« 実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 16 | トップページ | 実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 18 »

2019年12月17日 (火)

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 17

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day 17のエントリーです.
また、
JPOUG Advent Calendar 2019 Day 17のエントリーとのクロスポストとなっています.


Day 16 のつづきから.
そして、JPOUG Advent Calendar 2019 Day 16のエントリーは, 「 Oracle Advanced Queuing(AQ)使ってみませんか? / kjmtgm さん」でした



昨日の実行計画の特徴は, CONCATENATIONこのオペレーションを見たら, あれだ! と気が付けるように日々精進しておくと, 一目置かれるような存在に, なれるとか, なれないとかw (保証はしませんw

このオペレーションは、SQLトランスフォームの一つです. 表を検索する際に、同一表の異なる列が OR 条件で利用されており、単一索引利用するより、OR条件のそれぞれの列で個別の索引を利用させることで複数の索引を同時に利用させるようにUNIONを利用し個別のSELECT文に分割統合します. (内部でどう書き換えているかは後半でお見せします)


実際のSQL文は、以下のようなSQL文をイメージできたら正解だと思います. USE_CONCATヒントで強制することもありますが, もちろんオプティマイザの判断で行うこともあります. オプティマイザの判断が誤っている場合には, NO_EXPANDヒントというヒントで抑止することも可能です.

select 
*
from
tab311
where
unique_id= 1
or sub_item_code = '0001000000';

select 
/*+
use_concat
*/
*
from
tab311
where
unique_id= 1
or sub_item_code = '0001000000';


SQLヒントや, オプティマイザに任せず, 書き換えるという昔のスタイルだと, 上記SQL文を以下のように書き換えると同じ意味になります ;) オプティマイザは偉い. まちがいもするけど. それは人も同じw 失敗を肥やしにして訂正するのも, 最近のオプティマイザの賢いところ. ですが, それでもだめなら, 人の手でw

このような書き換えが行われる, もしくは有利な場面は、ORで利用されている列がそれぞれ個別の索引を持ちそれぞれの条件で索引アクセスのコストが低くなる一意検索だったり, 比較的狭い範囲の索引範囲検索が有効な場合です. 統計情報と実態の乖離が大きい場合にはオプティマイザが誤って選択してしまうケースもあります. このままで行くか, 治療するかの見極めが必要になることも意外に多いタイプですね.
以下のような書き換えをした場合, 最悪のケースは, どちらのSELECT文でも全表走査してしまうケースで, どちらも索引を利用しないのが正しいのであれば, 2つのSELECT文で全表走査を2回行わせるより, 書き換える前のSQL文で1度だけ全表走査させたほうがはるかに効率できてきすw (セグメントサイズにもよりますが)

ポイントは, 2つのSQL文にしてUNIONしたほうが無駄ないのかどうかを考える! ということです.

select 
*
from
tab311
where
unique_id = 1
union
select
*
from
tab311
where
sub_item_code = '0001000000';

あ、しまった....あ...いいや、構文おなじだけだしw


Concatenation





では、本題.


この実行計画という名のレントゲン写真から, どのようなSQL文をイメージしますか? また, どのような特徴をもっていると思いますか?

少しだけネタバレしましたが今回も特徴のあるわかりやすいOperationがでてますよね. 見た目は違いますが同じですが, ヒントw
Sort-unique_union_all


--------
外資系って, 31まで仕事なのな, というのに気づいて 2 年目ですw 私個人の営業は 30までですがw


Day 18 へつづく
そして、JPOUG Advent Calendar 2019も Day 18 へつづく



previously on Mac De Oracle
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 1 / TABLE FULL SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 2 / INDEX UNIQUE SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 3 / INDEX RANGE SCAN, Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 4 / INDEX RANGE SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 5 / INDEX RANGE SCAN, INLIST ITERATOR
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 6 / INDEX FAST SCAN, Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 7 / INDEX FULL SCAN、Index Only Scan
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 8 / INDEX SKIP SCAN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 9 / TABLE ACCESS INMEMORY FULL
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 10 / NESTED LOOP JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 11 / MERGE JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 12 / HASH JOIN
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 13 / HASH JOIN OUTER
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 14 / HASH JOIN FULL OUTER
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 15 / PX, TABLE ACCESS FULL
・実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 16 / CONCATENATION

|

コメント

コメントを書く