« 悩ませ過ぎは及ばざるがごとし #3 | トップページ | 悩ませ過ぎは及ばざるがごとし #4 »

2011年9月 3日 (土)

実習セミナー:RAC環境でのレスポンス遅延を調査・解決@日本オラクル青山センター

昨日は、「実習セミナー:RAC環境でのレスポンス遅延を調査・解決」に参加してきた。 ;)

前回、2日に渡って行われた、
「DBがなんか遅いんだけど!」「DBで何か起きてないか確認して!」こんな問い合わせへの対応 “一人”でできますか? - 勉強会@日本オラクル青山センター

「DBがなんか遅いんだけど!」「DBで何か起きてないか確認して!」こんな問い合わせへの対応 “一人”でできますか? - 勉強会@日本オラクル青山センター #2

という勉強会シリーズの続編です。今回はペアプロじゃなくてグループチューニング形式(3名1組というグループで解析しました)、2ノードRACで発生した処理遅延の解析の流れを勉強しました。



X2_80d2194


前回と違って、真剣にレポート見ちゃいましたよw。 

実はgc cr block grant 2-way あたりで、RACをRACとして使ってないのに遅延なんて、マニアックなネタになってるんじゃないかなー、なんて、ニヤニヤして見てたんですが、私の想像とは違う待機イベントでしたねー ;)(ネタばれ禁止なので内容はこの程度でご勘弁を)

で、皆さんいろいろと解析しつつ、最後のQAで、衝撃的(笑劇的)な解決案が提示されました!


なんと! 「RAC使わなければ、いいんじゃね?!」(核爆


普段解析やってる人、AP設計開発オンリーだけど怖いもの見たさでやってみたい方、女性エンジニアの方(私個人の意見ではございませんw)、どんどん参加してみてくだちい。(またGANTS語に....)


次回も楽しみにしております。


追伸)
ビールの勢いとはいえ、場の空気読みきれず、じゃんけん大会で勝って頂いちゃいました m(_ _)m


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/52634358

この記事へのトラックバック一覧です: 実習セミナー:RAC環境でのレスポンス遅延を調査・解決@日本オラクル青山センター:

コメント

コメントを書く