« Temp落ち #4 - 手動PGA管理で作業領域として指定可能な最大サイズ de Temp落ちの確認 | トップページ | Temp落ち #6 - pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? 12.2.0.1版 »

2018年2月24日 (土)

Temp落ち #5 - pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? 12.2.0.1版 (その前に少し脱線)



Previously on Mac De Oracle

手動PGA管理下で利用される4つのパラメータ(HASH_AREA_SIZE / SORT_AREA_SIZE / BITMAP_MERGE_AREA_SIZE / CREATE_BITMAP_AREA_SIZE)は、Integer型であり2,147,483,647バイト(つまり2GB - 1)までは指定可能、かつ、個々の作業領域は同程度確保されること。そのサイズを超えるデータ量の場合は一時表領域が利用される。つまり"Temp落ち"が発生するというところまでした。

SQL> show parameter _area_size

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
bitmap_merge_area_size integer 2147483647
create_bitmap_area_size integer 2147483647
hash_area_size integer 2147483647
sort_area_size integer 2147483647

64bit環境でInteger型なので、そんなもんでしょうね。 仕様ですからね、こればっかりはどうにもならない。


で、自動PGA管理で確認しようとパタパタ準備していたところ、12.1.0.2まではなかった12.2.0.1での変更点に気付いたので、そちらを先に。
(少し脱線)

pga_aggregate_targetをscope=memoryで設定する際、物理メモリーの空きサイズ以上に設定しようとするとORA-00855エラーなり設定できないよう動作が変更されたようです。

また、spfileにのみ設定する場合には動作が異なり、設定時には、ORA-00855は発生しません。
アラートログファイルには、起動時のワーニングとして記録され、アラートログにもなにも記録されれず、正常起動しpga_aggregate_targetには指定したサイズで設定されるという、
少々分かりづらい仕様に変わったようです。 (今頃気づくとは、遅い!w

(18cではどうなるんだろう。。なんとなく、Autonomousを意識してるようなアトモスフィアを感じます..が、どうなんでしょうw?)

以下、動作確認の記録。
Guest OSのメモリーサイズは以下の通り。空いているメモリーサイズは500MB〜600MB程度です。

Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.2.0.1.0 - 64bit Production
に接続されました。
orcl12c@SYS> !cat /proc/meminfo | grep Mem
MemTotal: 3781732 kB
MemFree: 43300 kB
MemAvailable: 559076 kB


orcl12c@SYS> show parameter sga

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
allow_group_access_to_sga boolean FALSE
lock_sga boolean FALSE
pre_page_sga boolean TRUE
sga_max_size big integer 2G
sga_min_size big integer 0
sga_target big integer 2G
unified_audit_sga_queue_size integer 1048576

orcl12c@SYS> show parameter pga_agg

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
pga_aggregate_limit big integer 2G
pga_aggregate_target big integer 200M


この状態で、pga_aggregate_limitの50%のサイズでpga_aggregate_limitの制限内、pga_aggregate_target=1g としてメモリー上でのみ変更してみると

orcl12c@SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g scope=memory;
alter system set pga_aggregate_target=1g scope=memory
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-02097: 指定した値が無効なので、パラメータを変更できません。
ORA-00855: PGA_AGGREGATE_TARGET cannot be set because of insufficient physical memory.


空きメモリーサイズ以下ならどうなるか試して見ます。

orcl12c@SYS> alter system set pga_aggregate_target=500m scope=memory;

システムが変更されました。


空きメモリーサイズを多少上回るサイズでは。。。(やはり、ORA-00855となります)

orcl12c@SYS> alter system set pga_aggregate_target=700m scope=memory;
alter system set pga_aggregate_target=700m scope=memory
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-02097: 指定した値が無効なので、パラメータを変更できません。
ORA-00855: PGA_AGGREGATE_TARGET cannot be set because of insufficient physical memory.


scope=bothとなる状態で、空きメモリー以上のサイズを設定しようとしても同様のエラーになりますが.....

orcl12c@SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g;
alter system set pga_aggregate_target=1g
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-02097: 指定した値が無効なので、パラメータを変更できません。
ORA-00855: PGA_AGGREGATE_TARGET cannot be set because of insufficient physical memory.


scope=spfileとした場合には、エラーにならず変更可能です。このあたりの動きは、他のパラメータと同様、起動時にエラーで起動しないという動きになるのかな??? と思いきや.....
なんと、正常起動し、pga_aggregate_targetにはしっかり、1GBが設定されています。!!!!! (動きが違う!!!)

orcl12c@SYS> alter system set pga_aggregate_target=1g scope=spfile;

システムが変更されました。

orcl12c@SYS> shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
orcl12c@SYS> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 2147483648 bytes
Fixed Size 8794848 bytes
Variable Size 603983136 bytes
Database Buffers 1526726656 bytes
Redo Buffers 7979008 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
orcl12c@SYS>
orcl12c@SYS> show parameter pga_agg

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
pga_aggregate_limit big integer 2G
pga_aggregate_target big integer 1G

なぜ、動作が違うんだろう........


2018/2/25訂正
以下のメッセージよくよく見たら、pga_aggregate_limitパラメータへの警告でpga_aggregate_targetのORA-00855とは無関係なワーニングでした。orz.

pga_aggregate_limitの下限値は2G、sea_max_size=2Gなのに、Guest OSへのメモリー割り当て4Gなのでそりゃでるわね。というこでした。

とはいえ、 pga_aggreagte_target scope=memoryとspfileではORA-00855エラーの有無の違いはあるようで、spfileに設定した場合にはORA-00855は発生せず、アラートログファイルには何も記録されていない(謎


なお、起動時のアラートログファイルには以下の"WARNING"メッセージが記録されます。しかも、メッセージを見る限り、pga_aggregate_limit へのワーニングと読めるが....

2018-02-24T22:16:38.907017+09:00
WARNING: pga_aggregate_limit value is too high for the
amount of physical memory on the system
PGA_AGGREGATE_LIMIT is 2048 MB
PGA_AGGREGATE_TARGET is 1024 MB.
physical memory size is 3693 MB
limit based on physical memory and SGA usage is 1275 MB
SGA_TARGET is 2048 MB

おまけ


12.1.0.2までは該当するメッセージはありません。
[oracle@vbgeneric ˜]$ sqlplus -version

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production

[oracle@vbgeneric ˜]$ oerr ORA 855
[oracle@vbgeneric ˜]$



12.2.0.1で実装されたメッセージと機能だということがわかります。
[oracle@localhost ˜]$ sqlplus -version

SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production

[oracle@localhost ˜]$ oerr ORA 855
00855, 00000, "PGA_AGGREGATE_TARGET cannot be set because of insufficient physical memory."
// *Cause: PGA_AGGREGATE_TARGET value was too high for the current system global area (SGA) size and amount of physical memory available.
// *Action: Reduce the SGA size or increase the physical memory size.

ということで、次回こそw 自動PGA管理下での確認へ

続く。


Temp落ち #1 - "Temp落ち" って?
Temp落ち #2 - PGA (Program Global Area)
Temp落ち #3 - 手動PGA管理で作業領域として指定可能な最大サイズ
Temp落ち #4 - 手動PGA管理で作業領域として指定可能な最大サイズ de Temp落ちの確認

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Temp落ち #5 - pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? 12.2.0.1版 (その前に少し脱線):

コメント

コメントを書く