« 実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 17 | トップページ | 実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 19 »

2019年12月18日 (水)

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 18

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 18のエントリーです.

Day 17 のつづきから.



Day 17のレントゲン写真を読み解いてみましょう.

Id = 2 の UNION-ALLというOperationから, UNION ALL という構文であることが読み取れます.

Id = 1 から UNION ALL であるが, SORT UNIQUE されている. つまり, UNION ALL した後に、各SELECT文から返された行から重複行を排除していることが読み取, 実際には, UNION ALL ではなく UNION であること希読み取れればあとは簡単.

Id = 4,3 そして,  Predicate Informationの ”4 - access("UNIQUE_ID">=1 AND "UNIQUE_ID"<=100)” から 一つ目のSELECT文は, 索引範囲検索で表をアクセス.

Id = 7, 6, 5 そして,  Predicate Informationの "7 - access("SUB_ITEM_CODE"='0000000100' OR "SUB_ITEM_CODE"='0100000000')" から 二つ目のSELECT文は, INLIST ITERATORで索引範囲検索で表を繰り返しアクセス.

以下のようなSQL文をイメージできたら正解だと思います.

select 
*
from
tab311
where
unique_id between 1 and 100
union
select
*
from
tab311
where
sub_item_code in ('0000000100','0100000000');

INDEX RANGE SCANで表をアクセスしているので、この例では無理ですが、可能ならCovering IndexでIndex Only Scanの持ち込む治療も行える可能性はあります. それはあくまで治療の必要のある大人の事情がある場合ですがw

なお、Day 16 の CONCATENATION という, 最適化と同じ意味ではあるのですが、UNION のOperationと区別されている点に注目してください.

重要. 治療が必要な場合, NO_EXPANDヒントという注射で治療するか, SQL書き換えという手術が必要なのか判断できるポイントになるからです!!!

重要. 治療が必要な場合, NO_EXPANDヒントという注射で治療するか, SQL書き換えという手術が必要なのか判断できるポイントになるからです!!!

たいせつなので二度書きましたw (ひさびさw


UNION の場合, オプティマイザは, Day 16のようなSQL文へ内部的に書き換える最適化は行いません. (将来はどうなるかしりませんが) なので, UNION で索引使ってくれるかと思ってたが、使ってくれない. 無理に使わせても全表走査のほうが効率がよいのなら, Day 16のような構文に書き換える手術をおこない, 2回の全表走査から1回の全表走査で済むようにしちゃいましょ.

そして, 「私, 失敗しないので!」 的なw 言葉を残しつつサクッと帰宅しちゃいましょ!

Sort-unique_union_all




では、本題.


この実行計画という名のレントゲン写真から, どのようなSQL文をイメージしますか? また, どのような特徴をもっていると思いますか?

UNON系構文ぽい...簡単です. ちがいに気づけば.
Union-all


--------
やらないことを決めないと時間がないw

そういえば, Doctor X で, やらないことを事前に伝えてるのに気づく.


Day 18 へつづく
そして、JPOUG Advent Calendar 2019も Day 18 へつづく



previously on Mac De Oracle
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 1 / TABLE FULL SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 2 / INDEX UNIQUE SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 3 / INDEX RANGE SCAN, Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 4 / INDEX RANGE SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 5 / INDEX RANGE SCAN, INLIST ITERATOR
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 6 / INDEX FAST SCAN, Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 7 / INDEX FULL SCAN、Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 8 / INDEX SKIP SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 9 / TABLE ACCESS INMEMORY FULL
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 10 / NESTED LOOP JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 11 / MERGE JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 12 / HASH JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 13 / HASH JOIN OUTER
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 14 / HASH JOIN FULL OUTER
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 15 / PX, TABLE ACCESS FULL
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 16 / CONCATENATION
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 17 / UNION

|

コメント

コメントを書く