« VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #7 | トップページ | VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #9 »

2010年12月18日 (土)

VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #8

VirtualBox de Oracle11g R2 RACのつづきです。

前回はiSCSI targetにローカルデバイス名をマッピングしたとこまででした。今回は前回iSCSIターゲットをマッピングしたローカルデバイスにパーティションを作成します。(
手順は前回と同じなので、そちらも参考に。

  1. ハードウェア構成(VMなのでVMの構成も含めて)、ソフトウェア構成など
  2. Linux (CentOS 5.5 x86_64)のインストール
  3. Openfiler2.3 x86のインストール
  4. Openfiler2.3 x86によるiSCSIボリュームの構成
  5. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成 その1その2、その3
  6. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  7. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  8. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成(念のために行った、多分、実施しなくても大丈夫だと思うけど。別途確認する予定)
  9. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  10. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0.5 x84_64)のインストール及び構成
  11. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 RACインストール事前作業
  12. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 Grid Infrastractureのインストール
  13. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 Database softwareのインストール
  14. Oracle11g R2 11.2.0.1.0 examplesのインストール
  15. Oracle Cluster databaseの作成
  16. Net Serviceの確認
  17. Oralce Grid InsfastructureとDatabase構成の確認
  18. Clusterの開始と停止の確認
  19. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認

・パーティション

iSCSIターゲットを対応づけたローカルデバイスへfdiskコマンドでパーティションを作成します。

今回は、/dev/iscsi/openfiler:asm1/part、/dev/iscsi/openfiler:asm2/part、/dev/iscsi/openfiler:asm3/part、/dev/iscsi/openfiler:asm4/part、/dev/iscsi/openfiler:crs1/part、/dev/iscsi/openfiler:crs2/partに対して1パーティションを作成し利用可能な全シリンダを割り当てる。
尚、この操作はRACを構成するノードの1ノードからrootユーザとして実施する。

手順は前回の記事を参照のこと。ということで省略します。

最終的に以下の赤字部分の6パーティションが追加されることになります。RACを構成する全ノードで実施。

[root@discus164 ˜]# partprobe
[root@discus164 ˜]# fdisk -l

Disk /dev/sda: 53.6 GB, 53687091200 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 6527 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 * 1 13 104391 83 Linux
/dev/sda2 14 6527 52323705 8e Linux LVM

Disk /dev/sde: 2147 MB, 2147483648 bytes
67 heads, 62 sectors/track, 1009 cylinders
Units = シリンダ数 of 4154 * 512 = 2126848 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sde1 1 1009 2095662 83 Linux

Disk /dev/sdc: 22.5 GB, 22548578304 bytes
64 heads, 32 sectors/track, 21504 cylinders
Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdc1 1 21504 22020080 83 Linux

Disk /dev/sdd: 22.5 GB, 22548578304 bytes
64 heads, 32 sectors/track, 21504 cylinders
Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdd1 1 21504 22020080 83 Linux

Disk /dev/sdf: 22.5 GB, 22548578304 bytes
64 heads, 32 sectors/track, 21504 cylinders
Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdf1 1 21504 22020080 83 Linux

Disk /dev/sdg: 2147 MB, 2147483648 bytes
67 heads, 62 sectors/track, 1009 cylinders
Units = シリンダ数 of 4154 * 512 = 2126848 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdg1 1 1009 2095662 83 Linux

Disk /dev/sdb: 22.5 GB, 22548578304 bytes
64 heads, 32 sectors/track, 21504 cylinders
Units = シリンダ数 of 2048 * 512 = 1048576 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 1 21504 22020080 83 Linux
[root@discus164 ˜]#
[root@discus164 ˜]#


・確認
パーティションの作成が済んだらRACの全ノードでrootユーザとしてパーティションが認識されているか確認する。RACを構成する全ノードで。

[root@discus164 ˜]# 
[root@discus164 ˜]#
[root@discus164 ˜]# cd /dev/disk/by-path; ls -l *openfiler* | awk '{print $9 " " $10 " " $11}'
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:asm1-lun-0 -> ../../sdb
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:asm1-lun-0-part1 -> ../../sdb1
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:asm2-lun-0 -> ../../sdc
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:asm2-lun-0-part1 -> ../../sdc1
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:asm3-lun-0 -> ../../sdd
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:asm3-lun-0-part1 -> ../../sdd1
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:asm4-lun-0 -> ../../sdf
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:asm4-lun-0-part1 -> ../../sdf1
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:crs1-lun-0 -> ../../sde
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:crs1-lun-0-part1 -> ../../sde1
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:crs2-lun-0 -> ../../sdg
ip-192.168.2.92:3260-iscsi-iqn.2006-01.com.openfiler:crs2-lun-0-part1 -> ../../sdg1
[root@discus164 ˜]#
[root@discus164 ˜]#
[root@discus164 ˜]#
[root@discus164 ˜]# ls -l /dev/iscsi/*/*
lrwxrwxrwx 1 root root 9 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:asm1/part -> ../../sdb
lrwxrwxrwx 1 root root 10 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:asm1/part1 -> ../../sdb1
lrwxrwxrwx 1 root root 9 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:asm2/part -> ../../sdc
lrwxrwxrwx 1 root root 10 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:asm2/part1 -> ../../sdc1
lrwxrwxrwx 1 root root 9 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:asm3/part -> ../../sdd
lrwxrwxrwx 1 root root 10 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:asm3/part1 -> ../../sdd1
lrwxrwxrwx 1 root root 9 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:asm4/part -> ../../sdf
lrwxrwxrwx 1 root root 10 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:asm4/part1 -> ../../sdf1
lrwxrwxrwx 1 root root 9 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:crs1/part -> ../../sde
lrwxrwxrwx 1 root root 10 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:crs1/part1 -> ../../sde1
lrwxrwxrwx 1 root root 9 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:crs2/part -> ../../sdg
lrwxrwxrwx 1 root root 10 12月 18 13:40 /dev/iscsi/openfiler:crs2/part1 -> ../../sdg1
[root@discus164 ˜]#


2010/12//20追記
忘れてた、前回気づいたCentOS5.5でのiscsidの問題。これに対処しておかないと、Openfiler側に多数のゾンビセッションが残ってしまうので要注意!

ということで次回へつづく。






これまでのあらすじ
Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#28

VirtualBox de RAC (Oracle11g R1編) #1
VirtualBox de RAC (Oracle11g R1編) #2



VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #1
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #2 - 事前調査など…
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #3
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #4
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #5
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #6
VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #7


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/50333334

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualBox de Oracle11g R2 RAC #8:

コメント

コメントを書く