« あけましておめでとうございます。 | トップページ | SELECT ~ FOR UPDATE SKIP LOCKED その4 - もしもITL不足だったら... »

2014年1月 5日 (日)

SELECT ~ FOR UPDATE SKIP LOCKED その3

skip lockedのつづきです。

skip lockedの特徴を確認しておきますか!

skip lockedはロックの獲得ができた行だけをロック待機なしで返してくれる :)
IDが'0001', '0002', '0003', '0005'の行をロックしておく。

SESSION1@pdborcl> select id from q where id in ('0001', '0002', '0003', '0005') for update skip locked;

ID
----
0001
0002
0003
0005

IDが '0001','0002','0003'の行は先行のトランザクションで既にロックされているため、ロックできた行だけがロック待機なしで返される。

SESSION2@pdborcl> select id from q where id in ('0001', '0002', '0003', '0004', '0005', '0006') for update skip locked;

ID
----
0004
0006

もちろん、ロックできる行が1行もなければロックを待機せず空振!

SESSION3@pdborcl> select id from q where id in ('0001', '0002', '0003') for update skip locked;

レコードが選択されませんでした。


つづく。


SELECT ~ FOR UPDATE SKIP LOCKED その1 - @sh2ndさんエントリの復習など
SELECT ~ FOR UPDATE SKIP LOCKED その2

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/58888464

この記事へのトラックバック一覧です: SELECT ~ FOR UPDATE SKIP LOCKED その3:

コメント

コメントを書く