« RDS Oracle 雑多なメモ#5 / FAQ | トップページ | RDS Oracle 雑多なメモ#7 / FAQ »

2018年9月22日 (土)

RDS Oracle 雑多なメモ#6 / FAQ

メモの続きです。
前回は、utl_fileパッケージでmvっぽいことを行うスクリプトを作成しました。
今回は、ディレクトリオブジェクト以下のファイルにcpっぽい操作が行えるようなスクリプトを作ります :)



ただ、 utl_file.fcopyってテキストファイルしかコピーできないんだよね。という制限付きです。いまのところ。
(バイナリ版は手作りで作ればできたような、。。。昔のネタ引っ張り出すかw)

ということで、utl_file.fcopyもdbms_transfer_fileパッケージも使わずにLOB系操作でバイナリファイルとテキストファイルをコピーするよう、cp_file.sqlスクリプトを作り変えました。

RDS Oracle 雑多なメモ#11 / FAQも合わせて参照ください。m(_ _)m




作成済みのtest_dirとhoge_dirディレクトリとファイルを再利用しています。
ざっくりめで書いたので複数ファイルの一括コピーや引数の指定方法などなど、改善したいところはあるわけですがw 適宜対応ということで。

同一ディレクトリでファイルコピー

00:44:59 SQL> @ls_dir test_dir

FILENAME TYPE FILESIZE MTIME
---------------------------------------------------------------------- ---------- ---------- --------
top100_tables_v1.txt file 2277 18-09-19
01/ directory 4096 18-09-21

経過: 00:00:02.35
00:55:33 SQL> @cp_file test_dir top100_tables_v1.txt test_dir top100_tables_v2.txt

source file : test_dir/top100_tables_v1.txt
dest file : test_dir/top100_tables_v2.txt copied.

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

経過: 00:00:00.04
00:57:42 SQL> @ls_dir test_dir

FILENAME TYPE FILESIZE MTIME
---------------------------------------------------------------------- ---------- ---------- --------
top100_tables_v1.txt file 2277 18-09-19
top100_tables_v2.txt file 2277 18-09-21
01/ directory 4096 18-09-21

異なるディレクトリへ同一名でファイルコピー

01:01:55 SQL> @cp_file test_dir top100_tables_v2.txt hoge_dir top100_tables_v2.txt

source file : test_dir/top100_tables_v2.txt
dest file : hoge_dir/top100_tables_v2.txt copied.

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

経過: 00:00:00.05
01:05:13 SQL> @ls_dir hoge_dir

FILENAME TYPE FILESIZE MTIME
---------------------------------------------------------------------- ---------- ---------- --------
top100_tables_v2.txt file 2277 18-09-21
02/ directory 4096 18-09-21

異なるディレクトリへ異なるファイル名でコピー

01:06:30 SQL> @cp_file test_dir top100_tables_v2.txt hoge_dir top100_tables_v3.txt

source file : test_dir/top100_tables_v2.txt
dest file : hoge_dir/top100_tables_v3.txt copied.

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

経過: 00:00:00.04
01:06:47 SQL> @ls_dir hoge_dir

FILENAME TYPE FILESIZE MTIME
---------------------------------------------------------------------- ---------- ---------- --------
top100_tables_v2.txt file 2277 18-09-21
02/ directory 4096 18-09-21
top100_tables_v3.txt file 2277 18-09-21

スクリプトは以下の通り。


01:09:56 SQL> !cat cp_file.sql
set verify off
set serveroutput on format wrapped
BEGIN
UTL_FILE.FCOPY(
src_location => UPPER('&1')
,src_filename => '&2'
,dest_location => UPPER('&3')
,dest_filename => '&4'
);
DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(' ');
DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('source file : &1/&2');
DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('dest file : &3/&4 copied.');
EXCEPTION
WHEN OTHERS THEN
DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(SQLCODE()||':'||SQLERRM());
END;
/

undefine 1
undefine 2
undefine 3
undefine 4
set verify on
set serveroutput off


次回へ続く



Previously on Mac De Oracle

RDS Oracle 雑多なメモ#1 / FAQ
RDS Oracle 雑多なメモ#2 / FAQ
RDS Oracle 雑多なメモ#3 / FAQ
RDS Oracle 雑多なメモ#4 / FAQ
RDS Oracle 雑多なメモ#5 / FAQ

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RDS Oracle 雑多なメモ#6 / FAQ:

コメント

コメントを書く