« Temp落ち #5 - pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? 12.2.0.1版 (その前に少し脱線) | トップページ | Temp落ち #7 - 自動PGA管理で到達可能な最大サイズ de Temp落ちの確認 12.2.0.1版 »

2018年3月 7日 (水)

Temp落ち #6 - pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? 12.2.0.1版

Previously on Mac De Oracle
pga_aggregate_target scope=memory or bothでそれまでとはことなる動きとエラーは発生するところの話でした。


きょうは、自動PGA管理下ではどうなるか確認しておきます。
以前、簡単に確認した範囲結果から、これまでの仕様と大きな違いはないとみています。(変わっていないと思っていたのでブログでも書いていなかったのですが、"Temp落ち"ネタの準備運動も兼ね現状を確認しながら進めてみたいと思います)


まず環境情報から、
確認に利用するインスタンスのPGA以外のパラメータは以下の通りです。
(隠しパラメータは必要がある場合には適宜変更します。また、いくつかのパラメータは確認の都合上物理メモリーサイズ以上に設定することがあります。それらの変更が必要な場合には事前に解説する予定です。)

OS等の情報は以前のエントリーを参照のこと。

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
sga_max_size big integer 12G
sga_min_size big integer 0
sga_target big integer 12G

今回の主役である自動PGA管理のパラメータの初期設定は以下の通り(隠しパラメータを除く)
pga_aggregate_limit = 0 に設定し、pga_aggregate_targetの上限値制限を仕様上のサイズ4096GB - 1まで利用できるようにしておきます。(以前と同様の手順で確認するために、pga_aggregate_limitによる制限を無効化しています。なお、pga_aggregate_limitを0以外に設定して行う場合には、pga_aggregate_targetを4TB - 1まで設定することを考慮すると、pga_aggregate_limitは、8TB以上に設定する必要があります。)

orcl12c@SYS> show parameter pga_aggregate

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
pga_aggregate_limit big integer 0
pga_aggregate_target big integer 10M

上記設定からスタートして、pga_aggregate_targetを10MB/50MB/100MB/500MB/1GB/5GB/10GB/50GB/100GB/500GB/1T/4TB - 1と増加させながら、pgaサイズおよび、関連する隠しパラメータ(_pga_max_sizeや_smm_*など)がどのように変化するか、pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #8の手順で確認します。

昔のように実行ログをペタペタ貼っていると長くなるので、確認結果を表とグラフにしました。
想定通り以前と変わっていませんでした:)

デフォルト設定のままであれば、pga_aggregate_targetを限界値まで大きく増やしたとしても、10GB以降、個々のソート操作やハッシュ結合操作で利用できるPGAのSQL work areaサイズはv$pgastatのglobal memory boundの示す通り、1GB(シリアル実行時)が最大であることが確認できます。 えーーー。手動PGA管理より最大サイズ小さいじゃんと、今更驚かないようにしましょうねw (以前からそうなのですからw)
つまり、自動PGA管理の場合、特定の隠しパラメータを変更しない限り、1GBを超えるソート処理やハッシュ結合操作は全て、"Temp落ち" する宿命にあるわけです。12cR2であっても。
え"〜〜〜〜〜っ! と一応、驚いておきましょうw。 メモリーを沢山積んでるマシンは最近多いわけですが、このあたりはなぜか変わってません。
20180307_143101

ちなみに、v$pgastatの示すglobal memory boundは、どこから? という確認がしたくて、 _smm_max_sizeの変化と比較しているグラグも作成しておきました。
_smm_max_sizeパラメータはpga_aggregate_targetのサイズ変化に伴い変化する隠しパラメータですが、このパラメータがglobal memory boundの元になっているのは確からしいですね。
20180307_143308

最後のグラフは、pga_aggregate_targetの値とv$pgastatのglobal memory boundの変化をまとめたグラフです。
global memory boundで示されるPGAのSQL Work Areaサイズの最大サイズには上限があることがわかります:)
20180307_143330

次回は、自動PGA管理では、1GBを超えるソートやハッシュ結合はもれなく"Temp落ち"するのか確認してみることにします。


参考:このエントリーで利用したスクリプト
(今後の確認も兼ねてw このエントリーでネタにしている以外で関連しそうなパラメータも取得して変化を確認できるようにしてあります。)

orcl12c@SYS> !cat show_param.sql
set linesize 200
col ksppinm for a46
col ksppstvl for a30
col ksppstdf for a30
select
a.ksppinm
,b.ksppstvl
,b.ksppstdf
from
x$ksppi a join x$ksppcv b
on a.indx = b.indx
where
a.ksppinm in (
'pga_aggregate_target'
,'pga_aggregate_limit'
,'_use_realfree_heap'
,'_realfree_heap_pagesize'
)
or a.ksppinm like '%\_smm%' escape '\'
or a.ksppinm like '%\_pga%' escape '\'
order by
a.ksppinm
/

!echo /proc/sys/vm/max_map_count
!more /proc/sys/vm/max_map_count

orcl12c@SYS> !cat show_pgstat.sql
select
name
,case
when unit='bytes' then
value/1024/1024
else value
end "VALUE"
,case
when unit='bytes' then
'MB'
else unit
end "UNIT"
,con_id
from
v$pgastat
where
name in (
'aggregate PGA target parameter'
,'aggregate PGA auto target'
,'global memory bound'
,'total PGA used for auto workareas'
,'maximum PGA used for auto workareas'
,'total PGA used for manual workareas'
,'maximum PGA used for manual workareas'
)
;
orcl12c@SYS> !cat auto_workarea.sql
conn sys/oracle@orcl12c as sysdba
alter system set pga_aggregate_target=&1 scope=spfile
.
r
shutdown immediate
startup

prompt +++ initial parameters +++
@show_param

prompt +++ v$pgastat +++
@show_pgstatå
orcl12c@SYS> !cat doTest_auto_workarea.sql
prompt << 10m >>
@auto_workarea 10m

prompt << 50m >>
@auto_workarea 50m

prompt << 100m >>
@auto_workarea 100m

prompt << 500m >>
@auto_workarea 500m

prompt << 1g >>
@auto_workarea 1g

prompt << 5g >>
@auto_workarea 5g

prompt << 10g >>
@auto_workarea 10g

prompt << 50g >>
@auto_workarea 50g

prompt << 100g >>
@auto_workarea 100g

prompt << 500g >>
@auto_workarea 500g

prompt << 1t >>
@auto_workarea 1t

prompt << 4t - 1 >>
@auto_workarea 4398046511103


実行例

orcl12c@SYS> @doTest_auto_workarea.sql
<< 10m >>
Connected.
1* alter system set pga_aggregate_target=&1 scope=spfile
old 1: alter system set pga_aggregate_target=&1 scope=spfile
new 1: alter system set pga_aggregate_target=10m scope=spfile

System altered.

Database closed.
Database dismounted.
ORACLE instance shut down.
ORACLE instance started.

Total System Global Area 1.2885E+10 bytes
Fixed Size 8807168 bytes
Variable Size 1375735040 bytes
Database Buffers 5033164800 bytes
Redo Buffers 24743936 bytes
In-Memory Area 6442450944 bytes
Database mounted.
Database opened.
+++ initial parameters +++

KSPPINM KSPPSTVL KSPPSTDF
---------------------------------------------- ------------------------------ ------------------------------
__pga_aggregate_target 33554432 FALSE

・・・略・・・

pga_aggregate_limit 0 FALSE
pga_aggregate_target 10485760 FALSE

50 rows selected.

/proc/sys/vm/max_map_count

65530

+++ v$pgastat +++

NAME VALUE UNIT CON_ID
---------------------------------------------------------------- ---------- ------------ ----------
aggregate PGA target parameter 10 MB 0
aggregate PGA auto target 4 MB 0
global memory bound 2 MB 0
total PGA used for auto workareas .106445313 MB 0
maximum PGA used for auto workareas .106445313 MB 0
total PGA used for manual workareas 0 MB 0
maximum PGA used for manual workareas 0 MB 0

7 rows selected.

・・・略・・・


Temp落ち #1 - "Temp落ち" って?
Temp落ち #2 - PGA (Program Global Area)
Temp落ち #3 - 手動PGA管理で作業領域として指定可能な最大サイズ
Temp落ち #4 - 手動PGA管理で作業領域として指定可能な最大サイズ de Temp落ちの確認
Temp落ち #5 - pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? 12.2.0.1版 (その前に少し脱線)

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Temp落ち #6 - pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? 12.2.0.1版:

コメント

コメントを書く