« RDS Oracle 雑多なメモ#1 / FAQ | トップページ | RDS Oracle 雑多なメモ#3 / FAQ »

2018年9月18日 (火)

RDS Oracle 雑多なメモ#2 / FAQ

メモの続き。

前回、ディレクトリリストとディレクトリオブジェクト作成スクリプトを作ったので、作り忘れてたディレクトリオブジェクト削除スクリプトを。

実行例
前回作成しておいたlist_dir.sqlでディレクトリ名を確認しながら "TEST"ディレクトリを削除しています。

13:30:25 rdsora121@BILL> @list_dir

DIRECTORY_NAME DIRECTORY_PATH
---------------------------------------- ----------------------------------------------------------------------
ADUMP /rdsdbdata/log/audit
BDUMP /rdsdbdata/log/trace
DATA_PUMP_DIR /rdsdbdata/datapump
OPATCH_INST_DIR /rdsdbbin/oracle/OPatch
OPATCH_LOG_DIR /rdsdbbin/oracle/QOpatch
OPATCH_SCRIPT_DIR /rdsdbbin/oracle/QOpatch
TEST /rdsdbdata/userdirs/01

7行が選択されました。

経過: 00:00:00.02
13:30:29 rdsora121@BILL> @drop_dir test

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

経過: 00:00:00.02
13:30:34 rdsora121@BILL> @list_dir

DIRECTORY_NAME DIRECTORY_PATH
---------------------------------------- ----------------------------------------------------------------------
ADUMP /rdsdbdata/log/audit
BDUMP /rdsdbdata/log/trace
DATA_PUMP_DIR /rdsdbdata/datapump
OPATCH_INST_DIR /rdsdbbin/oracle/OPatch
OPATCH_LOG_DIR /rdsdbbin/oracle/QOpatch
OPATCH_SCRIPT_DIR /rdsdbbin/oracle/QOpatch

6行が選択されました。

スクリプトは以下の通り、rdsadmin.rdsadmin_util.drop_directoryを実行しているだけです:)

13:29:45 rdsora121@BILL> !cat drop_dir.sql
set verify off
exec rdsadmin.rdsadmin_util.drop_directory(p_directory_name => UPPER('&1'));

undefine 1
set verify on

次回へ続く



Previously on Mac De Oracle


RDS Oracle 雑多なメモ#1 / FAQ

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RDS Oracle 雑多なメモ#2 / FAQ:

コメント

コメントを書く