« 実習セミナー:RAC環境でのレスポンス遅延を調査・解決@日本オラクル青山センター | トップページ | iPhone4のビデオモードもなかなかですねー »

2011年9月 4日 (日)

悩ませ過ぎは及ばざるがごとし #4

さて、さて、前回のつづきです。

意識的に間を取ったんですが、ちょいと長過ぎたかw


前回、ハードパースに時間がかかってるねーってとこまで確認しましたよね〜

20110824_23733


・1回目のSQLトレース

call     count       cpu    elapsed       disk      query    current        rows
------- ------ -------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
Parse 1 45.18 45.15 0 0 0 0
Execute 1 0.00 0.00 0 0 0 0
Fetch 401 0.04 0.05 0 1897 0 5999
------- ------ -------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
total 403 45.23 45.21 0 1897 0 5999


・2回目のSQLトレース

call     count       cpu    elapsed       disk      query    current        rows
------- ------ -------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
Parse 1 0.00 0.00 0 0 0 0
Execute 1 0.00 0.00 0 0 0 0
Fetch 401 0.04 0.04 0 1897 0 5999
------- ------ -------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
total 403 0.04 0.04 0 1897 0 5999


ということでした。

じゃ、こんなにコストペースオプティマイザに考えさせちゃうSQL文でどんなのよー。と。 OLTPなのに分析系のすげー難しそーなSQL文なげてるとか??? 想像しているより現物見た方が早いですw

こんな感じのクエリだんたんよー。

SELECT
T1.surro_id,
T1.name,
T1.modified
FROM
test T1 JOIN (
SELECT DISTINCT
surro_id,
surro_bcd
FROM
test
) T2
ON
T1.surro_id = T2.surro_id AND
T1.surro_bcd = T2.surro_bcd
JOIN test T3
ON
T1.surro_id = T3.surro_id AND
T1.surro_acd= T3.surro_acd
WHERE
T1.surro_id IN (リテラル,....限界まで)
OR T1.surro_id IN (リテラル,....限界まで

.....以下....すきなだけ繰り返しw

/


え、え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ、リテラル値が〜〜〜〜すげ〜〜〜〜〜〜〜ぞ〜〜〜〜〜〜。
クエリ自体はたいしたことないw あの人達がすきそーな自己結合だー。(失礼w)

このクエリを見て、解決策2つをすぐに思いついたあたなあなた!、 そう、あなた、凄いです!
INリストには上限あるからね:)- Oracle® Database SQL言語リファレンス11gリリース2(11.2)式のリスト

このクエリの解決策。

解決案1
一番効果のありそうなの、リテラルを排除して、その部分を副問合せにしちゃう!。

解決案2
コストベースオプティマイザを悩ませない方法って、ありますよね、そう、ヒントを使って、「こんな感じにうごいて!」作戦。

このクエリの一番の問題点は、リテラル値が山ほどあって、似たような索引が沢山あって、しかも、リテラル値だから毎回値が異なる。結果として毎回ハードパースになるので、毎回コストベースオプティマイザが考え過ぎちゃうこと。

解決策は前述の2案のうちいずれか一つなんだけど、おすすめは案1のほう。

その訳は、でかいんです、なにが?

以下を見れば、なに? が でかいかよーくわかりますw

23:49:06 SYS> SELECT SQL_ID,SHARABLE_MEM,PERSISTENT_MEM,RUNTIME_MEM,SQL_TEXT FROM v$sql WHERE SQL_TEXT LIKE '%/*TEST*/%';

SQL_ID SHARABLE_MEM PERSISTENT_MEM RUNTIME_MEM SQL_TEXT
------------- ------------ -------------- ----------- ------------------------------
82q8wxz56y357 3317991 396816 395672 SELECT /*TEST*/ T1.surro_id,
T1.name, T1.modified FROM t
est T1 join ( SELECT DISTIN
CT surro_id, surro_bcd
FROM test ) T2 ON T1.s
urro_id = T2.surro_id AND T
1.surro_bcd = T2.surro_bcd
JOIN test T3 ON

ね、でかいでしょ。SHARABLE_MEMなんて3MBいっちゃってるし、この程度のことするにしてはデカ過ぎw
これって、直ちには影響はないのですが…(どっかで聞いた事ある言い回し><  やはり同じ事するセッション多いとさーボディーブローよ。全部ハードパースだしw


今回はここまで、次回へつづく。


ここまでのあらずじ

悩ませ過ぎは及ばざるがごとし #1
悩ませ過ぎは及ばざるがごとし #2
悩ませ過ぎは及ばざるがごとし #3

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/52641298

この記事へのトラックバック一覧です: 悩ませ過ぎは及ばざるがごとし #4:

コメント

コメントを書く