« Oracle Database Connect 2017 | トップページ | CDBとPDBの間で迷子になりそう PART3 - containers clause »

2017年3月21日 (火)

CDBとPDBの間で迷子になりそう PART3 - SQL*PlusのAutotrace編 - その2

間が空いてしまいましたが、

CDBとPDBの間で迷子になりそう PART3 - SQL*PlusのAutotrace編

のつづきです。


前回は、共通ユーザを作成し、CDB$ROOT、及び残りの2つのPDBでauto traceができるようになって、さりげなく、containers句なんてのを試していたところまででした。

今日はcontainers句で遊びはじめるところからスタート!
まず初めに、containters句でなにができるのかマニュアルで確認しておきましょう。(マニュアル読めよ! お約束w

45.10 CONTAINERS句を使用したコンテナ間の問合せ
http://docs.oracle.com/cd/E82638_01/ADMIN/viewing-information-about-cdbs-and-pdbs-with-sql-plus.htm#GUID-B302A0DA-8A56-4C18-B140-ADD5E682DE60

45.10.1 CONTAINERS句を使用したコンテナ間の問合せの概要
http://docs.oracle.com/cd/E82638_01/ADMIN/viewing-information-about-cdbs-and-pdbs-with-sql-plus.htm#GUID-AD8C9596-67BB-47FA-A728-16F9C9B0AADF

45.10.3 アプリケーションPDB間のアプリケーション共通オブジェクトの問合せ
http://docs.oracle.com/cd/E82638_01/ADMIN/viewing-information-about-cdbs-and-pdbs-with-sql-plus.htm#GUID-7B4E4926-19C6-47A5-A4E3-6BD279F080F0

containers句を利用すると、
CDB$ROOTの共通ユーザから各PDBの同一共通ユーザにある同一表を問い合わせることができるようになる。
また、containers句を利用したクエリーから再帰SQLが生成され、デフォルトではパラレル化される。。と。
なお、パラレル化はされるが、パラレル文のキューイング対象でもない! (え! 対象外なの?)

この時点で、癖者感がw

再帰的SQL実行と、さらり書かれているところ。。気になる気になる、気になりすぎて眠れないw

気になったら確かめないと!!

CDB$ROOTのsysユーザにて全PDBが起動していることを確認!

SYS@orcl12c> show pdbs

CON_ID CON_NAME OPEN MODE RESTRICTED
---------- ------------------------------ ---------- ----------
2 PDB$SEED READ ONLY NO
3 PDBORCL12C READ WRITE NO
4 PDBORCL12CLONED READ WRITE NO


CDB$ROOTの共通ユーザ:C##HOGEにEMP表(空)があるこを確認
CDB$ROOTにも同一名のオブジェクトが存在しないとエラーになるのでご注意を。(ここは別エントリで書くかも)

SYS@orcl12c> conn c##hoge/hoge@orcl12c
接続されました。
C##HOGE@orcl12c> select table_name from user_tables where table_name='EMP';

TABLE_NAME
------------------------------
EMP

C##HOGE@orcl12c> select count(*) from emp;

COUNT(*)
----------
0


以下、残る2つのPDBで、共通ユーザ:C##HOGEユーザにEMP表(データあり)が存在することを確認!

C##HOGE@orcl12c> conn c##hoge/hoge@pdborcl12c
接続されました。
C##HOGE@pdborcl12c> select table_name from user_tables where table_name='EMP';

TABLE_NAME
------------------------------
EMP

C##HOGE@pdborcl12c> select count(*) from emp;

COUNT(*)
----------
14

C##HOGE@pdborcl12c> conn c##hoge/hoge@pdborcl12cloned
接続されました。
C##HOGE@pdborcl12cloned> select table_name from user_tables where table_name='EMP';

TABLE_NAME
------------------------------
EMP

C##HOGE@pdborcl12cloned> select count(*) from emp;

COUNT(*)
----------
14


containers句を含む以下のクエリーをCDB$ROOTの共通ユーザ:C##HOGEユーザから実行!

SYS@orcl12c> conn c##hoge/hoge
接続されました。
C##HOGE@orcl12c> select * from containers(emp) where empno=7369;

EMPNO ENAME JOB MGR HIREDATE SAL COMM DEPTNO CON_ID
---------- ---------- --------- ---------- -------- ---------- ---------- ---------- ----------
7369 SMITH CLERK 7902 80-12-17 800 20 4
7369 SMITH CLERK 7902 80-12-17 800 20 3

auto traceでどんな実行計画なのか見てみます(CDB$ROOTでauto traceをやりたかったのはこういうことだったんでっす!w)

マニュアルに記載されている通り、パラレルクエリーになってます!
しかし、実行計画には、emp表という名前は見当たらず!! しかも、EMPNOには主キー制約があるのに、Predicate Information にはfilter("EMPNO"=7369)とある。

....."生成される再帰的SQL文ということばが浮かんで消える":) 不思議な実行計画が!!!!!!

でも、この実行計画、なんとなく見覚え.....ないですか????

C##HOGE@orcl12c> set autot trace exp stat
C##HOGE@orcl12c> select * from containers(emp) where empno=7369;

実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 1439328272

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Pstart| Pstop | TQ |IN-OUT| PQ Distrib |
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 1 | 100 | 0 (0)| | | | | |
| 1 | PX COORDINATOR | | | | | | | | | |
| 2 | PX SEND QC (RANDOM) | :TQ10000 | 1 | 100 | | | | Q1,00 | P->S | QC (RAND) |
| 3 | PX PARTITION LIST ALL| | 1 | 100 | | 1 | 254 | Q1,00 | PCWC | |
|* 4 | FIXED TABLE FULL | X$CDBVW$ | 1 | 100 | | | | Q1,00 | PCWP | |
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

4 - filter("EMPNO"=7369)


統計
----------------------------------------------------------
303 recursive calls
0 db block gets
249 consistent gets
9 physical reads
0 redo size
1220 bytes sent via SQL*Net to client
552 bytes received via SQL*Net from client
2 SQL*Net roundtrips to/from client
18 sorts (memory)
0 sorts (disk)
2 rows processed


見覚えがあると思ったら、まさにこれですよね。
12.1.0.2で突然登場した機能のようにも見えるが、実は、12.1.0.1のころからあった機能らしい。CDB$VIEW clauseとして。
実行計画もそっくり

12.1.0.2 CDB views are now using CONTAINERS() / dbi services BLOG
https://blog.dbi-services.com/12102-cdb-views-are-now-using-containers/

SQL> select * from v$version;

BANNER CON_ID
-------------------------------------------------------------------------------- ----------
Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.1.0 - 64bit Production 0
PL/SQL Release 12.1.0.1.0 - Production 0
CORE 12.1.0.1.0 Production                                     0
TNS for Linux: Version 12.1.0.1.0 - Production 0
NLSRTL Version 12.1.0.1.0 - Production 0

SQL> show con_name

CON_NAME
------------------------------
CDB$ROOT
SQL>
SQL> select * from cdb$view(dual);


実行計画
----------------------------------------------------------
Plan hash value: 4256768476

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Rows | Bytes | Cost (%CPU)| Time | Pstart| Pstop | TQ |IN-OUT| PQ Distrib |
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 1 | 2 | 0 (0)| 00:00:01 | | | | | |
| 1 | PX COORDINATOR | | | | | | | | | | |
| 2 | PX SEND QC (RANDOM) | :TQ10000 | 1 | 2 | 0 (0)| 00:00:01 | | | Q1,00 | P->S | QC (RAND) |
| 3 | PX PARTITION LIST ALL| | 1 | 2 | 0 (0)| 00:00:01 | 1 | 254 | Q1,00 | PCWC | |
| 4 | FIXED TABLE FULL | X$CDBVW$42ae64ee | 1 | 2 | 0 (0)| 00:00:01 | | | Q1,00 | PCWP | |
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


統計
----------------------------------------------------------
12 recursive calls
0 db block gets
6 consistent gets
0 physical reads
0 redo size
688 bytes sent via SQL*Net to client
544 bytes received via SQL*Net from client
2 SQL*Net roundtrips to/from client
0 sorts (memory)
0 sorts (disk)
2 rows processed

45.10.3 アプリケーションPDB間のアプリケーション共通オブジェクトの問合せ
これ、アプリケーションからお気軽に使っちゃってよい機能なんだろうか。。。どのようなユースケースを想定した機能なんだろう?。。。

to be continued...

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/65045398

この記事へのトラックバック一覧です: CDBとPDBの間で迷子になりそう PART3 - SQL*PlusのAutotrace編 - その2:

コメント

コメントを書く