2021年9月25日 (土)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #12

Previously on Mac De Oracle
前回、前々回とIASでdirect path writeであるか否かで、そのコミットおよび遅延ブロッククリーンアウトの有無が決まるという動きを確認しました。

今回は、DDLですが、親戚みたいな挙動のCTASではどうなるか確認しておきます。CTASはDDLなのでコミットは不要ですよね。また、 direct path writeが前提になっていることも皆さんご存知の通り。

ということは、IAS + APPENDヒントで、direct path write させた時と同じような挙動になるはず。。。。ですよね。

手順はいつもの図でご確認ください。(DDLなので手順も単純になっています)
Ctas_steps




0) 対象表のdrop
対象表のHOGE2は削除しておきます。CTASで作成することになるので。

SCOTT@orcl> @droppurge_hoge2.sql
1* drop table hoge2 purge

Table dropped.

Elapsed: 00:00:02.79


1) 統計をクリアするためOracle再起動

$ sudo service oracle restart


2) PDBのscottでログインしてclient_infoをセット
v$sessionのclient_info列の'TargetSession'文字列で他のSCOTTユーザーのセッションを特定するため。

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('Target Session');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


3) CDBのSYSで統計取得(初回)
内容は省略!(ベースラインを取得しているだけなので)

SYS$orclcdb> @show_stat scott
...略...


4) PDBのSCOTTユーザーでCTAS(データサイズは、コミットクリーンアウトではクリーンアウト仕切れないサイズ

SCOTT@orcl> @ctas_from_hoge.sql
1* create table hoge2 as select * from hoge

Table created.

Elapsed: 00:00:07.41


5) CDBのSYSで統計取得(CTAS後)
DDLなのでコミットはありませんが、念の為に確認すると、commit cleanouts、commit cleanouts successfully completed はほんの少しだけ。このテストケースではノイズ程度の量です。
DDL終了時にクリーンアウトは発生していないと読み取れます。(この後の手順で遅延クリーンアウトも発生していなければ。direct path writeではクリーンアウトが必要な状態にはならないということは間違いないと判断するできますよね)

参考程度ですが、physical writes 、physical writes direct、physical writes non checkpoint が同数です。物理書き込みが発生し、かつ、direct path writeでチェックポイントで書き出されたものではないということが確認できます。想定通り、CTASは direct path writeで書き出されているということがわかります。
(HOGE表のデータが載っているブロック数は、66667 ブロックであることは以前確認した通りの値です)

また、physical reads と physical reads direct は、HOGE表のブロック数以上あり、HOGE表は direct path readでお読み込まれていることがわかります。このときのfree buffer requested は非常に低いことは、バッファキャッシュを介さず、ストレージへ書き出されていることを示しています。

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat commit cleanouts 21
sysstat commit cleanouts successfully completed 21
sysstat consistent gets 72654
sysstat db block changes 3898
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 7
sysstat free buffer requested 819
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 8
sysstat no work - consistent read gets 69569
sysstat physical reads 67150
sysstat physical reads direct 66709
sysstat physical writes 66667
sysstat physical writes direct 66667
sysstat physical writes non checkpoint 66667

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 21
sesstat commit cleanouts successfully completed 21
sesstat consistent gets 72366
sesstat db block changes 3898
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 7
sesstat free buffer requested 818
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 8
sesstat no work - consistent read gets 69415
sesstat physical reads 67149
sesstat physical reads direct 66709
sesstat physical writes 66667
sesstat physical writes direct 66667
sesstat physical writes non checkpoint 66667


6) PDBのSCOTTユーザーで遅延ブロッククリーンアウト有無確認(対象表をscattered readで全表走査)

IASで direct path writeさせた場合同様に、direct path writeで書き出された場合、クリーンアウトするブロックは存在しないため、遅延ブロッククリーンアウトも発生しないという状況になります。
REDOは多少生成あれていますが、recursive call 等によるものと考えられ、このテストケースではノイズの類程度です。システム/セッション統計値をみることでその点も確認できます。

SCOTT@orcl> @table_full_scan_hoge2.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = never

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 20400

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge2

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:06.66

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 1530105727

---------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
---------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 200K| 382M| 18174 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE2 | 200K| 382M| 18174 (1)| 00:00:01 |
---------------------------------------------------------------------------

Statistics
----------------------------------------------------------
14 recursive calls
12 db block gets
80022 consistent gets
66669 physical reads
2108 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147265 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

set autot off


7) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認。対象表をscattered readで全表走査)
deferred (CURRENT) block cleanout applications や、immediate (CURRENT) block cleanout applicationsなど遅延ブロッククリーンアウトで動く統計に極わずかに動きがありますが、数ブロックなので気にする程度ではないです。遅延ブロッククリーンアウトは発生していないと読み取れます。

また、physical reads は該当表のブロック数程度のブロック数となっており、physical reads direct が発生していないことから、 scattered read でバッファキャッシュに載せられたことが確認できます。free buffer requested もほぼ同じ値になっていることからも同様のことが言えます。

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat commit cleanouts 16
sysstat commit cleanouts successfully completed 16
sysstat consistent gets 105725
sysstat db block changes 255
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 8
sysstat free buffer requested 67608
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sysstat no work - consistent read gets 94138
sysstat physical reads 67567

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 86719
sesstat db block changes 43
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 3
sesstat free buffer requested 66791
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sesstat no work - consistent read gets 82976
sesstat physical reads 66783




まとめ

CTASはDDLで、 direct path write を伴うため、IASのAPPEND同様、対象データブロックはクリーンアウトが必要な状態にはならず、コミットおよび遅延ブロッククリーンアウトは発生しない!
ことが確認できました。 :)

次回は、一旦中締めにしますか。

つづく。


目がショボショボしてるから、なにか浮遊物の影響を受けてる気がする。ブタクサやヨモギの季節だもんな。(目だけなんだよなー。アレルギーの酷方のように鼻水でたりとかではなくて。疲れ目用の目薬では、効かないw)



古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #3
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #5
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #6
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #7
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #8
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #9
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #10
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #11



| | コメント (0)

2021年9月24日 (金)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #11

Previously on Mac De Oracle
前回は、クリーンアウトの後始末をさせられる側ではなく、そもそも、後始末不要な状況もあるという確認でした。
IAS(Insert as Select)でdirect path writeで書き込まれたブロックは、クリーンアウトする必要がない状態なので、コミットクリーンアウトも遅延ブロッククリーンアウトも発生していないことはシステム統計やセッション統計からも明らかでした。

今回は、今一度確認ということで、IASでも非direct path writeだったら、やはりコミットクリーンアウトや遅延ブロッククリーンアウトは発生するよね! というところだけは見ておこうと思います。

手順は前回と同じ。前回と異なる点は、4) の部分。IASで NOAPPEND ヒントを使い direct path writeを抑止している部分のみ。
Iasstep





0) 対象表のdrop/create

SCOTT@orcl> @droppurge_create_hoge2.sql
1* drop table hoge2 purge

Table dropped.

Elapsed: 00:00:00.67
1* create table hoge2 (id number, data varchar2(2000))

Table created.

Elapsed: 00:00:00.05
1* select segment_name,blocks from user_segments where segment_name like '%HOGE2%'

no rows selected

Elapsed: 00:00:00.16


1) 統計をクリアするためOracle再起動

$ sudo service oracle restart


2) PDBのscottでログインしてclient_infoをセット
v$sessionのclient_info列の'TargetSession'文字列で他のSCOTTユーザーのセッションを特定するため。

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('Target Session');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


3) CDBのSYSで統計取得(初回)
内容は省略!(ベースラインを取得しているだけなので)

SYS$orclcdb> @show_stat scott
...略...


4) PDBのSCOTTユーザーでIAS(データサイズは、コミットクリーンアウトではクリーンアウト仕切れないサイズ、コミットなし)
このケースでは 非direct path write でINSERTしたいので NOAPPEND ヒントで direct path write を抑止しています。

SCOTT@orcl> @ias_noappend_from_hoge.sql
1* insert /*+ noappend */ into hoge2 select * from hoge

200000 rows created.

Elapsed: 00:00:16.79


5) CDBのSYSで統計取得(APPENDヒント付きのIAS後、未コミット)

IASでHOGE表を読み込み、HOGE2表へ非direct path write している様子が確認できますよね。HOGE表の読み込みは direct path read 、HOGE2表へは 非direct path write していることが読み取れます。
free buffer requested で読み込みブロック相当のブロックがバッファキャッシュへ載せられているように見えますが、読み込みは direct path read なのでバッファキャッシュには載りません。ようするに、HOGE2表向けのデータと考えることができますよね。このキャッシュされたブロックが本当にHOGE2表向けブロックであるかどうかは、これ以降の操作で物理読み込みが発生しないということで確認することができます。


(HOGE表のデータが載っているブロック数は、66667 ブロックであることは前々回も確認した通りの値です)

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 19158
sysstat DBWR checkpoints 2
sysstat DBWR thread checkpoint buffers written 19158
sysstat DBWR transaction table writes 22
sysstat DBWR undo block writes 299
sysstat commit cleanouts 6
sysstat commit cleanouts successfully completed 6
sysstat consistent gets 110098
sysstat db block changes 443304
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 5
sysstat free buffer requested 67998
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 1
sysstat no work - consistent read gets 66823
sysstat physical reads 66730
sysstat physical reads direct 66709
sysstat physical writes 19158
sysstat physical writes from cache 19158
sysstat physical writes non checkpoint 19158
sysstat transaction tables consistent reads - undo records applied 2

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 109971
sesstat db block changes 443304
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 5
sesstat free buffer requested 67996
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat no work - consistent read gets 66781
sesstat physical reads 66730
sesstat physical reads direct 66709


6) PDBのSCOTTユーザーでコミットの実行

SCOTT@orcl> commit;

Commit complete.


7) CDBのSYSで統計取得(コミット後)
APPENDモードのIASと異なり、NOAAPENDモードでは、はやり、コミットクリーンアウトが発生しています。バッファキャッシュの10%-15%の範囲のブロックがコミット時にクリーンアウトされている状況が commit cleanouts successfully completed および、commit cleanouts から確認することができます。

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat commit cleanouts 55709
sysstat commit cleanouts successfully completed 55709
sysstat consistent gets 18547
sysstat db block changes 289
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 4
sysstat free buffer requested 791
sysstat no work - consistent read gets 10937
sysstat physical reads 758
sysstat transaction tables consistent reads - undo records applied 1

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 55700
sesstat commit cleanouts successfully completed 55700
sesstat db block changes 1


8) PDBのSCOTTユーザーで遅延ブロッククリーンアウト有無確認(対象表をscattered readで全表走査)

direct path writeと非direct path writeの違いはハッキリでました。REDOログは大量に生成され、遅延ブロッククリーンアウトは発生しているようです。
また、物理読み込みは発生していないので、バッファキャッシュにヒットしているという状況も読み取れます。

SCOTT@orcl> @table_full_scan_hoge2.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = never

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 20400

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge2

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:05.74

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 1530105727

---------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
---------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 172K| 167M| 18223 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE2 | 172K| 167M| 18223 (1)| 00:00:01 |
---------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
19 recursive calls
13 db block gets
91462 consistent gets
2 physical reads
967388 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147265 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed
¥
set autot off


9) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認。対象表をscattered readで全表走査)
実行統計の示す通り、遅延ブロッククリーンアウトが発生していることは、immediate (CR) block cleanout applications、cleanouts only - consistent read getsのブロック数からもハッキリ確認することができます!(コミットクリーンアウトできなかったブロック数です)

physical readsはほんの少しありますが、発生していないとみなしても良い程度です。このケースはscattered readが発生していない。つまり、非direct path writeでバッファキャッシュに載ったブロックにヒットしていることで、scattered readの必要がなかった! ということを意味しています。もし、この時、バッファキャッシュから該当表のブロックがある程度落ちていれば、physical readsが表のブロック数程度まで増加していたはずです。(多数の同時実行トランザクションが存在する状況であればキャッシュからエージアウトされ、物理読み込みが大量に発生するというケースは珍しくありません。その分処理時間も長くなるわけで、程度とデータサイズサイズしだいで処理時間も延びることが予想できます。場合よっては、処理時間がかかりすぎて、ザワザワしたり。。。w)

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat cleanouts only - consistent read gets 10967
sysstat commit cleanouts 19
sysstat commit cleanouts successfully completed 19
sysstat consistent gets 98619
sysstat db block changes 11065
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 8
sysstat free buffer requested 180
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 10967
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 5
sysstat no work - consistent read gets 72340
sysstat physical reads 169

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat cleanouts only - consistent read gets 10967
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 98015
sesstat db block changes 11011
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 2
sesstat free buffer requested 121
sesstat immediate (CR) block cleanout applications 10967
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sesstat no work - consistent read gets 72013
sesstat physical reads 113




まとめ

IASで 非direct path write してINSERTされた場合、ブロッククリーンアウトが通常通り発生する(コミット時でも遅延でも)
direct path write時との統計値の違いからも明らかですね。

前回のIAS(APPEND)時の遅延ブロッククリーンアウトがなかったケースの統計を再掲しておきます。統計値の違いをよーく確認してみてください。(試験に。。。でないですけどw)

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat cleanouts only - consistent read gets 1
sysstat commit cleanouts 16
sysstat commit cleanouts successfully completed 16
sysstat consistent gets 105046
sysstat db block changes 225
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 9
sysstat free buffer requested 67576
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 1
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sysstat no work - consistent read gets 93908
sysstat physical reads 67536

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat cleanouts only - consistent read gets 1
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 86566
sesstat db block changes 44
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 3
sesstat free buffer requested 66778
sesstat immediate (CR) block cleanout applications 1
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sesstat no work - consistent read gets 82891
sesstat physical reads 66770

次回は、CTAS ( create table as select ) ではどうなるか確かめます。(まだいくつかの関連統計を動かせていないケースありw)

次回へつづく。


東京は、自転車での移動や買い物のほうが渋滞や混雑のストレスがなくていいな。久々に coutry side側をドライブしてたが、ノーストレレスだった。一転機能は、買い物でドライブするも、いちいち渋滞w
WfHも年単位になると、すでに都心の満員電車や渋滞に耐えられない感じになってる気がしないでもないw (渋滞でスタックしている時間がもったいないw)



古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #3
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #5
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #6
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #7
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #8
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #9
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #10



| | コメント (0)

2021年9月22日 (水)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #10

Previously on Mac De Oracle
前回は、SELECT文であっても遅延ブロッククリーンアウトが発生すると該当ブロックは更新され、REDOログも生成される。ただし、direct path read で読み込まれた場合を除く。
という動きをみました。

今回もdirect pathがらみです。といっても direct path write だったら、コミットクリーンアウトや、遅延ブロッククリーンアウトはどういう扱いになるのだろう。。。と
(このシリーズの初回で紹介したいろいろなブログに答えはあるのですがw)

システム統計やセッション統計の統計値から、それをどう読み取るか。γGTP高いから肝臓あたりに問題があるか、検査前日に酒飲んじゃったでしょ! 的なところを診て、なにがおきているか診察していくシリーズなので、それぞれの統計と、auto traceによる実行計画と実行統計を診ていくわけですが。。w


ということで、今回は、前回利用していた表を元にIASで別表を作成し、コミット前後の状況を診ていきたいとおもいます。IASと言っても direct path write になるケースと従来型のロードがあるのは皆さんご存知だと思いますが、まずは、 direct path writeの方から挙動を診ていくことにします。手順はざっとこんな感じ
Iasstep

そういえば、以前、IASで、direct path write かどうか判別しやすくなったよねーというネタをやってましたね。実行計画だけでも違いがわかりやすくなっているので便利になりました。:)

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! No.30より、LOAD TABL CONVENTIONAL vs. LOAD AS SELECTの実行計画の違い。
20210213-150833


20210213-150416





0) 対象表のdrop/create
SCOTT@orcl> @droppurge_create_hoge2.sql
1* drop table hoge2 purge

Table dropped.

Elapsed: 00:00:00.74
1* create table hoge2 (id number, data varchar2(2000))

Table created.

Elapsed: 00:00:00.07
1* select segment_name,blocks from user_segments where segment_name like '%HOGE2%'

no rows selected

Elapsed: 00:00:00.15

1) 統計をクリアするためOracle再起動

$ sudo service oracle restart


2) PDBのscottでログインしてclient_infoをセット
v$sessionのclient_info列の'TargetSession'文字列で他のSCOTTユーザーのセッションを特定するため。

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('Target Session');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


3) CDBのSYSで統計取得(初回)
内容は省略!(ベースラインを取得しているだけなので)

SYS$orclcdb> @show_stat scott
...略...


4) PDBのSCOTTユーザーでIAS(データサイズは、コミットクリーンアウトではクリーンアウト仕切れないサイズ、コミットなし)
このケースでは direct path write でINSERTしたいので APPEND ヒントで direct path write を強制しています。 direct path read とは異なり、ヒントで制御できるのは楽w

SCOTT@orcl> @ias_from_hoge.sql
1* insert /*+ append */ into hoge2 select * from hoge

200000 rows created.

Elapsed: 00:00:10.42


5) CDBのSYSで統計取得(APPENDヒント付きのIAS後、未コミット)

IASでHOGE表を読み込み、HOGE2表へdirect path write している様子が確認できますよね。HOGE表の読み込みは direct path read 、HOGE2表へは direct path write している状況がはっきりでていてわかりやすい結果を得られました :)
(HOGE表のデータが載っているブロック数は、66667 ブロックであることは前回も確認した通りの値です)

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat commit cleanouts 16
sysstat commit cleanouts successfully completed 16
sysstat consistent gets 72460
sysstat db block changes 3131
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 12
sysstat free buffer requested 792
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 3
sysstat no work - consistent read gets 69328
sysstat physical reads 67121
sysstat physical reads direct 66709
sysstat physical writes 66667
sysstat physical writes direct 66667
sysstat physical writes non checkpoint 66667

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 16
sesstat commit cleanouts successfully completed 16
sesstat consistent gets 72373
sesstat db block changes 3131
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 12
sesstat free buffer requested 792
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 3
sesstat no work - consistent read gets 69291
sesstat physical reads 67121
sesstat physical reads direct 66709
sesstat physical writes 66667
sesstat physical writes direct 66667
sesstat physical writes non checkpoint 66667


6) PDBのSCOTTユーザーでコミットの実行

SCOTT@orcl> commit;

Commit complete.


7) CDBのSYSで統計取得(コミット後)
direct path writeでバッファキャッシュを経由せず書き出されたブロックはコミット時にはクリーンアウトの対象にはなっていないようですね。。。。統計をみる限りノイズ程度ですね。
ということは全てのブロックが遅延ブロッククリーンアウト対象になってしまうのか、または、その逆で、最初からクリーンアウト対象にもなっていないかということになります。次の全表走査の結果でどちらであるか、わかるはずです!!!!(ニヤニヤ、それ、ねらってやってるので、答えは知っているわけですがw)

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat commit cleanouts 25
sysstat commit cleanouts successfully completed 25
sysstat consistent gets 12104
sysstat db block changes 1557
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 12
sysstat free buffer requested 714
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 4
sysstat no work - consistent read gets 7192
sysstat physical reads 705

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 2
sesstat commit cleanouts successfully completed 2
sesstat consistent gets 864
sesstat db block changes 1474
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat free buffer requested 37
sesstat no work - consistent read gets 351
sesstat physical reads 32


8) PDBのSCOTTユーザーで遅延ブロッククリーンアウト有無確認(対象表をscattered readで全表走査)

REDOログは多少生成されていますが、実際に遅延ブロッククリーンアウトが発生した場合REDOログ量この程度では少なすぎますよね。
今回の検証目的からするとノイズの類ですね。むむむ。これは。。。。
(物理読み込みは発生しているので、direct path read か、scattered readのどちらかということにはなります。期待している動きは、Scattered read 。)

SCOTT@orcl> @table_full_scan_hoge2.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = never

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 20400

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge2

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:06.84

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 1530105727

---------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
---------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 200K| 382M| 18174 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE2 | 200K| 382M| 18174 (1)| 00:00:01 |
---------------------------------------------------------------------------

Statistics
----------------------------------------------------------
13 recursive calls
12 db block gets
80022 consistent gets
66668 physical reads
2284 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147265 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

set autot off


9) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認。対象表をscattered readで全表走査)
physical reads は想定通りのブロック以上になっていますが、physical reads direct は発生していないので、scattered readによる全表走査であると読み取ることができます。
ただ、この状態でも、遅延ブロッククリーンアウトの発生を示す統計値はノイズ程度の値です。

つまり、direct path write でINSERTされたデータブロックはクリーンアウトが必要な状態だということになりますね。興味深い動きですよね。メモしておいたほうが良さそうです :)

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat cleanouts only - consistent read gets 1
sysstat commit cleanouts 16
sysstat commit cleanouts successfully completed 16
sysstat consistent gets 105046
sysstat db block changes 225
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 9
sysstat free buffer requested 67576
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 1
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sysstat no work - consistent read gets 93908
sysstat physical reads 67536

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                           VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat cleanouts only - consistent read gets 1
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 86566
sesstat db block changes 44
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 3
sesstat free buffer requested 66778
sesstat immediate (CR) block cleanout applications 1
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sesstat no work - consistent read gets 82891
sesstat physical reads 66770




まとめ

IASで direct path write してINSERTされた場合、ブロッククリーンアウトは発生しない!(コミット時でも遅延でも)
そもそもクリーンアウトが必要な状態になっていないというのが正しいのでしょうね。統計値としては全く動いてないに等しいので。

これも試験にでますよ(嘘w

次回は、同じIASもdirect path write ではないケースではどうなるでしょう。。。(ここまでのエントリーを読んでいる方は、結果は想像できそうではありますが)

次回へつづく。


遅めの夏休みですが、まあ、普段とちがうのは、いろいろなタスクの締め切りに追われずに、マイペースな時間の過ごし方になるぐらいだな。この状況下ではw



古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #3
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #5
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #6
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #7
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #8
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #9



| | コメント (0)

2021年9月21日 (火)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #9

Previously on Mac De Oracle
バッファキャッシュから溢れ出る程度のデータを登録しコミットした場合は、コミットクリーンアウトがどうなるか、遅延ブロッククリーンアウトされるブロック数はどの程度になるかという、寄り道でしたw

今回は、寄り道し過ぎて忘れるところだった、前回まで、scattered readを伴うtable full scanで発生していた遅延ブロッククリーンアウトが direct path read だったらどうなるか、というシリーズ :) 
(まだ続くのかーーーっ! はいw いろんなケースがありますから。シンプルなケースであっても。それぞれの基本的な挙動を知っいて損はないとおもいます。 複雑なケースだと脳汁出過ぎるくらい複雑なので考えたくもなくなるのでw)

では、早速再現してみましょう。手順はこれまで行なってきたとおりで、違いは遅延ブロッククリーンアウトを発生させるためのtable full scanでdirect path readさせるという部分のみ。手順はscattered readとの比較も入れるので長くなってしまうので、追加ステップを追記した図を見てもらうと何やっているか、流れは理解しやすいかもしれません。Steps


事前準備
バッファキャッシュのサイズは元のサイズに戻してあります

SYS@orclcdb> show sga

Total System Global Area 4294963960 bytes
Fixed Size 9143032 bytes
Variable Size 805306368 bytes
Database Buffers 3472883712 bytes
Redo Buffers 7630848 bytes

200,000行登録したデータ(セグメントサイズ農地純粋にデータが乗っているブロック数)が乗っているブロック数はこんなところ。セグメントサイズはこれより多いですよ。行データが載っているブロックだけカウントしているので。

SCOTT@orcl> select count(distinct dbms_rowid.rowid_block_number(rowid)) as "blocks" from hoge;

blocks
----------
66667

ということで、セグメントサイズも確認。

SCOTT@orcl> select segment_name,blocks from user_segments where segment_name = 'HOGE';

SEGMENT_NAME BLOCKS
------------------------------ ----------
HOGE 67584

バッファキャッシュの10-15%程度はコミットクリーンアウトされるので、間をとってこれぐらいはコミットクリーンアウトされる。。。

SCOTT@orcl> select 3472883712 / 8192 * 0.13 from dual;

3472883712/8192*0.13
--------------------
55111.68

残りは遅延ブロッククリーンアウトする。だいだいこんなもん。

SCOTT@orcl> select 66667 - 55112 from dual;

66667-55112
-----------
11555

direct path read狙いの全表走査(シリアル実行で発動させることを意図していますが、言うこときいてくれるかあなぁ)

$ cat table_full_scan_with_dpr.sql
alter session set "_serial_direct_read" = always
.
l
/
alter session set "_very_large_object_threshold" = 512
.
l
/

!echo set autot trace exp stat
set autot trace exp stat

select * from hoge
.
l
/

!echo set autot off
set autot off

Scattered Read狙いの全表走査のスクリプト

$ cat table_full_scan.sql
alter session set "_serial_direct_read" = never
.
l
/
alter session set "_very_large_object_threshold" = 20400
.
l
/

!echo set autot trace exp stat
set autot trace exp stat


select * from hoge
.
l
/

!echo set autot off
set autot off




さて、うまく再現できるかどうか。。(今回もやったことをほぼすべて載せているので長いです)


0) 対象表をdrop/create
オブジェクトを作り直し前提合せ

SCOTT@orcl> @droppurge_create_hoge

Table dropped.

Table created.

SCOTT@orcl> select segment_name,blocks from user_segments where segment_name like '%HOGE%';

no rows selected


1) 統計をクリアためOracle再起動

$ sudo service oracle restart


2) PDBのscottでログインしてclient_infoをセット
v$sessionのclient_info列の'TargetSession'文字列で他のSCOTTユーザーのセッションを特定するため。

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('TargetSession');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


3) CDBのSYSで統計取得(初回)
内容は省略!(ベースラインを取得しているだけなので)

SYS$orclcdb> @show_stat scott
...略...


4) PDBのSCOTTユーザーでINSERT(データ量2倍、コミットなし)
データサイズはバッファキャッシュに載るサイズ、コミットクリーンアウトではクリーンアウト仕切れないサイズで、ある程度の遅延ブロッククリーンアウトが発生するサイズになっているのは以前と同じ。

SCOTT@orcl> @insert_each_rows_2
1* begin for i in 1..200000 loop insert into hoge values(i, lpad('*', 2000, '*')); end loop; end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:29.48
SCOTT@orcl>


5) CDBのSYSで統計取得(INSERT後、未コミット)
insertしただけなので、insertしたデータ量に応じたブロック数がバッファキャッシュに確保されたという程度の情報( free buffer requested = 68766 なので事前に確認していた 66667 以上になっています)は確認できます。
(バッファキャッシュに収まるデータ量ですし)ただ、checkpointの発生でいくらか書き出されているのも見えますよね( DBWR checkpoint buffers written )

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 22909
sysstat DBWR checkpoints 3
sysstat DBWR thread checkpoint buffers written 22902
sysstat DBWR transaction table writes 6
sysstat DBWR undo block writes 573
sysstat commit cleanouts 6
sysstat commit cleanouts successfully completed 6
sysstat consistent gets 49682
sysstat db block changes 744727
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 4
sysstat free buffer requested 68766
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 1
sysstat no work - consistent read gets 82
sysstat physical reads 9
sysstat physical writes 22909
sysstat physical writes from cache 22909
sysstat physical writes non checkpoint 22892

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 49561
sesstat db block changes 744727
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 4
sesstat free buffer requested 68766
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat no work - consistent read gets 40
sesstat physical reads 9


6) PDBのSCOTTユーザーでコミットの実行

SCOTT@orcl> commit;

Commit complete.


7) CDBのSYSで統計取得(コミット後)
コミットクリーンアウトされているブロック数を見ると、事前に計算していた バッファキャッシュの13%( 55112 blocks )に近い 55700 ブロックがコミットのタイミングでクリーンアウトされていることがわかります。ここまでは想定通りの動きです。

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat commit cleanout failures: callback failure 15
sysstat commit cleanouts 56077
sysstat commit cleanouts successfully completed 56062
sysstat consistent gets 50494
sysstat db block changes 7894
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 158
sysstat free buffer requested 3217
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 154
sysstat no work - consistent read gets 32764
sysstat physical reads 2962

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 55700
sesstat commit cleanouts successfully completed 55700
sesstat db block changes 1


8) PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表をdirect path readで全表走査)
全表走査させてコミットクリーンアウトされなかったブロックがクリーンアウトを確認します。ただし、全表走査ではありますが、direct path read で読み込ませるように工夫しています。

さて狙い通りになるかどうか。。。パラレルクエリーでない場合の強制はちょいとむずいのですが、見る限り、REDOログは生成されています。

ただ、以前のscattered read ( db file sequential read )で発生させた遅延ブロッククリーンアウトの検証結果に比べると明らかに少ない。。
なにかが違いますね。。。。むむむ。なんだろう?
scattered readでほぼ同じバッファキャッシュサイズで、遅延ブロッククリーンアウトさせた際、967432 redo size というサイズが生成されていたのを思い出してみてください!!! 明らかに少ないです。。。。

SCOTT@orcl> @table_full_scan_with_dpr.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = always

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 512

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:10.84

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
23 recursive calls
13 db block gets
113559 consistent gets
66712 physical reads
2996 redo size
4539159 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

set autot off


9) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)(対象表をdirect path readで全表走査)
direct path read、遅延ブロッククリーンアウトの有無をシステム統計およびセッション統計から読み取ってみます!

物理読み込み( physical writes )とダイレクトパスリードを示す( physical writes from cache )が同じであることから、間違いなく direct path readが発生しています。ブロック数も 66667 ブロックを超えていることは確認できます。
ただ、immediate (CR) block cleanout applications が想定している量の3倍ぐらいあります:)
遅延ブロッククリーンアウトは行われているのは間違いないですが、前述の通りREDOサイズが異常に少ない。どういうことだろう。。(想定通りの結果に、ニヤニヤなわけですがw)

真相を探るため、われわれはアマゾンの奥深くへ入っていくのであった。。。W

少々本題からそれますが、DBWR parallel query checkpoint buffers written で 44793 ブロックほど書き出されています。これが発生するのは direct path readの影響です。direct path read バッファキャッシュを介ず、常にストレージからデータを読み込む必要があります。この検証では、INSERTでバッファキャッシュに載っているデータであるため一旦書き出す必要があります。書き出されたデータを direct path read で読み込むのでこんな動きになっているというわけですね。。。。。

これ、よくよく考えると、コミットクリーンアウトされていないブロックもそのままの状態で書き出されてますよね。。。ここ試験にでますよ(嘘ですw

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 44793
sysstat DBWR checkpoints 2
sysstat DBWR object drop buffers written 2
sysstat DBWR parallel query checkpoint buffers written 44793
sysstat cleanouts only - consistent read gets 33057
sysstat commit cleanouts 18
sysstat commit cleanouts successfully completed 18
sysstat consistent gets 120519
sysstat db block changes 97
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 8
sysstat free buffer requested 127
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 33057
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 5
sysstat no work - consistent read gets 50145
sysstat physical reads 66827
sysstat physical reads direct 66710
sysstat physical writes 44795
sysstat physical writes from cache 44795
sysstat physical writes non checkpoint 44795

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat cleanouts only - consistent read gets 33057
sesstat commit cleanouts 5
sesstat commit cleanouts successfully completed 5
sesstat consistent gets 120131
sesstat db block changes 48
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat free buffer requested 120
sesstat immediate (CR) block cleanout applications 33057
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sesstat no work - consistent read gets 49952
sesstat physical reads 66823
sesstat physical reads direct 66710


10) Oracle再起動
Oracleを再起動して、諸々綺麗にした状態で、今一度、direct path readで全表走査させてみましょう。

$ sudo service oracle restart


11) PDBのscottでログインしてclient_infoをセット
v$sessionのclient_info列の'TargetSession'文字列で他のSCOTTユーザーのセッションを特定するため。

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('TargetSession');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


12) CDBのSYSで統計取得(再起動後初回)
内容は省略!(ベースラインを取得しているだけなので)

SYS$orclcdb> @show_stat scott
...略...


13) PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表をdirect path readで全表走査)2回目
お!!! REDOが生成されていないですね。Scattered Readの場合でも、コミット時でも一度クリーンアウトされたブロックはクリーンアウト済みなので、クリーンアウトされるような挙動は発生しませんでしたが、 direct path read でもおなじかなーー。

と。。。。とりあえず、システム統計とセッション統計も確認しておきましょう!

SCOTT@orcl> @table_full_scan_with_dpr.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = always

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 512

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:03.90

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
33 recursive calls
0 db block gets
91159 consistent gets
66938 physical reads
0 redo size
4539159 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
5 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

set autot off


14) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)(対象表をdirect path readで全表走査)2回目
セッション統計のphysical readsとhysical reads direct は同一であることから direct path readになっていることは間違いありません。また、ブロック数も 66667 ブロック以上にはなっているので全ブロック読み込まれているようですね。
ただ、妙な値を示している統計があります。

immediate (CR) block cleanout applications  10959 

遅延ブロッククリーンアウトが行われている時に上がる統計です。しかも、コミットクリーンアウトされたブロック数を差し引いたブロック数にほぼ一致します。(1回目の実行ではこの3倍ぐらいに跳ね上がっていましたが。。一度クリーンアウトされたのでは??)

さらに不思議なことに、REDO生成されないんですね。。。。

ん? ちょっと待ってください。一度、クリーンアウトされたブロックがなぜ、再度クリーンアウトされているのでしょう? scattered readで遅延ブロッククリーンアウトされたケースと動きが違います!!!!!!

Oracleを再起動する前のステップでREDOログが異常に少ないにも関わらず、遅延クリーンアウトされていた統計値が高くなった。Oracleを再起動した後でも、同様に、direct path read で読み込み、遅延ブロッククリーンアウト発生。しかもREDOログはありません。。。これって、クリーンアウト行われているようですが、実際にはメモリー上だけで実祭のブロックはクリーンアウトされずに残っているということですよね。なんども発生しているわけですから。
(ブロックダンプしなくても統計値から状況は見えてきましたよね!!)

direct path readはその名の通り、バッファキャッシュを介さず、常にストレージからデータブロックを読み込み、PGAへ。このケースだとSELECT文なので単純にPGAへ直接読み込み、メモリ上ではクリーンアップは行なっているようですが、クエリーが終了すれば、単に捨てられるのみ。。。なので、クリーンアウトの結果は永続化されない。。。ということになりますよね!

ということは、SELECT文の場合は、scattered read等でバッファキャッシュを経由させないと、遅延ブロッククリーンアウトは、ずーっと先延ばしされる。。。direct path readのSELECT文を2回実行してクリーンアウトさせたわけだが、この後、scattered readで全表走査させれば、遅延ブロッククリーンアウトが発生して、大量のREDOログが生成されるて、完全にクリーンアウトされる。。。。。。はず。。。ですよね。

試してみよう!!!!

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat DBWR checkpoints 1
sysstat DBWR object drop buffers written 2
sysstat cleanouts only - consistent read gets 10959
sysstat commit cleanouts 36
sysstat commit cleanouts successfully completed 36
sysstat consistent gets 106766
sysstat db block changes 166
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 18
sysstat free buffer requested 1130
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 10959
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 10
sysstat no work - consistent read gets 77392
sysstat physical reads 67827
sysstat physical reads direct 66710
sysstat physical writes 2
sysstat physical writes from cache 2
sysstat physical writes non checkpoint 2

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat cleanouts only - consistent read gets 10959
sesstat commit cleanouts 2
sesstat commit cleanouts successfully completed 2
sesstat consistent gets 98223
sesstat db block changes 30
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat free buffer requested 587
sesstat immediate (CR) block cleanout applications 10959
sesstat no work - consistent read gets 72324
sesstat physical reads 67289
sesstat physical reads direct 66710


15) Oracle再起動
諸々情報を綺麗にするので再起動!!

$ sudo service oracle restart


16) PDBのscottでログインしてclient_infoをセット
v$sessionのclient_info列の'TargetSession'文字列で他のSCOTTユーザーのセッションを特定するため。

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('TargetSession');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


17) CDBのSYSで統計取得(再々起動後初回)
内容は省略!(ベースラインを取得しているだけなので)

SYS$orclcdb> @show_stat scott
...略...


18) PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表をscattered readで全表走査)3回目

キターーーーーーーーーーーーーーっ!。 予想的中!!。(競馬ならいいのにw) 

大量のREDOログが生成され、物理読み込みも初生しています。direct path readで全表走査させた時とは明らかに違う!!!(以前、見た光景!!w

SCOTT@orcl> @table_full_scan.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = never

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 20400

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:04.84

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
33 recursive calls
0 db block gets
91170 consistent gets
66720 physical reads
964436 redo size
4539159 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
5 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

set autot off


19) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)(対象表をscattered readで全表走査)3回目

physical reads が想定ブロック数以上あるため、物理読み込みされ全ブロックが読み込まれていると読み取れます。また、physical reads direct は変化していません。(変化のない統計は記載していません)
つまり direct path read ではなく scattered read で全表走査が行われたことを示しています。

immediate (CR) block cleanout applications                     10959

という統計から、遅延ブロッククリーンアウトが発生し、ほぼ想定していたブロック数であることも確認できます。

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat cleanouts only - consistent read gets 10959
sysstat commit cleanouts 3
sysstat commit cleanouts successfully completed 3
sysstat consistent gets 98846
sysstat db block changes 10992
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 2
sysstat free buffer requested 67078
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 10959
sysstat no work - consistent read gets 72660
sysstat physical reads 67069

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat cleanouts only - consistent read gets 10959
sesstat commit cleanouts 2
sesstat commit cleanouts successfully completed 2
sesstat consistent gets 98234
sesstat db block changes 10988
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat free buffer requested 67071
sesstat immediate (CR) block cleanout applications 10959
sesstat no work - consistent read gets 72324
sesstat physical reads 67063


20) Oracle再起動
以前の検証で、scattered readでブロッククリーンアウトされた場合のSELECT文であっても結果は永続化されるので、再度読み込ませた場合はクリーンアウト済みなので再度遅延クリーンアウトが発生しないことは確認確認済みですが、今一度確認しておきましょうw

$ sudo service oracle restart


21) PDBのscottでログインしてclient_infoをセット
v$sessionのclient_info列の'TargetSession'文字列で他のSCOTTユーザーのセッションを特定するため。

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('TargetSession');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


22) CDBのSYSで統計取得(再再々起動後初回)
内容は省略!(ベースラインを取得しているだけなので)

SYS$orclcdb> @show_stat scott
...略...


23) PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表をscattered readで全表走査)4回目

想定通り、遅延ブロッククリーンアウトは発生せず、REDOログも生成されていません! めでたしめでたしw

SCOTT@orcl> @table_full_scan.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = never

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.01
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 20400

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:04.32

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
33 recursive calls
0 db block gets
80211 consistent gets
66719 physical reads
0 redo size
4539159 bytes sent via SQL*Net to clientyoutub
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
5 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

set autot off

24) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)(対象表をscattered readで全表走査)4回目
physical reads はありますが、 physical reads direct は変化していません。これは scattered read で全データを読み込んだと見て良いでしょうね。読み込んだブロックサイズも該当表の想定データブロック数程度です。
また、遅延ブロッククリーンアウトが発生したことを示す統計は変化していないことから、遅延ブロッククリーンアウトは発生していないことも読み取れます。(^^)

統計値が変動したもののみ記載
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat commit cleanouts 3
sysstat commit cleanouts successfully completed 3
sysstat consistent gets 87659
sysstat db block changes 34
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 2
sysstat free buffer requested 67058
sysstat no work - consistent read gets 83510
sysstat physical reads 67048

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 2
sesstat commit cleanouts successfully completed 2
sesstat consistent gets 87049
sesstat db block changes 30
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat free buffer requested 67051
sesstat no work - consistent read gets 83175
sesstat physical reads 67042



まとめ

SELECT文であっても、遅延ブロッククリーンアウトが発生すると該当ブロックは更新され、REDOログが生成される。ただし、direct path read で読み込まれた場合を除く。
ということのようですね。

ふむふむという興味深い動きですよね。これ。:)

では、次回は direct path に関わる別の動きも確認してみましょうか。。。
このシリーズ、まだまだ引っ張れそうw

ということで次回へつづく。


台風の影響を心配したけどなんとか良い天気の遅い夏休みで。暑くも寒くもないく散歩の気持ちいい秋空 :)



古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #3
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #5
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #6
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #7
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #8



| | コメント (0)

2021年9月14日 (火)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #8

Previously on Mac De Oracle
前回からのつづき(ちょいと寄り道中)
です。

では、とっとと試してみましょうw

バッファキャッシュから溢れ出る程度のデータ量だったら、どうなるのかなーーーー、という検証です。やりたいことは図の通りです。
Photo_20210911234101

検証方法を考えていたのですが、自動共有メモリー管理になっているのと、sga_max_size/sga_targetを小さくしすぎるとOracle Databaseが起動しないなど諸々引きそうなので、shared_pool_sizeを大きく設定して、バッファキャッシュに回せるメモリーを減らすことで、バッファキャッシュを小さく、バッファから溢れる程度のデータ量も少なくて済むようにして試してみることにします。

準備段階から書いてます。再現させる環境をどうセットアップしたかっていうことも重要だと思うのですよね。少々長くなっちゃいますが。



検証準備

CDBに接続して初期化パラメータを調整!!

SGAコンポーネントの状況
Database Buffersが、3G以上になってます。検証データ量も多くなってしまうので、これを1GB程度まで下げたいですね。検証時間も節約できますし、最小の手数で検証できるほうが良いですから:)

SYS@orclcdb> show sga
Total System Global Area 4294963960 bytes
Fixed Size 9143032 bytes
Variable Size 805306368 bytes
Database Buffers 3472883712 bytes
Redo Buffers 7630848 bytes

SYS@orclcdb> select 3472883712 / 1024 / 1024 AS "MB" from dual;

MB
----------
3312

Elapsed: 00:00:00.00


sga_max_size,sga_min_sizeが4GBですが、ここはそのままにします。あまり小さくしすぎると起動しなくなったり。(^^;;;;

SYS@orclcdb> show parameter sga
NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
allow_group_access_to_sga boolean FALSE
lock_sga boolean FALSE
pre_page_sga boolean TRUE
sga_max_size big integer 4G
sga_min_size big integer 0
sga_target big integer 4G
unified_audit_sga_queue_size integer 1048576


自動SGA管理なので、Shared Pool Sizeに大きめの値を設定。
自動SGA管理下で自動管理対象メモリーコンポーネントパラメータに値を設定した場合、その値が下限値となり最低でもその値は確保されるという仕組みを利用します!

SYS@orclcdb> show parameter shared_pool

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
shared_pool_reserved_size big integer 39426457
shared_pool_size big integer 0


起動しなくなっても戻しやすいようにspfileをpfileに書き出して退避後に、shared_pool_sizeを3GBへ増やします。これで4Gのうちの3G程度がshared poolに割り当てられ、バッファキャッシュは1GBぐらいになるはず。(VirtualBoxなのでスナップショット取得しておいて戻すのもありですけどw)

SYS@orclcdb> create pfile='pfile20210912.ora' from spfile;

File created.

Elapsed: 00:00:00.00
SYS@orclcdb> alter system set shared_pool_size = 3g scope=both;

System altered.

Elapsed: 00:00:00.77


Database Buffersがいい感じにシュリンクしました。1GBぐらいになりました。これで進めますよー。

SYS@orclcdb> show sga
Total System Global Area 4294963960 bytes
Fixed Size 9143032 bytes
Variable Size 3238002688 bytes
Database Buffers 1040187392 bytes
Redo Buffers 7630848 bytes

SYS@orclcdb> select 1040187392 / 1024 / 1024 AS "MB" from dual;

MB
----------
992

Elapsed: 00:00:00.01


ざっくりとブロック数を計算

SYS@orclcdb> select 1040187392 / 8192 AS "blocks" from dual;

blocks
---------------
126976

Elapsed: 00:00:00.01


前回のHOGE表に200,000 rowsで、66,667 blocks のデータを生成したので、126,976 blocks を満たすデータ量にしようとすると 400,000 rowsほど必要になりそうですね。。。。少々多めで、バッファキャッシュから溢れる程度の量で、 500,000 rowsのデータを登録することにしましょう!!!!

SYS@orclcdb> select ceil(126976 / 66667) * 200000 AS "rows" from dual;

rows
----------
400000

Elapsed: 00:00:00.00


これまでの検証から 10%-15%程度がCOMMITクリーンアウトされ、残りが遅延されるのは確認できたので、126976 blocks のバッファキャッシュだと、 17,777 blocks ぐらいがコミットクリーンアウトされそうですね。(今回のテストケースではコミットクリーンアウトされないけど。。された場合は最大でこの程度。。。というメモです。はい)

SYS@orclcdb> select ceil(126976 * 0.14) AS "blocks for commit cleanout" from dual;

blocks for commit cleanout
--------------------------
17777

Elapsed: 00:00:00.00

前回作成したデータは、200,000rowsで、66,667 blocksだったので、500,000 rows だと、ざっくり 166,668 blocks ほど。

SCOTT@orcl> select ceil(66667 / 2 * 5) AS "blocks" from dual;

blocks
----------
166668

Elapsed: 00:00:00.00


なので、遅延ブロッククリーンアウトされると想定される(コミットクリーンアウト分を覗くと)ブロック数は、148,891 blocks 程度にはなりそう。

SYS@orclcdb>  select ceil((66667 / 2 * 5) - 17777) AS "blocks" from dual;
blocks
----------
148891

Elapsed: 00:00:00.01


それに加えて、バッファキャッシュに収まらず、コミットする前にバッファキャッシュから落とされ、ストレージへかきだされてしまうブロック数は、これまた、ざっくり計算すると 39,692 blocks ほどですかね。バッファキャッシュのサイズから全てのブロックは乗り切らないので、最初に読み込まれていたブロックから落とされていくことにはなりますね。。
とはいえ、この検証ではキャッシュ落とされるブロック数は特に気にしてなくて、バッファキャッシュ以上のブロック数が生成されていればいいので、落とされそうなのが確認できればOK.

SYS@orclcdb>  select ceil((66667 / 2 * 5) - 126976) AS "blocks" from dual;

blocks
----------
39692

Elapsed: 00:00:00.00


とりあえず、生成するデータ量(行数)の算出とバッファキャッシュサイズの調整はおわり。


次に、実際にデータを生成してブロック数とセグメントサイズを確認して、実行用スクリプトの調整を行なっておきます。



PDBでテストデータの実サイズの確認
SCOTT@orcl> @droppurge_create_hoge.sql
1* drop table hoge purge

Table dropped.

Elapsed: 00:00:00.25
1* create table hoge (id number, data varchar2(2000))

Table created.

Elapsed: 00:00:00.04
1* select segment_name,blocks from user_segments where segment_name like '%HOGE%'

no rows selected

Elapsed: 00:00:00.11


500,000行登録!!

SCOTT@orcl> @insert_each_rows_5.sql
1* begin for i in 1..500000 loop insert into hoge values(i, lpad('*', 2000, '*')); end loop; end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:02:37.68


データが登録されているブロック数は、166,667 blocks で、事前に計算していた 166,668 blocks にほぼおなじ。(狙い通り)
セグメントサイズは、約 1344 MB ですね。

SCOTT@orcl> select count(distinct dbms_rowid.rowid_block_number(rowid)) as "blocks" from hoge;

blocks
----------
166667

Elapsed: 00:00:05.03
SCOTT@orcl> select segment_name,blocks,bytes/1024/1024 AS "MB" from user_segments where segment_name = 'HOGE';

SEGMENT_NAME BLOCKS MB
------------------------------ ---------- ----------
HOGE 172032 1344

Elapsed: 00:00:00.17


Scattered read でTable Full Scanできるように少々隠しパラメータを調整しておきますね。念の為。(セッションレベルで調整してます)
セグメントサイズが、1344 MBなので、_very_large_object_threshold は、2048 MBぐらい設定しておけば、Scattered readのまま行けそうですね。

$ cat table_full_scan.sql
alter session set "_serial_direct_read" = never
.
l
/
alter session set "_very_large_object_threshold" = 2040
.
l
/

!echo set autot trace exp stat
set autot trace exp stat


select * from hoge
.
l
/

!echo set autot off
set autot off


準備完了!!!!!





準備長かったけどw やっと本題です!!!w 実行している内容はいままでと同じなのでかなり端折ってポイントだけ記載。

バッファキャッシュから溢れるほどのデータ量で。コミットクリーンアウトはどうなるのだろうか。。。。想定では、ほぼコミットクリーンアウトできないはずではあるのだが。。。。

CDBのSYSで統計取得(コミット後)

commit cleanouts successfully completedはどれぐらいだったのか。。。。。ありません。commit cleanouts successfully completedに差分がなかったので、コミットクリーンアウトしようして失敗、commit cleanout failures: block lostと同数なので、1ブロックもコミットクリーンアウトできない!  commit cleanout failures: block lostがバッファキャッシュに対象ブロックがなかったことを示しています。

つまり、バッファキャッシュに乗り切らなため、最初にINSERTされたブロックはそのままストレージへ物理書き込みされて追い出された結果。。ということになりますね。

登録したブロック全てが遅延クリーンアウト対象になってしまった、ということになります。コミット時にクリーンアウトできてないわけだから!!!!!!!! (イメージ図でざっくり書いたとおりの感じに。。。

差分のあった統計のみ記載

CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat commit cleanout failures: block lost 3028
sysstat commit cleanouts 3028
sysstat consistent gets 274
sysstat db block changes 1
sysstat no work - consistent read gets 149
sysstat physical reads 60

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat commit cleanout failures: block lost 3028
sesstat commit cleanouts 3028
sesstat db block changes 1


次に、Scattered Readが実行される全表走査を行わせ、遅延ブロッククリーンアウトどれだけ発生するか結果確認!

PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表を全表走査)
想定通り、物理読み込み(この時点ではscattered readなのか、direct path readなのかわかりませんが)になっています。また、大量のREDOログが生成されているので遅延ブロッククリーンアウトが発生しています。

SCOTT@orcl> @table_full_scan.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = never

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 2040

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge

500000 rows selected.

Elapsed: 00:01:03.08

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 669K| 647M| 46462 (1)| 00:00:02 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 669K| 647M| 46462 (1)| 00:00:02 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
46 recursive calls
13 db block gets
367852 consistent gets
160269 physical reads
14670268 redo size
1016952118 bytes sent via SQL*Net to client
367706 bytes received via SQL*Net from client
33335 SQL*Net roundtrips to/from client
2 sorts (memory)
0 sorts (disk)
500000 rows processed

set autot off


物理読み込みを伴う全表走査でどの程度の遅延ブロッククリーンアウトが発生したか統計を確認!!!!

CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)

想定どおり、INSERTした全ブロックが、immediate (CR) block cleanout applications = 166667 で遅延ブロッククリーンアウトされたことがわかります。(冒頭に記載していますが、データが格納されているブロック数は、 166667 blocks でしたよね)
physical readsは意図通り発生していますが、physical reads directが変化していないので、狙い通りScattered Readになったようですね

差分のあった統計のみ記載

CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 241
sysstat DBWR thread checkpoint buffers written 241
sysstat DBWR undo block writes 1109
sysstat cleanouts only - consistent read gets 166667
sysstat commit cleanouts 55
sysstat commit cleanouts successfully completed 55
sysstat consistent gets 377331
sysstat db block changes 166904
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 29
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 166667
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 15
sysstat no work - consistent read gets 38449
sysstat physical reads 160805
sysstat physical writes 137551
sysstat physical writes from cache 137551
sysstat physical writes non checkpoint 137466

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat cleanouts only - consistent read gets 166667
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 374538
sesstat db block changes 166710
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 3
sesstat immediate (CR) block cleanout applications 166667
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat no work - consistent read gets 36779
sesstat physical reads 160513


念の為、今一度、物理読み込みを伴う全表走査を行なって、クリーンアウトされたのか確認してみましょうw(疑い深いw)
もう一度、PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表を全表走査)

redo size0 なのでクリーンアウトは発生してない。想定通り

SCOTT@orcl> @table_full_scan.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = never

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 2040

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge

500000 rows selected.

Elapsed: 00:00:33.17

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 669K| 647M| 46462 (1)| 00:00:02 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 669K| 647M| 46462 (1)| 00:00:02 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
200399 consistent gets
148198 physical reads
0 redo size
1016952118 bytes sent via SQL*Net to client
367706 bytes received via SQL*Net from client
33335 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
500000 rows processed

set autot off

同様に、統計でも確認してみます!
CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)

クリーンアウトを示す統計値は上昇していません!!!(うんうんw)

差分のあった統計のみ記載

CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 732
sysstat commit cleanouts 1
sysstat commit cleanouts successfully completed 1
sysstat consistent gets 200522
sysstat db block changes 13
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 1
sysstat no work - consistent read gets 200403
sysstat physical reads 148200
sysstat physical writes 68570
sysstat physical writes from cache 68570
sysstat physical writes non checkpoint 68331

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat consistent gets 200414
sesstat db block changes 9
sesstat no work - consistent read gets 200366
sesstat physical reads 148198



OK. Done. ということで、まとめ!

バッファキャッシュには収まりきれないデータ量の場合、コミットクリーンアウトしようとしていたブロックも追い出されてしまうので、結果的に、全ブロックが遅延ブロッククリーンアウトになった。というイメージしていた結果の通りでした。
(今回のケースもシンプルケースなので比較的予想しやすい結果ですが、クリーンアウトに関わる統計は以外に多く、複雑な動きになるものもあります。再現するののめんどくさいのでしませんがw)
Photo_20210911234101

寄り道はここまで、次回は、こんどこそ、direct path readと遅延ブロッククリーンアウトの関係をみていきたいと思います。


来週天気いいかなー。遅い夏休みなのに。微妙な気がしてきた。。。。。



古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #3
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #5
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #6
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #7


| | コメント (0)

2021年9月12日 (日)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #7

Previously on Mac De Oracle
前回は、コミットクリーンアウトと遅延クリーンアウト、そして、そこにTable Full ScanでScattered Read (待機イベントだと db file scattered read) を絡めてストレージへ永続化されたクリーンアウトが遅延されてしまったブロックを物理読み込みませつつ遅延ブロッククリーンアウトを再現させてみました。
また、次回は、図中のscattered read 部分を direct path read にしつつ、最後の最後で、scattered read にしてみる、とか、そんなイメージをぼやーーーーんと浮かべながら、発生させる方法をどうするか考えてますw。つづく。なんてことを言っていましたが、またまた、ちょいと寄り道ですしますw

バッファキャッシュから溢れるぐらいのデータをぐるぐる系INSERTで、しかも1回のコミットにしたら、コミット前にあふれたデータはストレージへ書き出され、かつ、クリーンアウトも遅延されるよなー。という予想を元に、ちょいと遊んでから次に進みたいw と思います。

これまでの流れから、基本的なクリーンアウトおよび遅延ブロッククリーンアウトとしては以下ようなパターンを確認してきました。

バッファキャッシュの上でコミットクリーンアウトおよび、遅延ブロッククリーンアウト(単純なタイプ)が行われているケース
Photo_20210911234001

ここからが想像というか、私が理解している範囲から想像した動き。バッファキャッシュから溢れはしないけど、いっぱいいっぱいな場合は、クリーンアウトされるブロックがキャッシュ上に多くあるだろうな。と.
とは言っても、バッファキャッシュ上ではあるわけです。
Photo_20210911234002


そこで、ちょいと意地悪をして、バッファキャッシュから溢れ出る程度のデータ量だったどうなるのかなーーーーと。冒頭ですでコメントしているわけですけどもw 多分、以下のような動きだよねー、と。
そういえば、以前、DBTSで行なったセッションの「バッファキャッシュ欠乏症」の部分で、似たようなバッファキャッシュから溢れ出したブロックの挙動をなんとかするみたいな資料も今回の動きを想像するにはよいかもしれないですね。
Photo_20210911234101


と、思い、頭の中のイメージを Pagesでざざっと作ったところで、本日はここまで。次回へつづく。


Beat SaberとWalkingの合わせ技で、効果的な減量継続中w



古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #3
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #5
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #6



| | コメント (0)

2021年9月10日 (金)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #6

Previously on Mac De Oracle
前々回と前回はバッファキャッシュの10%を超えるデータ量のINSERT文の実行とCOMMITの実行で、バッファキャッシュの10%-15%程度は、COMMIT時にクリーンアウトされ、残ったブロックのクリーンアウトは先送りされる。という検証を2つのパターンで確認してみました。

どのような流れで発生するかを各ステップ毎にシステム統計(CDB)とクエリーを実行するセッションのセッション統計(PDB)を取得し、どのように統計値が変化すれば、コミットクリーンアウトや遅延ブロッククリーンアウトが起きているのかを見ながらすすめました。以下2つのエントリーで確認した動きの違いはイメージできたのか少々不安ではありますがw (そこそこ長いエントリーなのでw)

こちら前々回は、クリーンアウトが遅延されたブロックが永続化される前に、遅延ブロッククリーンアウトさせてみたケース
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4
で、

前回は、クリーンアウトが遅延されたブロックが永続化された後に、遅延ブロッククリーンアウトさせてみたケース
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #5

なんです :) 


まだ、イメージつかめない方もいるかもしれないので

超ざっくりした絵が頭の中に浮かばない方向けに、上記検証を行う前に、私の頭の中にうかんだ、ラフイメージをほぼそのまま

(こまけーとこは気にしないでくださいね。ラフイメージですから、こうだろうなーというのを想像している状態そのままのイメージですのでw)

クリーンアウトが遅延されたブロックが永続化される前に、遅延ブロッククリーンアウトさせてみたケース
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4
No4


クリーンアウトが遅延されたブロックが永続化された後に、遅延ブロッククリーンアウトさせてみたケース
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #5
No5

再現させてるケースはシンプルなものなので処理時間云々を比較してはいないですが、複雑なケースになると、本来スマートスキャンさせたいのにシングルブロックリードが多くなったりするケースなど、以前紹介したURLを見ていただければ参考になるかもしれないですね。
クエリーやDMLの処理時間が伸びてビビるぐらいに仕事量が増えてたり、先送りされたことで、もろもろ後処理が複雑化する場合もあるわけで)

ということで、こんな図をイメージしながら、ネタ作ってます。はいw


次回は、図中のscattered read 部分を direct path read にしつつ、最後の最後で、scattered read にしてみる、とか、そんなイメージをぼやーーーーんと浮かべながら、発生させる方法をどうするか考えてますw。つづく。



古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #3
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #5



| | コメント (0)

2021年9月 9日 (木)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #5

前回はバッファキャッシュの10%を超えるデータブロックへのINSERT文の実行とCOMMITの実行で、バッファキャッシュの13%-15%程度はCOMMIT時にクリーンアウトされ、残りは遅延ブロッククリーンアウト(先送り)される。
direct path readではないSELECT文による(前回のケースでは scattered read))遅延ブロッククリーンアウトは、1度のみ発生するという状況を確認しました。

ところで、
前回のエントリで、2度、全表走査(前回の検証ではscattered read)を実行しているのですが、物理読み込みは発生させていません。(INSERT→COMMIT→SELECT→SELECTという流れで、十分なバッファキャッシュがあるので、当然ではあるのですがw)
バッファキャッシュに乗ったままのブロックが遅延クリーンアウトされていたわけです。

前回のエントリ:古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 194K| 188M| 18189 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 194K| 188M| 18189 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

1. 遅延ブロッククリーンアウトを発生させた場合。遅延ブロッククリーンアウト対象のデータがバッファキャッシュ上ににあるためクリーンアウトに伴う物理読み込みはない。

Statistics
----------------------------------------------------------
46 recursive calls
13 db block gets
91636 consistent gets
7 physical reads
967348 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
2 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

2. 直後に再度全表走査した場合も、キャッシュヒットしているので、物理読み込みはない

Statistics
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
80061 consistent gets
0 physical reads
0 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

前述の1.2.それぞれの実行で物理読み込みだったなにか変化はあるのだろうか。。。予想では、上記に加えてscattered readに伴う物理読み込みが増えるだけのはずです。その動きを見てみることにします。(こういう動きを見ていると楽しいですよねw)
手順は前回と同じですが、各全表走査の前にインスタンスを再起動してバッファキャッシュを空にしておきます。
(buffer cacheをflushすればいいじゃん。という声も聞こえてきそうですが、今回は再起動でクリアしました。はいw)


前回から多少変更したスクリプトも載せておきます(本文中にもありますが)、細かい解説は後述

$ cat table_full_scan.sql
alter session set "_serial_direct_read" = never
.
l
/
alter session set "_very_large_object_threshold" = 1056
.
l
/

!echo set autot trace exp stat
set autot trace exp stat


select * from hoge
.
l
/

!echo set autot off
set autot off




0) 対象表をdrop/create
オブジェクト作り直し

SCOTT@orcl> @droppurge_create_hoge

Table dropped.

Table created.

SCOTT@orcl> select segment_name,blocks from user_segments where segment_name like '%HOGE%';

no rows selected


1) 統計をクリアするのにインスタンス再起動

$ sudo service oracle restart


2) PDBのscottでログインし、client_infoをセット
v$sessionのclient_info列の'TargetSession'文字列で他のSCOTTユーザーのセッションと区別するため

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('TargetSession');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


3) CDBのSYSで統計取得(初回)

内容は省略!(統計差分取得のためのベースラインを取得しているだけ)

SYS$orclcdb> @show_stat scott


4) PDBのSCOTTユーザーでデータINSERT(データ量2倍、コミットなし)

SCOTT@orcl> @insert_each_rows_2
1* begin for i in 1..200000 loop insert into hoge values(i, lpad('*', 2000, '*')); end loop; end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:29.48
SCOTT@orcl>


5) CDBのSYSで統計取得(INSERT後、未コミット)

未コミットの状態なので特に、気にせず、ふーーーん。ぐらいの感じで眺めていただければいいですね。前回同様に、commit cleanouts, commit cleanouts successfully completed, deferred (CURRENT) block cleanout applications, immediate (CURRENT) block cleanout applicationsといったクリーンアウト関連統計が極わずかありますが、この時点で発生しているのは本題ではないので気にしなくてOK

差分のある統計のみ記載

(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 23589
sysstat DBWR checkpoints 2
sysstat DBWR thread checkpoint buffers written 22643
sysstat DBWR transaction table writes 50
sysstat DBWR undo block writes 848
sysstat cleanouts and rollbacks - consistent read gets 5
sysstat commit cleanout failures: callback failure 20
sysstat commit cleanouts 1320
sysstat commit cleanouts successfully completed 1300
sysstat consistent gets 124041
sysstat db block changes 757165
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 715
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 5
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 196
sysstat no work - consistent read gets 46398
sysstat physical reads 4063
sysstat physical writes 23589
sysstat physical writes from cache 23589
sysstat physical writes non checkpoint 23494

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 49596
sesstat db block changes 744727
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 4
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat no work - consistent read gets 49
sesstat physical reads 15


6) PDBのSCOTTユーザーでコミットの実行

SCOTT@orcl> commit;

Commit complete.


7) CDBのSYSで統計取得(コミット後)
前回同様ノイズもなく、綺麗にコミット時のクリーンアウトが発生しています。バッファキャッシュの約14-5%程度なのは前回と変わらずですね。

差分のある統計のみ記載

(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat commit cleanouts 55700
sysstat commit cleanouts successfully completed 55700
sysstat db block changes 1

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat commit cleanouts 55700
sesstat commit cleanouts successfully completed 55700
sesstat db block changes 1


8) Oracle Databaseを再起動してバッファキャッシュをクリア

ここが前回と違う手順で、クリーンアウトされないブロックはずーーーーーっと残るよね。ということの確認でもあります。(alter system flush buffer_cacheでも同じことができるわけですが、ここでは再起動しています)

$ sudo service oracle restart
[sudo] password for oracle:
Restarting oracle (via systemctl): [ OK ]
$


9) PDBのscottでログインし、client_infoをセット

disconnectしたので再度、client infoをセットし直し!

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('TargetSession');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


10) CDBのSYSで統計取得(再起動後初回)

内容は省略!(再起動したので統計値の差分取得用ベースライン統計の取得)

SYS$orclcdb> @show_stat scott


11) PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表を全表走査)- scattered read / table full scan の1回目

ここでは待機イベントまでは確認できませんが、Table full scanと実行統計よりRedoログがたっぷり生成されていることは確認できます。SELECT文ですが。。。つまり、遅延ブロッククリーンアウトが発生しているということですね。確認は後述の統計で。
狙い通り、物理読み込みも発生しています!

Note)
"_very_large_object_threshold" = 1056 としているのは、direct path readとなる上限セグメントサイズをhoge表が超えているためdirect path readを抑止するためにこの隠しパラメータで上限値を引き上げ、scattered readになるように強制しています。

SCOTT@orcl> @table_full_scan.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = never

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.01
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 1056

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:06.10

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
38 recursive calls
13 db block gets
91519 consistent gets
67073 physical reads
967432 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
5 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

set autot off
SCOTT@orcl>


12) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)/ scattered read / table full scan の1回目

遅延ブロッククリーンアウト関連統計値が上昇しているので、遅延ブロッククリーンアウトの発生が確認できます。ここまでは前回と同じ。(同じじゃないと困りますがw)

違う点は、事前にインスタンスを再起動しているため、physical reads が上昇しています。これは hoge表を scattered readで全表走査しているからです。(phsical read directは発生していない)バッファキャッシュを経由するのでconsistent gets,no work - consistent read gets も上昇しています。狙い通りです。

そして、重量な遅延ブロッククリーンアウトですが、バッファキャッシュでヒットしていた時と同数のブロックで発生しています。(ニッコリ

インスタンスの停止や起動があったとしても、クリーンアウトが先送りされたブロックはアクセスされない限りクリーンアウトされず残っているということを示しています!!!!(ここ試験にでますよー。嘘)

(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat cleanouts only - consistent read gets 10967
sysstat commit cleanouts 7
sysstat commit cleanouts successfully completed 7
sysstat consistent gets 98967
sysstat db block changes 11016
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 3
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 10967
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sysstat no work - consistent read gets 72543
sysstat physical reads 67403

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat cleanouts only - consistent read gets 10967
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 98357
sesstat db block changes 11012
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 2
sesstat immediate (CR) block cleanout applications 10967
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sesstat no work - consistent read gets 72208
sesstat physical reads 67397


13) Oracle Databaseを再起動してバッファキャッシュをクリア

再度、インスタンスを再起動して、バッファキャッシュをクリアします。後続の全表走査では、遅延ブロッククリーンアウトは発生せず、物理読み込み(この検証では scattered readさせています)を伴うTable full scanが行われるだけのはずです。

$ sudo service oracle restart
[sudo] password for oracle:
Restarting oracle (via systemctl): [ OK ]
$


14) PDBのscottでログインし、client_infoをセット

disconnectしたので再度、client infoをセットし直し!

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('TargetSession');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


15) CDBのSYSで統計取得(再起動後初回)

内容は省略!(再起動したのでベースラインとなる統計を取得)

SYS$orclcdb> @show_stat scott


16) PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表を全表走査)- scattered read / table full scan の2回目

実行統計から、physical readsが、発生しています。Redoは生成されていないことも読み取れるので、遅延ブロッククリーンアウトは発生していないことも確認できます。:) 想定通りですね。

SCOTT@orcl> @table_full_scan.sql
1* alter session set "_serial_direct_read" = never

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
1* alter session set "_very_large_object_threshold" = 1056

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:06.44

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
30 recursive calls
0 db block gets
80211 consistent gets
66719 physical reads
0 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
5 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

set autot off
SCOTT@orcl>


17) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)/ scattered read / table full scan の2回目

physical reads は発生していますが、physical reads directではないことが確認できます。Table full scanをscattered readで読み込んでいるという想定通りの結果。 
遅延ブロッククリーンアウトを示deferred (CURRENT) block cleanout applications 、immediate (CURRENT) block cleanout applicationsや、コミットクリーンアウトを示すcommit cleanouts 、commit cleanouts successfully completed という統計が極わずかに変動していますが、今回の検証ではノイズなので気にしたくてOK。

(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 11
sysstat commit cleanouts 15
sysstat commit cleanouts successfully completed 15
sysstat consistent gets 87375
sysstat db block changes 79
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 12
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 3
sysstat no work - consistent read gets 83322
sysstat physical reads 67028
sysstat physical writes 11
sysstat physical writes from cache 11
sysstat physical writes non checkpoint 11

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat commit cleanouts 2
sesstat commit cleanouts successfully completed 2
sesstat consistent gets 86936
sesstat db block changes 29
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat no work - consistent read gets 83098
sesstat physical reads 67023




まとめ

遅延ブロッククリーンアウトは、インスタンスを停止して残ったままということが確認できました。(クリアされるまで残るのですよねー)
クリーンアウトが遅延されているブロックが物理読み込みされた(アクセスされた)タイミングで遅延ブロッククリーンアウトが発生することも確認できました。(物理読み込みの有無には関係しない)
バッファキャッシュ上の遅延ブロッククリーンアウト同様、クリーンアウトされたブロックでは、再度、クリーンアウト対象になるような更新が発生しなければ、遅延ブロッククリーンアウトは発生しない

久しぶりにシステム統計やセッション統計を見ててワクワクしてきましたよーーーーっw

ところで、
冒頭でも記載しましたが、バッファキャッシュ上の遅延ブロッククリーンアウト(再掲)に加え、物理読み込みを伴う遅延ブロッククリーンアウトのauto traceの結果をまとめて記載しておきます。SELECT文ですが、REDOログが生成されている場合は遅延ブロッククリーンアウトが発生しているということになります。

実行計画

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 194K| 188M| 18189 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 194K| 188M| 18189 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

1. 遅延ブロッククリーンアウトを発生させた場合。遅延ブロッククリーンアウト対象のデータがバッファキャッシュ上ににあるためクリーンアウトに伴う物理読み込みはない。

Statistics
----------------------------------------------------------
46 recursive calls
13 db block gets
91636 consistent gets
7 physical reads
967348 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
2 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

2. 直後に再度全表走査した場合も、キャッシュヒットしているので、物理読み込みはない

Statistics
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
80061 consistent gets
0 physical reads
0 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed


3. 遅延ブロッククリーンアウトを発生させた場合。遅延ブロッククリーンアウト対象のデータを物理読み込みし、バッファキャッシュに載せている動きが見えます。

Statistics
----------------------------------------------------------
38 recursive calls
13 db block gets
91519 consistent gets
67073 physical reads
967432 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
5 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

4. 3.の直後に再度全表走査した場合。事前にキャッシュをクリアしているため、物理読み込みがありますが、遅延ブロッククリーンアウトは発生していません。(Redoが生成されていないことで確認できます)

Statistics
----------------------------------------------------------
30 recursive calls
0 db block gets
80211 consistent gets
66719 physical reads
0 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
5 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

ではでは。
次回は、scattered readのtable full scanではなく、direct path readだったらどうなるのか調べてみましょうか。。(いろいろな再現方法があるわけですが、手間のかからないお手軽な再現方法で確認してみようと思いますw)


洗濯機の修理が終わって一安心w ということで、次回へつづく。



古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #3
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4


| | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #4

Previously on Mac De Oracle
前回はバッファキャッシュの10%未満のデータブロックへのINSERT文の実行とCOMMITの実行で、遅延ブロッククリーンアウトは発生せず、COMMIT時にすべての対象ブロックがクリーンアウトされるということを確認しました。

今回は、そのデータ量を倍にして、バッファキャッシュの10%程度を超えるデータブロックが遅延ブロッククリーンアウトされるのかを見ていくことにします。手順は前回と同じですが、遅延ブロッククリーンアウトさせた後で、もう一度全表走査してクリーンアウトが繰り返されないことも確認しておきます(次回以降に予定している確認への伏線なのですがw)


0) 対象表をdrop/create
オブジェクトを作り直して前提条件を合わせておきます

SCOTT@orcl> @droppurge_create_hoge

Table dropped.

Table created.

SCOTT@orcl> select segment_name,blocks from user_segments where segment_name like '%HOGE%';

no rows selected


1) 統計をクリアするのにOracle再起動

$ sudo service oracle restart


2) PDBのscottでログインし、client_infoをセット
v$sessionのclient_info列の'TargetSession'文字列で他のSCOTTユーザーのセッションと区別できるようにしています

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('Target Session');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl>


3) CDBのSYSで統計取得(初回)

内容は省略!(ベースラインを取得しているだけなので)

SYS$orclcdb> @show_stat

4) PDBのSCOTTユーザーでデータINSERT(データ量2倍、コミットなし)

SCOTT@orcl> @insert_each_rows_2
1* begin for i in 1..200000 loop insert into hoge values(i, lpad('*', 2000, '*')); end loop; end;

PL/SQL procedure successfully completed.

Elapsed: 00:00:29.48
SCOTT@orcl>


5) CDBのSYSで統計取得(INSERT後、未コミット)

INSERTしただけです。未コミットなので特に気になる情報は現れていません。この値からコミット後にどのように変化するのか? という部分に注目する必要があるんですよー。
deferred (CURRENT) block cleanout applications と immediate (CURRENT) block cleanout applications が僅かにありますが、この時点では気にする部分ではないです

(値の変化が1以上ある統計のみ表示)

(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 22756
sysstat DBWR checkpoints 33
sysstat DBWR thread checkpoint buffers written 22756
sysstat DBWR transaction table writes 22
sysstat DBWR undo block writes 606
sysstat consistent gets 49761
sysstat db block changes 744980
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 4
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 1
sysstat no work - consistent read gets 192
sysstat physical reads 18
sysstat physical writes 22756
sysstat physical writes from cache 22756
sysstat physical writes non checkpoint 22756

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat consistent gets 49501
sesstat db block changes 744980
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 4
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat no work - consistent read gets 65
sesstat physical reads 17


6) PDBのSCOTTユーザーでコミットの実行

SCOTT@orcl> commit;

Commit complete.


7) CDBのSYSで統計取得(コミット後)

この結果、ノイズも少なく、綺麗に取れてます!!! w

前々回の事前確認の通り、2倍のデータブロック数は、 66667ブロック で、バッファキャッシュの10%は、ざっくり計算で、42394ブロック。つまり、想定では 42394ブロック ほどが、commit時のブロッククリーンアウトの対象と想定していました。

覚えてますか? みなさん!

実際にcommit時にクリーンアウトされたのはどれぐらいでしょう? 
結果は、55700ブロックとなりました。想定より多いですねw ほぼ合ってはいますが。
実際にはバッファキャッシュの13%〜15%程度が閾値になっているように見えます。とはいえ、commit時にcleanoutされたブロック数は 55700ブロック ですから、残る 10967ブロック のcleanoutは遅延されたということは確実です。commit対象のデータブロック全てをcleanoutするわけではない、ということは確認できたのではないでしょうか?

(差分が1以上ある統計のみ記載)
(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat commit cleanouts 55700
sysstat commit cleanouts successfully completed 55700
sysstat db block changes 1

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat commit cleanouts 55700
sesstat commit cleanouts successfully completed 55700
sesstat db block changes 1


8) PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表を全表走査)

SCOTT@orcl> sset autot trace exp stat
SCOTT@orcl> salter session set "_serial_direct_read" = never;

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl> select * from hoge;

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:05.14

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 194K| 188M| 18189 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 194K| 188M| 18189 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)


Statistics
----------------------------------------------------------
46 recursive calls
13 db block gets
91636 consistent gets
7 physical reads
967348 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
2 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed


9) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)

遅延ブロッククリーンアウトは、事前の計算通り、 10967ブロック 発生しています。SELECT文では、immediate (CR) block cleanout applications として現れることも確認できます。
また、cleanouts only - consistent read gets として も同数計上されているところが見てます。綺麗に現れています。

commit cleanouts, ommit cleanouts successfully completed がでていますが、ここでは気にしなくてよいですね、極わずかで。SELECT文なので。
immediate (CURRENT) block cleanout applications、deferred (CURRENT) block cleanout applications もでていますが、同じく極わずかで、対象表のものではないと考えられるためここでは気にしなくて良いですね。

しかし、計算通りに発生してくれると確認が楽w (想定外の動きじゃなくてよかったw)

(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 272
sysstat DBWR thread checkpoint buffers written 272
sysstat cleanouts only - consistent read gets 10967
sysstat commit cleanouts 16
sysstat commit cleanouts successfully completed 16
sysstat consistent gets 117000
sysstat db block changes 11207
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 10
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 10967
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sysstat no work - consistent read gets 83351
sysstat physical reads 939
sysstat physical writes 272
sysstat physical writes from cache 272
sysstat physical writes non checkpoint 260

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat cleanouts only - consistent read gets 10967
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 98162
sesstat db block changes 11011
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 2
sesstat immediate (CR) block cleanout applications 10967
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 2
sesstat no work - consistent read gets 72113
sesstat physical reads 122


10) PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表を全表走査)

そして、ここからがおまけの確認ステップです

もう一度、同じ表を全表走査してみます。どうなると思いますか? 遅延されていたブロッククリーンアウトも行われたのですから、当然、該当オブジェクトで遅延ブロッククリーンアウトは発生しない。はず! ですよね。

確認してみましょう。(発生してたらどうしようw、もうしそうなったらバグレポートでも上げようかなw)

.......

Redoは生成されてない! (よかった! 想定どおりだ!w)

SCOTT@orcl> @table_full_scan
1* alter session set "_serial_direct_read" = never

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
set autot trace exp stat

1* select * from hoge

200000 rows selected.

Elapsed: 00:00:05.43

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 214K| 207M| 18223 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
0 recursive calls
0 db block gets
80061 consistent gets
0 physical reads
0 redo size
406775148 bytes sent via SQL*Net to client
147264 bytes received via SQL*Net from client
13335 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
200000 rows processed

set autot off

SCOTT@orcl>

11) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)2回目

これもノイズが少なく綺麗に取れました。該当セッションでは物理読み込みも発生していないので、キャッシュから全データを読み込んだようです。

そして、想定どおり、該当セッションでは遅延ブロッククリーンアウトは発生していません!

commit cleanouts、commit cleanouts successfully completed、deferred (CURRENT) block cleanout applicationsが1ブロックありますがCDB側の管理情報関連でしょうね。気にする部分ではないですね。

(差分のあった統計のみ記載)

(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sysstat commit cleanouts 1
sysstat commit cleanouts successfully completed 1
sysstat consistent gets 80150
sysstat db block changes 13
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 1
sysstat no work - consistent read gets 80075

(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                                             VALUE
------- ------------------------------------------------- --------------------
sesstat consistent gets 80076
sesstat db block changes 9
sesstat no work - consistent read gets 80043




まとめ

おおよそ、バッファキャッシュの10%程度が commit時にcleanout されるという点については、約15%程度と見ておいたほうが良さそうですが、まあ大きな違いはないので、その辺りに閾値があると考えて問題はなさそうです。
また、それを超えるブロックについては、cleanoutが先送りされ、最初に該当ブロックにアクセスしたSQLがその影響を受ける。

この検証ではSELECT文では、immediate (CR) block cleanout applications という形で統計に現れました。UPDATE文やDELETE文の場合は他の統計として現れそうですね。(CURRENT)関連のcleanoutの統計は今回動いていないのでSQL文を変えて同じような検証をしてみると面白い結果をえられそうです。

そして、SELECT文で、遅延ブロッククリーンアウトされてしまえば、その間に更新が発生しなければ、クリーンアウトは発生しない(おまけで検証した部分ですが、別検証では興味深い動きを紹介する予定です。その伏線でもあります)

次回へつづく


5年目を迎えた、パナソニックのドラム洗濯機がH故障した。慌てて近所のコインランドリーを検索w 近所にあってよかったw



古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #3



| | コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #3

Previously on Mac De Oracle
前回は準備を終えたところまででした。

今日は、簡単なところから確認していきましょう。

もしも、「遅延ブロッククリーンアウトが起きない程度のブロック更新量だったなら。。。」。結果は遅延ブロッククリーンアウトは起きないはず。 ですよね。

ざっと手順を紹介しておきましょう。下図の 1)〜9)の順で行います
20210901-221016

前述の手順で、各操作後の統計の差分(変化量)を見る。マニュアルの統計の説明ってざっくり過ぎてよくわからないのが多いわけですがw、操作と値の変化を合わせて観察すると、それなりには理解できる程度に値が変化していることに気づきますw :)

1) 統計をクリアするのにOracle再起動

$ sudo service oracle restart


2) PDBのscottでログインし、client_infoをセット
v$sessionのclient_info列の'TargetSession'文字列で他のSCOTTユーザーのセッションと区別できるようにしています。

SCOTT@orcl> @set_client_info
1 begin
2 DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('TargetSession');
3* end;

PL/SQL procedure successfully completed.


3) CDBのSYSで統計取得(初回)
初回なのですべてリストしていますが、CON_ID=0のCDBのシステム統計([g]v$sysstat)とCON_ID=3のPDBの2)のCLIENT_INFOを設定されたセッションのセッション統計([g]v$sesstat)を取得します。
今回のケースではcleanoutが含まれている統計の差異だけに着目すれば良いのですが。準備運動程度のテストケースなので一応すべて載せておきます :)
(マルチテナントだと、DBRWの動きを見るにはCDBのDBWR関連の統計を見る必要があるため、CDBのシステム統計とPDBの当該セッションのセッション統計を対象にしています)

SYS$orclcdb> @show_stat
SOURCE NAME VALUE CON_ID
------- ------------------------------------------------------------ -------------------- ----------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 0 0
sysstat DBWR checkpoints 0 0
sysstat DBWR fusion writes 0 0
sysstat DBWR lru scans 0 0
sysstat DBWR object drop buffers written 0 0
sysstat DBWR parallel query checkpoint buffers written 0 0
sysstat DBWR revisited being-written buffer 0 0
sysstat DBWR tablespace checkpoint buffers written 0 0
sysstat DBWR thread checkpoint buffers written 0 0
sysstat DBWR transaction table writes 0 0
sysstat DBWR undo block writes 0 0
sysstat cleanouts and rollbacks - consistent read gets 6 0
sysstat cleanouts only - consistent read gets 0 0
sysstat commit cleanout failures: block lost 0 0
sysstat commit cleanout failures: buffer being written 0 0
sysstat commit cleanout failures: callback failure 0 0
sysstat commit cleanout failures: cannot pin 0 0
sysstat commit cleanout failures: hot backup in progress 0 0
sysstat commit cleanout failures: write disabled 0 0
sysstat commit cleanouts 570 0
sysstat commit cleanouts successfully completed 570 0
sysstat consistent gets 158,083 0
sysstat db block changes 3,247 0
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 316 0
sysstat immediate (CR) block cleanout applications 6 0
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 15 0
sysstat no work - consistent read gets 108,516 0
sysstat physical reads 12,551 0
sysstat physical reads direct 0 0
sysstat physical writes 0 0
sysstat physical writes direct 0 0
sysstat physical writes from cache 0 0
sysstat physical writes non checkpoint 0 0
sysstat transaction tables consistent read rollbacks 0 0
sysstat transaction tables consistent reads - undo records applied 0 0
sesstat DBWR checkpoint buffers written 0 3
sesstat DBWR checkpoints 0 3
sesstat DBWR fusion writes 0 3
sesstat DBWR lru scans 0 3
sesstat DBWR object drop buffers written 0 3
sesstat DBWR parallel query checkpoint buffers written 0 3
sesstat DBWR revisited being-written buffer 0 3
sesstat DBWR tablespace checkpoint buffers written 0 3
sesstat DBWR thread checkpoint buffers written 0 3
sesstat DBWR transaction table writes 0 3
sesstat DBWR undo block writes 0 3
sesstat cleanouts and rollbacks - consistent read gets 0 3
sesstat cleanouts only - consistent read gets 0 3
sesstat commit cleanout failures: block lost 0 3
sesstat commit cleanout failures: buffer being written 0 3
sesstat commit cleanout failures: callback failure 0 3
sesstat commit cleanout failures: cannot pin 0 3
sesstat commit cleanout failures: hot backup in progress 0 3
sesstat commit cleanout failures: write disabled 0 3
sesstat commit cleanouts 1 3
sesstat commit cleanouts successfully completed 1 3
sesstat consistent gets 374 3
sesstat db block changes 4 3
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 1 3
sesstat immediate (CR) block cleanout applications 0 3
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 0 3
sesstat no work - consistent read gets 220 3
sesstat physical reads 28 3
sesstat physical reads direct 0 3
sesstat physical writes 0 3
sesstat physical writes direct 0 3
sesstat physical writes from cache 0 3
sesstat physical writes non checkpoint 0 3
sesstat transaction tables consistent read rollbacks 0 3
sesstat transaction tables consistent reads - undo records applied 0 3


4) PDBのSCOTTユーザーでデータINSERT(コミットなし)
データを1行単位でインサートしています。バルクインサートも使ってないです。綺麗なぐるぐる系ですねw。コミット時の効果を確認しやすいようにコミットは後で実行します!
このインサートで、前回の事前準備の時に確認しておいた、33334ブロックが更新されることになります

SCOTT@orcl> @insert_each_rows
1* begin for i in 1..100000 loop insert into hoge values(i, lpad('*', 2000, '*')); end loop; end;

PL/SQL procedure successfully completed.


5) CDBのSYSで統計取得(INSERT後、未コミット)

注) 3)の統計との差分のみ記載

未コミットであるこの時点で、commitクリーンアウトが発生(該当セッション統計でも同数発生。commit cleanoutsとcommit cleanouts successfully completed)してますが、これは気にしなくてもよいですね。
実行したトランザクションは、未コミットなので、この実行による直接的な影響ではないので。
また、deferred (CURRENT) block cleanout applicationsやimmediate (CURRENT) block cleanout applications の遅延ブロッククリーンアウトを示す統計も微量ですがこれも同様とみて良いでしょう。

この時点で統計取得理由は、操作毎に変化する統計を追うためなので、ふーーん。ぐらいでの雰囲気でOKです :)
コミット後とその後に該当オブジェクトをアクセスさせた時の遅延ブロッククリーンアウトの有無部分の部分が主役ですので。

参考)
INSERTした行の含まれる全ブロックはバッファキャッシュに載り切るブロック数なので、バッファキャッシュから書き出されているような動きも観測されていないのは確認できると思います。
(physical writes from cache,physical writes non checkpoint,physical writesの統計に変化がないので未記載ですが、それらの統計が動いていないということがその理由です)


(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat DBWR checkpoints 1
sysstat commit cleanouts 6
sysstat commit cleanouts successfully completed 6
sysstat consistent gets 22884
sysstat db block changes 373785
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 5
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 1
sysstat no work - consistent read gets 59
sysstat physical reads 12


(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 6
sesstat commit cleanouts successfully completed 6
sesstat consistent gets 22816
sesstat db block changes 373785
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 5
sesstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 1
sesstat no work - consistent read gets 49
sesstat physical reads 12


6) PDBのSCOTTユーザーでコミットの実行

SCOTT@orcl> commit;

Commit complete.


7) CDBのSYSで統計取得(コミット後)

注)5)と7)で取得した統計の差分のみ記載

ここが主役ですよー。このケースではバッファキャッシュの10%に満たないブロック数になるようにしたINSERT文(繰り返し実行)で 33334ブロックになるようにしました。これらを1度でcommitした場合、すべてのブロックがcommit時にblock cleanoutされるはずです。

では見てみましょう。

SCOTTのセッション統計より、commit cleanouts および commit cleanouts successfully completed から想定どおり全ブロックがcommit時にcleanoutされていることがわかります!
システム統計はインスタンス全体なのでPDBのそれら統計より大きめにでているのも確認できます。CDB側ではほんの少し deferred (CURRENT) block cleanout applications がありますが、管理情報系の遅延ブロッククリーンアウトでしょうね。 
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1で紹介したとおり 10% 未満では commit 時点で該当ブロックすべてcleanoutされることが確認できました。


(CDB)システム統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 139
sysstat DBWR transaction table writes 22
sysstat DBWR undo block writes 55
sysstat commit cleanouts 33343
sysstat commit cleanouts successfully completed 33343
sysstat consistent gets 18111
sysstat db block changes 138
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 5
sysstat no work - consistent read gets 10853
sysstat physical reads 827
sysstat physical writes 139
sysstat physical writes from cache 139
sysstat physical writes non checkpoint 139


(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 33334
sesstat commit cleanouts successfully completed 33334
sesstat db block changes 1


8) PDBのSCOTTユーザーで、遅延ブロッククリーンアウト影響有無確認(対象表を全表走査)

_serial_direct_read = never はdirect path readさせないためのおまじないです。direct path readで読み込まれたケースの動きは別エントリーで見ていく予定なので、direct path readを発生させずtable full scan (ようするにバッファキャッシュに載せる動き)で読み込むよう強制しています。
また、行数が多いのでその時間の短縮のためにautot trace exp statを有効にしてSELECT文を実行させつつ、termout offと同じ効果とauto explainの機能でSELECT文の実行統計からredoの生成有無を確認しています。(redoがあるということはなんらかの更新が行われているわけで、SELECT文の場合は比較的容易に遅延ブロッククリーンアウトの発生を推測できる統計にもなります)
以下のケースでは多少redoが生成されていますが、おそらく recursive callによるもので、HOGE表のオブジェクトそのものに対するもではなさそうです。(このケースではhoge表のオブジェクトに対する遅延ブロッククリーンアウトや
コミット時のブロッククリーンアウトの観察が主題なので、周りのノイズはあまり気にしなくてもOK(追いかけたい場合は別ですがw)


SCOTT@orcl> set autot trace exp stat
SCOTT@orcl> alter session set "_serial_direct_read" = never;

Session altered.

Elapsed: 00:00:00.00
SCOTT@orcl> select * from hoge;

100000 rows selected.

Elapsed: 00:00:02.59

Execution Plan
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 2339479017

--------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time |
--------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 57526 | 55M| 9098 (1)| 00:00:01 |
| 1 | TABLE ACCESS FULL| HOGE | 57526 | 55M| 9098 (1)| 00:00:01 |
--------------------------------------------------------------------------

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)

Statistics
----------------------------------------------------------
21 recursive calls
13 db block gets
40465 consistent gets
3 physical reads
2212 redo size
203382760 bytes sent via SQL*Net to client
73706 bytes received via SQL*Net from client
6668 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
100000 rows processed

SCOTT@orcl> set autot off


9) CDBのSYSで統計取得(遅延ブロッククリーンアウト有無確認)

注)7)のコミット時点からとの差異のみ記載。

多少ですが、SELECT文でredoが生成されてはいます。これは、commit cleanouts/commit cleanouts successfully completed (commit時に実施されるblock cleanout)と遅延ブロッククリーンアウトの統計の一つ、deferred (CURRENT) block cleanout applications が現れている影響ですね。コミット時点でHOGE表の全ブロックはcleanout済みなので recursive callによる内部管理情報関連で定常的に現れるものと考えられ、この検証では気にするところではないのでスルーしてください。

また、physical reads は、ほぼないため、この全表走査では、物理読み込み(direct path read含む)は、発生していないことも確認できます。
HOGE表はバッファキャッシュに載ったままという意図通りの状態にはなっているようです。
これ、今後のテストケースでも利用するので、キャッシュからエージアウトされないという点が確認できてると、以降の検証やりやすいんです:)


(CDB) システム統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sysstat DBWR checkpoint buffers written 34849
sysstat DBWR transaction table writes 32
sysstat DBWR undo block writes 897
sysstat commit cleanouts 558
sysstat commit cleanouts successfully completed 558
sysstat consistent gets 69973
sysstat db block changes 2862
sysstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 311
sysstat immediate (CURRENT) block cleanout applications 28
sysstat no work - consistent read gets 57908
sysstat physical reads 812
sysstat physical writes 34849
sysstat physical writes from cache 34849
sysstat physical writes non checkpoint 34738


(PDB) SCOTTのセッション統計

SOURCE  NAME                                            VALUE
------- ---------------------------------------------------- ---------------
sesstat commit cleanouts 5
sesstat consistent gets 47037
sesstat db block changes 38
sesstat deferred (CURRENT) block cleanout applications 4
sesstat no work - consistent read gets 43103
sesstat physical reads 117


まとめ

DMLにより更新されたブロック数が、バッファキャッシュの10%未満のブロック数である場合、commit時にすべてcleanoutされ、対象表では遅延ブロッククリーンアウトは発生しない。
(想定通りなのですが、ちょいと安心w 19cでどう動くか確認してなかってしので少々ドキドキしてたw のはナイショ)

というわけで、今回はここまで。

いきなり涼しくなって、なんだこりゃ。。。。



古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1
古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2



| | コメント (0)

2021年8月31日 (火)

古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #2

Previously on Mac De Oracle

前回は、遅延ブロッククリーンアウトに限らず、大きく変わったわけでも、最近実装された機能でもないのに意外に知られてないのか、良いところ悪いところ含め、現場でロストしてしまっているような知識って意外と多いのかもねー。なんて感じたので遅延ブロッククリーンアウトネタのURLリンクをまとめてみた。

続編書くにしても、同じようなことやっても面白くないので、ブロックダンプのような方法は使わず、[g]v$sysstatや[g]v$sesstatなどの統計から、ちょいと血糖値や尿酸値高めだよね的な角度からどのような変化が起きるか見ていくことにした :)

 

環境はVirtualBox上の19cでこれからの主流になるマルチテナントで試してみます。(非マルチテナントでの変化見ててもこれからはあまり役に立たないので)

今日は準備編

VirtualBox
https://www.virtualbox.org/

Pre-Built Developer VMs (for Oracle VM VirtualBox)のDatabase App Development VMとか
https://www.oracle.com/downloads/developer-vm/community-downloads.html

 

 

事前に準備しておくスクリプトは以下のとおり。繰り返し実行するので作っておくと便利ですよ。:)

まず最初に、遅延ブロッククリーンアウトはバッファキャッシュの10%ほどのブロックをコミット時にクリーンアウトして、残りを先送りするという基本的なお約束があるので、上記環境のOracle 19cがどの程度のバッファキャッシュなのかとブロックサイズを確認。これ大切ですよ。スクリプト準備する上でも :)

メモリサイズは大きめですが。。。w うちのは。(^^;;;


$ VBoxManage -v
6.1.26r145957
$
$ VBoxManage showvminfo 'Oracle DB Developer VM 19.3' | grep -E 'Memory|CPUs'
Memory size: 16384MB
Number of CPUs: 4
$

コミット時にブロッククリーンアウトされそうなブロック数をざっくり算出すると 42394 ブロックぐらいになりそう。


SYS@orclcdb> show sga

Total System Global Area 4294963960 bytes
Fixed Size 9143032 bytes
Variable Size 805306368 bytes
Database Buffers 3472883712 bytes
Redo Buffers 7630848 bytes

SYS@orclcdb>
SYS@orclcdb> show parameter db_block_size

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
db_block_size integer 8192
SYS@orclcdb>
SYS@orclcdb> select ceil( 3472883712 / 8192 * 0.1 ) from dual;

CEIL(3472883712/8192*0.1)
-------------------------
42394

Elapsed: 00:00:00.00

42394ブロックを超える程度のサイズのデータを生成するINSERT文と、その範囲に収まるデータ量生成INSERT文スクリプトを作れば良さそうですね。

想定されるブロックに収まる程度の量。1ブロック 8KB でデフォルトのPCTFREEは10%なのでざっくり6000bytes/rec超えるぐらい。
で、1ブロックに3行ぐらい入るようにすれば面白いかな。。

ということで、

表はなんどもdrop/createするので以下のDDLで。初回は索引を作らず、表のみので影響をみることにする。


$ cat droppurge_create_hoge.sql

drop table hoge purge;
create table hoge (id number, data varchar2(2000));

データ作成(バッファキャッシュの10%未満のデータ登録)
なお、確実に遅延ブロッククリーンアウトの影響を見たいので1行ごとのINSERTを繰り返し、コミット前後の状態の変化も見たいのでcommitも含めていない。(commitは別途実行する)


$ cat insert_rows.sql

begin for i in 1..100000 loop insert into hoge values(i, lpad('*', 2000, '*')); end loop; end;
.
l
/

ブロック数の事前確認


SCOTT@ORCL> select count(distinct dbms_rowid.rowid_block_number(rowid)) as "blocks" from hoge;

blocks
----------
33334

データ作成(バッファキャッシュの10%を超えるのデータ登録)
単純にループ回数を倍にして増量。これで事前に算出したバッファキャッシュの10%以上のブロック数は更新される。。。はず。


$ cat insert_rows_2.sql

begin for i in 1..200000 loop insert into hoge values(i, lpad('*', 2000, '*')); end loop; end;
.
l
/

ブロック数の事前確認(20,000ブロックぐらい?は遅延される想定)


SCOTT@ORCL> select count(distinct dbms_rowid.rowid_block_number(rowid)) as "blocks" from hoge;

blocks
----------
66667

ここまでが遅延ブロッククリーンアウトを意図的に起こすためのデータ作成SQLスクリプト

以降は、遅延ブロッククリーンアウトの発生等を見るための[g]v$sysstatと[g]v$sestatを取得するスクリプトと、[g]v$sesstatから特定のセッションを取得するためのクライアント情報をセットするスクリプト。


$ cat set_client_info.sql
BEGIN
DBMS_APPLICATION_INFO.SET_CLIENT_INFO('TargetSession');
END;
.
l
/

システム統計とセッション統計を取得して差分を見ていく必要があるので各統計のスナップショット取得用スクリプトが必要なわけですが、今回はマルチテナント環境。なので、システム統計はCDB全体から、セッション統計は該当するPDBかつ、前述のスクリプトでClient Infoが設定されているセッションに限定するスクリプトを作る必要があるんですよね。DBWRの動きも含めてみたいときって。少し多めに統計名を取得していますが、実際に重要なのはcleanout系の統計ですね。いくつかのテストケースを実施する上で合わせてみておきたい統計も事前に入れてあります:)


$ cat show_stat.sql
set linesize 400
set tab off
set pagesize 1000
col name for a60
col value for 999,999,999,999,999
SELECT
'sysstat' AS "SOURCE"
, name
, value
, con_id
FROM
gv$sysstat
WHERE
name IN (
'physical writes direct'
, 'physical writes from cache'
, 'physical writes non checkpoint'
, 'consistent gets'
, 'no work - consistent read gets'
, 'cleanouts and rollbacks - consistent read gets'
, 'cleanouts only - consistent read gets'
, 'deferred (CURRENT) block cleanout applications'
, 'immediate (CR) block cleanout applications'
, 'immediate (CURRENT) block cleanout applications'
, 'commit cleanout failures: block lost'
, 'commit cleanout failures: buffer being written'
, 'commit cleanout failures: callback failure'
, 'commit cleanout failures: cannot pin'
, 'commit cleanout failures: hot backup in progress'
, 'commit cleanout failures: write disabled'
, 'commit cleanouts'
, 'commit cleanouts successfully completed'
, 'db block changes'
, 'physical read requests'
, 'physical reads'
, 'physical reads direct'
, 'physical write requests'
, 'physical writes'
, 'physical writes direct'
, 'DBWR checkpoint buffers written'
, 'DBWR thread checkpoint buffers written'
, 'DBWR tablespace checkpoint buffers written'
, 'DBWR parallel query checkpoint buffers written'
, 'DBWR object drop buffers written'
, 'DBWR transaction table writes'
, 'DBWR undo block writes'
, 'DBWR revisited being-written buffer'
, 'DBWR lru scans'
, 'DBWR checkpoints'
, 'DBWR fusion writes'
, 'transaction tables consistent reads - undo records applied'
, 'transaction tables consistent read rollbacks'
)
UNION ALL
SELECT
'sesstat' AS "SOURCE"
, name
, value
, vsesstat.con_id
FROM
gv$sesstat vsesstat
inner join gv$statname vstatnam
on
vsesstat.statistic# = vstatnam.statistic#
WHERE
name IN (
'physical writes direct'
, 'physical writes from cache'
, 'physical writes non checkpoint'
, 'consistent gets'
, 'no work - consistent read gets'
, 'cleanouts and rollbacks - consistent read gets'
, 'cleanouts only - consistent read gets'
, 'deferred (CURRENT) block cleanout applications'
, 'immediate (CR) block cleanout applications'
, 'immediate (CURRENT) block cleanout applications'
, 'commit cleanout failures: block lost'
, 'commit cleanout failures: buffer being written'
, 'commit cleanout failures: callback failure'
, 'commit cleanout failures: cannot pin'
, 'commit cleanout failures: hot backup in progress'
, 'commit cleanout failures: write disabled'
, 'commit cleanouts'
, 'commit cleanouts successfully completed'
, 'db block changes'
, 'physical read requests'
, 'physical reads'
, 'physical reads direct'
, 'physical write requests'
, 'physical writes'
, 'physical writes direct'
, 'DBWR checkpoint buffers written'
, 'DBWR thread checkpoint buffers written'
, 'DBWR tablespace checkpoint buffers written'
, 'DBWR parallel query checkpoint buffers written'
, 'DBWR object drop buffers written'
, 'DBWR transaction table writes'
, 'DBWR undo block writes'
, 'DBWR revisited being-written buffer'
, 'DBWR lru scans'
, 'DBWR checkpoints'
, 'DBWR fusion writes'
, 'transaction tables consistent reads - undo records applied'
, 'transaction tables consistent read rollbacks'
)
and sid = (
select
sid
from
gv$session
where
username = upper('&1')
and client_info = 'TargetSession'
)
order by
4, 1, 2
;

undefine 1

ちなみに、統計を使って状況を確認する方法って意外に利用されているんですよね。日本だとあまり活用されてないようにも感じることは多いのですが、日々の統計を追っかけてると、どのメトリックが高く跳ね上がるのか把握できるので知ってて損することはないと思います:)

そういえば、Tanel PoderのSnapperもその手のツールではありますね。
Session Snapper
http://tech.e2sn.com/oracle-scripts-and-tools/session-snapper

私の過去のセッションでもElappsed Timeを見せないでチューニング効果を見てもらうネタとしてシステム統計を使ってたりします。
db tech showcase Tokyo 2013 - A35 特濃JPOUG:潮溜まりでジャブジャブ、SQLチューニング
https://www.slideshare.net/discus_hamburg/db-tech-showcase-tokyo-2013-a35-sql

少々脱線しますが、
最近、VirtualBox、なつかしー。なんて言う方もいますが、古いバージョンのOracleを残しておけるので、リリース毎の動きの差などを見たい場合は便利なのですよーw(クラウドだと強制アップグレードされちゃうので旧バージョンとの動作比較をネタにしたいときなどには向いてないw)

次回へつづく


東京では救急車のサイレンがまだまだ通常より多く聞こえます。。。。

Stay home, Stay Safe and Stay Hydrated.


古くて新しい? 遅延ブロッククリーンアウト (deferred block cleanout) #1


 

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

Difference of Initialization Parameters between 11gR2 (11.2.0.4.0) and 19c (19.3.0.0.0) - including hidden params

Previously on Mac De Oracle
19cの初期化パラメータ数や隠しパラメータ数などどう変化したのか、久々に確認してみた


ということで、今回はめでたくサポート終了となった11gR2と19cのパラメータ差分を確認してみた(何年振りだろうこれw)。21cがでたらまたやる予定。

11gR2 : 11.2.0.4.0
19c : 19.3.0.0.0

で比較した結果は以下

Difference of Initialization Parameters between 11gR2 (11.2.0.4.0) and 19c (19.3.0.0.0)



どうやればこの差分が作れるかというと、DBリンクでもできるけどそんなことしてません。というかやりたくないw ので、旧リリースでパラメータをcsv出力して(comma区切りではないですがw)、19c側で外部表として参照して差分を出力.

パラメータの取り出し。linesizeは適当に調整する必要はあるかも

ORACLE-ORCLCDB@SYS> !cat paramout.sql
set linesize 250
set trimspool on
set head off
set feedback off
set timi off
set termout off
set time off
set timi off
spo &1..csv

SELECT
TRIM(a.ksppinm)
||'|'||TRIM(a.ksppdesc)||'|'
FROM
x$ksppi a
/
spo off
undefine 1


上記スクリプトの実行、結果の例

ORACLE-ORCLCDB@SYS> @paramout 11.2.0.4.0_parameters
ORACLE-ORCLCDB@SYS> !cat 11.2.0.4.0_parameters.csv

_appqos_qt|System Queue time retrieval interval|
_ior_serialize_fault|inject fault in the ior serialize code|
_shutdown_completion_timeout_mins|minutes for shutdown operation to wait for sessions to complete|
_inject_startup_fault|inject fault in the startup code|
_latch_recovery_alignment|align latch recovery structures|
_spin_count|Amount to spin waiting for a latch|
_latch_miss_stat_sid|Sid of process for which to collect latch stats|
_max_sleep_holding_latch|max time to sleep while holding a latch|
_max_exponential_sleep|max sleep during exponential backoff|
_other_wait_threshold|threshold wait percentage for event wait class Other|
_other_wait_event_exclusion|exclude event names from _other_wait_threshold calculations|
・・・略・・・

外部表の元ネタであるファイル置き場用ディレクト作製とディレクトリオブジェクトの作製、そして、元ネタの配置は以下の通り

ORACLE-ORCLCDB@SYS> !pwd
/home/oracle
ORACLE-ORCLCDB@SYS> !ls -l exttab
合計 488
-rw-rw-r--. 1 oracle oracle 194319 3月 29 21:26 11.2.0.4_parameters.csv

ORACLE-ORCLCDB@SYS> CREATE DIRECTORY ext_tab AS '/home/oracle/exttab';

ディレクトリが作成されました。

ORACLE-ORCLCDB@SYS> l
1 CREATE TABLE ksppi_11_2_0_4_0 (
2 ksppinm VARCHAR2(80)
3 ,ksppdesc VARCHAR2(255)
4 )
5 ORGANIZATION EXTERNAL (
6 TYPE ORACLE_LOADER
7 DEFAULT DIRECTORY ext_tab
8 ACCESS PARAMETERS (
9 RECORDS DELIMITED BY NEWLINE
10 FIELDS TERMINATED BY '|'
11 (
12 ksppinm
13 ,ksppdesc
14 )
15 )
16 LOCATION (
17 '11.2.0.4_parameters.csv'
18 )
19* )
ORACLE-ORCLCDB@SYS> /

表が作成されました。

ORACLE-ORCLCDB@SYS> SELECT COUNT(1) FROM ksppi_11_2_0_4_0;

COUNT(1)
----------
2915


以下のスクリプトでcdb$rootのx$ksppiと前述の外部表をfull outer joinして差分をhtml形式で出力すればできあがり

col "11g R2 11.2.0.4.0" for a17
col "19c 19.3.0.0.0" for a17
set pagesize 10000
set timi off
set feed off
set markup html on spool on
spo param-diff.html
SELECT
CASE
WHEN prev.ksppinm = curr.ksppinm
OR (
prev.ksppinm IS NULL
AND curr.ksppinm IS NOT NULL
)
THEN curr.ksppinm
ELSE prev.ksppinm
END AS ksppinm
,CASE
WHEN prev.ksppinm = curr.ksppinm THEN '○'
WHEN prev.ksppinm IS NOT NULL AND curr.ksppinm IS NULL THEN '○'
ELSE 'n/a'
END AS "11g R2 11.2.0.4.0"
,CASE
WHEN prev.ksppinm = curr.ksppinm THEN '○'
WHEN prev.ksppinm IS NULL AND curr.ksppinm IS NOT NULL THEN '○'
ELSE 'n/a'
END AS "19c 19.3.0.0.0"
,CASE
WHEN prev.ksppdesc = curr.ksppdesc THEN curr.ksppdesc
WHEN prev.ksppinm IS NULL AND curr.ksppinm IS NOT NULL THEN curr.ksppdesc
WHEN prev.ksppinm iS NOT NULL AND curr.ksppinm IS NULL
THEN prev.ksppdesc
ELSE prev.ksppdesc
END AS kspdesc
,CASE
WHEN prev.ksppdesc = curr.ksppdesc
OR (prev.ksppinm IS NULL AND curr.ksppinm IS NOT NULL)
OR (prev.ksppinm IS NOT NULL AND curr.ksppinm IS NULL)
THEN NULL
ELSE curr.ksppdesc
END AS "New description"
FROM
(
SELECT * FROM x$ksppi WHERE con_id = 0
) curr
FULL OUTER JOIN ksppi_11_2_0_4_0 prev
ON
curr.ksppinm = prev.ksppinm
ORDER BY
1
;
spool off
set feed on
set set markup html off




露天風呂♨️行きたい...




Difference of Initialization Parameters between 11g r1 (11.1.0.6.0) and 12c r1 (12.1.0.1.0) - including hidden params
Difference of Initialization Parameters between 11g and 12c #2
19cの初期化パラメータ数や隠しパラメータ数などどう変化したのか、久々に確認してみた

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

19cの初期化パラメータ数や隠しパラメータ数などどう変化したのか、久々に確認してみた


ORACLE-ORCLCDB@SYS> select banner_full from v$version;

BANNER_FULL
------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 19c Enterprise Edition Release 19.0.0.0.0 - Production
Version 19.3.0.0.0
compute sum label 'Total' of "Num Of Parameters" on report
break on report
WITH cte_params AS
(
SELECT
a.ksppinm
FROM
x$ksppi a JOIN x$ksppcv b
ON a.indx = b.indx
)
SELECT
*
FROM
(
SELECT
'1. Single underscore parameters' AS "CATEGORY"
, COUNT(1) AS "Num Of Parameters"
FROM
cte_params
WHERE
REGEXP_LIKE(ksppinm, '^([_][^_]){1}.*')
UNION
SELECT
'2. Double underscore parameters'
, COUNT(1)
FROM
cte_params
WHERE
REGEXP_LIKE(ksppinm, '^[_]{2}.*')
UNION
SELECT
'3. Non hidden parameters'
, COUNT(1)
FROM
cte_params
WHERE
REGEXP_LIKE(ksppinm, '^[^_].*')
)
ORDER by
category;

カウントした結果は以下のとおり。やはりhidden parameter、かなり増えてますよね。

CATEGORY                        Num Of Parameters
------------------------------- -----------------
1. Single underscore parameters 4934
2. Double underscore parameters 30
3. Non hidden parameters 448
-----------------
Total 5412

経過: 00:00:00.06

20210322-141656

 

ぽかぽか陽気すぎて、海辺でパタパタしたいw

 


Difference of Initialization Parameters between 11g r1 (11.1.0.6.0) and 12c r1 (12.1.0.1.0) - including hidden params
Difference of Initialization Parameters between 11g and 12c #2

 

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! No.30

OracleのResource Managerネタを書こう書こうと思いつつ類似ネタが他のブログでも扱われていることに気づきw
ネタを被らないようにしたいなぁとw 考えているうちにすでに2月の半ばw もうすこし考えまするw

ということで、今回はこないだ、実行計画という名のレントゲンネタに絡んだtwitterのやりとりがあったついでなので、INSERTの実行計画をいくつか追加しておきます。

Oracleもバージョンが上がるごとに実行計画の改善やオペレーション名を変えたりするので古いバージョンだと、そんなオペレーション出なーーーい。ということもありますが、そんなオペレーションがでたら、こんな意味なんだぁ。

と理解しておけば裏でどう動いているかイメージしやすいのではないかと思います。それがイメージできていれば、もし、性能問題に絡んでいた時にはどう対処するのが良いか、助けになるとはずです (^^)

DIRECT PATH LOADING登場前のOracle Databaseでは気にする必要はなかったのですが、DIRECT PATHが行われるようになってから実行計画のOperationでDIRECT PATHとの区別がつきやすいように追加されたという微かな記憶があります。
(まちがっていたらコメントいただけますと m(_ _)m

ということで、実行計画の見てみましょう。INSERT文なので単純ですw INSERTのoperationが(裏で)どう行われているかの違いです。
(以下の実行計画ではIASを利用して500MBほどの元表から同一定義の別表へ全データをINSERTしています)

LOAD TABLE CONVENTIONALというoperationが該当部分。 覚えておくと何かの役にはたつと思います!

20210213-150833

この実行計画になるように以下のようにNOAPPENDヒントでdirect path writeを抑止しています。ヒントの使い方も覚えておくとなにかのときにや役立ちますよ:)
NO_GATHER_OPTIMIZER_STATISTICSヒントは今回の実行計画には直接関係ないリアルタイム統計の取得を抑止するヒントです。
19cのおそらく後半のリリースから従来型のDMLでもリアルタイム統計が取得されるようになったようです。この例ではじゃまなので抑止。

従来型のDMLでもリアルタイム統計が取得される https://docs.oracle.com/cd/F19136_01/tgsql/optimizer-statistics-concepts.html#GUID-769E609D-0312-43A7-9581-3F3EACF10BA9

Real-Time Statistics https://docs.oracle.com/en/database/oracle/oracle-database/19/dblic/Licensing-Information.html#GUID-0F9EB85D-4610-4EDF-89C2-4916A0E7AC87

INSERT
/*+
MONITOR
NOAPPEND
NO_GATHER_OPTIMIZER_STATISTICS
*/
INTO
hoge2
SELECT
*
FROM
hoge
;

では、つづいて、direct path writeが動作した場合は該当部分のoperationはどうなるでしょうか? :)

LOAD AS SELECT に変わったoperationが該当部分です! operation は LOAD AS SELECT ですが、待機イベントは direct path write です。
どのようなoperationがどのような待機イベントに繋がるのかっていうのもおぼえておくと何かの役に立ちますよ ;)

20210213-150416

実行したINSERT文のヒントがNOAPPPENDからAPPENDに変えてあることに注目。この例ではdirect path writeをヒントで強制しています。

INSERT
/*+
MONITOR
APPEND
NO_GATHER_OPTIMIZER_STATISTICS
*/
INTO
hoge2
SELECT
*
FROM
hoge
;

最後に、NO_GATHER_OPTIMIZER_STATISTICS ヒントを外してリアルタイム統計取得が動いた場合にはどのようなoperationになるかみてみましょう。

20210213-153502

OPTIMIZER STATISTICS GATHERING というoperationが現れました。これは19cの後半で追加された従来型DMLでのリアルタイム統計取得が動作した場合も現れるとマニュアルに記載されているoperationとも同一です。
direct path writeなのかによらず、リアルタイム統計取得の動作有無を確認するためにはこのoperationの有無をチェックする必要があります!

INSERT
/*+
MONITOR
APPEND
*/
INTO
hoge2
SELECT
*
FROM
hoge
;

なかなかよい、レントゲンコレクションが撮れたな :)


Related article on Mac De Oracle
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 1 / TABLE FULL SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 2 / INDEX UNIQUE SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 3 / INDEX RANGE SCAN, Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 4 / INDEX RANGE SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 5 / INDEX RANGE SCAN, INLIST ITERATOR
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 6 / INDEX FAST SCAN, Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 7 / INDEX FULL SCAN,Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 8 / INDEX SKIP SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 9 / TABLE ACCESS INMEMORY FULL
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 10 / NESTED LOOP JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 11 / MERGE JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 12 / HASH JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 13 / HASH JOIN OUTER
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 14 / HASH JOIN FULL OUTER
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 15 / PX, TABLE ACCESS FULL
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 16 / CONCATENATION
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 17 / SORT UNIQUE, UNION-ALL = UNION
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 18 / UNION-ALL
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 19 / INTERSECTION
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 20 / MINUS
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 21 / WINDOW NOSORT STOPKEY
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 22 / COUNT STOPKEY
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 23 / HASH JOIN - LEFT-DEEP JOIN vs RIGHT-DEEP JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 24 / CONNECT BY NO FILTERING WITH START-WITH
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 25 / UNION ALL (RECURSIVE WITH) DEPTH FIRST, RECURSIVE WITH PUMP
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - おまけ#1 / STAR TRANSFORM, VECTOR TRANSFORM (DWH向け)
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - おまけ#2 / MERGE (UPSERT)
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - おまけ#3 / RDFView
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - おまけ#4 / INDEX FULL SCAN (MIN/MAX) - Index Only Scan

 

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

SQL Macros / ほぼ理解した、つもり

SQL Macrosの使い道、ほぼ理解した:)

現在提供されている Live SQL 20.4.2(19c 19.8.0.0.0)で実行可能であることを確認<

Oracle DatabaseのSQLマクロを検証する
https://qiita.com/nakaie/items/75358c3138328dd985c4

SQL Macros - Creating parameterised views
https://livesql.oracle.com/apex/livesql/file/tutorial_KQNYERE8ZF07EZMRR6KJ0RNIR.html<

他のRDBMSからの移行では効果ありそうな気はするが、DWH系かなぁ。MySQLやPostgreSQLから移行してくるのは多くはなさそうだし。
その逆となると色々考え混むわけだが、新機能なのでそこまで影響なさそうな気もする。

昔関わったプロジェクトで、PL/SQL禁止されていた記憶はある。そのようなプロジェクトだと即、禁止されそうな機能ではあるが、単純にSQL文が内部展開されるのだとすると書き換えは容易にかもしれない。内部的にどうなるのか現物が出てきてたら詳しく見ておきたいところ。

個人的に、こいつの使い道は、既存UDFの高速化などがメインになるのかなと、遠ーくをみて妄想しているところ:)
特にデータ量が膨大になればなるほど此の手のが効いてくるわけで。

20210115-110329

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 おまけ#3

この実行計画がなにを行っているか見抜けたかたは, 前日のエントリーを読んだか, RDFVIEWを利用したRDF Graphを試したことがある方ぐらいだと思います.
RDF Semantic Graph「RDF 超入門」

RDFトリプルをRelational表にマップしてダイレクトにアクセスする方式なのですが, ご存じない方には何のこっちゃというのも仕方ないと思います.
3,4年前ぐらいに, なんとなーく流れ的に関わることになって, 寝る暇も惜しんでRDFトリプルストア (実態はオブジェクト表だったはず. 違ったらコメント頂けますと幸いです) とこのRDFVIEWのSQLチューニング方法を調べていたもんですw

そのころは余裕なさすぎてブログにも書けずじまいでしたが, 良い機会なのでRDFVIEWを問い合わせた実行計画をレントゲン写真として載せておきます.
詳細は前日の準備段階のエントリーを読んでいただけると良いかと思いますが, 知らない用語とかいきなりでてきているので, なんとなーくそんなもんかなーぐらいの理解よいと思います.

RDFVIEWのを問い合わせるSQL文は, SEM_MATCH()を利用するのが特徴で, RDFVIEW最大の特徴であるRelational表を直接よみながら, 最終的に RDFトリプルを返すという点にあります.
R2RML: RDB to RDF Mapping Language / W3Cあたりを読んでもらうと想像できるのではないかと思います. 読んで最初にきづくのは,それに関わっているのは Oracle社の方だったりしてるので納得感があります.

ということで、
SQLは以下のとおり. 関わったことがない方はこれまた見たこともない SEM_MATCH()関数が大量のパラメータを取って呼び出されていることが見えるぐらいですね。
裏では, SEM_MODEL()で指定したRDF Graphのモデルに対応したRelational表のEMPLOYEES表からEMPLOYEE_IDを元に, FIRST_NAME, LAST_NAME, MANAGER_IDの3列を, それぞれをトリプルとして返すようなマッピングになっています.

SELECT
s
, p
, o
FROM
TABLE (
SEM_MATCH (
'{?s ?p ?o}'
, SEM_MODELS('TEST_MODEL1')
, null
, null
, null
, null
, ' '
, null
, null
, 'RDFUSER'
, 'LOCALNET'
)
)
ORDER BY
s
,p;
RDFUSER@orcl> desc employees
Name Null? Type
----------------------------------------- -------- ----------------------------
EMPLOYEE_ID NOT NULL NUMBER(6)
FIRST_NAME VARCHAR2(20)
LAST_NAME NOT NULL VARCHAR2(25)
EMAIL NOT NULL VARCHAR2(25)
PHONE_NUMBER VARCHAR2(20)
HIRE_DATE NOT NULL DATE
JOB_ID NOT NULL VARCHAR2(10)
SALARY NUMBER(8,2)
COMMISSION_PCT NUMBER(2,2)
MANAGER_ID NUMBER(6)
DEPARTMENT_ID NUMBER(4)

RDFUSER@orcl> break on index_name skip 1
RDFUSER@orcl> select index_name,column_name from user_ind_columns where table_name='EMPLOYEES' order by 1,2;

INDEX_NAME COLUMN_NAME
------------------------------ ------------------------------
EMP_DEPARTMENT_IX DEPARTMENT_ID

EMP_EMAIL_UK EMAIL

EMP_EMP_ID_PK EMPLOYEE_ID

EMP_JOB_IX JOB_ID

EMP_MANAGER_IX MANAGER_ID

EMP_NAME_IX FIRST_NAME
LAST_NAME

では, 実行計画を読み解いてみましょう.

EMPLOYEES表からEMPLOYEE_IDを元に, FIRST_NAME, LAST_NAME, MANAGER_IDの3列と説明しましたが, それぞれの列に索引が存在しているため, Index Only Scanで索引のみをアクセスし,
Id=7,8,9でEMPLOYEE_IDをEMP_EMP_ID_PK索引から, MANAGER_IDをEMP_MANAGER_IX索引から EMPLOYEE_IDとMANAGER_IDの2列からなら行を結合で作り出しています.
Id=11,12,13で同じく, EMPLOYEE_IDとEMP_NAME_IX索引から, EMPLOYEE_IDとLAST_NAMEの2列からなる行を結合で作り出してます.
Id=15,16,17でも, EMPLOYEE_IDとEM_NAME_IX索引から, EMPLOYEE_IDとFAST_NAMEの2列からなる行を結合でつくりだしています.

これらの動きから, トリプルを作成するために, EMPLOYEE_ID列, MANAGER_ID, FAST_NAME, FIRST_NAME列ぞれぞれを取得するために複数回索引にアクセスしています.
もし索引がなかったら, それぞれの列を取得するために, 複数回全表走査を行うだろうということは容易に想像できます. これらの動きは、RDFVIEWの特性の一つになっています. Relational表に格納されたデータを即刻RDFトリプルとして参照したいという目的のために性能にはある程度目をつぶっている姿が見えてきます.
列持ちのデータをトリプルという, ある意味, 行持ちのデータへ縦横変換しているわけですから仕方ない動作ではあります.

データの新鮮さよりも性能を, というケースでは, ロードという作業は必要になりますがトリプルストアを利用したほうが有利にはなります. トリプルストアをアクセスする実行計画は気が向いたら載せるかもしれません.
覚えておいてほしいことは, Id=19やPredicate InformationにRDF_RRのようなオブジェクトとUNION ALLのVIEWが1~3個登場したらRDFVIEWだろうということです. 治療が必要になった場合などには役にたつかもしれません.

Rdfview

-----
それでは, みなさま, 良いお年をお迎えください.



previously on Mac De Oracle
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 1 / TABLE FULL SCAN
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 2 / INDEX UNIQUE SCAN
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 3 / INDEX RANGE SCAN, Index Only Scan
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 4 / INDEX RANGE SCAN
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 5 / INDEX RANGE SCAN, INLIST ITERATOR
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 6 / INDEX FAST SCAN, Index Only Scan
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 7 / INDEX FULL SCAN,Index Only Scan
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 8 / INDEX SKIP SCAN
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 9 / TABLE ACCESS INMEMORY FULL
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 10 / NESTED LOOP JOIN
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 11 / MERGE JOIN
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 12 / HASH JOIN
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 13 / HASH JOIN OUTER
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 14 / HASH JOIN FULL OUTER
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 15 / PX, TABLE ACCESS FULL
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 16 / CONCATENATION
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 17 / SORT UNIQUE, UNION-ALL = UNION
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 18 / UNION-ALL
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 19 / INTERSECTION
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 20 / MINUS
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 21 / WINDOW NOSORT STOPKEY
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 22 / COUNT STOPKEY
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 23 / HASH JOIN - LEFT-DEEP JOIN vs RIGHT-DEEP JOIN
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 24 / CONNECT BY NO FILTERING WITH START-WITH
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 25 / UNION ALL (RECURSIVE WITH) DEPTH FIRST, RECURSIVE WITH PUMP
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - おまけ#1 / STAR TRANSFORM, VECTOR TRANSFORM (DWH向け)
・実行計画は,SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - おまけ#2 / MERGE (UPSERT)

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

RDFナレッジ・グラフ / 備忘録 19c

5年ぐらい前に触ったことがある程度で、すっかり忘れてしまった。しばらくぶりで思い出してパタパタしてみたら、Apache Jenaも含めていろいろ変わっていたので備忘録

RDFナレッジ・グラフ開発者ガイド RDFナレッジ・グラフの概要

R2RML: RDB to RDF Mapping Language

A Direct Mapping of Relational Data to RDF

いろいろ思い出しながら....

$ sqlplus sys@orclcdb as sysdba

SQL*Plus: Release 19.0.0.0.0 - Production on Sat Dec 28 00:51:52 2019
Version 19.3.0.0.0

Copyright (c) 1982, 2019, Oracle. All rights reserved.

Enter password:

Connected to:
Oracle Database 19c Enterprise Edition Release 19.0.0.0.0 - Production
Version 19.3.0.0.0

SQL> col namespace for a30
SQL> col value for a40
SQL> col description for a50
SQL> set linesize 400
SQL> set tab off
SYS@orclcdb> select * from MDSYS.RDF_PARAMETER;

NAMESPACE ATTRIBUTE VALUE DESCRIPTION
------------------- ----------------- ------------- --------------------------------------------------
COMPONENT RDFCTX INSTALLED Semantic (Text) Search component
COMPONENT RDFOLS INSTALLED RDF Optional component for OLS support
MDSYS SEM_VERSION 19.1.0.0.0 VALID

SYS@orclcdb> r
1 SELECT namespace, attribute, value FROM mdsys.rdf_parameter
2 WHERE namespace='MDSYS'
3 AND attribute IN ('FLOAT_DOUBLE_DECIMAL',
4 'XSD_TIME', 'XSD_BOOLEAN',
5* 'DATA_CONVERSION_CHECK')

no rows selected

SYS@orclcdb> conn system@orcl
Enter password:
Connected.
SYSTEM@orcl> create tablespace rdf_users datafile 'rds_users01.dbf' size 128m reuse autoextend on next 64m maxsize unlimited segment space management auto;

Tablespace created.

SYSTEM@orcl> create user rdfuser identified by hogehoge default tablespace rdf_users temporary tablespace temp;

User created.

SYSTEM@orcl> grant create view to rdfuser;

Grant succeeded.

SYSTEM@orcl> grant unlimited tablespace to rdfuser;

Grant succeeded.

SYSTEM@orcl> grant unlimited tablespace to mdsys;

Grant succeeded.

SYSTEM@orcl> grant select any dictionary to rdfuser;

Grant succeeded.

SYSTEM@orcl> grant connect, resource to rdfuser;

Grant succeeded.

SYSTEM@orcl> execute sem_apis.create_sem_network('RDF_USERS', network_owner=>'RDFUSER', network_name=>'LOCALNET');

PL/SQL procedure successfully completed.


SYSTEM@orcl> conn rdfuser@orcl
Enter password:
Connected.
RDFUSER@orcl>

RDFUSER@orcl> l
1 create table r2rmlview_nt_staging_tab (
2 rdf$stc_sub varchar2(4000) not null
3 ,rdf$stc_pred varchar2(4000) not null
4 ,rdf$stc_obj varchar2(4000) not null
5 )
6* nologging
RDFUSER@orcl> /

Table created.

RDFUSER@orcl> l
1 create table rdfview_export_tab (
2 rdf$stc_sub varchar2(4000) not null
3 ,rdf$stc_pred varchar2(4000) not null
4 ,rdf$stc_obj varchar2(4000) not null
5 )
6* nologging
RDFUSER@orcl> /

Table created.

RDFでいろいろやるには sga_targetやsga_max_sizeはそれなりに必要なので適当に調整

そして、Apache Jenaのrdfcatもdeprecatedになってて、これまたしばし時代に追いつく作業を....

RDFUSER@orcl> !rdfcat --help
------------------------------------------------------------------
DEPRECATED: Please use 'riot' instead.
http://jena.apache.org/documentation/io/#command-line-tools
------------------------------------------------------------------

------------------------------------
DEPRECATED: Please use riot instead.
------------------------------------

Usage: java jena.rdfcat (option|input)*
Concatenates the contents of zero or more input RDF documents.
Options: -out N3 | N-TRIPLE | RDF/XML | RDF/XML-ABBREV
-n expect subsequent inputs in N3 syntax
-x expect subsequent inputs in RDF/XML syntax
-t expect subsequent inputs in N-TRIPLE syntax
-[no]include include rdfs:seeAlso and owl:imports
input can be filename, URL, or - for stdin
Recognised aliases for -n are: -n3 -ttl or -N3
Recognised aliases for -x are: -xml -rdf or -rdfxml
Recognised aliases for -t are: -ntriple
Output format aliases: x, xml or rdf for RDF/XML, n, n3 or ttl for N3, t or ntriple for N-TRIPLE
See the Javadoc for jena.rdfcat for additional details.

rdfcatに変えて、riot ってやつをつかわなきゃいけなくなったっぽい。

RDFUSER@orcl> !riot -version
Jena: VERSION: 3.13.1
Jena: BUILD_DATE: 2019-10-06T18:57:39+0000
RIOT: VERSION: 3.13.1
RIOT: BUILD_DATE: 2019-10-06T18:57:39+0000

ちなみに、SHユーザのEMPLOYEES表や索引をRDFUSERユーザへコピーした上で、以下のような、RDFVIEWとRelational表と列のマッピングをTurtle (Terse RDF Triple Language)で定義した。

RDFUSER@orcl> !cat test_real_rdf_r2rml.ttl
@prefix rr: .
@prefix xsd: .
@prefix ex: .

ex:TriplesMap_Employees
rr:logicalTable [ rr:tableName "EMPLOYEES" ];
rr:subjectMap [
rr:template "http://r2rml.com/employees/{EMPLOYEE_ID}";
rr:class ex:Employees;
];

rr:predicateObjectMap [
rr:predicate ex:FirstName;
rr:objectMap [ rr:column "FIRST_NAME" ];
];

rr:predicateObjectMap [
rr:predicate ex:LastName;
rr:objectMap [ rr:column "LAST_NAME" ];
];

rr:predicateObjectMap [
rr:predicate ex:ManagerId;
rr:objectMap [ rr:column "MANAGER_ID" ];
].

5年ぐらい前の記憶ではrdfcatを利用して変換していたが、今は、 riot というコマンドを利用してTurtle(Terse RDF Triple Language)N-Triplesへ変換するみたいね。

RDFUSER@orcl> !riot --out=N-TRIPLE test_real_rdf_r2rml.ttl > test_real_rdf_r2rml_use_riot.nt

RDFUSER@orcl> !cat test_real_rdf_r2rml_use_riot.nt
_:Bf70c7f0d1b418dc63ad89dbcea313cd1 "EMPLOYEES" .
_:Bf70c7f0d1b418dc63ad89dbcea313cd1 .
_:Bdd4cf5eb9ecb0b12212d342518513827 "http://r2rml.com/employees/{EMPLOYEE_ID}" .
_:Bdd4cf5eb9ecb0b12212d342518513827 .
_:Bdd4cf5eb9ecb0b12212d342518513827 .
_:B310abfde7d61aac8f303fbd1f4ba5db8 .
_:Bfe48b8372e4da59d0ce99e0e24b894ad "FIRST_NAME" .
_:B310abfde7d61aac8f303fbd1f4ba5db8 _:Bfe48b8372e4da59d0ce99e0e24b894ad .
_:B310abfde7d61aac8f303fbd1f4ba5db8 .
_:B11c76919901c01b44cb0e2507a997c28 .
_:B5474fc7a1b7c7302521175dac3c58028 "LAST_NAME" .
_:B11c76919901c01b44cb0e2507a997c28 _:B5474fc7a1b7c7302521175dac3c58028 .
_:B11c76919901c01b44cb0e2507a997c28 .
_:Be7008cecff6b130ea15b4ba060cee0fb .
_:B0f41936e13c4655082ee47f866dc9f61 "MANAGER_ID" .
_:Be7008cecff6b130ea15b4ba060cee0fb _:B0f41936e13c4655082ee47f866dc9f61 .
_:Be7008cecff6b130ea15b4ba060cee0fb .


SQL*Loaderを使用したステージング表へのN-Triple形式のデータのロードを参考

RDFUSER@orcl> !cat test_real_rdf_r2rml_nt_load.ctl
UNRECOVERABLE
LOAD DATA
TRUNCATE
into table r2rmlview_nt_staging_tab
when (1) <> '#'
(
RDF$STC_sub CHAR(4000) terminated by whitespace
"(
CASE
WHEN substr(:RDF$STC_sub,1,1)='<' AND substr(:RDF$STC_sub,-1,1)='>' AND
length(:RDF$STC_sub)>2
THEN :RDF$STC_sub
WHEN substr(:RDF$STC_sub,1,2)='_:' AND
REGEXP_LIKE(:RDF$STC_sub,'^(_:)[[:alpha:]][[:alnum:]]*$')
THEN :RDF$STC_sub
WHEN substr(:RDF$STC_sub,1,1) NOT IN ('\"','<','#') AND
substr(:RDF$STC_sub,-1,1) NOT IN ('\"','>')
THEN ('<' || SDO_RDF.replace_rdf_prefix(:RDF$STC_sub) || '>')
WHEN substr(:RDF$STC_sub,1,1)='#'
THEN SDO_RDF.raise_parse_error(
'Ignored Comment Line starting with ', :RDF$STC_sub)
ELSE SDO_RDF.raise_parse_error('Invalid Subject', :RDF$STC_sub)
END
)",
RDF$STC_pred CHAR(4000) terminated by whitespace
"(
CASE
WHEN substr(:RDF$STC_pred,1,1)='<' AND substr(:RDF$STC_pred,-1,1)='>' AND
length(:RDF$STC_pred)>2
THEN :RDF$STC_pred
WHEN substr(:RDF$STC_pred,1,2) != '_:' AND
substr(:RDF$STC_pred,1,1) NOT IN ('\"','<') AND
substr(:RDF$STC_pred,-1,1) NOT IN ('\"','>')
THEN ('<' || SDO_RDF.replace_rdf_prefix(:RDF$STC_pred) || '>')
ELSE SDO_RDF.raise_parse_error('Invalid Predicate', :RDF$STC_pred)
END
)",
--
-- right-trimming of WHITESPACEs is reqd for "RDF$STC_obj"
-- (due to absence of "TERMINATED BY WHITESPACE")
--
-- For ease of editing below replace
-- "rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13))" with ":xy".
-- and then replace back
--
RDF$STC_obj CHAR(4000)
"(
CASE
WHEN substr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),1,1)='<' AND
substr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),-1,1)='>' AND
length(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)))>2
THEN rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13))
WHEN substr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),1,1)='\"' AND
substr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),-1,1)='\"' AND
length(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)))>1
THEN rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13))
WHEN substr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),1,2)='_:' AND
REGEXP_LIKE(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),
'^(_:)[[:alpha:]][[:alnum:]]*$')
THEN rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13))
WHEN substr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),1,1)
NOT IN ('\"','<') AND
substr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),-1,1)
NOT IN ('\"','>')
THEN ('<' ||
SDO_RDF.replace_rdf_prefix(
rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13))) ||
'>')
WHEN substr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),1,1)='\"' AND
substr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),-1,1)
NOT IN ('\"','>') AND
instr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),'\"\@',-1)>1 AND
REGEXP_LIKE(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),
'^\"[[:print:]]*\"\@[[:alpha:]]+(-[[:alnum:]]+)*$')
THEN rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13))
WHEN (substr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),1,1)='\"' AND
instr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),'\"^^',-1)>1 AND
(length(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)))-
(instr(rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)),'\"^^',-1)+4)
)>0)
THEN SDO_RDF.pov_typed_literal(
rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)))
ELSE SDO_RDF.raise_parse_error(
'Invalid Object', rtrim(:RDF$STC_obj,'. '||CHR(9)||CHR(10)||CHR(13)))
END
)"
)

RDFUSER@orcl> exit


$ sqlldr userid=rdfuser@orcl control=test_real_rdf_r2rml_nt_load.ctl data=test_real_rdf_r2rml_use_riot.nt direct=true skip=0 load=1000000 discardmax=0 bad=test_real_rdf_r2rml_nt_load.bad discard=test_real_rdf_r2rml_nt_load.rej log=test_real_rdf_r2rml_nt_load.log errors=1000000
Password:

SQL*Loader: Release 19.0.0.0.0 - Production on Sat Dec 28 02:05:44 2019
Version 19.3.0.0.0

Copyright (c) 1982, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Path used: Direct, LOAD=1000000

Load completed - logical record count 17.

Table R2RMLVIEW_NT_STAGING_TAB:
17 Rows successfully loaded.

Check the log file:
test_real_rdf_r2rml_nt_load.log
for more information about the load.

そして、SEM_MATCH()関数を利用してモデルと問い合わせると....

RDFUSER@orcl> @test_real_rdf_cre_rdfview.sql

PL/SQL procedure successfully completed.

RDFUSER@orcl> l
1 SELECT
2 s
3 , p
4 , o
5 FROM
6 TABLE (
7 SEM_MATCH (
8 '{?s ?p ?o}'
9 , SEM_MODELS('TEST_MODEL1')
10 , null
11 , null
12 , null
13 , null
14 , ' '
15 , null
16 , null
17 , 'RDFUSER'
18 , 'LOCALNET'
19 )
20 )
21 ORDER BY
22 s
23 ,p
24*
RDFUSER@orcl>
RDFUSER@orcl> @test_query_rdfview.sql

S P O
---------------------------------------- -------------------------------------------------- ----------------------------------------
http://r2rml.com/employees/100 http://r2rml.com/ns#FirstName Steven
http://r2rml.com/employees/100 http://r2rml.com/ns#LastName King
http://r2rml.com/employees/100 http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#type http://r2rml.com/ns#Employees
http://r2rml.com/employees/101 http://r2rml.com/ns#FirstName Neena
http://r2rml.com/employees/101 http://r2rml.com/ns#LastName Kochhar
http://r2rml.com/employees/101 http://r2rml.com/ns#ManagerId 100
http://r2rml.com/employees/101 http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#type http://r2rml.com/ns#Employees
http://r2rml.com/employees/102 http://r2rml.com/ns#FirstName Lex
http://r2rml.com/employees/102 http://r2rml.com/ns#LastName De Haan
http://r2rml.com/employees/102 http://r2rml.com/ns#ManagerId 100

・・・中略・・・

http://r2rml.com/employees/205 http://r2rml.com/ns#FirstName Shelley
http://r2rml.com/employees/205 http://r2rml.com/ns#LastName Higgins
http://r2rml.com/employees/205 http://r2rml.com/ns#ManagerId 101
http://r2rml.com/employees/205 http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#type http://r2rml.com/ns#Employees
http://r2rml.com/employees/206 http://r2rml.com/ns#FirstName William
http://r2rml.com/employees/206 http://r2rml.com/ns#LastName Gietz
http://r2rml.com/employees/206 http://r2rml.com/ns#ManagerId 205
http://r2rml.com/employees/206 http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#type http://r2rml.com/ns#Employees

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

なぜ、そこに、LONG型があるんだ / FAQ

all/dba/user_tab_columns

https://docs.oracle.com/cd/E82638_01/refrn/ALL_TAB_COLUMNS.html#GUID-F218205C-7D76-4A83-8691-BFD2AD372B63

これらのビューは、列の属性関連の情報を持つビューです。
たまに、便利なびゅーではあるのですが、これらのビューをアクセスする使うスクリプトというかPL/SQLでコード書くこともあるのですが、一箇所だけ、使いにくいところがあります。

 

どこかわかります?

下位互換のためだろうと思われるのですが、一般には推奨されていない LONG型の列 が残っています。

ご存知だとは思いますが、一般的なガイドだと、CLOBの利用が推奨されています。
下位互換のためだから仕方ないのだとは思うのですが。

LONG型といえば、とにかく制約が多くて、文字列操作を行うにもめんどくさいわけで、実際に利用したい状況になると、うううううっとなることしばしば。

LONG型

で、普段どうやって、その面倒くさいところを回避しているかといえば、CLOBに変換してしまうことがが多いです。
CLOBにしてしまえば、沢山の制約から解放されますしね :)

以下のような感じで。


SCOTT> l
1 CREATE TABLE my_dba_tab_columns
2 AS
3 SELECT
4 owner
5 ,table_name
6 ,column_name
7 ,data_type
8 ,data_type_mod
9 ,data_type_owner
10 ,data_length
11 ,data_precision
12 ,data_scale
13 ,nullable
14 ,column_id
15 ,TO_CLOB(default_length) AS default_length
16 ,num_distinct
17 ,low_value
18 ,high_value
19 ,density
20 ,num_nulls
21 ,num_buckets
22 ,last_analyzed
23 ,sample_size
24 ,character_set_name
25 ,char_col_decl_length
26 ,global_stats
27 ,user_stats
28 ,avg_col_len
29 ,char_length
30 ,char_used
31 ,v80_fmt_image
32 ,data_upgraded
33 ,histogram
34 ,default_on_null
35 ,identity_column
36 ,sensitive_column
37 ,evaluation_edition
38 ,unusable_before
39 ,unusable_beginning
40 ,collation
41 FROM
42* dba_tab_columns
SCOTT> /

Table created.

SCOTT> desc dba_tab_columns
Name Null? Type
----------------------------------------- -------- ----------------------------
OWNER NOT NULL VARCHAR2(128)
TABLE_NAME NOT NULL VARCHAR2(128)
COLUMN_NAME NOT NULL VARCHAR2(128)
DATA_TYPE VARCHAR2(128)
DATA_TYPE_MOD VARCHAR2(3)
DATA_TYPE_OWNER VARCHAR2(128)
DATA_LENGTH NOT NULL NUMBER
DATA_PRECISION NUMBER
DATA_SCALE NUMBER
NULLABLE VARCHAR2(1)
COLUMN_ID NUMBER
DEFAULT_LENGTH NUMBER
DATA_DEFAULT LONG
NUM_DISTINCT NUMBER
LOW_VALUE RAW(2000)
HIGH_VALUE RAW(2000)
DENSITY NUMBER
NUM_NULLS NUMBER
NUM_BUCKETS NUMBER
LAST_ANALYZED DATE
SAMPLE_SIZE NUMBER
CHARACTER_SET_NAME VARCHAR2(44)
CHAR_COL_DECL_LENGTH NUMBER
GLOBAL_STATS VARCHAR2(3)
USER_STATS VARCHAR2(3)
AVG_COL_LEN NUMBER
CHAR_LENGTH NUMBER
CHAR_USED VARCHAR2(1)
V80_FMT_IMAGE VARCHAR2(3)
DATA_UPGRADED VARCHAR2(3)
HISTOGRAM VARCHAR2(15)
DEFAULT_ON_NULL VARCHAR2(3)
IDENTITY_COLUMN VARCHAR2(3)
SENSITIVE_COLUMN VARCHAR2(3)
EVALUATION_EDITION VARCHAR2(128)
UNUSABLE_BEFORE VARCHAR2(128)
UNUSABLE_BEGINNING VARCHAR2(128)
COLLATION VARCHAR2(100)

SCOTT> desc my_dba_tab_columns
Name Null? Type
----------------------------------------- -------- ----------------------------
OWNER NOT NULL VARCHAR2(128)
TABLE_NAME NOT NULL VARCHAR2(128)
COLUMN_NAME NOT NULL VARCHAR2(128)
DATA_TYPE VARCHAR2(128)
DATA_TYPE_MOD VARCHAR2(3)
DATA_TYPE_OWNER VARCHAR2(128)
DATA_LENGTH NOT NULL NUMBER
DATA_PRECISION NUMBER
DATA_SCALE NUMBER
NULLABLE VARCHAR2(1)
COLUMN_ID NUMBER
DEFAULT_LENGTH CLOB
NUM_DISTINCT NUMBER
LOW_VALUE RAW(2000)
HIGH_VALUE RAW(2000)
DENSITY NUMBER
NUM_NULLS NUMBER
NUM_BUCKETS NUMBER
LAST_ANALYZED DATE
SAMPLE_SIZE NUMBER
CHARACTER_SET_NAME VARCHAR2(44)
CHAR_COL_DECL_LENGTH NUMBER
GLOBAL_STATS VARCHAR2(3)
USER_STATS VARCHAR2(3)
AVG_COL_LEN NUMBER
CHAR_LENGTH NUMBER
CHAR_USED VARCHAR2(1)
V80_FMT_IMAGE VARCHAR2(3)
DATA_UPGRADED VARCHAR2(3)
HISTOGRAM VARCHAR2(15)
DEFAULT_ON_NULL VARCHAR2(3)
IDENTITY_COLUMN VARCHAR2(3)
SENSITIVE_COLUMN VARCHAR2(3)
EVALUATION_EDITION VARCHAR2(128)
UNUSABLE_BEFORE VARCHAR2(128)
UNUSABLE_BEGINNING VARCHAR2(128)
COLLATION VARCHAR2(100)

 


db tech showcase 2019もおわり、今年も残すところ 3ヶ月あまり。一年早い. そして。
来週は、開催時期を秋に変更してから2回目の多摩川花火大会。天気がよいといいのですが:)

ではまた。

| | コメント (0)

2019年8月25日 (日)

FAQ / PL/SQL PACKAGEでパプリックスコープを持つ定数をSQL文中で利用するには...

かなーり、ご無沙汰しておりました。(本業でいっぱいいっぱいで、という言い訳はこれぐらいにしてw) 偶に聞かれることがあるので、FAQネタから。 パッケージでパブリックなスコープを持つ定数は無名PL/SQLブロックやパッケージ、プロシージャ、ファンクションでしか参照できないんですよねー 例えば、DBMS_CRYPTOパッケージでHASHファンクションを利用してSH-256を作成したいなーと思って、

39.4 DBMS_CRYPTOのアルゴリズム
https://docs.oracle.com/cd/F19136_01/arpls/DBMS_CRYPTO.html#GUID-CE3CF17D-E781-47CB-AEE7-19A9B2BCD3EC
DBMS_CRYPTO.HASH()は関数なのでSQL文から呼びたーい、と以下のような使い方をすると...

SQL> SELECT DBMS_CRYPTO.HASH(TO_CLOB('hoge'), DBMS_CRYPTO.HASH_SH2569) AS "SH-256" FROM dual;
SELECT DBMS_CRYPTO.HASH(TO_CLOB('hoge'), DBMS_CRYPTO.HASH_SH2569) AS "SH-256" FROM dual
*
ERROR at line 1:
ORA-00904: "DBMS_CRYPTO"."HASH_SH2569": invalid identifier


SQL>
SQL> select DBMS_CRYPTO.HASH_SH256 from dual;
select DBMS_CRYPTO.HASH_SH256 from dual
*
ERROR at line 1:
ORA-06553: PLS-221: 'HASH_SH256' is not a procedure or is undefined
見事にエラーとなるわけです。 DBMS_CRYPTO.HASH_SH256は、パッケージファンクションではないので...利用可能なのはPL/SQLでのみ。
SQL> set serveroutput on
SQL>
¥SQL>
SQL> begin
2 dbms_output.put_line('DBMS_CRYPTO.HASH_SH256 : ' || DBMS_CRYPTO.HASH_SH256);
3 end;
4 /
DBMS_CRYPTO.HASH_SH256 : 4

PL/SQL procedure successfully completed.
SQL文で活用する為には、ファンクションでラップする必要があります。 以下のように。
SQL> l
1 CREATE OR REPLACE FUNCTION get_hash_sh256_type
2 RETURN NUMBER
3 AS
4 BEGIN
5 RETURN DBMS_CRYPTO.HASH_SH256;
6* END;
SQL> /

Function created.

SQL>
冒頭でエラーとなっていたSQL文をDBMS_CRYPTO.HASH_SH256を返すファンクションを使うように書き換えると、 はい、できました。
SQL> l
1 SELECT
2 DBMS_CRYPTO.HASH(
3 TO_CLOB('hoge')
4 , get_hash_sh256_type()
5 ) AS "SH-256"
6 FROM
7* dual
SQL> /

SH-256
--------------------------------------------------------------------------------
ECB666D778725EC97307044D642BF4D160AABB76F56C0069C71EA25B1E926825

SQL>


露店の焼きそばと焼き鳥を食べつつ、晩夏の夏祭りと、涼しい朝晩の気温で熟睡可能な山形より。 では、では。

| | コメント (0)