« Windows XPサポート終了から2週間ほど経過したのでアクセスログをみてみた... | トップページ | シーケンスでパーティションだと〜っ! (Oracle Database 12c R1ではドキュメントに記載なし...だが...) »

2014年4月29日 (火)

Oracle Database 12cで実装されたidentity columnのメモ

Oracle® Database SQL言語リファレンス 12cリリース1 (12.1) CREATE TABLE identity_clause


制限事項に、「CREATE TABLE AS SELECTを使用すると、列に対するIDのプロパティが継承されなくなります。」と記載されているのでかるく確認 :)

SCOTT@nonpdb12c> CREATE TABLE table_foobar_identity2
2 (
3 id NUMBER GENERATED ALWAYS AS IDENTITY PRIMARY KEY
4 ,data VARCHAR2(10)
5 );

表が作成されました。

SCOTT@nonpdb12c> create table table_foobar_identity2_tmp as select * from table_foobar_identity2;

表が作成されました。

SCOTT@nonpdb12c> break on table_name skip 1
SCOTT@nonpdb12c> select table_name,column_name,identity_column from user_tab_columns where table_name like 'TABLE_FOOBAR%' order by table_name,column_id;

TABLE_NAME COLUMN_NAME IDE
------------------------------ ------------------------------ ---
TABLE_FOOBAR_IDENTITY2 ID YES
DATA NO

TABLE_FOOBAR_IDENTITY2_TMP ID NO
DATA NO

CREATE TABLE AS SELECTで復籍してもidentity columnは継承されてない。ふむふむ。


同マニュアルの注意には、「ID列を作成するときには、パフォーマンスを向上するために、デフォルトの20よりも大きな値を使用してCACHE句を指定してください。」
とある.
シーケンスを利用しているので注意するところは一緒ということね。

SCOTT@nonpdb12c> select * from user_sequences;

SEQUENCE_NAME MIN_VALUE MAX_VALUE INCREMENT_BY C O CACHE_SIZE LAST_NUMBER PARTITION_COUNT S K
------------------------------ ---------- ---------- ------------ - - ---------- ----------- --------------- - -
ISEQ$$_93570 1 1.0000E+28 1 N N 20 1 N N

参考
ORACLE-BASE:Identity Columns in Oracle Database 12c Release 1 (12.1)
Inside Oracle – Julian Dyke:Oracle 12c New Feature – Identity Columns

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/59550829

この記事へのトラックバック一覧です: Oracle Database 12cで実装されたidentity columnのメモ:

コメント

コメントを書く