2012年4月 8日 (日)

いん!、イン!、Index どっぷり Inde Only Access生活w - Oracle OpenWorld Unconference presented by JPOUG

Oracle OpenWorld Unconference presented by JPOUG
とこかで聞いたようなタイトルを"インデックス"に置換えた「いん!、イン!、Index どっぷり Inde Only Scan生活w」のセッション資料を公開します。
(相変わらず文才ないな〜〜と落ち込む....作文嫌いは死ぬまで治らないと思ってるが、がんばって書くw)

デモ内容とデモ環境情報を追加予定です。 2012/4/15デモとデモ環境情報追加しました)

直前にデモ環境のOracle11gR2が起動しないという想定外のトラブルを乗り越えw かなりイッパイ、イッパイの状態でしたが楽しい時間を過ごさせていただきました。

関係者の皆様、ご来場の皆様、ありがとうございました。

Safari以外のブラウザではアニメーション効果はありませんが、Safari (Mac/iPad/iPhone)ではKeynote風(但し、ページ間のトランジッションなし)に表示されます。

いん!、イン!、IndexどっぷりIndes Only Scan生活w


(2012/4/10追加)
セッションで利用したデモ環境の情報を載せておきます。

MacBook Air late 2010 13inch 2GB (MacOS X Lion)
VirtualBox4.1.10 for MacOS X
GuestOS:CentOS5.8 x86 
DB : Oracle11g R2 11.2.0.1.0 EE for Linux x86

VMの設定は以下のようになってます。
仮想ディスクはほかにもいろいろやるので合計で21GBほどにしてあります :)

20120410_13346_2

(2012/4/15)host i/o cacheはオフにしてあります。
Vbox_no_hostio_cache

late2010のMBAはメモリが2GBなので、VMには1GBのメモリを割り当ててます。
(オラクルのmemory_targetなどの値も書いたほうがいいのかな〜)

(2012/4/15追記)
メモリサイズがギリギリなのでOracleのメモリ関連初期化パラメータも以下の通りで少なめです。

memory_max_target                    big integer 404M
memory_target big integer 404M
sga_max_size big integer 404M
sga_target big integer 0
pga_aggregate_target big integer 0

(2012/4/15追記)
・デモで使った表これ。

13:56:52 SCOTT> desc tab1
名前 NULL? 型
----------------------------- -------- --------------------
UNIQUE_ID NOT NULL NUMBER
NON_UNIQUE_ID NUMBER(10)
NON_UNIQUE_ID2 NUMBER(5)
DATA VARCHAR2(500)
IS_DELETE NUMBER(1)
STATUS_CODE CHAR(2)

13:56:55 SCOTT> desc tab2
名前 NULL? 型
----------------------------- -------- --------------------
UNIQUE_ID2 NOT NULL NUMBER(5)
DATA VARCHAR2(500)
IS_DELETE NUMBER(1)


こんなデータを登録して...

13:56:58 SCOTT> 
15:01:15 SCOTT> begin for i in 1..100000 loop insert into tab1 values(i,ora_hash(i,999),ora_hash(i,99),lpad(i,500,'*'),0,'00'); end loop; end;
15:01:17 SCOTT> /

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

経過: 00:00:25.46
15:01:44 SCOTT> commit;

コミットが完了しました。

経過: 00:00:00.01
15:01:59 SCOTT> exec dbms_stats.gather_table_stats(ownname=>'SCOTT',tabname=>'TAB1',no_invalidate=>false,cascade=>true);

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

経過: 00:00:08.50
15:09:43 SCOTT> begin for i in 1..200 loop insert into tab2 values(i,lpad(i,500,'*'),0); end loop; end;
15:10:12 2 /

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

経過: 00:00:00.05
15:10:13 SCOTT> commit;

コミットが完了しました。

経過: 00:00:00.08
15:10:16 SCOTT> exec dbms_stats.gather_table_stats(ownname=>'SCOTT',tabname=>'TAB2',no_invalidate=>false,cascade=>true);

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

経過: 00:00:00.99
15:10:50 SCOTT>


データ件数、データのカーディナリティは以下のようになってます。

15:10:50 SCOTT> @show_tab_info
tabnameに値を入力してください: tab1

SEGMENT_NAME SEGMENT_TYPE SEGMENT_SU MB NUM_ROWS DISTINCT_KEYS CLUSTERING_FACTOR VISIBLE
------------------------------ ------------------ ---------- ---------- ---------- ------------- ----------------- -------
TAB1 TABLE ASSM 62 100000 YES
TAB1_IX1 INDEX ASSM 3 100000 1000 99400 YES
TAB1_IX2 INDEX ASSM 3 100000 100 94181 YES
TAB1_PK INDEX ASSM 2 100000 100000 7693 YES

経過: 00:00:00.78

TABLE_NAME INDEX_NAME COLUMN_NAME DESC DATA_TYPE NUM_NULLS DENSITY NUM_DISTINCT HI_VALUE LO_VALUE HISTOGRAM
------------------------------ ------------------------------ -------------------- ---- ------------ ---------- ---------- ------------ ------------- ------------- ---------------
TAB1 TAB1_IX1 NON_UNIQUE_ID ASC NUMBER 0 .001 1000 999 0 NONE

TAB1_IX2 NON_UNIQUE_ID2 ASC NUMBER 0 5.0182E-06 100 99 0 FREQUENCY

TAB1_PK UNIQUE_ID ASC NUMBER 0 .00001 100000 100000 1 NONE


経過: 00:00:02.51
15:17:47 SCOTT> @show_tab_info
tabnameに値を入力してください: tab2

SEGMENT_NAME SEGMENT_TYPE SEGMENT_SU MB NUM_ROWS DISTINCT_KEYS CLUSTERING_FACTOR VISIBLE
------------------------------ ------------------ ---------- ---------- ---------- ------------- ----------------- -------
TAB2 TABLE ASSM 1 200 YES
TAB2_PK INDEX ASSM 1 200 200 15 YES

経過: 00:00:00.78

TABLE_NAME INDEX_NAME COLUMN_NAME DESC DATA_TYPE NUM_NULLS DENSITY NUM_DISTINCT HI_VALUE LO_VALUE HISTOGRAM
------------------------------ ------------------------------ -------------------- ---- ------------ ---------- ---------- ------------ ------------- ------------- ---------------
TAB2 TAB2_PK UNIQUE_ID2 ASC NUMBER 0 .005 200 200 1 NONE


経過: 00:00:02.55
15:18:03 SCOTT>


注)毎回buffer cacheをクリア、かつ、ソフトパース時の結果を載せています。

・demo1

通常ならこの実行計画であればなにもしないですよね...

こんな良さげな実行計画でもSQL文と実行計画それに表定義をじ〜〜〜〜〜〜っと見ていると解決策が見えてきますよね。そうindex only accessならね。

14:45:34 SCOTT> 
14:45:34 SCOTT> set autot trace exp stat
14:45:34 SCOTT> @demo1

システムが変更されました。

経過: 00:00:00.03
1 select
2 unique_id
3 ,status_code
4 from
5 tab1
6 where
7 unique_id between 1 and 1000
8* and is_delete = 0

998行が選択されました。

経過: 00:00:00.07

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 1911646434

---------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
---------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 999 | 10989 | 81 (0)| 00:00:01 |
|* 1 | TABLE ACCESS BY INDEX ROWID| TAB1 | 999 | 10989 | 81 (0)| 00:00:01 |
|* 2 | INDEX RANGE SCAN | TAB1_PK | 1000 | | 4 (0)| 00:00:01 |
---------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

1 - filter("IS_DELETE"=0)
2 - access("UNIQUE_ID">=1 AND "UNIQUE_ID"<=1000)


統計
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
210 consistent gets
80 physical reads
0 redo size
19586 bytes sent via SQL*Net to client
1142 bytes received via SQL*Net from client
68 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
998 rows processed


is_deleteなんて列を参照するためにだけに行長の長い行を持つ表を、しかも、レンジスキャンしているのでデータアクセス量が多くなっているんですよね。
そこで、index only access

index only accessするための索引を作成してしまえばそれを回避できますよね.

14:45:36 SCOTT> @demo1_ix
create index tab1_ix_demo1 on tab1(unique_id,is_delete,status_code) nologging invisible

索引が作成されました。

経過: 00:00:00.80
alter session set optimizer_use_invisible_indexes=true

セッションが変更されました。

経過: 00:00:00.01


TABLE ACCESSが消えました!
consistent getsは、1/3に減少しましたよね :) 時間も 70msから10ms程度に改善してます。

14:46:05 SCOTT> @demo1

システムが変更されました。

経過: 00:00:00.04
1 select
2 unique_id
3 ,status_code
4 from
5 tab1
6 where
7 unique_id between 1 and 1000
8* and is_delete = 0

998行が選択されました。

経過: 00:00:00.01

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 327556384

----------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
----------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 999 | 10989 | 4 (0)| 00:00:01 |
|* 1 | INDEX RANGE SCAN| TAB1_IX_DEMO1 | 999 | 10989 | 4 (0)| 00:00:01 |
----------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

1 - access("UNIQUE_ID">=1 AND "IS_DELETE"=0 AND "UNIQUE_ID"<=1000)
filter("IS_DELETE"=0)


統計
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
70 consistent gets
4 physical reads
0 redo size
19586 bytes sent via SQL*Net to client
1142 bytes received via SQL*Net from client
68 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
998 rows processed


次のデモのために作成した索引を削除しておきます。

14:46:13 SCOTT> @drop_demo1_ix
drop index tab1_ix_demo1

索引が削除されました。

経過: 00:00:00.61
alter session set optimizer_use_invisible_indexes=false

セッションが変更されました。

経過: 00:00:00.00

・demo2

demo1同様に行長の長い行をある程度の範囲でレンジスキャンかつ、group/order by句があるのでソート処理が行われています。

これも通常ならチューニングなんてしないのですが、大人の事情で何かできないか? 

と聞かれればindex only accessにして表をアクセスしない+ソート処理も省略しましょうか! と返してあげることが多いです。

14:47:05 SCOTT> @demo2

システムが変更されました。

経過: 00:00:00.02
1 select
2 non_unique_id2
3 ,count(1)
4 from
5 tab1
6 where
7 non_unique_id = 70
8 and is_delete = 0
9 group by
10 non_unique_id2
11 order by
12* non_unique_id2

経過: 00:00:00.06

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 1524069294

-----------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
-----------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 63 | 630 | 102 (1)| 00:00:02 |
| 1 | SORT GROUP BY | | 63 | 630 | 102 (1)| 00:00:02 |
|* 2 | TABLE ACCESS BY INDEX ROWID| TAB1 | 100 | 1000 | 101 (0)| 00:00:02 |
|* 3 | INDEX RANGE SCAN | TAB1_IX1 | 100 | | 1 (0)| 00:00:01 |
-----------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

2 - filter("IS_DELETE"=0)
3 - access("NON_UNIQUE_ID"=70)


統計
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
103 consistent gets
103 physical reads
0 redo size
517 bytes sent via SQL*Net to client
416 bytes received via SQL*Net from client
2 SQL*Net roundtrips to/from client
1 sorts (memory)
0 sorts (disk)
1 rows processed


index only scanにしてソート処理も省略するための索引を作成します。

ではどのような索引を作成すればよいのでしょう?

実行計画のPredicate Informationセクションにはどのような索引を作成するかを決定するための重要な情報がリストされています。

気づきましたか?

以下の2行が重要。

2 - filter("IS_DELETE"=0)
3 - access("NON_UNIQUE_ID"=70)

NON_UNIQUE_ID列に作成されている索引を利用して行を取得し、IS_DELETE=0 でフィルタ処理を実施していることがわかります。

ということは、 NON_UNIQUE_ID,IS_DELETEの2列(つまりWHERE句に記述されている検索条件)がアクセスパスですよね。

次に、選択リスト/GROUP BY句/ORDER BY句を見ると NON_UNIQUE_ID2毎のCOUNT()を取りNON_UNIQUE_ID2を昇順にソートしていることがわかります。

NON_UNIQUE_ID,IS_DELETE列アクセスして、NON_UNIQUE_ID2が昇順にソート済みとなっている索引があればindex only accessになるはず!

14:47:14 SCOTT> @demo2_ix
create index tab1_ix_demo2 on tab1(non_unique_id,is_delete,non_unique_id2) logging invisible

索引が作成されました。

経過: 00:00:00.63
alter session set optimizer_use_invisible_indexes=true

セッションが変更されました。

経過: 00:00:00.01


結果は...

index range scanのみになり、SORT GROUP BY NOSORTというオペレーションからもわかるように、ソート処理が省略されています。;)

consistent getsは約1/50、処理時間は60msから10msまで改善しました。

14:47:28 SCOTT> @demo2

システムが変更されました。

経過: 00:00:00.03
1 select
2 non_unique_id2
3 ,count(1)
4 from
5 tab1
6 where
7 non_unique_id = 70
8 and is_delete = 0
9 group by
10 non_unique_id2
11 order by
12* non_unique_id2

経過: 00:00:00.01

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2668135026

--------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 63 | 630 | 1 (0)| 00:00:01 |
| 1 | SORT GROUP BY NOSORT| | 63 | 630 | 1 (0)| 00:00:01 |
|* 2 | INDEX RANGE SCAN | TAB1_IX_DEMO2 | 100 | 1000 | 1 (0)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

2 - access("NON_UNIQUE_ID"=70 AND "IS_DELETE"=0)


統計
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
2 consistent gets
2 physical reads
0 redo size
517 bytes sent via SQL*Net to client
416 bytes received via SQL*Net from client
2 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
1 rows processed

作成した索引を削除して次のデモへ。

14:47:33 SCOTT> @drop_demo2_ix
drop index tab1_ix_demo2

索引が削除されました。

経過: 00:00:00.10
alter session set optimizer_use_invisible_indexes=false

セッションが変更されました。

経過: 00:00:00.00

・demo3

これdemo2の応用編です. 行長の長い行をある程度の範囲でレンジ検索し、最小値(min)を取得するものです。最大値(max)でも考え方は同じ。

14:47:49 SCOTT> @demo3

システムが変更されました。

経過: 00:00:00.04
1 select
2 min(non_unique_id2)
3 from
4 tab1
5 where
6 non_unique_id = 70
7* and is_delete = 0

経過: 00:00:00.05

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 255634452

-----------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
-----------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 1 | 10 | 101 (0)| 00:00:02 |
| 1 | SORT AGGREGATE | | 1 | 10 | | |
|* 2 | TABLE ACCESS BY INDEX ROWID| TAB1 | 100 | 1000 | 101 (0)| 00:00:02 |
|* 3 | INDEX RANGE SCAN | TAB1_IX1 | 100 | | 1 (0)| 00:00:01 |
-----------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

2 - filter("IS_DELETE"=0)
3 - access("NON_UNIQUE_ID"=70)


統計
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
103 consistent gets
103 physical reads
0 redo size
456 bytes sent via SQL*Net to client
416 bytes received via SQL*Net from client
2 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
1 rows processed


demo2と同様に、WHERE句で参照されている検索条件列がアクセスパスになるような索引に、選択リスト中のmin()関数で参照されている列を追加した索引でindex only accessになりそうですよね。

14:47:51 SCOTT> @demo3_ix
create index tab1_ix_demo3 on tab1(non_unique_id, is_delete, non_unique_id2) nologging invisible

索引が作成されました。

経過: 00:00:00.65
alter session set optimizer_use_invisible_indexes=true

セッションが変更されました。

経過: 00:00:00.00


結果は、狙い通りになりました!

処理時間は40msから10msへ。consistent getsは約1/50に改善しました。

実行計画のINDEX RANGE SCAN (MIN/MAX) 〜 FIRST ROWSという素敵なオペレーションが現れています。

Rowsを見ると索引作成前は 100行選択して1行返すという無駄の多い(99行は捨てている)操作から1行とってきて1行返すというエコな動きをしていることが確認できます! 素敵ですね。

14:48:05 SCOTT> @demo3

システムが変更されました。

経過: 00:00:00.04
1 select
2 min(non_unique_id2)
3 from
4 tab1
5 where
6 non_unique_id = 70
7* and is_delete = 0

経過: 00:00:00.01

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 3012701563

----------------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
----------------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 1 | 10 | 2 (0)| 00:00:01 |
| 1 | SORT AGGREGATE | | 1 | 10 | | |
| 2 | FIRST ROW | | 1 | 10 | 2 (0)| 00:00:01 |
|* 3 | INDEX RANGE SCAN (MIN/MAX)| TAB1_IX_DEMO3 | 1 | 10 | 2 (0)| 00:00:01 |
----------------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

3 - access("NON_UNIQUE_ID"=70 AND "IS_DELETE"=0)


統計
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
2 consistent gets
2 physical reads
0 redo size
456 bytes sent via SQL*Net to client
416 bytes received via SQL*Net from client
2 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
1 rows processed

作詞絵作成した索引を削除して次のデモへ...

14:48:09 SCOTT> @drop_demo3_ix
drop index tab1_ix_demo3

索引が削除されました。

経過: 00:00:00.09
alter session set optimizer_use_invisible_indexes=false

セッションが変更されました。

経過: 00:00:00.01


・demo4

大人の事情で実行計画だけみてるとチューニングなんて不要でしょ! という感じのクエリをチューニングできないか?

と依頼されたら・・・

2つの表を結合した結果でgorup/order byしているのでソート処理のバイパスはできせんが、index only accessを使ってNested Loop結合でアクセスされるブロック数を最小化することはできますよね。

14:48:26 SCOTT> @demo4

システムが変更されました。

経過: 00:00:00.12
1 select
2 d.non_unique_id
3 ,m.unique_id2
4 ,count(1)
5 from
6 tab2 m join tab1 d
7 on m.unique_id2 = d.non_unique_id2
8 and m.is_delete = 0
9 and d.is_delete = 0
10 where
11 m.unique_id2 between 1 and 10
12 group by
13 d.non_unique_id
14 ,m.unique_id2
15 order by
16 d.non_unique_id
17* ,m.unique_id2

100行が選択されました。

経過: 00:00:01.71

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 1194523033

-------------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
-------------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 1034 | 16544 | 539 (1)| 00:00:07 |
| 1 | SORT GROUP BY | | 1034 | 16544 | 539 (1)| 00:00:07 |
| 2 | NESTED LOOPS | | | | | |
| 3 | NESTED LOOPS | | 1034 | 16544 | 537 (0)| 00:00:07 |
|* 4 | TABLE ACCESS BY INDEX ROWID| TAB2 | 10 | 60 | 2 (0)| 00:00:01 |
|* 5 | INDEX RANGE SCAN | TAB2_PK | 10 | | 1 (0)| 00:00:01 |
|* 6 | INDEX RANGE SCAN | TAB1_IX2 | 111 | | 1 (0)| 00:00:01 |
|* 7 | TABLE ACCESS BY INDEX ROWID | TAB1 | 103 | 1030 | 106 (0)| 00:00:02 |
-------------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

4 - filter("M"."IS_DELETE"=0)
5 - access("M"."UNIQUE_ID2">=1 AND "M"."UNIQUE_ID2"<=10)
6 - access("M"."UNIQUE_ID2"="D"."NON_UNIQUE_ID2")
filter("D"."NON_UNIQUE_ID2"<=10 AND "D"."NON_UNIQUE_ID2">=1)
7 - filter("D"."IS_DELETE"=0)


統計
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
9604 consistent gets
5793 physical reads
0 redo size
2588 bytes sent via SQL*Net to client
482 bytes received via SQL*Net from client
8 SQL*Net roundtrips to/from client
1 sorts (memory)
0 sorts (disk)
100 rows processed


WHERE句やPredicate Informationからも駆動表(TAB2)と内部表(TAB1)は判断できると思います。

駆動表(TAB2)はWHERE句の検索条件および結合条件でアクセスパスとなる列が参照されています。
内部表(TAB1)はWHERE句では参照されておらず、結合条件でのみアクセスパスとなる列が参照されていることがわかります。

選択リストやGROUP/ORDER BY句から、内部表(TAB1)のNON_UNIQUE_ID列も索引に含める必要があるとわかるはずです。

既に気づいた方も多いと思うのですが、index only access化に必要な索引列候補はSQL文だけでも見つけることができるんですよ。

ただ、複雑な結合などが含まれる場合は、実行計画計画やPredicate Informationに有益な情報が載っているので、できれば合わせて見ておくと吉ですね。  

Truth is out there! :) って場合もあるってことで。

14:48:31 SCOTT> @demo4_ix
create index tab2_ix_demo4 on tab2(unique_id2,is_delete) nologging invisible

索引が作成されました。

経過: 00:00:00.06
create index tab1_ix_demo4 on tab1(non_unique_id2, is_delete, non_unique_id) nologging invisible

索引が作成されました。

経過: 00:00:01.21
alter session set optimizer_use_invisible_indexes=true

セッションが変更されました。

経過: 00:00:00.00


大きなクエリほど効果は絶大ということで。

1710msから50msに改善してます。consistents getsは、1/291に :)

14:49:04 SCOTT> @demo4

システムが変更されました。

経過: 00:00:00.05
1 select
2 d.non_unique_id
3 ,m.unique_id2
4 ,count(1)
5 from
6 tab2 m join tab1 d
7 on m.unique_id2 = d.non_unique_id2
8 and m.is_delete = 0
9 and d.is_delete = 0
10 where
11 m.unique_id2 between 1 and 10
12 group by
13 d.non_unique_id
14 ,m.unique_id2
15 order by
16 d.non_unique_id
17* ,m.unique_id2

100行が選択されました。

経過: 00:00:00.04

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 1672990879

------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 1034 | 16544 | 31 (4)| 00:00:01 |
| 1 | SORT GROUP BY | | 1034 | 16544 | 31 (4)| 00:00:01 |
| 2 | NESTED LOOPS | | 1034 | 16544 | 30 (0)| 00:00:01 |
|* 3 | INDEX RANGE SCAN| TAB1_IX_DEMO4 | 10314 | 100K| 30 (0)| 00:00:01 |
|* 4 | INDEX RANGE SCAN| TAB2_IX_DEMO4 | 1 | 6 | 0 (0)| 00:00:01 |
------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

3 - access("D"."NON_UNIQUE_ID2">=1 AND "D"."IS_DELETE"=0 AND
"D"."NON_UNIQUE_ID2"<=10)
filter("D"."IS_DELETE"=0)
4 - access("M"."UNIQUE_ID2"="D"."NON_UNIQUE_ID2" AND "M"."IS_DELETE"=0)
filter("M"."UNIQUE_ID2"<=10 AND "M"."UNIQUE_ID2">=1)


統計
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
33 consistent gets
31 physical reads
0 redo size
2588 bytes sent via SQL*Net to client
482 bytes received via SQL*Net from client
8 SQL*Net roundtrips to/from client
1 sorts (memory)
0 sorts (disk)
100 rows processed

14:49:09 SCOTT> @drop_demo4_ix
drop index tab1_ix_demo4

索引が削除されました。

経過: 00:00:00.11
drop index tab2_ix_demo4

索引が削除されました。

経過: 00:00:00.04
alter session set optimizer_use_invisible_indexes=false

セッションが変更されました。

経過: 00:00:00.00


Enjoy!



Index Only Access (Index Only Scan) っていいよね(デメリットもあるけどさ) #1
Index Only Access (Index Only Scan) っていいよね(デメリットもあるけどさ) #2

Index Only Scan, JPOUG, OOW, Oracle Database 11g, SQL, VirtualBox, チューニング | | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 Unconference


JPOUGのFacebookページはこちら :)


Unconference_jpoug


Oracle OpenWorldの3日目(4/6)に・・・・


なにかが・・・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)