« VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #16の番外編 | トップページ | VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #21 »

2011年1月 5日 (水)

VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #20

VirtualBox de Oracle11g R2 RACのつづき。

データベースも無事?作成できたので、今回はNet Serviceの確認を。

  1. ハードウェア構成(VMなのでVMの構成も含めて)、ソフトウェア構成など
  2. Linux (CentOS 5.5 x86_64)のインストール
  3. Openfiler2.3 x86のインストール
  4. Openfiler2.3 x86によるiSCSIボリュームの構成
  5. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成 その1その2その3
  6. Oracle所有者、Oracle Grid Infrastructureユーザの作成と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  7. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  8. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成とntpの構成
    sshの構成は念のために行った、多分、実施しなくても大丈夫だと思うけど…ついでなので、ちょいと意地悪な実験をしてみた)
  9. ローカルネームサーバの構成
  10. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  11. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0.5 x84_64)のインストール及び構成
  12. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 RACインストール事前作業
  13. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 Grid Infrastractureのインストール
  14. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 Database softwareのインストール
  15. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 examplesのインストール
  16. Oracle Cluster databaseの作成
  17. Net Serviceの確認
  18. Oralce Grid InsfastructureとDatabase構成の確認
  19. Clusterの開始と停止の確認
  20. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認

Net Serviceの確認

まず、クライアントになるMacOS X Snow LeopardのOracle10g R2 Instant Client側の設定(tnsnames.ora)から。

tnsnames.oraにVirtualBox上に構築したRACに接続するため以下ように定義した。
接続識別子ORCLはVirtualBox上に構築した際、自動生成された部分を複製し、残り2つの定義はRACの各ノードを個別に狙って接続するため接続識別子ORCL1/ORCL2を定義した。

discus:˜ oracle$ diff -u $TNS_ADMIN/tnsnames.ora.org $TNS_ADMIN/tnsnames.ora
--- /Users/Shared/instantclient_10_2/tnsnames.ora.org 2011-01-04 22:34:28.000000000 +0900
+++ /Users/Shared/instantclient_10_2/tnsnames.ora 2011-01-04 22:57:31.000000000 +0900
@@ -10,3 +10,32 @@
)
)

+# Oracle11g R2 11.2.0.1.0 RAC for Linux x86_64 / VirtualBox
+ORCL =
+ (DESCRIPTION =
+ (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = discus-rac64-scan.macdeoracle.jp)(PORT = 1521))
+ (CONNECT_DATA =
+ (SERVER = DEDICATED)
+ (SERVICE_NAME = orcl.macdeoracle.info)
+ )
+ )
+
+ORCL2 =
+ (DESCRIPTION =
+ (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = discus-rac64-scan.macdeoracle.jp)(PORT = 1521))
+ (CONNECT_DATA =
+ (SERVER = DEDICATED)
+ (SERVICE_NAME = orcl.macdeoracle.info)
+ (INSTANCE_NAME = orcl2)
+ )
+ )
+
+ORCL1 =
+ (DESCRIPTION =
+ (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = discus-rac64-scan.macdeoracle.jp)(PORT = 1521))
+ (CONNECT_DATA =
+ (SERVER = DEDICATED)
+ (SERVICE_NAME = orcl.macdeoracle.info)
+ (INSTANCE_NAME = orcl1)
+ )
+ )
discus:˜ oracle$


接続テスト

事前にscan vipがどのような状態か確認しておく。

[oracle@discus164 ˜]$ srvctl status scan
SCAN VIP scan1は有効です
SCAN VIP scan1はノードdiscus264で実行されています
SCAN VIP scan2は有効です
SCAN VIP scan2はノードdiscus164で実行されています
SCAN VIP scan3は有効です
SCAN VIP scan3はノードdiscus164で実行されています
[oracle@discus164 ˜]$

[root@discus164 ˜]# crsctl status resource -w 'TYPE co scan' -t
--------------------------------------------------------------------------------
NAME TARGET STATE SERVER STATE_DETAILS
--------------------------------------------------------------------------------
Cluster Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.LISTENER_SCAN1.lsnr
1 ONLINE ONLINE discus264
ora.LISTENER_SCAN2.lsnr
1 ONLINE ONLINE discus164
ora.LISTENER_SCAN3.lsnr
1 ONLINE ONLINE discus164
ora.scan1.vip
1 ONLINE ONLINE discus264
ora.scan2.vip
1 ONLINE ONLINE discus164
ora.scan3.vip
1 ONLINE ONLINE discus164
[root@discus164 ˜]#

MacOS X Snow LeopardのSQL*PlusからVirtualBox上のOracle11g R2 11.2.0.1.0 RACへの接続テスト。

discus:˜ oracle$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 10.2.0.4.0 - Production on 火 1月 4 23:16:53 2011

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All Rights Reserved.

SQL> -- ロードバランシングで適当なインスタンスへ接続される。この場合インスタンス2に接続した
SQL> conn scott/tiger@orcl
接続されました。
SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
----------------
orcl2

SQL> -- 2度目はインスタンス1に接続した。(うまくいってる!)
SQL> conn scott/tiger@orcl
接続されました。
SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
----------------
orcl1

SQL> -- インスタンス1(orcl1)を狙った接続! OK.
SQL> conn scott/tiger@orcl1
接続されました。
SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
----------------
orcl1

SQL> -- 念のためもう一度。狙ったインスタンスへ接続している。
SQL> conn scott/tiger@orcl1
接続されました。
SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
----------------
orcl1

SQL> -- インスタンス2(orcl2)を狙った接続! OK.
SQL> conn scott/tiger@orcl2
接続されました。
SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
----------------
orcl2

SQL> -- 念のためもう一度!。狙ったインスタンスへ接続している。
SQL> conn scott/tiger@orcl2
接続されました。
SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
----------------
orcl2

SQL>


リモートからのも接続OK :)


以下、RACインスタンスのバージョン情報、Client側情報としてSQL*Plusのバージョン及び、OSのバージョン情報。

SQL> select * from gv$version; 

INST_ID BANNER
---------- --------------------------------------------------------------------------------
2 Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production
2 PL/SQL Release 11.2.0.1.0 - Production
2 CORE 11.2.0.1.0 Production
2 TNS for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production
2 NLSRTL Version 11.2.0.1.0 - Production
1 Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - 64bit Production
1 PL/SQL Release 11.2.0.1.0 - Production
1 CORE 11.2.0.1.0 Production
1 TNS for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production
1 NLSRTL Version 11.2.0.1.0 - Production

10行が選択されました。

SQL> !sqlplus -v

SQL*Plus: Release 10.2.0.4.0 - Production

SQL> !system_profiler SPSoftwareDataType | grep 'System Version'
System Version: Mac OS X 10.6.5 (10H574)

SQL>

次回へつづく。






これまでのあらすじ
Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#28

VirtualBox de RAC (Oracle11g R1編) #1
VirtualBox de RAC (Oracle11g R1編) #2



VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #1
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #2 - 事前調査など…
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #3
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #4
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #5
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #6
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #7
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #8
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #9
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #10
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #11
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #12
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #13
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #14
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #15
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #16
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #17
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #18
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #19




VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #16 - 番外編

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/50495752

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #20:

コメント

コメントを書く