10 Beta で text-shadowというタイトルで書いたことがあったが、Opera10が正式リリースされたので前回問題だったtext-shadowの表示を再確認。
結果としては改善されたようでめでたしめでたし。。


Opera 10 betaでのtext-shadowの表示。(text-shadow:1px 2px 3px grayの表示)
Opera10beta

Opera 10(正式版)でのtext-shadowの表示。(text-shadow:1px 2px 3px grayの表示)。
改善されてます!!! ;)

Opera100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

Safari4.0とFireFox3.5とOpera 10 Beta で text-shadow

いままでtext-shadowをサポートしているブラウザはSafariだけだったけど、FireFox3.5やOpera 10 betaでもサポートしてくれたんですね。ということで現時点での比較。

Safari 4.0 (Build4530.17)
いつも見慣れたstyle="text-shadow:1px 2px 3px gray"は以下のように表示される。

1

本日リリースされたばかりのFireFox 3.5
Safari4.0と比べても違和感なし。:)

3

最後にOpera 10 Beta
見ての通りかなり強烈。目が疲れる。Beta版だからな〜ということで正式リリース時にはなんとかしてくれるのでしょうね。多分。

4

| | コメント (0) | トラックバック (0)