« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月30日 (月)

SQL Tuning Set (STS)のフィルタリング

Previously on Mac De Oracle
前回は、やっつけすくりぷとを書いたところまででした。

ということで、今回のやっつけスクリプトの準備というかアイデア

SQLSET大量のSQL文キャプチャされていて、SQLSETにキャプチャされている大量のSQL文を一括でSPAでまわしたりすることが辛い場合があります。
そんなときはどうすればよいか。。なやみますよね。。。ほんと。。
SQL Performance AnalyzerによるSQLパフォーマンス比較実行例(API)

SQLSETから、より細かなSQLSETにほぼ当分に分割し、新たなSQLSETを作成したいような場合もあるかもしれません。
そんな時はどうするか?

手取りばやくやるなら、ORA_HASH()が便利ですよね。(SQLSETの全表走査はさけられないのですが、Exaならw)

たとえば、以下のSQLSETがあったとして、300件程度に均等に分割したいという場合。
ora_hash()のバケット数はだいたい12ぐらいでできそうですね。

orcl@SYS> select name,statement_count,created from dba_sqlset order by name;

NAME STATEMENT_COUNT CREATED
------------------------------ --------------- ---------
STS20171029 3819 29-OCT-17

orcl@SYS> select statement_count/300 from dba_sqlset where name='STS20171029';

STATEMENT_COUNT/300
-------------------
12.73

いい感じに分割できそうです。

orcl@SYS> r
1 select
2 ora_hash(sql_id,12) as hash#
3 ,count(sql_id)
4 from
5 table(dbms_sqltune.select_sqlset(
6 sqlset_name=>'STS20171029'
7 ,basic_filter=>null
8 ))
9 group by
10 ora_hash(sql_id,12)
11* order by 1

HASH# COUNT(SQL_ID)
---------- -------------
0 289
1 293
2 278
3 296
4 297
5 281
6 282
7 298
8 288
9 304
10 305
11 298
12 310

13 rows selected.


実際に利用するには、basic_filterでwhere句の条件文そのものを書いてあげます。サブクエリも書けますが、データ量が多い場合は性能面に注意しながらいろいろ試してみるといいと思います。
basic_filterでは、SQLSET_ROWオブジェクト・タイプの属性を利用したフィルタリングができるのですが、インジェクションですよね。構文を見ている限り;)
Oracle® Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス 12c リリース1 (12.1) SQLSET_ROWオブジェクト・タイプ

orcl@SYS> set serveroutput on
orcl@SYS> r
1 begin
2 for i in 0..12 loop
3 for sqlset_rec in
4 (
5 select count(sql_id) as num_sql
6 from
7 table(dbms_sqltune.select_sqlset(
8 sqlset_name=>'STS20171029'
9 ,basic_filter=>'ora_hash(sql_id,12)='||i
10 ))
11 )
12 loop
13 dbms_output.put_line('hash#='||to_char(i,'fm99')||':'||sqlset_rec.num_sql);
14 end loop;
15 end loop;
16* end;
hash#=0:289
hash#=1:293
hash#=2:278
hash#=3:296
hash#=4:297
hash#=5:281
hash#=6:282
hash#=7:298
hash#=8:288
hash#=9:304
hash#=10:305
hash#=11:298
hash#=12:310

PL/SQL procedure successfully completed.

ハッシュ値10でsql_id数をカウント!
うまくできそうですよね。

orcl@SYS> r
1 select
2 count(sql_id)
3 from
4 table(dbms_sqltune.select_sqlset(
5 sqlset_name=>'STS20171029'
6 ,basic_filter=>'ora_hash(sql_id,12) = 10'
7* ))

COUNT(SQL_ID)
-------------
305

参考
Oracle® Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス 12c リリース1 (12.1) DBMS_SQLTUNE
Oracle® Database SQL言語リファレンス 12cリリース1 (12.1) ORA_HASH


DBMS_SQLTUNE.PACK_STGTAB_SQLSETって、例外投げんのかよw
SQL Tuning Setのキャプチャから退避までのスクリプト(やっつけ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

SQL Tuning Setのキャプチャから退避までのスクリプト(やっつけ)

Previously on Mac De Oracleは
DBMS_SQLTUNE.PACK_STGTAB_SQLSETって、例外投げんのかよwという備忘録でした、

今回は
以下のURLで紹介されているSTS (SQL Tuning Set)へSQLの性能統計や実行計画をキャプチャしちゃおう!
Oracle DatabaseのSTS(SQL Tuning Set) を活用して、SQLの性能統計や実行計画をキャプチャする。 / ora_gonsuke777

というSTS機能を利用した応用編w (という名のやっつけスクリプト) を書いたので、備忘録

STSでSQLの実行計画や性能統計をキャプチャするのはいいのですが、キャプチャするデータが多い場合、SYSAUX表領域を圧迫したり、拡張したりしてしまうことがあります。
本番環境で表領域サイズにドキドキする日々を送るのも嫌なので、一定期間STSヘキャプチャしたあとSTSを退避、削除したいよね。という方向の話が湧いてきたりしますw

で、書いたやっつけスクリプトが以下。(11g2と12cR1でテスト済み)
STSをキャプチャする時間、インターバル、そして、STSを退避するためのステージング表を作成するスキーマ名と、エクスポートに必要なディレクトリオブジェクト名を
パラメータに取ります。キャプチャする時間とインターバルは秒を指定します。エクスポートは、DBMS_DATAPUMPパッケージを利用しています。
今回利用したパッケージの詳細は以下を参照のこと:)

Oracle® Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス 11g リリース2(11.2) B56262-06
- DBMS_SQLTUNEサブプログラムの要約
- 46 DBMS_DATAPUMP

なお、本スクリプト実施前に、DataPump Export向けディレクトリオブジェクトを、ステージング表を作成するユーザを作成しておく必要があります。
(後半の実行例は、STS_EXP_DIRディレクトリオブジェクト、STSUSRユーザを事前に作成)
sts_capture.sql

SET SERVEROUTPUT ON
/*
Arguments :
&1 - Schema name for sts staging table
&2 - Directory object name for Data Pump Export
&3 - Duration for SQLSET capturing (sec)
&4 - Sampling interval for SQLSET (sec)
*/
DECLARE
-- for STS capturing and packing
vStsName VARCHAR2(30) := 'STS' || TO_CHAR(SYSDATE, 'YYYYMMDDHH24MISS');
cTimeLimit CONSTANT POSITIVE := &3;
cInterval CONSTANT POSITIVE := &4;
cCaptureOpt CONSTANT VARCHAR2(20) := 'MERGE';
cStagingSchema CONSTANT VARCHAR2(30) := UPPER('&1');
v4Debug VARCHAR2(50);

-- for DataPump Export Job
cDirectory CONSTANT VARCHAR2(20) := UPPER('&2');
IsSkipExport BOOLEAN := false;
i NUMBER;
vDataPumpJobHandle NUMBER;
vProgress_ratio NUMBER;
vJobState VARCHAR2(30);
oLogEntry ku$_LogEntry;
oStatus ku$_Status;
BEGIN
DBMS_OUTPUT.ENABLE;

-- STS名にInstance#を付加
-- (RAC環境での複数ノードでの実行を考慮してインスタンス番号を付加)
v4Debug := 'Build STSNAME';
FOR instance_rec IN (SELECT TO_CHAR(instance_number) AS inum FROM v$instance) LOOP
vStsName := vStsName || instance_rec.inum;
END LOOP;

-- SQLSETの作成
v4Debug := 'CREATE_SQLSET';
DBMS_SQLTUNE.CREATE_SQLSET (
sqlset_name => vStsName
,sqlset_owner => NULL
);

-- カーソルキャッシュからSTSへ定期キャプチャ
v4Debug := 'CAPTURE_CURSOR_CACHE_SQLSET';
DBMS_SQLTUNE.CAPTURE_CURSOR_CACHE_SQLSET (
sqlset_name => vStsName
,time_limit => cTimeLimit
,repeat_interval => cInterval
,capture_option => cCaptureOpt
,capture_mode => DBMS_SQLTUNE.MODE_REPLACE_OLD_STATS
,basic_filter =>
'parsing_schema_name NOT IN (
''SYS'', ''SYSTEM'', ''APEX_050000'', ''APEX_040000'', ''SYSMAN''
)'
,sqlset_owner => NULL
);

-- STSエクスポート向けステージング表の作成
v4Debug := 'CREATE_STGTAB_SQLSET';
DBMS_SQLTUNE.CREATE_STGTAB_SQLSET (
table_name => vStsName
,schema_name => cStagingSchema
,db_version => NULL
);

-- STSをステージング表へパック
v4Debug := 'PACK_STGTAB_SQLSET';
BEGIN
DBMS_SQLTUNE.PACK_STGTAB_SQLSET (
sqlset_name => vStsName
,sqlset_owner => NULL
,staging_table_name => vStsName
,staging_schema_owner => cStagingSchema
,db_version => NULL
);
EXCEPTION
WHEN OTHERS THEN
IF sqlcode = -15701 THEN
IsSkipExport := true;
DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('*** Info - No data packed from SQLSET ***');
ELSE
RAISE;
END IF;
END;

IF IsSkipExport = false
THEN
-- ステージング表を表モードでエクスポート
-- エクスポートのモード等の設定
v4Debug := 'OPEN';
vDataPumpJobHandle
:= DBMS_DATAPUMP.OPEN (
operation => 'EXPORT'
,job_mode => 'TABLE'
,remote_link => NULL
,job_name => vStsName
,version => 'LATEST'
);

-- エスポートダンプファイルとログファイルの設定
v4Debug := 'ADD_FILE - dumpfile';
DBMS_DATAPUMP.ADD_FILE (
handle => vDataPumpJobHandle
,filename => vStsName || '.dmp'
,directory => cDirectory
,filetype => DBMS_DATAPUMP.KU$_FILE_TYPE_DUMP_FILE
);

v4Debug := 'ADD_FILE - logfile';
DBMS_DATAPUMP.ADD_FILE (
handle => vDataPumpJobHandle
,filename => vStsName || '.log'
,directory => cDirectory
,filetype => DBMS_DATAPUMP.KU$_FILE_TYPE_LOG_FILE
);

-- メターデータフィルタの設定
-- エクスポート対象表のスキーマ
v4Debug := 'METADATA_FILTER - schema name';
DBMS_DATAPUMP.METADATA_FILTER (
handle => vDataPumpJobHandle
,name => 'SCHEMA_LIST'
,value => '''' || cStagingSchema || ''''
);

-- エクスポート対象表
v4Debug := 'METADATA_FILTER - table name';
DBMS_DATAPUMP.METADATA_FILTER (
handle => vDataPumpJobHandle
,name => 'NAME_LIST'
,value => '''' || vStsName || ''''
);

-- DataPump Exportジョブの実行
v4Debug := 'START_JOB';
DBMS_DATAPUMP.START_JOB (
handle => vDataPumpJobHandle
);

-- DataPump Exportジョブ状況監視と終了判定
-- ジョブ終了または停止されるまでループして待機
v4Debug := 'JOB_STATE';
vProgress_ratio := 0;
vJobState := 'UNDEFINED';
WHILE (vJobState != 'COMPLETED') AND (vJobState != 'STOPPED') LOOP
DBMS_DATAPUMP.GET_STATUS (
vDataPumpJobHandle
,DBMS_DATAPUMP.KU$_STATUS_JOB_ERROR
+ DBMS_DATAPUMP.KU$_STATUS_JOB_STATUS
+ DBMS_DATAPUMP.KU$_STATUS_WIP
,-1
,vJobState
,oStatus
);

-- 処理中(Work-In-Progress : WIP)または、
-- エラーのいずれかのメッセージを受け取ったら表示
IF (BITAND(oStatus.mask, DBMS_DATAPUMP.KU$_STATUS_WIP) != 0)
THEN
oLogEntry := oStatus.wip;
ELSE
IF (BITAND(oStatus.mask, DBMS_DATAPUMP.KU$_STATUS_JOB_ERROR) != 0)
THEN
oLogEntry := oStatus.error;
ELSE
oLogEntry := NULL;
END IF;
END IF;
IF oLogEntry IS NOT NULL
THEN
i := oLogEntry.FIRST;
WHILE i IS NOT NULL LOOP
DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(oLogEntry(i).LogText);
i := oLogEntry.NEXT(i);
END LOOP;
END IF;
END LOOP;

-- Data Pump Exportジョブ終了
DBMS_DATAPUMP.DETACH(vDataPumpJobHandle);
END IF;

-- ステージング表の削除
v4Debug := 'Drop staging table';
EXECUTE IMMEDIATE 'DROP TABLE ' || cStagingSchema || '.' || vStsName || ' PURGE';

-- SQLSETの削除
v4Debug := 'DROP_SQLSET';
DBMS_SQLTUNE.DROP_SQLSET (
sqlset_name => vStsName
);

EXCEPTION
WHEN OTHERS THEN
DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(sqlerrm());
DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(v4Debug);
RAISE;
END;
/
EXIT


STSが空ではない場合の実行例
キャプチャ処理は600秒実行しキャプチャ間隔は120秒、キャプチャ終了後、STSUSRスキーマにステージング表を作成、STSをステージング表へパック、ステージング表を指定したディレクトリオブジェクト以下にDataPump Exportしています。

[oracle@guppy ˜]$ sqlplus system@orcl @sts_capture stsusr sts_exp_dir 10*60 2*60

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on Fri Oct 6 15:13:53 2017

Copyright (c) 1982, 2014, Oracle. All rights reserved.

Enter password:

Connected to:
Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.2.0 - 64bit Production
With the Partitioning, OLAP, Advanced Analytics and Real Application Testing options

old 4: cTimeLimit CONSTANT POSITIVE := &3;
new 4: cTimeLimit CONSTANT POSITIVE := 10*60;
old 5: cInterval CONSTANT POSITIVE := &4;
new 5: cInterval CONSTANT POSITIVE := 2*60;
old 7: cStagingSchema CONSTANT VARCHAR2(30) := UPPER('&1');
new 7: cStagingSchema CONSTANT VARCHAR2(30) := UPPER('stsusr');
old 11: cDirectory CONSTANT VARCHAR2(20) := UPPER('&2');
new 11: cDirectory CONSTANT VARCHAR2(20) := UPPER('sts_exp_dir');
Starting "SYS"."STS201710061513571":
Estimate in progress using BLOCKS method...
Processing object type TABLE_EXPORT/TABLE/TABLE_DATA
Total estimation using BLOCKS method: 1.062 MB
Processing object type TABLE_EXPORT/TABLE/TABLE
Processing object type TABLE_EXPORT/TABLE/INDEX/STATISTICS/INDEX_STATISTICS
Processing object type TABLE_EXPORT/TABLE/STATISTICS/TABLE_STATISTICS
Processing object type TABLE_EXPORT/TABLE/STATISTICS/MARKER
. . exported "STSUSR"."STS201710061513571" 51.55 KB 1 rows
Master table "SYS"."STS201710061513571" successfully loaded/unloaded
******************************************************************************
Dump file set for SYS.STS201710061513571 is:
/home/oracle/exp/STS201710061513571.dmp
Job "SYS"."STS201710061513571" successfully completed at Fri Oct 6 15:26:50 2017 elapsed 0 00:00:47

PL/SQL procedure successfully completed.

STSが空の場合の例
ステージング表へのSTSのパックやDataPump Exportの実行をパイパス。STSが空であることを表示して終了します。
なお、以下の例ではキャプチャ時間と間隔は意図的に短くしてあります。

[oracle@guppy  ˜]$ sqlplus system@orcl @sts_capture stsusr sts_exp_dir 2*60 60

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on Fri Oct 6 16:04:55 2017

Copyright (c) 1982, 2014, Oracle. All rights reserved.

Enter password:

Connected to:
Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.2.0 - 64bit Production
With the Partitioning, OLAP, Advanced Analytics and Real Application Testing options

old 4: cTimeLimit CONSTANT POSITIVE := &3;
new 4: cTimeLimit CONSTANT POSITIVE := 2*60;
old 5: cInterval CONSTANT POSITIVE := &4;
new 5: cInterval CONSTANT POSITIVE := 60;
old 7: cStagingSchema CONSTANT VARCHAR2(30) := UPPER('&1');
new 7: cStagingSchema CONSTANT VARCHAR2(30) := UPPER('stsusr');
old 11: cDirectory CONSTANT VARCHAR2(20) := UPPER('&2');
new 11: cDirectory CONSTANT VARCHAR2(20) := UPPER('sts_exp_dir');
*** Info - No data packed from SQLSET ***

PL/SQL procedure successfully completed.


このスクリプトをshellに組み込んでcronでも定期実行したりDBMS_SCHEDULERで定期実行するのも良いかな。
オレオレサンプルなので、より便利に改造して使ってね。v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

DBMS_SQLTUNE.PACK_STGTAB_SQLSETって、例外投げんのかよw

ということで、タイトル通り
マニュアル上、例外を投げるとは記載されてないのですが、テストしてたら”例外投げる”PL/SQLプロシージャ、意外と多いんですw
意図的に例外投げるよーというのは大抵マニュアルに記載されているんですが。人が書いてますからね、記載漏れも仕方ないっすねぇw 

マニュアルバグ、忘れちゃうので、自分向けFAQ and 備忘録 


Oracle® Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス 12c リリース1 (12.1) B71281-05
DBMS_SQLTUNE.PACK_STGTAB_SQLSETプロシージャ

Oracle Database PL/SQL Packages and Types Reference (12.2)のマニュアルには DBMS_SQLTUNE.PACK_STGTAB_SQLSET Procedure は例外を投げるよ!という記載はないが...

DBMS_SQLTUNE.PACK_STGTAB_SQLSET Procedure
DBMS_SQLTUNE.PACK_STGTAB_SQLSET Procedure

orcl@SYS> r
1 SELECT
2 ID
3 ,NAME
4 ,OWNER
5 ,CREATED
6 ,LAST_MODIFIED
7 ,STATEMENT_COUNT
8 FROM
9 dba_sqlset
10 ORDER BY
11 OWNER
12 ,CREATED
13*


ID NAME OWNER CREATED LAST_MODI STATEMENT_COUNT
---------- ------------------------------ ------------------------------ --------- --------- ---------------
1 STS201710052340431 SYS 05-OCT-17 05-OCT-17 0
2 STS201710061431151 SYS 06-OCT-17 06-OCT-17 2

statement_count=0と2の2つのSTS(SQL Tuning Set)があります。
STS(SQL Tuning Set)については、ここでは記載しませんが、何それ? 気になる、気になる〜という方は、
Oracle Database の STS(SQL Tuning Set) を活用して、SQL の 性能統計 や 実行計画 を キャプチャする。を覗いて見てください。

(次回のネタは思いっきりそこなので、予習にもなりますよ :)

例外を投げるとはマニュアルに記載されてないプロシージャが実は例外投げるじゃん! 
というケースは、dbms_sqltune.pack_stgtab_sqlset以外にもあるんですが、
急ぎのやっつけ仕事で遭遇すると、ここで見つかってよかった!!
という安堵感とともに、
ムカ〜〜〜〜っという憎悪も湧いてくるわけですw 
(何れにしてもテストはしっかりやりましょうw

以下、例外投げるとは書かれてないけど、投げるじゃん、dbms_sqltune.pack_stgtab_sqlset の簡易テストの記録

準備として、dbms_sqltune.pack_stgtab_sqlsetは、STSを退避する為に必要なステージング表を作成します。

orcl@SYS> exec dbms_sqltune.create_stgtab_sqlset(table_name=>'TEST',schema_name=>'STSUSR');

PL/SQL procedure successfully completed.

statement_count=0つまり、STSに記録されたSQLの情報がない場合です。
ワーニングとしての意味が強いと思われますが、ORA-15701が投げつけられて、STSが空だということを教えてくれます! :)
マニュアルには記載されてなかったので焦りますw 実際のところざっくり書いたコードではこの例外をハンドリングなんてしてませんでした。

orcl@SYS> l
1 begin
2 dbms_sqltune.pack_stgtab_sqlset(
3 sqlset_name=>'STS201710052340431'
4 ,sqlset_owner=>null
5 ,staging_table_name=>'TEST'
6 ,staging_schema_owner=>'STSUSR'
7 );
8* end;
orcl@SYS> /
begin
*
ERROR at line 1:
ORA-15701: All "SQL Tuning Set(s)" with name like "STS201710052340431" and owner like "SYS" are empty
ORA-06512: at "SYS.DBMS_SQLTUNE", line 5398
ORA-06512: at "SYS.DBMS_SQLTUNE", line 7928
ORA-06512: at line 2


一方、statement_count=2でSTSに記録されたSQLがある場合、つまり、STSは空じゃない場合は正常終了します。

orcl@SYS> l
1 begin
2 dbms_sqltune.pack_stgtab_sqlset(
3 sqlset_name=>'STS201710061431151'
4 ,sqlset_owner=>null
5 ,staging_table_name=>'TEST'
6 ,staging_schema_owner=>'STSUSR'
7 );
8* end;
orcl@SYS> /

PL/SQL procedure successfully completed.

STSが空だという例外を拾って、後続処理にあるであろう、ステージング表のエクスポートとかをバイパスしたりすることはできますね:)

dbms_sqltune.pack_stgtab_sqlsetは、STSが空だと例外投げるよ というお話でした。


To be continued...

| | コメント (0) | トラックバック (0)