« 実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺) Advent Calendar 2019 | トップページ | 実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 2 »

2019年12月 1日 (日)

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 - Day 1

実行計画は、SQL文のレントゲン写真だ! Oracle Database編 (全部俺)Advent Calendar 2019 Day1のエントリーです.

Day 1のSQL文のレントゲンはこれ.

TABLE ACCESS FULL

この実行計画にSQL文をイメージしてみましょう. 目を閉じて〜
どのようなSQL文が浮かびましたか?

20191130-192926

1) select * from tab3;

where句がない、とか

2) select * from tab3 where id + 1 = 10;

id列にユニーク索引または主キー作成があったとしても、索引を利用できないような構文だったり、とか

3) select * from tab3 where id between 1 and 400000;

id列にユニーク索引または主キー索引があったとしても、索引スキャンより全表走査が効率良いのでオプティマイザが選択した場合(一般的に30%程度未満が目安ですが)とか

4) select /*+ FULL(tab3) */ * from tab3 where id between 1 and 10;

id列にユニーク索引または主キー索引ががあり、オプティマイザに任せておけば、間違いなく、索引アクセスされるはずなのに、なぜか、FULLヒントが付いている場合とか

といくつかの状況になっている可能性があります。

TABLE ACCESS FULLが妥当な状況であれば、治療不要なわけですが、それ以外の場合、患者さんのリクエストや大人の事情を考慮かつ、治療誓約書にサインいただいたうえでw、治療する必要がありますよね。

今回の実行計画をみて上記のどの状態である可能性が高いでしょうか?

答えは、明日の窓にて。



ついに今年も残すところ今日を含め31日。 今年もいろいろ激動日々だったw
そう言えば、ことしは、飲み会でしか、湘南方面に行ってなかった。

|

コメント

コメントを書く