« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月20日 (月)

W3C Translations of Current W3C Technical Reports

ブックマーク代わりのメモ

Translations of Current W3C Technical Reports


not already a completed or ongoing translation for the technical report in the language.

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

How to fix when can't boot VM - VirtualBox error : Trying to open a VM config ".... .vbox" which has the same UUID as an existing virtual machine / FAQ

なにがどうしてなのか、まったくわかりませんが、VirtualBoXのVMが突然アクセスできなくなり以下のような状況になった。
理由は不明ですが、似たような症状の方は意外に多いようですが、解決方法がわかりやすくまとまってるエントリーもなさそうだったので、対処した手順を備忘録として書いておきます。

先日まで問題なく使えてなのですが、なにかのはずみでこうなっちゃうこともあるらしい。まさにその状態だったのがこれ。
Vbox000

どのようなエラーなのかも不明だったのですが、.vboxファイルと.vmdkそして、Snapshotsの場所を確認...

$ cd /Volumes/Macintosh\ HD/VirtualBoxDisks/test 
$ ll
-rw------- 1 hoge foobar 21147287552 1 4 18:26 test-disk1.vmdk
-rw-------@ 1 hoge foobar 16163 11 14 2017 test.vbox
-rw------- 1 hoge foobar 16163 11 14 2017 test.vbox-prev
drwx------ 6 hoge foobar 192 11 14 2017 Logs
drwx------ 4 hoge foobar 128 11 11 2017 Snapshots

.vboxを特定、直接起動してやっとエラーの詳細までたどり着いた:)
上記の例では、test.vboxをダブルクリックして起動します。(Oracle VM VirtualBoxマネージャだと冒頭の画面のままうんともすんとも言わないので、直接起動してエラー詳細ダイアログまでたどり着けました。logからはそれっぽいのは見つからず。)

以下エラーダイアログの".vbox' which has the same UUID as an existing virtual machine."から判断すると、test.vbox で起動するVMに割り当てられているUUIDが重複してるということらしい。ん〜、たしかに、VMイメージインポートはしたがそれぐらいなんだよなー以前と違うのは。
ではあるのだが、それ以上深追いするより、起動できなくなったVMを起動できるように回復させる方が重要なので、解決策を探ると。。。。
Vbox001

VBoxManage internalcommands sethduuidで、重複しているとされるVMのUUIDを新たに取得。
ただ、前述のコマンドは vdi やvmdkなどの仮想ディスクイメージファイルのUUIDを設定するもの。
VMのUUIDを再設定するためのコマンドは現時点では提供されていない(参考 VBoxManage internalcommands uage参照のこと)
では、どうやって、VMのUUIDを取得するかというと、実は苦肉の策っぽいのですが、

VBoxManage internalcommands sethduuidで仮想ディスクイメージファイルのUUIDを2度設定する VBoxManage internalcommands sethduuidで仮想ディスクイメージファイルのUUIDを2度設定する

大切なので二度書きました。

一度目の実行で得たUUIDをVM向けに利用し、二度目の実行で、仮想ディスクイメージファイルのHD向けUUIDを設定するのがコツとのこと。

問題のVMは仮想ディスクが1つ、スナップショットが2つあります。VBoxManage internalcommands sethduuid でUUIDを二回変更する対象は、 test-disk1.vmdkです。

test-disk1.vmdkのUUIDをVBoxManage internalcommands sethduuidでセットします。ただ、ここで設定したUUIDはVMのUUID重複の解消に利用します。

$ VBoxManage internalcommands sethduuid test-disk1.vmdk
UUID changed to: 5c46b404-42e2-4389-a0cc-a451d614b039

再度、test-disk1.vmdkのUUIDをVBoxManage internalcommands sethduuidでセットします。ここで設定したUUIDはtest-disk1.vmdkのUUIDを変更するために行います。
(なお、複数の仮想ディスクイメージがあってもどれか一つを利用して行えばOKです。VMのUUIDを変更したいだけの操作なので)

$ VBoxManage internalcommands sethduuid test-disk1.vmdk
UUID changed to: 3f99c052-ab4f-4c59-ada7-50553b46a35e

2度の操作で得られた2つのUUID
以下は、VM用
5c46b404-42e2-4389-a0cc-a451d614b039

以下は、仮想ディスク test-disk1.vmdk のUUIDです。
3f99c052-ab4f-4c59-ada7-50553b46a35e

これらを元に、test.vboxをテキストエディタで編集して以下の部分を変更します。
Vbox002
Vbox003

さて、次がポイントです。このVMには既存のスナップショットが2世代存在します。(test.vboxをテキストエディタで開いた状態)
2世代のスナップショットは以下のように階層化されて管理されており、ぞれぞれのスナップショット(仮想ディスクイメージ)がその親のUUIDを Parent UUIDとして保持しています。保持しているParent UUIDを確認する方法は、参考 VBoxManage internalcommands dumphdinfo を参照のこと。
Vbox004

今回ルートとなるtest-disk1.vmdのUUIDを3f99c052-ab4f-4c59-ada7-50553b46a35eへ変更したため、直下のスナップショットのParent UUIDを3f99c052-ab4f-4c59-ada7-50553b46a35eに設定する必要があります。

$ VBoxManage internalcommands sethdparentuuid Snapshots/{d7c94038-b98d-46d2-9241-4bac71bf14b7}.vmdk 3f99c052-ab4f-4c59-ada7-50553b46a35e
UUID changed to: 3f99c052-ab4f-4c59-ada7-50553b46a35e

UUID=d7c94038-b98d-46d2-9241-4bac71bf14b7をParent UUIDとして持つのはUUID=02415676-9386-4bf2-931d-df2891ecfdffのスナップショットです。今回影響ありませんでしたが、念のためd7c94038-b98d-46d2-9241-4bac71bf14b7で設定し直しています。

$ VBoxManage internalcommands sethdparentuuid Snapshots/{02415676-9386-4bf2-931d-df2891ecfdff}.vmdk d7c94038-b98d-46d2-9241-4bac71bf14b7
UUID changed to: d7c94038-b98d-46d2-9241-4bac71bf14b7

仮想ディスクイメージ上のUUIDを設定し直した後で、text.vboxの該当箇所も合わせて変更します。それぞれのUUIDは複数の箇所で参照されているので一括して変更すると変更もれなく変更することができます。
Vbox005
Vbox006

変更した test.vboxを保存後して、test.vboxをダブルクリックするとVMが起動できるようになります。

ただし、以下のようにアクセスできない状態となった Oracle VM VirtualBoxマネージャの状態は前述の手順では改善できませんでした。
Vbox000

少々面倒なのですが、該当VMを一旦除去(物理削除はしない)Oracle VM VirtualBoxマネージャから除去して、追加し直すだけで復活させることができました。ʅ(◞‿◟)ʃ
20200104-230253
20200104-223203
20200104-223539
20200104-230054



参考 VBoxManage internalcommands dumphdinfo
$ VBoxManage internalcommands dumphdinfo test-disk1.vmdk
--- Dumping VD Disk, Images=1
Dumping VD image "test-disk1.vmdk" (Backend=VMDK)
Header: Geometry PCHS=16383/16/63 LCHS=1024/255/63 cbSector=209715200
Header: uuidCreation={3f99c052-ab4f-4c59-ada7-50553b46a35e}
Header: uuidModification={bb2f68b6-c9b0-480d-9eab-3b2eb81b9b3f}
Header: uuidParent={00000000-0000-0000-0000-000000000000}
Header: uuidParentModification={00000000-0000-0000-0000-000000000000}

参考 VBoxManage internalcommands usage

$ VBoxManage internalcommands
Oracle VM VirtualBox Command Line Management Interface Version 6.0.14
(C) 2005-2019 Oracle Corporation
All rights reserved.

Usage: VBoxManage internalcommands [command arguments]

Commands:

loadmap <vmname|uuid> <symfile> <address> [module] [subtrahend] [segment]
This will instruct DBGF to load the given map file
during initialization. (See also loadmap in the debugger.)

loadsyms <vmname|uuid> <symfile> [delta] [module] [module address]
This will instruct DBGF to load the given symbol file
during initialization.

sethduuid <filepath> [<uuid>]
Assigns a new UUID to the given image file. This way, multiple copies
of a container can be registered.

sethdparentuuid <filepath> <uuid>
Assigns a new parent UUID to the given image file.

dumphdinfo <filepath>
Prints information about the image at the given location.

listpartitions -rawdisk <diskname>
Lists all partitions on <diskname>.

createrawvmdk -filename <filename> -rawdisk <diskname>
[-partitions <list of partition numbers> [-mbr <filename>] ]
[-relative]
Creates a new VMDK image which gives access to an entire host disk (if
the parameter -partitions is not specified) or some partitions of a
host disk. If access to individual partitions is granted, then the
parameter -mbr can be used to specify an alternative MBR to be used
(the partitioning information in the MBR file is ignored).
The diskname is on Linux e.g. /dev/sda, and on Windows e.g.
\\.\PhysicalDrive0).
On Linux or FreeBSD host the parameter -relative causes a VMDK file to
be created which refers to individual partitions instead to the entire
disk.
The necessary partition numbers can be queried with
VBoxManage internalcommands listpartitions

renamevmdk -from <filename> -to <filename>
Renames an existing VMDK image, including the base file and all its extents.

converttoraw [-format <fileformat>] <filename> <outputfile>
Convert image to raw, writing to file.

converthd [-srcformat VDI|VMDK|VHD|RAW]
[-dstformat VDI|VMDK|VHD|RAW]
<inputfile> <outputfile>
converts hard disk images between formats

repairhd [-dry-run]
[-format VDI|VMDK|VHD|...]
<filename>
Tries to repair corrupted disk images

debuglog <vmname|uuid> [--enable|--disable] [--flags todo]
[--groups todo] [--destinations todo]
Controls debug logging.

passwordhash <passsword>
Generates a password hash.

gueststats <vmname|uuid> [--interval <seconds>]
Obtains and prints internal guest statistics.
Sets the update interval if specified.

WARNING: This is a development tool and shall only be used to analyse
problems. It is completely unsupported and will change in
incompatible ways without warning.

Syntax error: Command missing

| | コメント (0)