2012年5月 6日 (日)

VirtualBox 4.1.14 と OS X Mountain Lion対応? 4.1.15がリリースされてた

今気づいたけど、4.1.14だけだと思ったら、MacOS X Mountain Lion対応の VirtualBox 4.1.15も出てたのね。:)

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

20120506_183804


20120506_190633


とりあえずアップデート

20120506_185041


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

Dashboard de Aquarium v1.6 released!

Dashboard de Aquarium v1.6をリリースしました。前回修正した(つもりだった)Snow Leopard以降で発生する問題点の再修正(単純に修正方法がまずかった)しました。
(Dashboard de Aquarium v1.6 released.
What's new in this version : Fixed bug.)

Picture_2_2

Download Dashboard De Aquarium v1.6 Now!

Download! v1.6 dashboard_de_aquarium.zip (997KB)

日本語(Japanese):
"Mac OS X 10.4 Tiger以降が必要です。ダウンロードにSafariを使用する場合は、はじめにダウンロードのリンクをクリックしてください。次にダウンロードの完了後、ウィジェットを表示し、プラスボタンをクリックしてウィジェットバーを表示させ、ダウンロードしたウィジェットを追加してください。Safari以外のブラウザを使用する場合は、はじめにダウンロードのリンクをクリックしてください。次にダウンロードの完了後、解凍したウィジェットを /ライブラリ/Widgets/ フォルダに配置してください。ウィジェットを表示し、プラスボタンをクリックしてウィジェットバーを表示させ、ダウンロードしたウィジェットを追加してください。"

English:
"Mac OS X 10.4 Tiger or later is required. If you’re using Safari, click the download link. When the widget download is complete, show Dashboard, click the Plus sign to display the Widget Bar and click the widget’s icon in the Widget Bar to open it. If you’re using a browser other than Safari, click the download link. When the widget download is complete, unarchive it and place it in /Library/Widgets/ in your home folder. show Dashboard, click the Plus sign to display the Widget Bar and click the widget’s icon in the Widget Bar to open it."


動作確認した機種とMacOSXのバージョンは以下の通り。
(H/W models and the version of Mac OS X that I checked the operation as follows.)

System Requirements : MacOSX Tiger 10.4 or later -- Freeware.

PowerBook G4 1Ghz - MacOSX 10.5.8 (Leopard)
MacBookAir 1.86Ghz Core 2 Duo - MacOSX 10.7.2 (Lion)

Note: 国際化対応しています。言語環境が日本語であればメニューやボタンのテキストは日本語で表示されます。
Screen_shot_20100601_at_221756 Screen_shot_20100601_at_221810
Screen_shot_20100601_at_221821 Screen_shot_20100601_at_221832
Screen_shot_20100601_at_221840 Screen_shot_20100601_at_221915
Screen_shot_20100601_at_221936 Screen_shot_20100601_at_221946_2
20120104_153510

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

CentOS6.0 on VirtualBox4.1.0 for MacOS X(Snow Leopard) - Can't mount VBoxGuestAdditions.iso as Virtual CD/DVD-ROM

MacOS XのVirtualBoxでGuest Additionsがインストールできないというか VBoxGuestAdditions.isoファイルを仮想CD/DVDとしてマウントできないなー、なんて状態になったら、これから紹介する方法で解決できますよ。というお話です。:)

VirtualBox for MacOS Xは他のアプリケーションと同様にアプリケーション・パッケージ形式なのでVirtualBoxアプリケーションアイコンを右クリックし、「ボップアップメニュー」>「パッケージの内容を表示」を選択します。

Menu




でFinderに表示されたVirtualBoxパッケージないを開いていくと Contents/MacOS/VBoxGuestAdditions.iso というファイルが見つかります。これがGuest Additions用の.iso形式ファイル。これがなぜかマウントできないんだな。以前はマウントできてたのに…

Iso


この VBoxGuestAdditions.iso をDesktopなどアクセスしやすい場所にコピーしちゃいます。

あとはいつものように、CD/DVD-ROMとしてマウントして…


Mount


Mount2


コマンドを打つだけ。:)


[discus@angelfish VBOXADDITIONS_4.1.0_73009]$ su -
パスワード:
[root@angelfish &]# cd /media
[root@angelfish media]# ll
合計 2
dr-xr-xr-x. 4 discus root 2048 7月 19 19:43 2011 VBOXADDITIONS_4.1.0_73009
[root@angelfish media]# cd VBOXADDITIONS_4.1.0_73009
[root@angelfish VBOXADDITIONS_4.1.0_73009]# ll
合計 41440
dr-xr-xr-x. 3 discus root 2048 7月 19 19:43 2011 32Bit
dr-xr-xr-x. 2 discus root 2048 7月 19 19:43 2011 64Bit
-r-xr-xr-x. 1 discus root 647 8月 14 00:58 2010 AUTORUN.INF
-r-xr-xr-x. 1 discus root 7525824 7月 19 19:38 2011 VBoxLinuxAdditions.run
-r-xr-xr-x. 1 discus root 14235136 7月 19 19:42 2011 VBoxSolarisAdditions.pkg
-r-xr-xr-x. 1 discus root 13097968 7月 19 19:30 2011 VBoxWindowsAdditions-amd64.exe
-r-xr-xr-x. 1 discus root 7277968 7月 19 19:25 2011 VBoxWindowsAdditions-x86.exe
-r-xr-xr-x. 1 discus root 278832 7月 19 19:24 2011 VBoxWindowsAdditions.exe
-r-xr-xr-x. 1 discus root 6966 7月 19 19:36 2011 autorun.sh
-r-xr-xr-x. 1 discus root 5523 7月 19 19:36 2011 runasroot.sh
[root@angelfish VBOXADDITIONS_4.1.0_73009]# sh ./VBoxLinuxAdditions.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 4.1.0 Guest Additions for Linux.........
VirtualBox Guest Additions installer
Removing existing VirtualBox DKMS kernel modules [ OK ]
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules [ OK ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
Building the main Guest Additions module [ OK ]
Building the shared folder support module [ OK ]
Building the OpenGL support module [ OK ]
Doing non-kernel setup of the Guest Additions [ OK ]
Starting the VirtualBox Guest Additions [ OK ]
Installing the Window System drivers
Installing X.Org Server 1.7 modules [ OK ]
Setting up the Window System to use the Guest Additions [ OK ]
You may need to restart the hal service and the Window System (or just restart
the guest system) to enable the Guest Additions.

Installing graphics libraries and desktop services componen[ OK ]
[root@angelfish VBOXADDITIONS_4.1.0_73009]#

このお遊びの続きはいずれまた。

2011/8/16追記
実は、こんな事しなくてもちゃんとマウンドできた><。

VirtualBoxの「メニュー」>「デバイス」>「Guest Addtionsのインストール(I)...」でマウントできるじゃないですかー。失礼しました。 m(_ _)m

20110816_230742


これまでのあらずじ…

CentOS6.0 on VirtualBox4.1.0 for MacOS X(Snow Leopard)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #4

VirtualBox de Oracle11g R2 RACのつづきです。

今回は、VirtuslBoxで作成したRed hat用64bitVMへCentOS5.5 (x86_64)をインストールします。が、もう既に何度も行っていることなのでインストール自体の解説は省略します。足りないパッケージがあればyumで都度インストールでもいいですし :) 端折りすぎと突っ込まれそうだが。
過去になんどか書いているのでそちらを参照していただいてもいいですし、元ネタを参照するもよし。(但し元ネタはOracle Enterprise Linuxですが、同じ系統なのでそれほど違いはないはず…Oracle Enterprise Linuxインスコしたことのないのに言うのもなんなんですが…)

Networkの構成については省略しないで書いてあるので m(_ _)m

  1. ハードウェア構成(VMなのでVMの構成も含めて)、ソフトウェア構成など
  2. Linux (CentOS 5.5 x86_64)のインストール
  3. Openfiler2.3 x86のインストール
  4. Openfiler2.3 x86によるiSCSIボリュームの構成
  5. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成
  6. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  7. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  8. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成とntpの構成
    sshの構成は念のために行った、多分、実施しなくても大丈夫だと思うけど…ついでなので、ちょいと意地悪な実験をしてみた)
  9. ローカルネームサーバの構成
  10. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  11. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0.5 x84_64)のインストール及び構成
  12. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 RACインストール事前作業
  13. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 Grid Infrastractureのインストール
  14. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 Database softwareのインストール
  15. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 examplesのインストール
  16. Oracle Cluster databaseの作成
  17. Net Serviceの確認
  18. Oralce Grid InsfastructureとDatabase構成の確認
  19. Clusterの開始と停止の確認
  20. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認

・CentOS5.5のダウンロード、DVDのisoイメージをダウンロードして今後のためにDVDに焼いておいた。MacOS XでisoイメージのDVDを焼く方法は以前の記事を参照のこと。
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.5/isos/x86_64/CentOS-5.5-x86_64-bin-DVD-1of2.iso
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.5/isos/x86_64/CentOS-5.5-x86_64-bin-DVD-2of2.iso

CentOS5.5になったからといって、特にインストール方法に大きな違いはないので詳細は以前の記事や、元ネタなどをご参考に。(元ネタはOracle Enterprise Linuxを利用していますが、系統は同じRed hatなので注意点などほぼ同じだと思います。)ちょっとだけ書いてくと、今回作成したCentOS5.5 x86_64用VMはメモリ4GB、DISK容量50GBを割り当てているので、swapはメモリと同サイズの4GB、/bootには100MB、残りを/へ配分しました。
また、SELinuxはPermissiveモード、FirewallはDisableにしておくというのはお約束なのでお忘れなく。FirewallをEnableにしたままだといろいろとハマりまるのでしっかりチェックしておくと吉ですよん。(ハマった人→私)


Oracle11g R2からネットワーク要件が変りネットワーク周りは大切なのでしっかり書いておきますね。
適当に書いた配置図も参照のこと。)また、IPv6はOFFで固定IPとしています。(IPv6はOFFにしなくても問題ないですが、今回のネタでは不要なので。)

以下、Openfiler(iSCSI)のノードも含めたネットワーク構成は以下。

RACを構成するノード1 (hostname=discus164.macdeoracle.jp)
device ip address sub-netmask 備考
eth0(ネットワークアダプタ:ブリッジアタプタ) 192.168.1.90 255.255.255.0 パブリックネットワーク用、ギガビット
eth1(ネットワークアダプタ:内部ネットワーク) 192.168.2.90 255.255.255.0 プライベートネットワーク用(iSCSIアクセス用)、ギガビット
eth2(ネットワークアダプタ:内部ネットワーク) 192.168.3.90 255.255.255.0 プライベートネットワーク用(Interconnect用)、ギガビット
RACを構成するノード2 (hostname=discus264.macdeoracle.jp)
device ip address sub-netmask 備考
eth0(ネットワークアダプタ:ブリッジアダプタ) 192.168.1.91 255.255.255.0 パブリックネットワーク用、ギガビット
eth1(ネットワークアダプタ:内部ネットワーク) 192.168.2.91 255.255.255.0 プライベートネットワーク用(iSCSIアクセス用)、ギガビット
eth2(ネットワークアダプタ:内部ネットワーク) 192.168.3.91 255.255.255.0 プライベートネットワーク用(Interconnect用)、ギガビット
iSCSIを構成するノード (hostname=arowana2.macdeoracle.jp)
device ip address sub-netmask 備考
eth0(ネットワークアダプタ:ブリッジアダプタ) 192.168.1.92 255.255.255.0 パブリックネットワーク用、ギガビット
eth1(ネットワークアダプタ:内部ネットワーク) 192.168.2.92 255.255.255.0 プライベートネットワーク用(iSCSIアクセス用)、ギガビット


上記を元に以下のドキュメントをおよび元ネタなどを参考に、hostsおよびDNSを利用して固定IPアドレスでネットワークを構成することにした。

Oracle Grid Infrastructureインストレーション・ガイド 11gリリース2(11.2)for Linux - 2.7.2.2 手動で構成する場合のIPアドレス要件

独り言:
2ノードRACでなぜ、3つのSCAN VIPが推奨されているのかは、未だによく理解できていない???? 2ノードRACだから2じゃだめなの? 3つだと何がおしいいの?
どんどん謎は深まる…。だれか教えてw どっかにSCAN VIPってなにがおいしいのか2ノードRACで3つのSCAN VIPが推奨される理由が書いてある資料ないのかな〜。3ノード以上のRACだとSCAN VIPをどの程度増やせばおいしくなるの〜などなど????w

Oracle Grid Infrastructureインストレーション・ガイド 11gリリース2(11.2)for Linux - 2.7.5 手動によるIPアドレスの構成例

http://www.oracle.com/technetwork/articles/hunter-rac11gr2-iscsi-088677.html

http://www.idevelopment.info/data/Oracle/DBA_tips/Oracle11gRAC/CLUSTER_12.shtml

前述のマニュアルなどを参考に今回構築する全ノードのhostsファイルやDNS構成の概要は以下の通り。

RACを構成するノード1 (hostname=discus164.macdeoracle.jp)
Hostname タイプ IP address 名前解決方法
discus164 Public 192.168.1.90 hostsおよびDNS
discus164-iscsi Private 192.168.2.90
discus164-priv Private 192.168.3.90
discus164-vip Virtual 192.168.1.190
RACを構成するノード2 (hostname=discus264.macdeoracle.jp)
Hostname タイプ IP address 名前解決方法
discus264 Public 192.168.1.91 hostsおよびDNS
discus264-iscsi Private 192.168.2.91
discus264-priv Private 192.168.3.91
discus264-vip Virtual 192.168.1.191
SCAN VIP1/2/3
Hostname タイプ IP address 名前解決方法
discus-rac64-scan Virtual 192.168.1.200 DNS
discus-rac64-scan 192.168.1.201
discus-rac64-scan 192.168.1.202
Openfiler2.3(iSCSI) - (hostname=arowana2.macdeoracle.jp)
Hostname タイプ IP address 名前解決方法
arowana2 Public 192.168.1.92 hostsおよびDNS
arowana2-priv Private 192.168.2.92


ということで次回へつづく。
(こちらの都合で慌てて書いたので、おそらくいつもよりタイポとか誤字脱字、リンク先ミスなどが多いかもしれない…気づいたら後で修正します!)

2010/12/9追記:
hostsファイルとDNSで同じ名前解決するのってどうなんだろーって思っておりますが…hosts優先だし…。まあ、そのまんまでいきます。はい。
で、インストール後、各ノードの/etc/hostsはどう設定したかというと…

# Do not remove the following line, or various programs
# that require network functionality will fail.
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
#::1 localhost6.localdomain6 localhost6

#for public network
192.168.1.90 discus164.macdeoracle.jp discus164
192.168.1.91 discus264.macdeoracle.jp discus264
192.168.1.92 arowana2.macdeoracle.jp arowana2

#for Oracle Interconnect private network
192.168.3.90 discus164-priv.macdeoracle.jp discus164-priv
192.168.3.91 discus264-priv.macdeoracle.jp discus264-priv

#for iSCSI private network
192.168.2.92 arowana2-priv.macdeoracle.jp arowana2-priv
192.168.2.90 discus164-iscsi.macdeoracle.jp discus164-iscsi
192.168.2.91 discus264-iscsi.macdeoracle.jp discus264-iscsi

#for virtual public network
192.168.1.190 discus164-vip.macdeoracle.jp discus164-vip
192.168.1.191 discus264-vip.macdeoracle.jp discus264-vip

192.168.1.2 lampeye.macdeoracle.jp lampeye






これまでのあらすじ
Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#28

VirtualBox de RAC (Oracle11g R1編) #1
VirtualBox de RAC (Oracle11g R1編) #2



VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #1
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #2 - 事前調査など…
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

こんなところでもお目にかかるとは。

MacOS XのDeveloper ToolsのUtilitiesでJava VisualVMをたまたまクリックしたら…。

20101205_135713

あら、こんなところでおめにかかるとはOracle Sun しっかりロゴが入れ替わっておりましたね :)

20101205_135724


20101205_135758


20101205_135853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #2 - 事前調査など…

VirtualBox de Oracle11g R2 RACの続きです。

構築記録の詳細は後にして、最初に事前調査など(Oracle11g R2でいろいろと変わってるところあるので…)

・hangcheck-timerカーネル・モジュール

Oracle11g R1まではhangcheck-timerカーネル・モジュールが必要となっていたが、Oracle11g R2では不要となっている。
(Oracle11g R1でも当初不要とマニュアルに記載されていたが、後に必要と訂正されていた。おそらくフライングね)


・RACノード間の時刻同期

Cluster Time Synchronization Service (CTSS)という新機能が追加され、NTPで時刻合わせできない環境やNTPを利用しない環境でも時刻同期できるようになった。

が、今回はNTPで時刻合わせするのでCTSSは使わない


・Single Client Access Name (SCAN) VIP

SCANなるものが登場した。まだ勉強不足でSCANを使うと何がどうおいしいのか理解できていないのであとでちゃんと読むw

参考:

http://www.oracle.com/technology/global/jp/products/database/clustering/pdf/scan.pdf


・ネットワーク要件

前述のSCAN VIPの構成にも関わるが、以下のマニュアルによれば固定IP方式である場合、hostsファイルおよび、DNSという構成で対応できるということは確認できたので、今回は、hostsファイル+DNSという構成にすることにした。

参考:

Oracle Grid Infrastructureインストレーション・ガイド 11gリリース2(11.2)for Linux - 2.7.5 手動によるIPアドレスの構成例


・ソフトウェア要件

いつもの通りCentOS5.5 x86_86を利用するのでRed Hadt系のソフトウェア要件を参考に…

参考:

Oracle Grid Infrastructureインストレーション・ガイド11gリリース2(11.2)for Linux 2.8.2 x86-64 - Linuxプラットフォームでのソフトウェア要件
Oracle Databaseクイック・インストレーション・ガイド 11gリリース2(11.2) for Linux x86-644 - ソフトウェア要件の確認


・ストレージ

Oracle11g R2からOracle ClusterファイルもASM管理化に置くことができるようになったので、OpenfilerのiSCSIのボリュームをすべてASM管理にしちゃう。
Oracle11g R1の時はOracle Clusterファイルだけocfs2を利用していたが、今回はocsf2のインストール・構成は不要になった。

参考:

Oracle Grid Infrastructureインストレーション・ガイド11gリリース2(11.2)for Linux 3.1.3 - サポートされている記憶域オプション


・仮想NIC

以前はまではInterconnect用とiSCSI用を兼用させていたけど、今回はそれぞれに個別にVNICを割り当てて使う。
どうせ仮想だからお金かからないのがいいところw リアルな環境だと予算の都合上できないことも簡単に試せる :)

2010/12/3追記:
・SSHユーザの等価関係の有効化

OUIでパスフレーズなしのユーザ等価関係の有効化を自動的にやってくれるようになったみたい。信用しないわけじゃないんだけどとりあえず、Oracle11g R1までのように手動でもやっとく。

Oracle Grid Infrastructureインストレーション・ガイド 11gリリース2(11.2)for Linux- E.1 すべてのクラスタ・ノードでの手動によるSSHの構成

という、ざっくりとした方針だけ決めてVirtualBox de Oracle11g R2 RACを構築〜。

以下、Openfier2.3 (x86)とRACのノードに利用するCentOS5.5(x86_64)向けVM構成(VirtualBox3.2.8を利用した3.2.10リリースされてるけど)のスナップショットなど…。

ちなみに、VirtualBox3.2.10と3.2.12でいろいろbug fixされてるけど、3.2.8のままで。


・Openfiler2.3 (iSCSI)に利用するVM構成は以下の通り。
※100GBのディスクにx86_64なんて名称をつけちゃってますが32bitの仮想マシンです!

20101202_132628


・Oracle11g R2 x86_64の各ノードで利用するCentOS5.5 x86_64向けVM構成は以下の通り。
※こちらは64bitの仮想マシンです。

20101202_132642

次回へつづく。





これまでのあらすじ
Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#28

VirtualBox de RAC (Oracle11g R1編) #1
VirtualBox de RAC (Oracle11g R1編) #2



VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

MacOSXでCD-RWやDVD-RWに記録した内容を全て消去する方法(Unix/Linux使いだけど、MacOS Xは初心者って方向けの方法)

さて、さて、MacOS XのTerminalからいろいろと初心者向けじゃないことを続けて書いちゃおーかなーということで。

今回は、CD-RWととかDVD-RWとか追記可能な光ディスクに記録したデータなど不要になり全部消去したい場合の方法。
quickはオプションなので時間がかかってもよい場合はquickなしでいいよ!

discus:˜ discus$ diskutil -help
Disk Utility Tool
Utility to manage local disks and volumes.
Most options require root access to the device

Usage: diskutil <verb> <options>
<verb> is one of the following:
list (List the partitions of a disk)
information | info (Get information on a disk or volume)

unmount (Unmount a single volume)
unmountDisk (Unmount an entire disk (all volumes))
eject (Eject a disk)
mount (Mount a single volume)
mountDisk (Mount an entire disk (all mountable volumes))
rename (Rename a volume)

enableJournal (Enable HFS+ journaling on a mounted HFS+ volume)
disableJournal (Disable HFS+ journaling on a mounted HFS+ volume)

verifyVolume (Verify the structure of a volume)
repairVolume (Repair the structure of a volume)

verifyPermissions (Verify the permissions of a volume)
repairPermissions (Repair the permissions of a volume)
repairOS9Permissions (Repair the permissions for the current
Classic boot volume)

eraseDisk (Erase an existing disk, removing all volumes)
eraseVolume (Erase an existing volume)
reformat (Reformat an existing volume)
eraseOptical (Erase an optical media (CD/RW, DVD/RW, etc.))
zeroDisk (Erase a disk, writing zeros to the media)
randomDisk (Erase a disk, writing random data to the media)
secureErase (Securely erase a disk or freespace on a volume)
resizeVolume (resize a volume, increasing or decreasing its size)

partitionDisk ((re)Partition a disk, removing all volumes)

createRAID (Create a RAID set on multiple disks)
destroyRAID (Destroy an existing RAID set)
checkRAID (Check a RAID set for errors)
enableRAID (Convert a disk to a degraded RAID mirror set)
convertRAID (Convert a RAID 1.x (pre-Tiger) to a RAID 2.x (Tiger))
updateRAID (Update the settings of an existing RAID)
addToRAID (Add a spare or member disk to an existing RAID)
removeFromRAID (Remove a spare or member disk from an existing RAID)
repairMirror (Repair a damaged RAID mirror set)

diskutil <verb> with no options will provide help on that verb

discus:˜ discus$ diskutil eraseOptical -help
Disk Utility Tool
Usage: diskutil eraseOptical [quick]
[Mount Point|Disk Identifier|Device Node]
Completely erase an existing optical disk. Ownership of the affected disk is required.
Example: diskutil eraseOptical quick /dev/disk2
discus:˜ discus$

消去したいCD-RWやDVD-RWを挿入後、デバイス名を確認! この例の場合、/dev/disk1ですね。

discus:˜ discus$ mount | grep discus_cd_img
/dev/disk1s1s3 on /Volumes/discus_cd_img (hfs, local, nodev, nosuid, read-only, noowners)
discus:˜ discus$

以下の例ではquickオプション付けてます!

discus:˜ discus$
discus:˜ discus$ diskutil eraseOptical quick /dev/disk1
Started erase on disk disk1
[ + 0%..10%..20%..30%..40%..50%..60%..70%..80%..90%..100% ]
Finished erase on disk disk1
discus:˜ discus$

終了!!!

まっさらになったDISCなので以下のようなダイアログが表示される.「取り出す」ボタンをクリックして取り出しましょ!
Diskutil_quick_eraseing_cd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacOSXでCDやDVDを焼く方法 #2(Unix/Linux使いだけど、MacOS Xは初心者って方向けの方法)

前回は、isoイメージをshell commandで焼く方法だったけど、ついでなのでdisk imageを焼く方法をdisk imageの作成、disk imageへのファイルコピー、最後にCDを焼くという流れでも書いておきますね。 :)

コマンドの詳細はhelpをどうぞ。沢山オプションあるけど。(^^;;;

G5Server:/tmp discus$ hdiutil create -help

hdiutil create: create a disk image image
Usage: hdiutil create <sizespec> <imagepath>
Size specifiers:
-size < ?? | ??b | ??k | ??m | ??g | ??t | ??p | ??e >
(mkfile(8) plus terabytes, petabytes, & exabytes)
-sectors <count>
-megabytes <count>

Image options:
-layout <layout> [SPUD unless -fs -> NONE]
SPCD - single partition CD/DVD
SPUD - 単一パーティション
UNIVERSAL CD - CD/DVD
NONE - パーティションマップなし
UNIVERSAL HD - ハードディスク
-partitionType <partitionType> [Apple_HFS or per -fs]
-align <sector alignment> [4 aka 2K]
-ov

Filesystem options:
-fs <filesystem>
Case-sensitive HFS+ - Mac OS Extended (Case-sensitive)
Journaled HFS+ - Mac OS Extended (Journaled)
Case-sensitive Journaled HFS+ - Mac OS Extended (Case-sensitive, Journaled)
HFS+ - Mac OS Extended
HFS - Mac OS Standard
MS-DOS FAT32 - MS-DOS File System (FAT32)
MS-DOS FAT16 - MS-DOS File System (FAT16)
MS-DOS - MS-DOS File System
MS-DOS FAT12 - MS-DOS File System (FAT12)
UFS - UNIX File System
-volname <volumename> ["untitled"]
-stretch < ?? | ?b | ??k | ??m | ??g | ??t | ??p | ??e > (HFS+)

New Blank Image options:
-type <image type> [UDIF]
UDIF - 読み込み/書き込みディスクイメージ
SPARSE - スパースディスクイメージ

Image from Folder options:
-srcfolder <source folder>
-(no)anyowners do (not) attempt to preserve owners
-(no)skipunreadable do (not) skip unreadable files/directories [no]
-format <image type> [UDZO]
DC42 - Disk Copy 4.2
RdWr - NDIF 読み込み/書き込み
Rdxx - NDIF 読み込み専用
ROCo - NDIF 圧縮
Rken - NDIF 圧縮(KenCode)
UDRO - 読み込み専用
UDCO - 圧縮(ADC)
UDZO - 圧縮
UDBZ - 圧縮(bzip2)
UFBI - 装置全体
IPOD - iPod イメージ
UDxx - UDIF スタブ
UDRW - 読み込み/書き込み
UDTO - DVD/CD マスター
UDSP - スパース
UDIF - 読み込み/書き込みディスクイメージ
SPARSE - スパースディスクイメージ

Image from Device options:
-srcdevice <source dev node, e.g. disk1, disk2s1>
-format <image type> [UDZO]
DC42 - Disk Copy 4.2
RdWr - NDIF 読み込み/書き込み
Rdxx - NDIF 読み込み専用
ROCo - NDIF 圧縮
Rken - NDIF 圧縮(KenCode)
UDRO - 読み込み専用
UDCO - 圧縮(ADC)
UDZO - 圧縮
UDBZ - 圧縮(bzip2)
UFBI - 装置全体
IPOD - iPod イメージ
UDxx - UDIF スタブ
UDRW - 読み込み/書き込み
UDTO - DVD/CD マスター
UDSP - スパース
-segmentSize < ?? | ??b | ??k | ??m | ??g | ??t | ??p | ??e >
(blocks, bytes, kilobytes, megabytes, gigabytes, terabytes, petabytes, exabytes)

Attach options:
-attach attach image after creation

Common options:
-encryption <crypto method>
-stdinpass
-certificate <path-to-cert-file>
-imagekey <key>=<value>
-tgtimagekey <key>=<value>
-plist return results in plist format
-puppetstrings
-verbose
-debug
-quiet
G5Server:/tmp discus$

disk imageの作成例)

CD用に500MBのdisk imageを1パーティションかつ、HFS+で、discus_cd_imgというボリューム名作成します。ファイル名は、discus.dmgというファイル名にしておきます。
disk imageが作成されたらマウントさせるように -attachオプションも付けて!

G5Server:/tmp discus$ hdiutil create -size 500m -layout SPCD -fs HFS+ -volname discus_cd_img -attach discus
...........................................................................................................
/dev/disk3 Apple_partition_scheme
/dev/disk3s1 Apple_partition_map
/dev/disk3s2 Apple_Driver_ATAPI
/dev/disk3s3 Apple_HFS /Volumes/discus_cd_img
created: /private/tmp/discus.dmg
G5Server:/tmp discus$

作成したdisk imageへファイルをコピーして、マウントしていたdisk imageをアンマウント。

G5Server:/tmp discus$
G5Server:/tmp discus$ cp -pr /Users/discus/Pictures/DesktopPics/* /Volumes/discus_cd_img
G5Server:/tmp discus$
G5Server:/tmp discus$ hdiutil detach -help
hdiutil detach: detach disk image from system
Usage: hdiutil detach <devname>

Note: you can specify a mount point (e.g. /Volumes/MyDisk)
instead of a dev node (e.g. /dev/disk1)

Options:
-force forcibly detach

Common options:
-verbose
-debug
-quiet
G5Server:/tmp discus$
G5Server:/tmp discus$
G5Server:/tmp discus$ hdiutil detach /Volumes/discus_cd_img
"disk3" unmounted.
"disk3" ejected.
G5Server:/tmp discus$


焼き方は、isoイメージの場合と同じ。

注)

hdiutil: burn: “ディスクイメージファイル名”not recognized - リソースが一時的に使用できません。
hdiutil: burn failed - リソースが一時的に使用できません。

というエラーになった場合は、burn前に、ディスクイメージをdetachしてからburnすればOKですよ〜ん。MacOS X 10.4ではattachしたままでも焼けたけど、MacOS 10.5以降では前述のエラーを返すのでご注意を!
G5Server:/tmp discus$
G5Server:/tmp discus$ hdiutil burn discus.dmg
Please insert a disc:
ディスクに書き込むデータを準備中
セッションを開いています
トラックを開いています
トラックを書き込み中
...........................................................................................................
トラックを閉じています
............................................................................................................
セッションを閉じています
ディスクの作成を終了中
ディスク作成の検証中...
検証
.............................................................................................................
ディスクの作成は問題なく完了しました
.............................................................................................................
hdiutil: burn: completed
G5Server:/tmp discus$




MacOSXでCDやDVDを焼く方法(初心者でも分かり易い方法)
MacOSXでCDやDVDを焼く方法(Unix/Linux使いだけど、MacOS Xは初心者って方向けの方法)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

MacOSXでCDやDVDを焼く方法(Unix/Linux使いだけど、MacOS Xは初心者って方向けの方法)

最近、Macユーザが多くなってきた影響か、MacOSXでCDやDVDを焼く方法(初心者でも分かり易い方法)ってエントリがよくググられているので、PC初心者向きではないけど、Linux使いな方でMacは初心者って方向け、terminalからcommandでisoイメージのCDやDVDを焼く方法。

hdiutilというコマンドで焼く事ができます!
オプションはhelp参照のこと。(尚、以下のログはMacOS X 10.4なのですが、10.6でも同じです。暗号化に指定できる暗号化方法は増えてたかな。その程度の差だったはず。)

G5Server:/tmp discus$
G5Server:/tmp discus$ hdiutil burn -help

hdiutil burn: burn an image to optical media
Usage: hdiutil burn <image>
Options:
-speed <speed e.g. 1, 2, 4, 8, ... max>
-device <OpenFirmware path>
-sizequery just calculate size of disc required
-testburn don't turn on laser

Toggles:
-noeject don't eject disc after burning
-noverifyburn don't verify disc contents after burn
-noaddpmap don't add partition map
-noskipfinalfree don't skip burning final free partition
-optimizeimage optimize filesystem for burning
-forceclose close disc after burning
-nounderrun disable buffer underrun protection
-[no]synth synthesize new filesystem from volume

Common options:
-encryption <crypto method>
-stdinpass
-srcimagekey <key>=<value> (-imagekey is a synonym)
-shadow <shadowfile>
-insecurehttp
-cacert <file|dir>
-puppetstrings
-verbose
-debug
-quiet

Related actions:
-erase erase disc (quickly)
-fullerase completely erase disc
-list list all burning devices, for -device
G5Server:/tmp discus$

早速、簡単な例を1つ。CentOS5.5のLiveCDのisoイメージをMacOS X上にダウンロード後、isoイメージCDを焼いちゃいます。
MacOSXの場合、Linuxと違って、wgetじゃなくてcurlなんですよ、プログラミング言語のCurlとと勘違いしちゃう人もたまにいますけどw

※まず、curlでCentOS5.5 LiveCD isoイメージのダウンロードから!

G5Server:/tmp discus$ curl -O http://ftp.osuosl.org/pub/centos/5.5/isos/x86_64/CentOS-5.5-x86_64-LiveCD.iso

% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 694M 100 694M 0 0 384k 0 0:30:47 0:30:47 --:--:-- 395k

G5Server:/tmp discus$
G5Server:/tmp discus$ ll CentOS-5.5-x86_64-LiveCD.iso
-rw-r--r-- 1 discus wheel 728184832 Oct 10 10:28 CentOS-5.5-x86_64-LiveCD.iso

G5Server:/tmp discus$

※hdiutilコマンドでburnしちゃいます。簡単。コマンドを実行するとCD/DVDトレイにDISCを挿入するように要求されるので、指示通りにDISCを挿入すれば後は、勝ってにやいてくれて、焼き終わったらEjectしてくれます。

G5Server:/tmp discus$ hdiutil burn CentOS-5.5-x86_64-LiveCD.iso
Please insert a disc:
ディスクに書き込むデータを準備中
セッションを開いています
トラックを開いています
トラックを書き込み中
............................................................................................................
トラックを閉じています
............................................................................................................
セッションを閉じています
............................................................................................................
ディスクの作成を終了中
ディスク作成の検証中...
検証
.............................................................................................................
ディスクの作成は問題なく完了しました
.............................................................................................................
hdiutil: burn: completed
G5Server:/tmp discus$


MacOSXでCDやDVDを焼く方法(初心者でも分かり易い方法)
MacOSXでCDやDVDを焼く方法 #2(Unix/Linux使いだけど、MacOS Xは初心者って方向けの方法)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #19

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その19回目、


そして、あっという間に、Oracle11g R2の自動メモリー管理を無効、自動PGAメモリー管理有効状態での確認も最終回!
前回、_pga_max_sizeの50%になってしまったpga_aggregate_targetを16GB/4095GBに設定した場合のテストを_pga_max_sizeを調整してpga_aggregate_targetの20%が利用される状態にして再び確認して終わりにしたいと思います。

SYS> alter system set "_pga_max_size"=6554m;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=16g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 6554M
pga_aggregate_target big integer 16G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 16384
aggregate PGA auto target 14721.3281
global memory bound 3276.7998

SYS> alter system set "_pga_max_size"=1677313m;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4095g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 1677313M
pga_aggregate_target big integer 4095G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4193280
aggregate PGA auto target 3773918.79
global memory bound 838656

SYS>


・・・中略・・・

SCOTT> @test4

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 30000 SORT (v2) 1171.63
0 order by code

SCOTT>

Oracle10g R2以降は32bitでも64bitでも、自動メモリー管理が無効で、自動PGAメモリー管理が有効ならば、かつNon parallelならば、LEAST(pga_aggregate_target * 0.2, _pga_max_size * 0.5)とう条件で作業域を割り当てているのは確からしい。

次回は、ちょっと別の角度から。ということで次回へつづく。


前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #10
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #11
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #12
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #13
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #14
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #15
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #16
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #17
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #18

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その18回目、


Oracle11g R2での検証の続き。まいどおなじみ、_pga_max_sizeを大きな値にして、pga_aggregate_targetの20%がglobal memory boundに設定されるようにして確認。

SYS> alter system set "_pga_max_size"=3840m;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=256m;

システムが変更されました。

SYS> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 256M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 256
aggregate PGA auto target 206.173828
global memory bound 51.1992188

SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=512m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 512M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 512
aggregate PGA auto target 436.869141
global memory bound 102.399414

SYS> alter system set pga_aggregate_target=768m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 768M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 768
aggregate PGA auto target 667.212891
global memory bound 153.599609

SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 1G
SYS> @pgastat


NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 1024
aggregate PGA auto target 897.591797
global memory bound 204.799805

SYS> alter system set pga_aggregate_target=2g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 2G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 2048
aggregate PGA auto target 1820.0127
global memory bound 409.599609

SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=4g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 4G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4096
aggregate PGA auto target 3662.25293
global memory bound 819.199219

SYS> alter system set pga_aggregate_target=8g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 8G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 8192
aggregate PGA auto target 7349.43164
global memory bound 1638.39941

やはりここで変化あり!

SYS> 
SYS> alter system set pga_aggregate_target=16g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 16G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 16384
aggregate PGA auto target 14722.1543
global memory bound 1920

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4095g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 4095G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4193280
aggregate PGA auto target 3773917.1
global memory bound 1920

SYS>

Oracle11g R1と同じ結果になりましたね。LEAST(pga_aggregate_target * 0.2, _pga_max_size * 0.5) ということね。Oracle11g R2でも。
次回へつづく。



前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #10
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #11
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #12
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #13
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #14
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #15
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #16
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #17

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その17回目、


Oracle11g R2 自動メモリー管理は無効、自動PGAメモリー管理は有効な状態での検証スタート!

いつものように、_pga_max_sizeはデフォルトの200MBで、pga_aggregate_targetを10MBから4095MBまで増加させてglobal memory boundがどのように変化するか確認します!

SYS> alter system set pga_aggregate_target=10m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 10M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 10
aggregate PGA auto target 4
global memory bound 2

SYS> alter system set pga_aggregate_target=20m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 20M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 20
aggregate PGA auto target 4
global memory bound 4

SYS> alter system set pga_aggregate_target=40m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 40M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 40
aggregate PGA auto target 12.8583984
global memory bound 8

SYS> alter system set pga_aggregate_target=256m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 256M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 256
aggregate PGA auto target 207.263672
global memory bound 51.1992188

SYS> alter system set pga_aggregate_target=512m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 512M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 512
aggregate PGA auto target 436.851563
global memory bound 100

SYS>

お、変化ありました。Oracle11g R2でも自動PGAメモリー管理の動きは同じみたいね。

どんどんやっつけちゃいましょー

SYS> alter system set pga_aggregate_target=768m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 768M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 768
aggregate PGA auto target 667.283203
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 1G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 1024
aggregate PGA auto target 897.688477
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=2g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 2G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 2048
aggregate PGA auto target 1819.87207
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 4G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4096
aggregate PGA auto target 3662.25293
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=8g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 8G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 8192
aggregate PGA auto target 7349.43164
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=16g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 16G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 16384
aggregate PGA auto target 14721.3457
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=2095g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 2095G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 2145280
aggregate PGA auto target 1930719.63
global memory bound 100

SYS>


そして、念のため実際にソート! glolbal memory boundに設定されたサイズになってますね〜。

SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT (v2) 100.02 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>


次回へつづく。



前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #10
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #11
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #12
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #13
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #14
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #15
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #16

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その16回目、

今回からOracle11g R2 for Windows 32bit環境での検証です。なお、自動メモリー管理(AMM)はOFFで自動SGAメモリー管理(ASMM)、自動PGAメモリー管理(APMM)は有効になっています。
この状態でOracle11g R1までと動きに違いがないかみてみることにします。

SYS> select * from v$version;

BANNER
----------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - Production
PL/SQL Release 11.2.0.1.0 - Production
CORE 11.2.0.1.0 Production
TNS for 32-bit Windows: Version 11.2.0.1.0 - Production
NLSRTL Version 11.2.0.1.0 - Production

SYS>

ダブルアンダースコアの隠しパラメータがが気味悪いw ですが、たぶん影響しないんじゃないかと。もともとOracle側で制御しているパラメータだし。

SYS> @show_param

KSPPINM KSPPSTVL KSPPSTDF
-------------------------------- -------------------------------- --------------------------------
_4031_sga_dump_interval 3600 TRUE
_4031_sga_max_dumps 10 TRUE
__pga_aggregate_target 79691776 TRUE
__sga_target 239075328 TRUE
_kdli_sio_pga FALSE TRUE
_kdli_sio_pga_top FALSE TRUE
_ldr_pga_lim 0 TRUE
_lock_sga_areas 0 TRUE
_memory_imm_mode_without_autosga TRUE TRUE
_memory_initial_sga_split_perc 60 TRUE
_memory_nocancel_defsgareq FALSE TRUE
_pga_large_extent_size 1048576 TRUE
_pga_max_size 209715200 TRUE
_pgactx_cap_stacks FALSE TRUE
_sga_clear_dump FALSE TRUE
_sga_early_trace 0 TRUE
_sga_locking none TRUE
_use_ism_for_pga TRUE TRUE
lock_sga FALSE TRUE
memory_max_target 0 TRUE
memory_target 0 TRUE
pga_aggregate_target 78643200 FALSE
pre_page_sga FALSE TRUE
sga_max_size 239075328 TRUE
sga_target 239075328 FALSE

25行が選択されました。

SYS>
SYS> show parameter workarea_size_policy

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ---------------------- ------------------------------
workarea_size_policy string AUTO
SYS>


次回へつづく。



前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #10
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #11
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #12
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #13
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #14
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #15

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その15回目、

さて、Oracle11g R1での検証もいよいよ最終回。 
前回、_pga_max_sizeが3840MBで、pga_aggregate_targetを16GB/4095GBとしたところで、_pga_max_sizeの50%がglobal memory boundとして設定されていました。
じゃ、最後の2でもpga_aggregate_targetの20%をglobal memory boundとして利用するようにしちゃえ!

ということで、_pga_max_sizeを6554MB/1677313MB、pga_aggregate_targetを16GB/4096GBとしてギリギリでpga_aggregate_targetの20%が利用されるように設定してみました。
以下の通り、global memory boundは、pga_aggregate_targetの20%である、3276.8MB/838656MBになってます!

SYS> alter system set "_pga_max_size"=6554m;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=16g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 6554M
pga_aggregate_target big integer 16G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 16384
aggregate PGA auto target 14720.7744
global memory bound 3276.7998

SYS>


SYS> alter system set "_pga_max_size"=1677313m;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4095g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 1677313M
pga_aggregate_target big integer 4095G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4193280
aggregate PGA auto target 3773917.72
global memory bound 838656

SYS>

最後に、実メモリ768MBしか積んでないマシンなのに無理矢理、1GB越えのPGAを利用してもらっちゃいます。
当然ですが、swapしまくりなので、普通の時間でレスポンスなんて戻ってきませんから真似しないようにw swapを使ってDISKガリガリいってましたがOracle上ではちゃんとOPTIMALとなっておりますはい!。

SCOTT> @test4

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 30000 SORT (v2) 1171.63
0 order by code

SCOTT>


ということで、次回、Oracle11g R2 for Linux x86の自動メモリー管理(AMM)下でどうなるか確認と、思ったのですが、ちょうど Oracle11g R2 for Windows (32bit)がダウンロードできるようになっていたので、急遽、Oracle11g R2 for Windows(32bit)かつ、自動メモリー管理をオフにした状態ではどうなるか確認してみましょう。なを32bitのWindowsなのでSGA/PGA合わせて2GB超えないような範囲で遊びマッス!。

なんか久々に1ヶ月ものぐらいのネタに膨らまそうか考えてたりして・・・・。

次回へつづく。



前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #10
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #11
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #12
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #13
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #14

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

_pag_max_sizeに大きな値を設定し、LEAST(pga_aggregate_target * 0.2, _pga_max_size * 0.5)という条件で割り当てられていることを確認してみます!

SYS> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SYS> alter system set "_pga_max_size"=3840m;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=256m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 256M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 256
aggregate PGA auto target 205.734375
global memory bound 51.1992188

SYS> alter system set pga_aggregate_target=512m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 512M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 512
aggregate PGA auto target 435.700195
global memory bound 102.399414

SYS> alter system set pga_aggregate_target=768m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 768M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 768
aggregate PGA auto target 666.518555
global memory bound 153.599609

SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 1G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 1024
aggregate PGA auto target 896.52832
global memory bound 204.799805

SYS> alter system set pga_aggregate_target=2g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 2G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 2048
aggregate PGA auto target 1818.44824
global memory bound 409.599609

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 4G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4096
aggregate PGA auto target 3735.43555
global memory bound 819.199219

SYS> alter system set pga_aggregate_target=8g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 8G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 8192
aggregate PGA auto target 7347.50684
global memory bound 1638.39941



まちがいなく、pga_aggregate_targetの20%がglobal memory boundに設定されてます!

さて、pga_aggregate_targetを16GB以上に設定すると、_pga_max_sizeの50%より、pga_aggregate_targetの20%の方が大きくなるため、_pga_max_sizeパラメータの50%のサイズがglobal memory boundに設定されるはず! ではやってみよう!

SYS> alter system set pga_aggregate_target=16g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 16G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 16384
aggregate PGA auto target 15023.2441
global memory bound 1920

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4095g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 4095G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4193280
aggregate PGA auto target 3773917.55
global memory bound 1920

SYS>

予想通り、_pga_max_sizeの50%がglobal memory boundに設定されてますね。
Oracle11g R1での検証もいよいよ次回が最終回。ということで、次回へつづく。



前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #10
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #11
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #12
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #13

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その13回目、

_pga_max_sizeはデフォルトのままで、pga_aggregate_targetを増加させていくと、Oracle10g R2と同様に、LEAST(pga_aggregate_target * 0.2, _pga_max_size * 0.5)という条件で割り当てられてるようだ。ということでその確認のつづき。

pga_aggregate_targetが512MBになったところで、_pga_max_sizeの200MBの50%のサイズがglobal memory boundとして設定されるようになった。さらに増加させてその割合に変化がないか確認していく。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=768m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 768M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 768
aggregate PGA auto target 666.720703
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 1G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 1024
aggregate PGA auto target 896.677734
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=2g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 2G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 2048
aggregate PGA auto target 1818.26367
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 4G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4096
aggregate PGA auto target 3661.89258
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=8g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 8G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 8192
aggregate PGA auto target 7348.25391
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=16g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 16G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 16384
aggregate PGA auto target 14720.5371
global memory bound 100

pga_aggregate_targetを16GBにしても、_pga_max_sizeの50%のサイズである100MBがglobal memory boundに設定されていますね。

最後に、pga_aggregate_targetを4095GBにしてみると〜

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4095g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 4095G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4193280
aggregate PGA auto target 3773918.45
global memory bound 100

SYS>

・・・中略・・・

SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT (v2) 100.02 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>

やはり、global memory boundは、_pga_max_sizeの50%のままですね。_pga_max_sizeを大きなサイズにし、pga_aggregate_targetの20%が利用されるかを確認しますよ〜。ということで次回へつづく。


前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #10
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #11
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #12

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その12回目、

さて、Oracle11g R1 for Linux x86を利用した検証を始めるよ〜 :)

これまでと同様に、まず、_pga_max_sizeはデフォルトの200MBのままで、pga_aggregate_targetを10MB/20MB/40MB/256MB/512MBと増加させてglobal memory boundがどう変化するか確認していく。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=10m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 10M
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 10
aggregate PGA auto target 4
global memory bound 2

SYS> alter system set pga_aggregate_target=20m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 20M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 20
aggregate PGA auto target 4
global memory bound 4

SYS> alter system set pga_aggregate_target=40m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 40M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 40
aggregate PGA auto target 11.3720703
global memory bound 8

SYS>

ここまでのところ、 pga_aggregate_targetの20%がglobal memory boundとして設定されている。

次ぎいってみよー!

SYS> alter system set pga_aggregate_target=256m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 256M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 256
aggregate PGA auto target 205.479492
global memory bound 51.1992188

SYS> alter system set pga_aggregate_target=512m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 512M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 512
aggregate PGA auto target 436.31543
global memory bound 100

お、やはり、変化しました。 512MBの20%は、102.4MBですが、global memory boundに設定された値は、100MB。 _pga_max_sizeの50%ですね〜。
おそらく、Oracle10g R1と同じ割当条件なんでしょうね。

次回はpga_aggregate_targetパラメータをさらに増加させてみますよ。。つづく。



前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #10
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #11

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その11回目、

さて、Oracle10g R2までは試したので、今回からはOracle11g R1で試します。利用したのはOracle11g R1 for Linux x86.

いつものように現状確認と、登録済みデータの確認から。自動メモリー管理が有効は無効にしてあります。自動SGA管理と自動PGA管理は有効になってますよー。
というか少なくとも自動PGA管理は有効にしておかないとこの検証自体が・・・・w

dSYS> select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.7.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.7.0 - Production
CORE 11.1.0.7.0 Production
TNS for Linux: Version 11.1.0.7.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.7.0 - Production

SYS>
SYS> @show_param

KSPPINM KSPPSTVL KSPPSTDF
-------------------------------- ------------------------------ ------------------------------
_4031_sga_dump_interval 3600 TRUE
_4031_sga_max_dumps 10 TRUE
__pga_aggregate_target 104857600 FALSE
__sga_target 352321536 FALSE
_kdli_sio_pga FALSE TRUE
_kdli_sio_pga_top FALSE TRUE
_lock_sga_areas 0 TRUE
_memory_initial_sga_split_perc 60 TRUE
_memory_nocancel_defsgareq FALSE TRUE
_pga_large_extent_size 1048576 TRUE
_pga_max_size 209715200 FALSE
_sga_clear_dump FALSE TRUE
_sga_early_trace 0 TRUE
_sga_locking none TRUE
_use_ism_for_pga TRUE TRUE
lock_sga FALSE TRUE
memory_max_target 0 TRUE
memory_target 0 TRUE
pga_aggregate_target 104857600 FALSE
pre_page_sga FALSE TRUE
sga_max_size 352321536 TRUE
sga_target 352321536 FALSE

22行が選択されました。

SYS> show parameter workarea_size_policy

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
workarea_size_policy string AUTO
SYS>

とりあえず、200000万件、1.6GBほどのデータを登録してあります。

SCOTT> select count(*) from code;

COUNT(*)
----------
200000

SCOTT> l
1 select
2 blocks*block_size/1024/1024 as "table_size(MB)"
3 from
4 user_tables ut join user_tablespaces uts
5 on ut.tablespace_name = uts.tablespace_name
6* and ut.table_name = 'CODE'
SCOTT> /

table_size(MB)
--------------
1600.625

SCOTT>

次回へつづく。



前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #10

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その10回目、

前回までで、Oracle10g R2では、LEAST(pga_aggregate_target * 0.2, _pga_max_size * 0.5)という条件でPGAの作業領域を割り当てているらしいというところまでは確認できた。
今回は、隠しパラメータ、 _pga_max_sizeパラメータを3840MBという大きな値に設定し、 pga_aggregate_targetの20%が利用されるか確認してみた。

_pga_max_sizeを3840MBと設定し、pga_aggregate_targetを256MB/512MB/768MB/1G/2G/4G/8G/16Gと増加させた場合、常に1920MB(_pga_max_size*0.5)より小さくなるのでpga_aggregate_target*0.2のサイズがglobal memory boundとして設定されるはず。

では、早速確認してみる。

SYS> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SYS> alter system set "_pga_max_size"=3840m;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=256m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 256M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 256
aggregate PGA auto target 213.75
global memory bound 51.1992188

SYS> alter system set pga_aggregate_target=512m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 512M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 512
aggregate PGA auto target 444.155273
global memory bound 102.399414

SYS> alter system set pga_aggregate_target=768m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 768M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 768
aggregate PGA auto target 685.213867
global memory bound 153.599609

SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 1G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 1024
aggregate PGA auto target 919.334961
global memory bound 204.799805

SYS> alter system set pga_aggregate_target=2g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 2G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 2048
aggregate PGA auto target 1826.8418
global memory bound 409.599609

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 4G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4096
aggregate PGA auto target 3669.74121
global memory bound 819.199219

SYS> alter system set pga_aggregate_target=8g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 8G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 8192
aggregate PGA auto target 7472.14941
global memory bound 1638.39941

SYS> alter system set pga_aggregate_target=16g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 16G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 16384
aggregate PGA auto target 14729.168
global memory bound 1920

SYS>


実メモリ2GBしか積んでないので3.2GB近くのPGAサイズが割り当てられるか実際のテストはちょいとだけ無理をして1GBぐらいを目指してみた…

SYS> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=6g;

システムが変更されました。

SYS>
SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 3840M
pga_aggregate_target big integer 6G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 6144
aggregate PGA auto target 5513.83594
global memory bound 1228.7998

SYS>

・・・中略・・・

SCOTT> @test4

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 30000 SORT (v2) 1171.63
0 order by code

1GB以上のPGAが利用されたところまでは確認できた〜〜。ということで、

Oracle10g R2において、1セッションでパラレルクエリでなければ、LEAST(pga_aggregate_target * 0.2, _pga_max_size * 0.5)という条件でPGAを割り当てているのは確からしい。

今回で、Oracle10g R2 for MacOS X Server x86-64での検証はおわり、Oracle11g R1 for Linux x86で試してみようと思う。なお自動メモリー管理(AMM)は利用していない構成にしてある。ということで次回へつづく。



前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #9

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その9回目、

_pga_max_sizeはデフォルトの200MBのままで、pga_aggregate_targetを256MB/512MB/768MB/1GB/2GB/4GB/8GB/16GB/4095GBと増加させてみる。

Oracle10g R2 for MacOS X x86_64版では、Oracle10g R1までと違い、pga_aggregate_target * 0.2を割り当てているということまでは見る事ができた。
以前のリリースのように _pga_max_size * 0.5と比べて小さい値を使うのだと仮定すれば、 LEAST(pga_aggregate_target * 0.2, _pga_max_size * 0.5)となっているんでしょうね。きっと。

とすると… 256MB/512MB/768MB/1GB/2GB/4GB/8GB/16GB/4095GBとpga_aggregate_targetを増加させると、256MBの場合だけ _pga_max_size * 0.5 を下回る。pga_aggregate_targetが512MB以上、かつ_pga_max_sizeがデフォルトの200MBの場合、global memory boundは常に100MBになるはず。

じゃ、確かめてみよう!

SYS> alter system set pga_aggregate_target=256m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 256M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 256
aggregate PGA auto target 213.855469
global memory bound 51.1992188

SYS>

SYS> alter system set pga_aggregate_target=512m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 512M
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 512
aggregate PGA auto target 443.979492
global memory bound 100

やはり、ここで変化しましたね!

SYS> alter system set pga_aggregate_target=768m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 768M
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 768
aggregate PGA auto target 674.384766
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 1G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 1024
aggregate PGA auto target 905.053711
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=2g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 2G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 2048
aggregate PGA auto target 1826.63965
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 4G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4096
aggregate PGA auto target 3669.82031
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=8g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 8G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 8192
aggregate PGA auto target 7356.19043
global memory bound 100

SYS> alter system set pga_aggregate_target=16g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 16G
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 16384
aggregate PGA auto target 14728.9131
global memory bound 100

SYS>

・・・中略・・・

SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT (v2) 100.02 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>

・・・中略・・・

SYS> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4095g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 4095G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4193280
aggregate PGA auto target 3773925.04
global memory bound 100

・・・中略・・・

SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT (v2) 100.02 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>

予想通り、 LEAST(pga_aggregate_target * 0.2, _pga_max_size * 0.5) となっている模様〜。まだまだつづきますよ〜 :)



前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その8回目、

Oracle10g R1の場合と同様に、_pga_max_sizeパラメータはデフォルト(200BMMB)のまま、pga_aggregate_targetを10MBスタートして増加させて確認していきますよ〜。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=10m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 10M
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 10
aggregate PGA auto target 4
global memory bound 2

SYS>

・・・中略・・・

SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT (v2) 2.01 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>

あれ、Oracle10g R1までの頃と割り当てられてるサイズが違う! pga_aggregate_targetが10MBなのに0.5MBではなく、2MB。つまり20%が割り当てられてます。

SYS> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=20m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 20M
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 20
aggregate PGA auto target 4
global memory bound 4

・・・中略・・・

SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT (v2) 4.04 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>

・・・中略・・・

SYS> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=40m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 40M
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 40
aggregate PGA auto target 18.4570313
global memory bound 8

・・・中略・・・

SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT (v2) 8.04 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>

Oracle10g R1までの頃より、pgaの作業領域が大きく確保されるようになってるということもある程度見えましたが、まだばだ続きます。

注)パラレルクエリの場合はちょいと違いますからご注意を。余裕があったらやるかもしれないけど。:)


前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その7回目、

今回からOracle10g R2での検証、環境は以下。

Oracle10g R2 for MacOS X Server (x86_64) / MacOS X 10.6.3 Core2 Duo 2.2Ghz RAM:2GB

手順はOracle10g R1の場合と同じだが、多少順番が前後したり設定するサイズは変更しながら行うかもしれないのであしからず。

SYS> select * from v$version;

BANNER
----------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Prod
PL/SQL Release 10.2.0.4.0 - Production
CORE 10.2.0.4.0 Production
TNS for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production
NLSRTL Version 10.2.0.4.0 - Production

SYS>

Oracle10g R1 for MacOS X Serverの場合と同じテスト表とデータを用意してっ、と。

SCOTT> 
SCOTT> create table code (code varchar2(4000));

表が作成されました。

SCOTT>
SCOTT> begin for i in 1..100000 loop insert into code values(lpad('#',4000,'#')); end loop; commit; end;
2 /

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT> exec dbms_stats.gather_table_stats(ownname=>'SCOTT',tabname=>'CODE',degree=>2,estimate_percent=>100);

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT>
SCOTT> l
1 select
2 blocks*block_size/1024/1024 as "table_size(MB)"
3 from
4 user_tables ut join user_tablespaces uts
5 on ut.tablespace_name = uts.tablespace_name
6* and ut.table_name = 'CODE'
SCOTT> /

table_size(MB)
--------------
788.101563

SCOTT>


テスト開始まえの関連パラメータの値は以下のような状態になってます。

SYS> @show_param

KSPPINM KSPPSTVL KSPPSTDF
------------------------------ ------------------------------ ------------------------------
_4031_sga_dump_interval 3600 TRUE
_4031_sga_max_dumps 10 TRUE
_lock_sga_areas 0 TRUE
_pga_large_extent_size 1048576 TRUE
_pga_max_size 209715200 FALSE
_use_ism_for_pga TRUE TRUE
lock_sga FALSE TRUE
pga_aggregate_target 104857600 FALSE
pre_page_sga FALSE TRUE
sga_max_size 612368384 TRUE
sga_target 612368384 FALSE

11行が選択されました。

SYS> show parameter workarea_size

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
workarea_size_policy string AUTO
SYS>


引っ張るメソッドはいつもと同じということで、Oracle10g R2編、次回へつづく。 :)


前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その6回目、

前回までで、Oracle10g R1 (32bit)がpga_aggregate_targetパラメータと_pga_max_sizeパラメータをどのように使ってpgaの作業領域を割り当てているか見えたのですが、念押しでもういっちょw.

_pga_max_size * 50% が使われるというところをデフォルトの200MB以外でも確認して、Oracle10g R1 (32bit)での検証はおわりにしたい。:)

_pga_max_sizeパラメータは隠しパラメータなのでOracle Supportの指示なしには変更しないパラメータ、遊ぶ場合は、趣味の環境等でやってね :)

_pga_max_sizeを400MB/800MBと変更し、pga_aggregate_targetも4GB/8GBと設定する。Oracleがきまぐれで割り当てていないのであれば、 LEAST(_pga_max_size*0.5, pga_aggregate_target*0.05)より、200MB/400MBがglobal memory boundとして設定されるはず。

SYS> alter system set "_pga_max_size" = 400m;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target = 4g;

システムが変更されました。

SYS> shutdown
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SYS> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 293601280 bytes
Fixed Size 778888 bytes
Variable Size 116137336 bytes
Database Buffers 176160768 bytes
Redo Buffers 524288 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 400M
pga_aggregate_target big integer 4G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4096
aggregate PGA auto target 3673.17773
global memory bound 200

SYS>

・・・中略・・・

SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT 172.89 409993216 409993216
0 order by code

・・・中略・・・

SYS> alter system set "_pga_max_size" = 800m;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target = 8g;

システムが変更されました。

SYS> shutdown
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SYS> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 293601280 bytes
Fixed Size 778888 bytes
Variable Size 116137336 bytes
Database Buffers 176160768 bytes
Redo Buffers 524288 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
SYS>
SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 800M
pga_aggregate_target big integer 8G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 8192
aggregate PGA auto target 7359.09961
global memory bound 400

SYS>

・・・中略・・・

SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT 370.66 409993216 409993216
0 order by code

ということで、Oracle10g R2 編へつづく。




前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その5回目、

Oracle10g R1 (32bit)で、pga_aggregate_targetを40MBから一気に上限に近い4095GBに増加させたところで、global memory boundへの割当割合が変化した。

今回は、pga_aggregate_targetを1GBから16GBそして、後半では、_pga_max_sizeも増加させてどう変化するか確認してみることに。

_pga_max_sizeパラメータは隠しパラメータなのでOracle Supportの指示なしには変更しないパラメータ、遊ぶ場合は、趣味の環境等でやってね :)

あ、ところで、なんでPGAネタを始めたかって? 知りたいですか? 

実は、先日、インフラ担当(Oracleにはかなり詳しいと思われる)の方と話していて、pga_aggregate_targetの話題になったとき、その方が、「そーゆー、都市伝説みたいな話があるよね〜、キッパリ!」、みたいなノリで話していたので、私:「そんな事ないよー、都市伝説みたいじゃなくて都市伝説だよ(ウソウソ)、ほんととうにそう動いてるよ〜」、という話をしていて、どーしても書かなきゃ!、という気持ちになったのでした〜。それ以外に、第一回目でもちょっと書きましたが、10g r2ではちょいと変わったとか...いう話もあったし。(マニュアルにも書いてないし、Oracleに完全お任せでいいかというと、性能問題に絡んでくるちょいといやらしいとこなので)

余談はこのくらいにして、実験再開。

実際にソート処理をさせなくても、いままでの結果から、global memory boundの値が自動PGAメモリー管理では重要な意味があることは確認できたと思うので、毎回ソート処理を行わないで進めます。(適当な所で実際にソートしてみます!)

Oracle10g R1も9iと同様に、MIN(pga_aggregate_target * 0.05, _pga_max_size * 0.5)という条件で割り当てているのはほぼ確実なので、_pga_max_size=200MB (デフォルト)のままで、pga_aggregate_targetを1GB/2GB/4GB/8GB/16GBと増加させた場合、_pga_max_size * 0.5 = 100MBを下回るのは、pga_aggregate_targetに1GBを指定した場合のみなので、Oracleが気まぐれにglobal memory boundを設定しているのでなければ、global memory boundは、51.2BM/100MB/100MB/100MB/100MBという変化になるはず!


2010/5/8追記:
MIN(pga_aggregate_target * 0.05, _pga_max_size * 0.5)という表現よりSQLなら
LEAST(pga_aggregate_target * 0.05, _pga_max_size * 0.5)こっちの方がいいな次ぎからLEASTにする。


ということを脳のcacheにKEEPした上で、以下をご覧ください。
SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 1G

SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 1024
aggregate PGA auto target 908.4375
global memory bound 51.1992188

SYS>
SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=2g;

システムが変更されました。

SYS>
SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 2G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 2048
aggregate PGA auto target 1830.2168
global memory bound 100

SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=4g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 4G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4096
aggregate PGA auto target 3673.33594
global memory bound 100

SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=8g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 8G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 8192
aggregate PGA auto target 7359.69727
global memory bound 100

SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=16g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 16G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 16384
aggregate PGA auto target 14732.2793
global memory bound 100

SYS>
SYS>

・・・中略・・・

SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT 97.58 409993216 409993216
0 order by code

やった〜!、予想通り!!! :)

さらに念押し、pga_aggregate_target * 5%が _pga_max_size * 50% より小さくなるようにして、さらに変化を見る。

16GB * 5% = 819.2MB なので 820MB * 2 = 1640MB を _pga_max_sizeパラメータに設定すればいろいろと見えるよね。たぶん。

MacOS X版Oracle10g R1だけかもしれないけど?(未確認なので)、動的に変わるはず(と思っている)_pga_max_sizeがどうも静的なので、Oracle10g R1では _pga_max_sizeを変更した場合は必ず、インスタンスを再起動しています。 (^^;;;;

_pga_max_sizeを1640MBに設定後、pga_aggregate_targetを1GB/2GB/4GB/8GB/16GBと増加させます。Oracleが気まぐれでglobal memory boundを設定していなければ、global memory boundの値は、51.2MB/102.4MB/204.8MB/409.6MB/819.2MBという変化を見せてくれるはず。

SYS> alter system set "_pga_max_size"=1640m;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g;

システムが変更されました。

SYS> shutdown
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SYS> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 293601280 bytes
Fixed Size 778888 bytes
Variable Size 116137336 bytes
Database Buffers 176160768 bytes
Redo Buffers 524288 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
SYS>
SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 1640M
pga_aggregate_target big integer 1G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 1024
aggregate PGA auto target 907.892578
global memory bound 51.1992188

SYS> alter system set pga_aggregate_target=2g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 1640M
pga_aggregate_target big integer 2G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 2048
aggregate PGA auto target 1829.30273
global memory bound 102.399414

SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=4g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 1640M
pga_aggregate_target big integer 4G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4096
aggregate PGA auto target 3672.4834
global memory bound 204.799805

SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=8g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 1640M
pga_aggregate_target big integer 8G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 8192
aggregate PGA auto target 7358.87988
global memory bound 409.599609

SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=16g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 1640M
pga_aggregate_target big integer 16G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 16384
aggregate PGA auto target 14731.6289
global memory bound 819.199219

SYS>

データ量を倍にして、実際にソートしてみると。。。700MB以上のPGAを使ってくれました〜パチパチ。

SCOTT> 
SCOTT> begin for i in 1..100000 loop insert into code values(lpad('#',4000,'#')); end loop; commit; end;
2 /

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT> exec dbms_stats.gather_table_stats(ownname=>'SCOTT',tabname=>'CODE',degree=>2,estimate_percent=>100);

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SCOTT> @test3

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
------------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 20000 SORT 781.26
0 order by code


SCOTT>

もうここまででもOracle10g R1での検証は十分かと思いますが、さらに念押しで確認してみますよ〜(趣味の世界w) 次回へつづく。




前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その4回目、

Oracle10g R1 (32bit)で、pga_aggregate_targetを徐々に増加させ、PGAの使われ方がどう変わるかの確認のつづき。


pga_aggregate_targetを10MB、20MBと増加させてきたが、今回は、40MB、そして 4095GBと上限値近くまで増やしてみる。

SYS> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=40m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 40M
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 40
aggregate PGA auto target 22.5527344
global memory bound 2

・・・中略・・・

SCOTT>
SCOTT> -- test #3 _pga_max_size=200m (default) / pga_aggregate_target=40m
SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT 1.92 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>

pga_aggregate_targetを10MB、20MB、40MBと増加させてみたところ、Oracle9i R2までと同じく、pga_aggregate_targetの5%をglobal memory boundとし、その値を上限にオペレーションしていることは確からしい。

次ぎは、_pga_max_sizeパラメータのデフォルト値である200MBを元にしてPGAサイズが決定されるようにしてみる。
pga_aggregate_targetを4095GBにする必要は全くないのだけれどね、ほんとうは。 :)

SYS> 
SYS> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=4095g;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 4095G
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 4193280
aggregate PGA auto target 3773929.32
global memory bound 100

SYS>

・・・中略・・・

SCOTT>
SCOTT> -- test #4 _pga_max_size=200m (default) / pga_aggregate_target=4095G
SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT 97.58 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>

お〜〜〜っと、ここで変化が現れました。

これまでのテストでは、pga_aggregate_targetの5%がglobal memory boundとして調整されていましたが、5%より随分小さい値が設定されています。これもOracle9i R2と同様に、_pga_max_sizeの50%という値が設定されていると考えてよさそう。 pga_aggregate_target * 5% か _pga_max_size * 50% のいずれか小さい方が利用されていますよね。

次回はその辺りをもう少し細かく確認してみよと思います。つづく…




前回までのあらすじ・・・

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その3回目、

まずは、pga_aggregate_targetパラメータを変更し、PGAがどのように利用されるかみていく。10MBからはじめ、徐々に増加させてみる。
(なお、Oracleのバックグラウンドプロセス以外のセッションは以後のテストで接続している1セッションのみ。同時に複数のセッションがあると自動PGAメモリー管理が働きすぎて困るのでw)

SYS>
SYS> alter system set pga_aggregate_target=10m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 10M

SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 10
aggregate PGA auto target 4
global memory bound .5

SYS>

前述の情報を見ただけでもわかる方はもう気づいたと思いますが、実際にソート処理を行わせてPGAのサイズなどもみておきますね。(その方が面白いしw)

SCOTT> --test #1 _pga_max_size=200m(default) / pga_aggregate_target=10m
SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT .44 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>

前述の結果から見ると、ソート処理は、0.44MBのPGAを利用していることが確認でき、そのサイズは、global memory bound以下のサイズであり、global memory boundは、pga_aggregate_targetパラメータで指定したサイズ(10MB)の5%である0.5MBであることがわかる。

では次ぎに、20MBに増加させて試してみると…

SYS> alter system flush shared_pool;

システムが変更されました。

SYS> alter system set pga_aggregate_target=20m;

システムが変更されました。

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 20M

SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 20
aggregate PGA auto target 4.36816406
global memory bound 1

・・・中略・・・

SCOTT>
SCOTT> -- test #2 _pga_max_size=200m(default) / pga_aggregate_target=20m
SCOTT> @test2

SQL_TEXT OPERATION_TYPE last_mem(MB) LAST_TEMPSEG_SIZE MAX_TEMPSEG_SIZE
---------------------------------------- -------------------- ------------ ----------------- ----------------
select * from code where rownum <= 10000 SORT .97 409993216 409993216
0 order by code

SCOTT>


pga_aggregate_targetパラメータが10MBの場合と同様に、pga_aggregate_target5%がglobal memory boundのサイズとして調整され、ソート処理を行わせてもその範囲以下を上限としてメモリソート+DISKソートが行われていることがわかる。

Oracle10g R1は、Oracle9i R2のまでと同じ割当方法だよね〜。

ここまでに利用したスクリプトは以下。(今回使った分ね。)
・test2.sql

set term off
select * from code where rownum <= 100000 order by code
/
set term on
@show_workarea2

・show_workarea2.sql

col sql_text for a40
col operation_type for a20
select
sql_text
,operation_type
,round(last_memory_used/1024/1024,2) as "last_mem(MB)"
,last_tempseg_size
,max_tempseg_size
from
v$sql vs join v$sql_workarea vsw
on vs.sql_id = vsw.sql_id
where
sql_text='select * from code where rownum <= 100000 order by code'
/

ということで、次回へつづく。 :)


前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その2回目、

自動PGAメモリー管理下ではどのようにPGAが割り当てられているのか確認して見ることに…

はじめは、

Oracle10g R1 for MacOS X Server (32bit) / MacOS X 10.4.11 Server PPC G5 Dual 2.7Ghz RAM:1GB

という環境から。

SYS> select * from v$version;

BANNER
----------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.1.0.3.0 - Prod
PL/SQL Release 10.1.0.3.0 - Production
CORE 10.1.0.3.0 Production
TNS for MacOS X Server: Version 10.1.0.3.0 - Production
NLSRTL Version 10.1.0.3.0 - Production

SYS>

以下、隠しパラメータも含めて(多めに表示してますが気にしないで・・)確認!
赤字のパラメータはいろいろ関わってくるから気にしておくと吉だけど、隠しパラメータは基本的にユーザがかってに変更するパラメータではないので、Oracle社さんからの指示に従ってね :-)

ちなみに、隠しパラメータは、パラメータ名称の先頭が "_"になっているパラメータのこと。かってに変更されては困るからマニュアルにも記載されていないパラメータのこと。
英語圏のブログを検索するときは、hidden parameters なんてキーワード含めるといいよ!

SYS> @show_param

KSPPINM KSPPSTVL KSPPSTDF
------------------------------ ------------------------------ ------------------------------
_4031_sga_dump_interval 3600 TRUE
_4031_sga_max_dumps 10 TRUE
_lock_sga_areas 0 TRUE
_pga_large_extent_size 1048576 TRUE
_pga_max_size 209715200 FALSE
_use_ism_for_pga TRUE TRUE
lock_sga FALSE TRUE
pga_aggregate_target 104857600 FALSE
pre_page_sga FALSE TRUE
sga_max_size 293601280 TRUE
sga_target 293601280 FALSE

11行が選択されました。

SYS>
SYS> show parameter workarea_size_policy

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
workarea_size_policy string AUTO
SYS>


隠しパラメータは通常はshow parameterコマンドでは表示されないけど一旦設定してあげると表示されるようになるんだよ〜。
_pga_max_size隠しパラメータのデフォルト値は200MBなんだけどあえて設定してやることでshow parameterコマンドで確認できるようにしてあります。
マネしないでね、してもいいけど自己責任でお願いします (^^;;;

SYS> show parameter pga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ --------------------------------- ------------------------------
_pga_max_size big integer 200M
pga_aggregate_target big integer 100M
SYS>
SYS> @pgastat

NAME size(MB)
-------------------------------------------------- ----------
aggregate PGA target parameter 100
aggregate PGA auto target 76.6142578
global memory bound 5

SYS>

最後の結果は、v$pgastatビューを問い合わせているんですが、一番のポイントは赤字部分のglobal memory boundなのでよ〜〜〜〜く覚えておいてね (^^

以下、ここまでで使ったスクリプト。

show_param.sql

set linesize 200
col ksppinm for a30
col ksppstvl for a30
col ksppstdf for a30
select
a.ksppinm
,b.ksppstvl
,b.ksppstdf
from
x$ksppi a join x$ksppcv b
on a.indx = b.indx
where
a.ksppinm like '%pga%'
or a.ksppinm like '%sga%'
or a.ksppinm like 'memory%'
order by
a.ksppinm
/

pgastat.sql

set linesize 200
col name for a50
select
name
,value/1024/1024 "size(MB)"
from
v$pgastat
where
name in (
'aggregate PGA target parameter'
,'aggregate PGA auto target'
,'global memory bound'
)
/


というこで、引っぱりまくってますが、Oracle10g R1 (32bit)編、次回へつづく。


前回までのあらすじ・・・ ・pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1

かな〜り間が空きましたが、久々にMac De Oracleっぽいネタにしました〜w

pga_aggregate_targetというか_pga_max_sizeパラメータというかPGAに割り当てられるSORTやhash-joinなどのサイズ絡みの話をいくつかのプロジェクトでしてたらOracle10g R2以降は割当る割合が変わったよね〜なんて話が出てた事もあり、実際はどーなーのよー。という事で調べてみる事にした。

Oracle9i R2までのお話は、過去記事や国内外のブログでも沢山書かれているのでそちらも参考にしてもらうよろしいかと…

sizing pga_aggregate_target and pga_max_size for Oracle
The _PGA_MAX_SIZE hidden parameter
新・ソートに関する検証
32bitと64bitのOracle10gでも_pga_max_sizeの値は同じ。
Mac De Oracle なんですが、Windows(32bit)でのOracleな話 #2

確認方法は、前述した新・ソートに関する検証の検証方法を参考に進めて行くことにした。
pga_aggregate_target関連の話でかつ、日本語の記事だとここが一番分かりやすい。感謝。

今回対象としたのは以下のプラットフォームとリリースのOracle

・Oracle10g R1 for MacOS X Server (32bit) / MacOS X 10.4.11 Server PPC G5 Dual 2.7Ghz RAM:1GB
・Oracle10g R2 for MacOS X Server (64bit) / MacOS X 10.6.3 Core2 Duo 2.2Ghz RAM:2GB
・Oracle11g R1 for Linux x86 (32bit) / CentOS 5.4 Pentium M 1Ghz RAM:768MB
・Oracle11g R2 for Linux x86 (32bit) / CentOS 5.4 Pentium M 1Ghz RAM:768MB


まず、検証対象の全データベースのSCOTTスキーマに以下の表とデータを登録しておく! :)

SCOTT> create table code (code varchar2(4000));

表が作成されました。

SCOTT> begin for i in 1..100000 loop insert into code values(lpad('#',4000,'#')); end loop; commit; end;
2 /

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT> exec dbms_stats.gather_table_stats(ownname=>'SCOTT',tabname=>'CODE',estimate_percent=>100);

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT>
SCOTT> l
1 select
2 blocks*block_size/1024/1024 as "table_size(MB)"
3 from
4 user_tables ut join user_tablespaces uts
5 on ut.tablespace_name = uts.tablespace_name
6* and ut.table_name = 'CODE'
SCOTT> /

table_size(MB)
--------------
782.101563

SCOTT>

ということで、次回へつづく。 (^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

32bitと64bitのOracle10gでも_pga_max_sizeの値は同じ。

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

バージョンはOracle10g ですが、Oracle10g R1までとOracle10g R2以降では32bit版と64bit版のPGA関連で違いがあるという話を聞いたので、暇な時に調べようかなというネタのタネ。

久々にMac De Oracleらしく、MacOSX版Oracle10gでございます :)


まずは、Oracle10g R1 for MacOSX Server (PowerPC) 。こちらは32bitのはず。v$sessionのpaddr列からも確認できるように32bitだね

SYS> select * from v$version;

BANNER
----------------------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.1.0.3.0 - Prod
PL/SQL Release 10.1.0.3.0 - Production
CORE 10.1.0.3.0 Production
TNS for MacOS X Server: Version 10.1.0.3.0 - Production
NLSRTL Version 10.1.0.3.0 - Production

SYS> !file $ORACLE_HOME/bin/oracle
/Volumes/Discus/4oracle/oracle/u01/app/oracle/product/10.1.0/tigerx/bin/oracle: setuid setgid Mach-O executable ppc

SYS> select paddr from v$session where username='SYS';

PADDR
--------
610F79E8

SYS> col ksppinm for a30
SYS> col ksppstvl for a30
SYS> l
1 select
2 a.ksppinm
3 ,b.ksppstvl
4 ,b.ksppstdf
5 from
6 x$ksppi a join x$ksppcv b
7 on a.indx = b.indx
8 and a.ksppinm like '%pga%'
9 order by
10* a.ksppinm
SYS> /

KSPPINM KSPPSTVL KSPPSTDF
------------------------------ ------------------------------ ---------------------------
_pga_large_extent_size 1048576 TRUE
_pga_max_size 209715200 TRUE
_use_ism_for_pga TRUE TRUE
pga_aggregate_target 96468992 FALSE

SYS>



Powerpc32

次ぎは、Oracle10g R2 for MacOSX Server(Intel x86-64)。 v$sessionのpaddr列からも64bitだと確認できます。


SYS> select * from v$version;

BANNER
----------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Prod
PL/SQL Release 10.2.0.4.0 - Production
CORE 10.2.0.4.0 Production
TNS for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production
NLSRTL Version 10.2.0.4.0 - Production

SYS>
SYS> !file $ORACLE_HOME/bin/oracle
/Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/oracle: Mach-O 64-bit executable x86_64

SYS> select paddr from v$session where username='SYS';

PADDR
----------------
0000000194664920

SYS>
SYS> l
1 select
2 a.ksppinm
3 ,b.ksppstvl
4 ,b.ksppstdf
5 from
6 x$ksppi a join x$ksppcv b
7 on a.indx = b.indx
8 and a.ksppinm like '%pga%'
9 order by
10* a.ksppinm
SYS> /

KSPPINM KSPPSTVL KSPPSTDF
------------------------------ ------------------------------ ---------
_pga_large_extent_size 1048576 TRUE
_pga_max_size 209715200 TRUE
_use_ism_for_pga TRUE TRUE
pga_aggregate_target 203423744 FALSE

SYS>


Intelcore2duo64


バナーには 64bitという表記は無いOracle10g R2 for MacOSX Serverですが、32bitのMacOSX版Oracle10g R2は存在しないのでMacOSXに限っては 64bit Productionの表示はないのかな? と勝ってに思っている。
32/64bitの両リリースのあるプラットフォームではバナーに64bit表記がなければ32bit版となっているが、そもそも32bit版がないのだから区別する必要はないということかな。

上記結果からは間違いなくOracle10g R2 for MacOSX Serverは、64bit版ですね! キッパリ! 

で、本当に知りたかったのはそれじゃなくて…

64bit版、Oracle10g R2でも _pga_max_sizeは200MBなんだよね!ってこと。 64bit版でメモリ沢山積んでても今のところこの値は変わってないよねってこと。
あとで、いろいろと遊ぶつもりなのでそのネタの事前確認なのであるw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

Snow Leopard の Finderがcrashしてrestartを繰り返すなうの巻き

妻がSnow Leopardで名刺の印刷しようとしたらハングしたらしく電源ボタンの長押しでMac強制終了して再起動。その後、妻のアカウントでログインしアプリケーションを起動したら全てが異常終了して使えない。音がでない。で、Finderがcrashしてrestartを繰り返している。



この現象、Snow Leopard以前からも幾つか書かれていた記憶はあったが自分のみに降り掛かるとは。。。。

尚、現在は復旧できたが、その経過も含めて回復方法まとめてみた。

映像にもあるように一番困る現象はFinderがrestartを繰り返してしまうので全く操作できない点。Safeモードで起動しちゃう最後の手もあるが・・・。今回はそこまでする必要は無かった。
以下に今回の症状を書いておく。

  • 特定のユーザでFinderがcrashしrestartを繰り返す。(ムービー参照)
  • 起動音以外の音がでない。(全ユーザ)
  • iTuensが-200エラーで起動しない。(全ユーザ)


Finderがrestartを繰り返してしまうユーザ以外のユーザでは音がでない、iTunesが起動できないということを除けば問題なく正常に使えている。という症状だった。
このような状態になった時にやることは、
といった作業。


で今回やったことと結果を以下に時系列で書いておくと。。。
  • NVRAMクリア:現象解決できず。
  • SMCリセット:現象解決できず。
  • 他のユーザはほぼ正常に使えていたので暫定策として他のユーザログインしTerminal.appからdittoコマンドで/Users/xxxxフォルダを丸ごと/Users/xxxx2のように複製。新規ユーザxxxx2を作成後、dsclコマンドでホームディレクトリ変更。及び/Users/xxxx2以下のパーミッションをxxxxからxxxx2へ変更。
    新規に作成したxxxx2ユーザではFinderがrestartを繰り返すという現象は治まった。
  • この時点で、/Users/xxxx以下の.DS_Storeファイルや、/Users/Library/Caches以下のキャッシュファイル、/Users/xxxx/Library/Preferences以下の初期設定ファイルが悪さをしていないことが確定。
  • /System/Library/Caches以下、/Library/Caches以下のキャッシュファイルを全て削除して再起動でやっと全ての問題が解決した。


めでたしめでたし。

尚、dittoコマンドやdsclコマンドの使い方はググルと沢山ヒットするので確認してね。。。と言いつつ別記事か、この記事にdittoコマンドやdsclコマンドのログを追記する予定。。。。もう眠いので取りあえず今はここまで。。

参考:
・Mac OS X:ソフトウェアに関するトラブルシューティング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

Oracle SQL Developer Data Modeler #3

前回予告したようにOracle SQL Developer Data Modeler 2.0で日本語を使ったモデリングを試してみた。まず使用感から先に書いておくと”まあまあ”と言ったところ。
日本語を使う上で注意する点も現時点ではまだまだあるな。という感じで、その辺りが面倒だとか気になるようであればERwinとかObjectBrowser ERとか既存のツールを使った方が楽だと感じる方も多いかもしれない。


まずはYouTubeへアップしたムービーでご覧ください。
論理モデルを日本語で作成し、物理モデルへ変換する。
その際のポイントは以下。

  • 変換する際に英語表記へ変換しているが制約名(主キー制約、ユニーク制約、外部参照制約など)を日本語表記から英語表記へ置換する機能が無い(?)ようで、制約名に関しては論理モデル上で英語表記へ手動変更している。

  • 外部参照制約では外部キー削除時のデフォルトアクションをNO ACTIONと設定していてもSET NULLが設定されてしまうため、この項目についても適宜手動で設定する必要がある。

  • DDL生成時に指定した名称を置換する「Name Substitution」機能は動作しないようなので使うのをやめた。(使い方が悪いのか?)

  • 今回あえて、日本語名のままのカラム(従業員.給与)を残しておきDDLにどのように書き出されるか確認しておいた。結果としては識別引用子(quoted identifier)は付加されないので「日本語名称でテーブル等のデータベースオブジェクト名称」を作成したいという方々には残念!かも。ただ、どうしても識別引用子を付加したい場合もあると思うのでDDL生成時オプションとして用意してもらえると良いと思う。(確かObjectBrowser ERはそんな機能があったような気がする。)

  • 論理モデル上にてリレーションを作成した場合、属性名称のPreferred Abbreviationに指定した名称を継承しないので手動で入力する必要がる。(タイプミスには要注意。)


ムービーは最大化するといいよ!

ムービーで作成した物理モデルから生成したDDLは以下の通り。(EMPLOYEESの給与列はあえてマルチバイトのままにしてあるが識別引用子が付加されていない。赤太字部分)

他に気付いたことも幾つかあった気がする・・・・・。が・・・思い出したらこのエントリに追記するか別エントリにする予定。

尚、論理モデルから物理モデルへ変換する際「Apply Name Translation」と「Use preferred abbreviations」をチェックしたが、「Use preferred abbreviations」をチェックしなかった場合はどこに設定した名称に変換してくれるのか未確認。


-- Generated by Oracle SQL Developer Data Modeler Version: 2.0.0 Build: 570
-- at: 2009-09-26 22:05:49
-- site: Oracle Database 11g
-- type: Oracle Database 11g


CREATE TABLE DEPARTMENTS
(
DEPARTMENT_ID NUMBER (4) NOT NULL ,
DEPARTMENT_NAME VARCHAR2 (60 BYTE) NOT NULL
) TABLESPACE HOGE_TS

;


COMMENT ON TABLE DEPARTMENTS IS '部署マスタ'
;

COMMENT ON COLUMN DEPARTMENTS.DEPARTMENT_ID IS '部署ID'
;

COMMENT ON COLUMN DEPARTMENTS.DEPARTMENT_NAME IS '部署名'
;
CREATE UNIQUE INDEX DEPARTMENTS_PKX ON DEPARTMENTS
(
DEPARTMENT_ID ASC
)
;

ALTER TABLE DEPARTMENTS
ADD CONSTRAINT DEPARTMENTS_PK PRIMARY KEY ( DEPARTMENT_ID ) ;


CREATE TABLE EMPLOYEES
(
EMPLOYEE_ID NUMBER (5) NOT NULL ,
EMPLOYEE_NAME VARCHAR2 (40 BYTE) NOT NULL ,
給与 NUMBER (7,2) NOT NULL ,
DEPARTMENT_ID NUMBER (4) ,
MGR_ID NUMBER (5)
) TABLESPACE HOGE_TS

;



COMMENT ON TABLE EMPLOYEES IS '従業員マスタ'
;

COMMENT ON COLUMN EMPLOYEES.EMPLOYEE_ID IS '従業員ID'
;

COMMENT ON COLUMN EMPLOYEES.EMPLOYEE_NAME IS '従業員名'
;

COMMENT ON COLUMN EMPLOYEES.給与 IS '給与'
;

COMMENT ON COLUMN EMPLOYEES.DEPARTMENT_ID IS '部署ID'
;

COMMENT ON COLUMN EMPLOYEES.MGR_ID IS '上司ID'
;
CREATE UNIQUE INDEX EMPLOYEES_PKX ON EMPLOYEES
(
EMPLOYEE_ID ASC
)
;
CREATE INDEX EMP_DEPT_FK1X ON EMPLOYEES
(
DEPARTMENT_ID ASC
)
;
CREATE INDEX EMP_EMP_FK1X ON EMPLOYEES
(
MGR_ID ASC
)
;

ALTER TABLE EMPLOYEES
ADD CONSTRAINT EMPLOYEES_PK PRIMARY KEY ( EMPLOYEE_ID ) ;



ALTER TABLE EMPLOYEES
ADD CONSTRAINT EMP_DEPT_FK1 FOREIGN KEY
(
DEPARTMENT_ID
)
REFERENCES DEPARTMENTS
(
DEPARTMENT_ID
)
;


ALTER TABLE EMPLOYEES
ADD CONSTRAINT EMP_EMP_FK1 FOREIGN KEY
(
MGR_ID
)
REFERENCES EMPLOYEES
(
EMPLOYEE_ID
)
;


-- Oracle SQL Developer Data Modeler Summary Report:
--
-- CREATE TABLE 2
-- CREATE INDEX 4
-- ALTER TABLE 2
-- CREATE VIEW 0
-- CREATE PROCEDURE 0
-- CREATE TRIGGER 0
-- CREATE STRUCTURED TYPE 0
-- CREATE COLLECTION TYPE 0
-- CREATE CLUSTER 0
-- CREATE CONTEXT 0
-- CREATE DATABASE 0
-- CREATE DIMENSION 0
-- CREATE DIRECTORY 0
-- CREATE DISK GROUP 0
-- CREATE ROLE 0
-- CREATE ROLLBACK SEGMENT 0
-- CREATE SEQUENCE 0
-- CREATE SNAPSHOT 0
-- CREATE SYNONYM 0
-- CREATE TABLESPACE 0
-- CREATE USER 0
--
-- DROP TABLESPACE 0
-- DROP DATABASE 0
--
-- ERRORS 0
-- WARNINGS 0




バックナンバー
Oracle SQL Developer Data Modeler #1
Oracle SQL Developer Data Modeler #2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

Oracle SQL Developer Data Modeler #2

Oracle SQL Developer Data Modelerの第2回目です。
今回はOracle database 11g release 2 for Linux x86のHRスキーマのテーブル定義をリーバスエンジニアリングし物理モデルと論理モデル、ついでにDDLも生成してみた。以下のムービーの通りリレーションの自動レイアウトはちょっとイマイチかもしれないがそれ以外は良さげです。ちなみに今回の例でも日本語は使っていません。多分次回のエントリで日本語を使っている所を出せるかも。。あくまで予定ですので未定ですが。


以下のムービーはQuickTIme XのScreen Recorderで記録後、YouTubeへアップロード。さらにサウンドトラックをYouTube上で設定した。


尚、上記例ではOracle SQL Developer Data ModelerからOracle database 11g release 2 へはTNS接続していましうす。MacOS XのOracle SQL DeveloperでTNS接続を利用する方法と同じです。詳細は以下を参照してください。

「Oracle SQL Developer for MacOSX で Oracle Instant Clientを使ってみる」


バックナンバー
Oracle SQL Developer Data Modeler #1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

QuickTime X - Screen Recorder

以前もちょっと書いたけどSnow LeopardのQuickTime XからScreen Recorder機能が追加されている。この機能、操作ガイドなど作るのには非常に便利。いままではShareware使ってたりした方が多かったと思うけどSnow LeopardならQuickTime Xを起動してレコーディングすだけでOK。

1

QuickTime X Playerを起動して「メニュー」→「新規画面収録 ^⌘N」を選択。
2

「画面収録」ダイアログが表示された録画ボタンをクリックするだけで開始される。デフォルトの保存場所は「ムービー」フォルダ」。
「収録の開始」ボタンをクリックすると操作が録画される。

6

4

実際に収録したムービーは次の記事の時にで使う予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

MacBook Pro 15inch (MacBookPro3,1)は64bit mode kernelで起動するはずだが・・・・

64bit mode kernelで起動できるのかって話題いろいろと飛び交ってるので、うちのMacBook Pro 15inch(MacBookPro3,1)で確認してみた。現状では起動する条件は整っているように見えるが64bit kernel modeでは起動しない。
以下のチェックではMacBook Pro 15inch (MacBookPro3,1)はSnow Leopardでは64bit mode kernelで起動できるはずだが。。。。(アップルが公表している資料を見る限りでは。。



guppy:˜ oracle$ 
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ system_profiler SPSoftwareDataType SPHardwareDataType | grep -E '(Mac OS|64-bit|Model Identifier|Processor Name)'
System Version: Mac OS X 10.6 (10A432)
64-bit Kernel and Extensions: No
Model Identifier: MacBookPro3,1
Processor Name: Intel Core 2 Duo

guppy:˜ oracle$ ioreg -l -p IODeviceTree | grep firmware-abi
| | "firmware-abi" = <"EFI64">
guppy:˜ oracle$


なぜ起動しないのだろうとApple Support Forumを検索してみたら。。。どうやら64bit mode kernel起動可能な機種ではあるがfirmwareの不具合であるとうい書き込みを見つけた。。。待つしかないかな。。。ということでひとまず64bit kernelでのお遊びはまたの機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

MacOS X Snow Leopard - QuickTIme X

MacOS X Snow Leopardで登場するQuickTime Xではscreen recorder機能が搭載されるんだね〜。便利だ。

2

ついでなので書いておくと。6月17日にダウンロード開始とされているiPhone OS 3.0。OSがアップデートすることでいろいろな機能が追加される。待ち遠しい。
22

| | コメント (0) | トラックバック (0)