« TABLE ACCESS BY INDEX ROWID BATCHED (Oracle Database 12c R1) ってなに! #3 | トップページ | Difference of Initialization Parameters between 11g and 12c #2 »

2014年7月30日 (水)

Oracle Database 12c R1 12.1.0.2.0 In-memory option はじめの一歩。

こまけーことは置いといて、
Oracle Database 12c R1 12.1.0.2.0 In-memory optionが利用できるようになったので簡単に試してみた。


環境は以下の通り

Oracle VM VirtualBox 4.3.12 for OS X
Oracle Linux 6.4
Oracle Database 12c EE 12.1.0.2.0 for Linux x86-64


時間が無かったので、マニュアルを斜め読みしつつ、とにかくインストール....
inmemory系初期化パラメータの確認。 (12.1.0.1と12.1.0.2の初期化パラメータの差分確認はあとで:TODO)

inmemory_sizeパラメータが0なのでin-memory column storeは機能しない状態がデフォルトなのか..

Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.2.0 - 64bit Production
With the Partitioning, OLAP, Advanced Analytics and Real Application Testing options
に接続されました。
SYS>
SYS> show parameter inmemory

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
inmemory_clause_default string
inmemory_force string DEFAULT
inmemory_max_populate_servers integer 0
inmemory_query string ENABLE
inmemory_size big integer 0
inmemory_trickle_repopulate_servers_ integer 1
percent
optimizer_inmemory_aware boolean TRUE
SYS>

以下の表を作成してあります。 10万行のうちb='1'である行は10行だけにしてあります。

SCOTT> desc foobar
名前 NULL? 型
----------------------------------------- -------- ----------------------------
A NUMBER
B CHAR(1)


SCOTT> select count(1) from foobar;

COUNT(1)
----------
100000


今まで通りに表を作成すると、in-memory column storeはdisabledで作成されるのか! ふむふむ。

SCOTT> select table_name,inmemory from user_tables where table_name='FOOBAR';

TABLE_NAME INMEMORY
------------------------------ --------
FOOBAR DISABLED

索引は作成していないので以下のようなクエリを実行すれば、TABLE ACCESS FULLですよね。

SCOTT> select /*+ gather_plan_statistics */ count(1) from foobar where b = '1';

COUNT(1)
----------
10

SCOTT> @show_actual_plan

PLAN_TABLE_OUTPUT
------------------------------------------------------------------------------------------
SQL_ID 4zurd70pg2qna, child number 0
-------------------------------------
select /*+ gather_plan_statistics */ count(1) from foobar where b = '1'

Plan hash value: 2479556450

---------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Starts | E-Rows | A-Rows | A-Time | Buffers |
---------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 1 | | 1 |00:00:00.01 | 191 |
| 1 | SORT AGGREGATE | | 1 | 1 | 1 |00:00:00.01 | 191 |
|* 2 | TABLE ACCESS FULL| FOOBAR | 1 | 15 | 10 |00:00:00.01 | 191 |
---------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

2 - filter("B"='1')

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)


23行が選択されました。


in-memory column storeを利用するための準備〜〜〜。
alter table文でin-memory column storeを有効化。(簡単だな!)

SCOTT> alter table foobar inmemory;

表が変更されました。


おっと、忘れてました、 inmemory_sizeパラメータを設定しないといけないんだった...

ちなみに、inmemory_sizeパラメータは静的パラメータなので、scope=spfileを付けることをお忘れなく...

SYS> alter system set inmemory_size = 10m;
alter system set inmemory_size = 10m
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-02097: 指定した値が無効なので、パラメータを変更できません。 ORA-02095:
指定した初期化パラメータを変更できません。


メモリ関係のパラメータ変えて起動しなくなるって過去やらかしたことがあるので、手が勝ってに動くw

SYS> create pfile from spfile;

ファイルが作成されました。

変更できたました。
SYS> alter system set inmemory_size = 10m scope=spfile;

システムが変更されました。

SYS>

....中略....

起動してみましょう! あらららら。

SYS> startup
ORA-64353: in-memory area size cannot be less than 100MB

ううううう、なんということでしょう! w このパラメータ間違うと起動しないのな!!!!! 注意しないと。 > 俺


in-memory初期化パラメータは 100MB以上に設定しましょうね。マニュアルにも書いてますから。(読みましょうね。 (^^;;;;

気を取り直して、再チャレンジ :)

[oracle@emperor ˜]$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 火 7月 29 06:34:46 2014

Copyright (c) 1982, 2014, Oracle. All rights reserved.

アイドル・インスタンスに接続しました。

SYS> create spfile from pfile;

ファイルが作成されました。

SYS> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 3875536896 bytes
Fixed Size 3717856 bytes
Variable Size 2248148256 bytes
Database Buffers 1610612736 bytes
Redo Buffers 13058048 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。

SYS> alter system set inmemory_size = 100m scope=spfile;

システムが変更されました。

SYS> shutdown
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。


SYS> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 3875536896 bytes
Fixed Size 3717856 bytes
Variable Size 2231371040 bytes
Database Buffers 1509949440 bytes
Redo Buffers 13058048 bytes
In-Memory Area 117440512 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
SYS>
SYS>


In-Memory Areaとリストされています。
うまくいったようなので in-memory column storeを試してみます!!!!

SCOTT> select /*+ gather_plan_statistics */ count(1) from foobar where b = '1';

COUNT(1)
----------
10

SCOTT>
SCOTT>
SCOTT> @show_actual_plan

PLAN_TABLE_OUTPUT
------------------------------------------------------------------------------------------------
SQL_ID 4zurd70pg2qna, child number 0
-------------------------------------
select /*+ gather_plan_statistics */ count(1) from foobar where b = '1'

Plan hash value: 2479556450

------------------------------------------------------------------------------------------------
| Id | Operation | Name | Starts | E-Rows | A-Rows | A-Time | Buffers |
------------------------------------------------------------------------------------------------
| 0 | SELECT STATEMENT | | 1 | | 1 |00:00:00.01 | 8 |
| 1 | SORT AGGREGATE | | 1 | 1 | 1 |00:00:00.01 | 8 |
|* 2 | TABLE ACCESS INMEMORY FULL| FOOBAR | 1 | 15 | 10 |00:00:00.01 | 8 |
------------------------------------------------------------------------------------------------

Predicate Information (identified by operation id):
---------------------------------------------------

2 - inmemory("B"='1')
filter("B"='1')

Note
-----
- dynamic statistics used: dynamic sampling (level=2)


24行が選択されました。


in-memory column storeを利用しない場合、Buffer Getsが191ありましたが、in-memory column storeを利用した場合、Buffer Getsが8と大幅に減少しています!!!。データにもよるだろうけど、このケースだと、4%程度になってますね。

KEEP乗せとか手動でやらなくて済むケースあるんだろうな〜と、遠くを眺めながら.......in-memory column store初めの一歩はここまで。


つづく。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/60066376

この記事へのトラックバック一覧です: Oracle Database 12c R1 12.1.0.2.0 In-memory option はじめの一歩。:

コメント

コメントを書く