« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月18日 (水)

Dead Connection Detection (FAQ)

最近あまりお目にかかったことなく忘れかけてたのと、12cでは改善されてたのでメモ

12cだと、11g以前に比べ、Dead Connection Detection (DCD) までの時間が大幅に短縮されているよ。
というホワイトペーパー

Dead Connection Detection
http://www.oracle.com/technetwork/database/enterprise-edition/oraclenetdcd-2179641.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

textフォーマットのAWRレポートの各セクションをcsvファイル化する際のポイント(メモ)

土日は土日で子供とマイクラのマルチプレイ、平日は平日でなんだか余裕ないぞー。(なんだこれw) ということで、
Temp落ちネタはFBのTLコピペすれば終わりそうなんだが。。。w
再び、別のネタ。気分転換にはなってないけどwww


textフォーマットのAWRレポートをcsvファイル化する際、各セクションの最終行判定が面倒だったのでメモ(12.2版)
(どんな言語で作ってもこの部分、レポートの文字コード、それに、日付書式でハマることが多い印象w、それに、12.2では、 Timeはsecのみではなく、us/msなど時間の単位の扱いが追加されたので変換を忘れるとハマる)

例えば、Top 10 Foreground Events by Total Wait Timeの場合、
"Top 10 Foreground Events by Total Wait Time"というセクションヘッダーから、次のセクションヘッダーの"Wait Classes by Total Wait Time"の直前の行までを、Top 10 Wait Eventとしてcsv化する。

この場合、”Wait Classes by Total Wait Time”の直前の行は、2バイトで<FF><LF>なので、<FF><LF>の行が"Top 10 Foreground Events by Total Wait Time"セクションの終わり。

なのだが、"Top 10 Foreground Events by Total Wait Time"セクションの直前の行は、1バイトで<LF>のみとなり、 <FF>を含まないケースもある.....
各セクションの最終行の判定は、2バイトで<FF><LF>または、1バイトで<LF> で判定する必要がある。と。

TextフォーマットのAWRレポートの例
viでTextフォーマットのAWRレポートを開いて、eol部分を!で表示。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
Buffer Nowait %: 99.99 Redo NoWait %: 100.00!
Buffer Hit %: 97.86 In-memory Sort %: 100.00!
Library Hit %: 90.46 Soft Parse %: 93.77!
Execute to Parse %: 62.59 Latch Hit %: 99.82!
Parse CPU to Parse Elapsd %: 75.51 % Non-Parse CPU: 89.49!
Flash Cache Hit %: 0.00!
!
Top 10 Foreground Events by Total Wait Time!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
Total Wait Avg % DB Wait!
Event Waits Time (sec) Wait time Class!
------------------------------ ----------- ---------- --------- ------ --------!
DB CPU 3.5 167.2!
library cache: mutex X 81 .1 1.15ms 4.4 Concurre!
PX Deq: Slave Session Stats 229 .1 231.53us 2.5 Other!
log file sync 10 0 2.11ms 1.0 Commit!
library cache: bucket mutex X 3 0 4.96ms .7 Concurre!
db file sequential read 24 0 583.13us .7 User I/O!
PGA memory operation 600 0 11.39us .3 Other!
enq: BF - allocation contentio 6 0 390.50us .1 Other!
latch: call allocation 3 0 240.67us .0 Other!
latch: shared pool 3 0 226.33us .0 Concurre!
^L!
Wait Classes by Total Wait Time!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
Avg Avg!
Total Wait Wait % DB Active!
Wait Class Waits Time (sec) Time time Sessions!
---------------- ---------------- ---------------- ---------- ------ --------!
DB CPU 4 167.2 0.0!
System I/O 3,469 3 734.15us 120.9 0.0!
Other 3,482 2 689.81us 114.0 0.0!
User I/O 1,261 1 421.44us 25.2 0.0!
Concurrency 95 0 1.20ms 5.4 0.0!
Commit 14 0 2.40ms 1.6 0.0!
Configuration 1 0 108.00us .0 0.0!
!
Host CPU!
~~~~~~~~ Load Average!
CPUs Cores Sockets Begin End %User %System %WIO %Idle!
----- ----- ------- --------- --------- --------- --------- --------- ---------!
12 12 1 0.14 0.12 0.1 0.0 0.0 99.8!
!
Instance CPU!
~~~~~~~~~~~~!
% of total CPU for Instance: 0.1!
% of busy CPU for Instance: 82.3!
%DB time waiting for CPU - Resource Mgr: 0.0!
:set listchars=eol:!

おまけ。上記、テキスト部分のバイナリダンプ
<LF>部分の確認
20180408_215624


<FF><LF>部分の確認
20180408_215736




Textモードで出力したAWRレポートをCSV化しようなんて、めんどくさい事しないほうがいいよね。
悪いことは言わないから、htmlで出力してCSV化した方が楽だからw 絶対!
ちなみに、わたしは、Top 10 wait eventセクションだけしかやりませんでしたw(時間ないし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

Oracle Database Connect 2018

今年もOracle Database Connect の季節がやってきました!

昨年までの大きな会場での開催ではなく、
日本オラクル青山センターでの開催となります。

Oracle Database Connect 2018 / JPOUG告知ページ
http://www.jpoug.org/2018/03/20/odc2018

そして、私も、雛壇DBエンジニアとして参加予定です(ボケ担当?!)


皆さんと、お会いできることを楽しみにしています :)

20160805_134656

| | コメント (0) | トラックバック (0)