« DVDコレクション | トップページ | PL/SQL de Conditional Compile #6 »

2011年12月 5日 (月)

Oracle11g R1のAWRレポートでは%idleと%iowaitが逆なのな。

Oracle11g R1のAWRって仕事でも使うこともそれなりにあるわけですが、なんと、いままで気づかなかったAWRレポートのバグみつけ〜ということで(とっくに気づいていた人はいたはずだけど、基本、11g R1だと修正する気はナッシングと思われw)。メモ代わり。
(でも、リリースされてからづ〜〜と気づかなかったということは私はOperating System Statisticsセクションはスルーしてて見てなかったということなんだろーなー多分)


以下、AWRレポートを出力した時間帯のsarの結果、どう見ても暇な状況なわけですよ。

02時33分37秒       CPU     %user     %nice   %system   %iowait    %steal     %idle
02時33分47秒 all 0.29 0.00 0.13 0.14 0.00 99.44
02時33分57秒 all 0.10 0.00 0.08 0.01 0.00 99.81
02時34分07秒 all 0.20 0.00 0.10 0.02 0.00 99.68
02時34分17秒 all 0.04 0.00 0.02 0.08 0.00 99.86
02時34分27秒 all 0.14 0.00 0.03 0.03 0.00 99.80
02時34分37秒 all 0.13 0.00 0.03 0.03 0.00 99.82
02時34分47秒 all 0.14 0.00 0.02 0.01 0.00 99.83
02時34分57秒 all 0.03 0.00 0.01 0.00 0.00 99.97
02時35分07秒 all 0.11 0.00 0.02 0.03 0.00 99.84
02時35分17秒 all 0.08 0.00 0.03 0.01 0.00 99.88

AWRレポートのHost CPUセクションを見るとまあ、そんな感じなわけです。はい。


20111205_23655

でも、Operating SYstem Statistics - Detailセクションを見ると、%iowaitが99.77で、%idleが0.12となっていて、ここだけみるとびっくり〜しちゃうわけですよ〜。

20111205_23726


Oracle11g R1 11.1.0.x.xのAWRレポートは皆こんな状態でリストされるので、Operating System Statistics - Detailセクション見る場合は%ildeと%iowaitの値は脳内で入れ替えてね :) というお話でした。

ちなみに、Oracle11g R2ではしっかり修正されていますね。Oracle11g R1のAWRレポート見て驚かないためのメモw でした。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/53408605

この記事へのトラックバック一覧です: Oracle11g R1のAWRレポートでは%idleと%iowaitが逆なのな。:

コメント

コメントを書く