« 実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 12 | トップページ | 実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 14 »

2019年12月13日 (金)

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 13

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 13のエントリーです.

Day 12 のつづきから.



さてさて、Advent Calendarも半分ぐらい. あともうひと頑張りw

HASH JOINとは出ていても、TABLE ACCESS FULL SCANとはかぎらず、INDEX RANGE SCANとTABLE ACCESS BY INDEX ROWID BATCHEDとの組み合わせも意外に見かけます. このようなケースでは, 全表走査や高速索引走査(INDEX FAST FULL SCAN)でIndex Only Scan狙いの治療も考えられますが, それはおいといて.

ハッシュ結合で最初に見るべきポイントは、結合順. NESTED LOOPSも同じですが、結果セットの小さい方がビルド表(外部表, NESTED LOOPSの駆動表)になっているかを確認しておきましょう. もし違うのであれば、統計情報を最新化(実態との乖離が大きければ)、そうでなければヒント等で実行計画を管理する方向にするか. オプティマイザがなんとなく理解してくれるまでまつ.
ということになります.

また, Note部分に - this is an adaptive plan が現れています. これは HASH JOIN かもしれないし、 NESTED LOOPSかもしれない 実行計画であることをしめしています. 実際にヒットする行数によってどちらになるかがきまります. この例ではSQL*Plusのautotraceを利用しているため, 静的な統計情報を基にした, 見積もりなので実際にはどちらのプランで動作したのかはわかりません.
動作時の実行計画を確認するには, Actural Planを確認する必要があります.

Enterprise Editionでオプションが利用できる状況であれば、SQLモニター, そうでなければ、DBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSOR()を利用してActual Planを確認できます.

dbms_sqltune.report_sql_monitorを利用する. (typeパラメタータを 'text' にすることでhtmlではなく、textでレポートを出力することもできます)
「高度なSQL実行計画の取得」を実践する (2/3)

/*+ gather_plan_statistics */ やalter session set statistics_level=all;とDBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSOR()を利用したActual Planの確認
DBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSORの使い方とちょっとした落とし穴


余談がおおくなってしまいましたが, Predicate Informationも含めてイメージすれば, 以下のようなSQL文をイメージできたら正解だとおもいます.

select 
*
from
tab3
inner join tab311
on
tab3.unique_id = tab311.unique_id
where
tab3.unique_id between 1 and 100;


Hj





では、本題.


この実行計画という名のレントゲン写真から, どのようなSQL文をイメージしますか? また, どのような特徴をもっていると思いますか?

Hjouter


HASH JOIN だけどちょいとちがう.
--------
二日連続で寝落ちしてたw


Day 14 へつづく



previously on Mac De Oracle
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 1 / TABLE FULL SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 2 / INDEX UNIQUE SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 3 / INDEX RANGE SCAN, Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 4 / INDEX RANGE SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 5 / INDEX RANGE SCAN, INLIST ITERATOR
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 6 / INDEX FAST SCAN, Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 7 / INDEX FULL SCAN、Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 8 / INDEX SKIP SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 9 / TABLE ACCESS INMEMORY FULL
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 10 / NESTED LOOP JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 11 / MERGE JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 12 / HASH JOIN

|

コメント

コメントを書く