« 実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 18 | トップページ | 実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 20 »

2019年12月19日 (木)

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 19

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 19のエントリーです.

Day 18 のつづきから.



Day 17のレントゲン写真とDay 18のレントゲン写真を比較するとすぐに気づけるとおもいます.
Day 17 - UNION
Sort-unique_union_all

Day 18 - ? Similar to UNION
Union-all


SORT UNIQUEというOperationがないだけです. :) となると答えは簡単.

Id = 1 がUNION-ALLというOperationから, UNION ALL という構文なのは明らかです.

Id = 3,2 そして,  Predicate Informationの ”3 - access("UNIQUE_ID">=1 AND "UNIQUE_ID"<=100)” から 一つ目のSELECT文は, 索引範囲検索で表をアクセス.

Id = 6.5.4 そして,  Predicate Informationの "6 - access("SUB_ITEM_CODE"='0000000100' OR "SUB_ITEM_CODE"='0100000000')" から 二つ目のSELECT文は, INLIST ITERATORで索引範囲検索で表を繰り返しアクセス.

以下のようなSQL文をイメージできたら正解だと思います.

select 
*
from
tab311
where
unique_id between 1 and 100
union all
select
*
from
tab311
where
sub_item_code in ('0000000100','0100000000');

UNION ALLも複数のSELECT文を実行するより1つのSQL文にしたほうが効率が良いのであれば、手術という名の書き換えしかないのは, UINONの場合と同じです. Index Only Scanが使える場合はUNION ALLのままにしておくなんてケースはあると思いますが, そもそも索引の追加はしてほしくないという, 大人の事情があるったり, なかったり.

大人って大変なんです. むーりーなものはむーりーと言われることはあって, それでも, こちらは, Index Only Scan or Die? って突きつけないといけないこともあるのでw Vector Transformな案件はそんなアトモスフィアだった, 遠ーい目w

そして, 「私, 失敗しないので!」 的なw 言葉を残しつつサクッと帰宅しちゃいましょ! (またかよw
フリーランスにはメロンおじさんが必要だなw





では、本題.


この実行計画という名のレントゲン写真から, どのようなSQL文をイメージしますか? また, どのような特徴をもっていると思いますか?

INTERSECTION...そこに気づけば簡単ですよね.
Intersection


--------


Day 20 へつづく



previously on Mac De Oracle
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 1 / TABLE FULL SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 2 / INDEX UNIQUE SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 3 / INDEX RANGE SCAN, Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 4 / INDEX RANGE SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 5 / INDEX RANGE SCAN, INLIST ITERATOR
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 6 / INDEX FAST SCAN, Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 7 / INDEX FULL SCAN、Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 8 / INDEX SKIP SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 9 / TABLE ACCESS INMEMORY FULL
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 10 / NESTED LOOP JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 11 / MERGE JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 12 / HASH JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 13 / HASH JOIN OUTER
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 14 / HASH JOIN FULL OUTER
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 15 / PX, TABLE ACCESS FULL
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 16 / CONCATENATION
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 17 / SORT UNIQUE, UNION-ALL = UNION
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 18 / UNION-ALL

|

コメント

コメントを書く