« Oracle Database 21c EE for Linux on VirtualBox 6.1 | トップページ | Difference of Initialization Parameters between 19c (19.3.0.0.0) and 21c (21.3.0.0.0) - including hidden params »

2022年3月31日 (木)

21cの初期化パラメータ数や隠しパラメータ数変化

もうお約束になった感じですが、
21c環境を作ったので、お約束のパラメータ数差分確認を。増えることはあっても減ることは無いですよね。

09:31:44 SYS@ORCLCDB> select banner_full from v$version;

BANNER_FULL
------------------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 21c Enterprise Edition Release 21.0.0.0.0 - Production Version 21.3.0.0.0


いい感じで、隠しパラメータが増加してますよね。もう手に負えない数ですけども。 それ以外は、びっくりするほどの増加ではないですね。増えてはいますが。

CATEGORY                                 Num Of Parameters
---------------------------------------- -----------------
1. Single underscore parameters 5486
2. Double underscore parameters 32
3. Non hidden parameters 479
-----------------
Total 5997

リリース毎の各パラメータ数の変化をまとめたグラフ
20220330-225912


さて、次回は、19cと21cのパラメータ差分。(新バージョンリリースされたあとのルーティーンになってきたw



関連エントリー
Difference of Initialization Parameters between 11gR2 (11.2.0.4.0) and 19c (19.3.0.0.0) - including hidden params
19cの初期化パラメータ数や隠しパラメータ数などどう変化したのか、久々に確認してみた
Difference of Initialization Parameters between 11g r1 (11.1.0.6.0) and 12c r1 (12.1.0.1.0) - including hidden params
Difference of Initialization Parameters between 11g and 12c #2

|

コメント

コメントを書く