2013年5月11日 (土)

Automator : サービスの作成から削除まで (FAQ)

私のブログでもアクセス数の多いAutomator de ファイル名一括変換のコメントへ答えた次いでなので、もう少し詳しく書いておきますね。

これもOS XではFAQだと思いますますが、Automatorの認知度が低いのかな〜。


サービスを作るほうはこのヘルプで分かるかと。
Mac 101:Automator 

削除のヘルプページを探せないw (俺の検索の仕方がまずいのかw..


ってことで、Automatorでサービス(ワークフローの仲間)を作成して、メニューから削除するまでの流れを。

Autometorでサービスを作成します。
DeveloperToolsのプロファイルをテキストに書き出すだけの簡単なサービスを作るところから。

アプリケーション>Automatorを起動

Automator_icon


  1. 「書類の種類を選択してください」ダイアログ>「サービス」アイコンをクリック>「選択」ボタンをクリック
    Making_services001
  2. 「入力なし」、「Finder.app」限定で使えるようにしておきます。利用できる範囲は適当に設定してね。
    Making_services002

  3. 「ライブラリ」ペイン>「アクション」>「ユーティリティ」>「システムプロファイル」アクションをワークフローペインへドラッグ&ドロップ
    「システムプロファイル」アクションの「書き出しフォーマット」メニューは「テキスト」を、「カテゴリ」チェックボックスは「DeveloperTools」を選択
    Making_services003

  4. 「ライブラリ」ペイン>「アクション」>「テキスト」>「新規テキストファイル」アクションをワークフローペインへドラッグ&ドロップ
    「新規テキストファイル」アクションの各パラメータを設定。(ファイルフォーマット、ファイル名、作成場所、置換有無、エンコーディング)
    Making_services004

  5.  (「メニュー」>「ファイル」>「保存」) or ⌘S >「サービスを別名で保存」テキストボックスへサービス名入力>「保存」ボタンをクリック
    Making_services005

  6.  保存すると指定した「アプリケーションメニュー」の「サービス」サブメニューに保存した名称で表示される
    Making_services006


「test」というサービスを実行すればDeveloperToolsのプロファイルがテキストファイルとしてデスクトップに保存されます。


いよいろこれからが、今回の本題。「アプリケーションメニュー」の「サービス」サブメニューに追加された「test」というサービスをどうやって削除するのか?

  1. 「アプリケーション」メニュー>「サービス」サブメニュー>「サービス環境設定...」をクリック
    Removing_service001
  2. 「キーボード」環境設定>「キーボードショートカット」タブ>「説明」ペイン>「サービス」>「test」を選択
    Removing_service002

  3. 「test」を右クリック>ポップアップメニューの「Finderに表示」を選択
    Removing_service003

  4. 「test.workflow」が表示される。
    Removing_service004

  5. 「test.workflow」を右クリック>ポップアップメニューの「ゴミ箱に入れる」を選択
    Removeing_service005

  6. 「test.workflow」はゴミ箱です:)、ゴミ箱ではなくても ~/ライブラリ/Servicesフォルダから取り除けば同じです。(また使いたくなったら戻せばいいですし)
    Removing_service007


はい、サービスメニューから消えました :)

Removing_service008


Enjoy Automator!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

つい買ってしまった。SONY HandyCAM UX7 その3

「つい買ってしまった。SONY HandyCam UX7」のつづき。

前回はVoltaicHD for Mac Version 1.2.3でAICフォーマットへ変換した所までだった。今回は変換した映像素材をiMovie'08で取込みQuickTimeムービーを作ってみる。(iMovie'08に取込めれば終わりなのだが取りあえずQuickTimeムービーまで作ってみた。)
Sony_ux7_011

まず、iMovie'08を起動
Sony_ux7_012

新規プロジェクトを作成して...
Sony_ux7_013

SONY HandyCam UX7の映像をVoltaicHD for Macで変換後のAICフォーマットのムービーをiMovie'08へ取込む
Sony_ux7_014

Sony_ux7_015

Sony_ux7_016

お〜〜っ! 問題なくiMovieへ取込めた! Yahoo!
Sony_ux7_017

あとはiMovie'08取込んだ映像素材をプロジェクトへ取込んで・・・編集・・・・(ここまで出来ればiDVD'08などやYouTubeへ出力するのも簡単!)
Sony_ux7_018

編集が済んだらQUickTImeムービーとして書き出す!
Sony_ux7_019

Sony_ux7_020

Sony_ux7_021

そして完成!(ファイルが大きくなるのでサウンドトラックは削除してあります。目の前にあるものを撮っただけのサンプル映像なので・・・・W)
尚、以下のムービーはファイルサイズを小さくするためH.264フォーマットに変換したものです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

Automator de ファイル名一括変換

MacOSXのようなGUI環境で複数のファイル名を一括変更したい。しかも特定の順番で。
むりじゃん、ファイル名を1つひとつFinderから変更するの? いや違うよ。
GUIだから一括変更なんて、あ、shellがあるじゃないか! いやそれも違うな、できるけど。。
その方法はAutomator。

ノンプログラミングでファイル名を一括変換できるのですよ。Automatorで。面倒くさがり屋さんには便利な道具。
(うちの奥さんは一昨年にAutomatorのセミナーを受けていたのでバリバリ使っているようだけど。。)

で、どんな時に複数のファイル名を一括変換したくなるのか?
例えば、「10万円未満 de RAC (11g編)」のGUI画面のスクリーンショット。MacOSXだと「⌘+シフト+4」、「⌘+シフト+3」(場合によってはグラブを利用することもある)を利用するが、「⌘+シフト+4」や「⌘+シフト+3」だと「ピクチャ n」というファイル名が自動的に付加される。
これが後々画像を整理したり記事に利用する画像の選別には面倒だったりと結構厄介。
一括でファイル名を変更したいな〜と思うようになるわけです、

大抵の場合、画像ファイルの名称又は、スクリーンショットを取った時間(タイムスタンプね)で昇順にソートすれば時系列にならんでくれるので、GUIの操作を記録記録したスクリーンショットの管理には重宝。「10万円未満 de RAC (11g編)」では、automatorで作成したアプリケーションで一括変換して管理し易いファイル名に変更しています。

ちなみに、今回使っていたのはMacOSX Tigerだったのでautomatorの機能もMacOSX Leopardに比べると少々物足りないところはあるのだが、Tigerでも十分使える機能ですよ。

こんなアイコンのautomatorを起動するとワークフローを定義する画面が現れる。
Automater_001

Automater_002

あとはファイル名一括変換に必要なアクションをドラッグ&ドロップして少々パラメータをカスタマイズするだけ。
Automater_003

Automater_004

Automater_005

Automater_006

Automater_007

Automater_008

Automater_009

Automater_010

ファイル名一括変更に必要なアクションを以下の順でワークフローとする。
1. Finder項目の選択を求める。
2. フォルダの内容を取得
3. Finder項目を並べ替える。
4. Finder項目の名前を変更

Automater_011

各アクションのデフォルトの振る舞いでは少々都合が悪いので振る舞いのカスタマイズをお忘れなく。詳細は以下スクリーンショットを参照のこと。
Automater_012

Automater_013

完成したワークフローを、今回はAutomatorアプリケーションとして保存しておきます。
Automater_014


試しに、以下のフォルダ内のファイル名を一括変更してみます。
Automater_015

完成したファイル一括変換用Automatorアプリケーションをダブルクリックして起動
Automater_016

名称変更したいファイルが保存されているフォルダを選択
Automater_017

ファイルのソート順はファイル名で(デフォルト)
Automater_018

ファイル名のプリフィックスを入力。この例では”DBCA”と入力。(「10万円未満 de RAC (11g編)のムービーの元ネタ画像を整理しているところ。)
Automater_019

一括変更終了!。 DBCA_nnnというファイル名に変更された。(^^) 便利です。MacOS9のころはApple Scriptで書いていたことをノンプログラミングでできるのですから便利便利。
Automater_020


Enjoy Automator!

| | コメント (6) | トラックバック (0)