« shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇! おまけ | トップページ | IE9テスト用Windows7 64bit環境をVirtualBox VMで »

2011年2月17日 (木)

shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇! おまけのおまけ(でた〜最近、よくあるパターンw)

さて、前回のおまけで終了〜。 のつもりだったがリスナー経由の時は問題ないな〜と気づいて気が変わり。おまけのおまけとなりましたw


前回まではBEQで繋いでたな〜、と思ってリスナー経由の専用サーバー接続で同じことを試してみたらshutdown immeidateが待機させられない事に気づいた。

お〜〜〜〜っ。oracleのサーバープロセスがdefunctにならないっつーことは…

ということで、早速試してみた。

※1つめの端末でSQL*Plusを起動してOracleをスタートアップ(なお事前にリスナーは起動済みです)

[oracle@lampeye ˜]$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.1.0.7.0 - Production on 水 2月 16 23:10:11 2011

Copyright (c) 1982, 2008, Oracle. All rights reserved.

23:10:11 > conn / as sysdba
接続されました。
23:21:54 SYS> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 1603411968 bytes
Fixed Size 2160112 bytes
Variable Size 436210192 bytes
Database Buffers 1157627904 bytes
Redo Buffers 7413760 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
23:22:04 SYS>

※2つめの端末でSQL*Plusを起動してリスナー経由(この例では専用サーバー接続)でOracleへ接続後、host command(!)でshellへ入っておく。

[oracle@lampeye ˜]$ 
[oracle@lampeye ˜]$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.1.0.7.0 - Production on 水 2月 16 23:22:45 2011

Copyright (c) 1982, 2008, Oracle. All rights reserved.

23:22:45 > conn scott/tiger@lampeye
接続されました。
23:22:53 SCOTT> !
[oracle@lampeye ˜]$

※この状態で、プロセスツリーをチェックしてみると…Bequeath Protocol接続の時は、PID=5398の子プロセスとしてOracleのサーバープロセスがforkされていたのに、居ないのよ…

[oracle@lampeye ˜]$ ps -ef | grep gnome-terminal
oracle 4976 1 0 23:08 ? 00:00:01 gnome-terminal
oracle 5440 5031 0 23:23 pts/3 00:00:00 grep gnome-terminal
[oracle@lampeye ˜]$
[oracle@lampeye ˜]$ pstree -p 4976 -ual
gnome-terminal,4976,oracle
├─bash,4982
│ └─sqlplus,5154
│ └─oracle,5376 (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
├─bash,5007
│ └─sqlplus,5398
│ └─bash,5413
├─bash,5031
│ └─pstree,5441 -p 4976 -ual
├─bash,5161
├─gnome-pty-helpe,4981
└─{gnome-terminal},4983
[oracle@lampeye ˜]$

※じゃ、どこに行ったのよ…と、調べてみると…リスナー経由だとサーバープロセスの親プロセスはINIT

23:29:17 SYS> select s.username,p.username,p.spid from v$process p join v$session s on p.addr = s.paddr where s.username='SCOTT'

USERNAME USERNAME SPID
------------------------------ --------------- ------------------------
SCOTT oracle 5400

経過: 00:00:00.01
23:29:18 SYS>

[oracle@lampeye ˜]$ ps -f -p 5400
UID PID PPID C STIME TTY TIME CMD
oracle 5400 1 0 23:22 ? 00:00:00 oraclelampeye (LOCAL=NO)
[oracle@lampeye ˜]$

※これならshutdown immeidateは待たされずに実行される!

23:35:22 SYS> 
23:35:22 SYS> shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
23:35:33 SYS>

ということは、SQL*PlusからBequeath Protocol接続の場合、host commandでshellへ入ったままにしているとshutdown immeidateが待機させられるのな…


じゃ、sqlnet.ora に BEQUEATH_DETACH=yes を設定すれば回避できそーな気がする
Oracle Database Net Servicesリファレンス 11g リリース1(11.1)- 5.2.1 BEQUEATH_DETACH

早速、検証…

sqlnet.oraにBEQUEATH_DETACH=yesを追記。

[oracle@lampeye ˜]$ 
[oracle@lampeye ˜]$ cat $ORACLE_HOME/network/admin/sqlnet.ora
# sqlnet.ora Network Configuration File: /opt/u01/app/oracle/product/11.1.0/db_1/network/admin/sqlnet.ora
# Generated by Oracle configuration tools.

NAMES.DIRECTORY_PATH= (TNSNAMES, EZCONNECT)
BEQUEATH_DETACH=yes

[oracle@lampeye ˜]$

※1つめの端末でSQL*Plusを起動し、Oracleをstartup…

[oracle@lampeye ˜]$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.1.0.7.0 - Production on 水 2月 16 23:39:14 2011

Copyright (c) 1982, 2008, Oracle. All rights reserved.

23:39:14 > conn / as sysdba
アイドル・インスタンスに接続しました。
23:39:17 SYS> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 1603411968 bytes
Fixed Size 2160112 bytes
Variable Size 436210192 bytes
Database Buffers 1157627904 bytes
Redo Buffers 7413760 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
23:39:26 SYS>


※2つめの端末でSQL*Plusを起動、BEQ接続でSCOTTユーザへ接続後、host command(!)でshellへ入っておく…

[oracle@lampeye ˜]$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 11.1.0.7.0 - Production on 水 2月 16 23:39:39 2011

Copyright (c) 1982, 2008, Oracle. All rights reserved.

23:39:39 > conn scott/tiger
接続されました。
23:39:45 SCOTT> !
[oracle@lampeye ˜]$


※この状態でプロセスツリーを見てみると…お〜〜〜、SQL*Plusの子プロセスではなくなっている…

[oracle@lampeye ˜]$ pstree -p 4976 -ual 
gnome-terminal,4976,oracle
├─bash,4982
│ └─sqlplus,5596
├─bash,5007
│ └─sqlplus,5664
│ └─bash,5686
├─bash,5031
│ └─pstree,5711 -p 4976 -ual
├─bash,5161
├─gnome-pty-helpe,4981
└─{gnome-terminal},4983
[oracle@lampeye ˜]$

※じゃ〜、どこの子になっちゃったのか調べてみましょう…

23:41:08 SYS> select s.username,p.username,p.spid from v$process p join v$session s on p.addr = s.paddr where s.username IN ('SYS','SCOTT');

USERNAME USERNAME SPID
------------------------------ --------------- ------------------------
SYS oracle 5685
SCOTT oracle 5666

経過: 00:00:00.03
23:41:40 SYS>

お〜、やはり、SQL*Plusの子じゃなくて、INITの養子となってしまったようですw

[oracle@lampeye ˜]$ ps -f -p 5685 5666
UID PID PPID C STIME TTY STAT TIME CMD
oracle 5666 1 0 23:39 ? Ss 0:00 oraclelampeye (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
oracle 5685 1 0 23:40 ? Ss 0:00 oraclelampeye (DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))
[oracle@lampeye ˜]$

これなら、shutdown immeidateも待たされないでしょうね :)

23:42:52 SYS> shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
23:43:07 SYS>

immeidateしない、ほかの理由に遭遇! ネタはこれで、ほんとにほんとのおしまい :)


shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇!
shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇! #2
shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇! #3
shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇! おまけ

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/50892424

この記事へのトラックバック一覧です: shutdown immeidateしない、ほかの理由に遭遇! おまけのおまけ(でた〜最近、よくあるパターンw):

コメント

コメントを書く