« HTML5とか勉強会 第10回@Google | トップページ | pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1 »

2010年9月21日 (火)

続・Client result cache (クライアント結果キャッシュ) #1 w

最終回とおまけで終了させてしまったので、”続”にしてみたw


まずは、Oracle11 r2のマニュアル(原文)を。(Oracle11g r1でも同じなので)

2

マニュアルには、シノニム経由の場合、クライアント結果キャッシュされないという記載はない…

ところが…

デモプログラムでアクセスするqctable表をOCITESTユーザではなくSCOTTユーザに作成し
パブリックシノニムを経由してOCITESTユーザからアクセスするよう環境を変更し〜て〜み〜る〜と〜


なんと〜〜〜〜〜〜〜〜クライアント結果キャッシュ対象外になるではありませんか〜〜〜。:)

なぜ、この手の見つけるとニッコリしちゃうんでしょw

11:21:52 SYS> conn ocitest/ocitest
接続されました。
11:22:23 OCITEST> drop table qctable purge;

表が削除されました。

経過: 00:00:00.55
11:22:33 OCITEST> desc qctable
ERROR:
ORA-04043: オブジェクトqctableは存在しません。


11:24:32 OCITEST> conn scott/tiger
接続されました。
11:26:50 SCOTT> CREATE TABLE qctable (empno NUMBER, ename VARCHAR2(20), sal NUMBER);

表が作成されました。

経過: 00:00:00.16
11:26:57 SCOTT> conn / as sysdba
接続されました。
11:27:39 SYS> grant select, insert, delete, update on scott.qctable to ocitest;

権限付与が成功しました。

経過: 00:00:00.03
11:27:54 SYS> create public synonym qctable for scott.qctable;

シノニムが作成されました。

経過: 00:00:00.12
11:28:15 SYS> conn ocitest/ocitest
接続されました。
11:29:30 OCITEST> desc qctable
名前 NULL? 型
----------------------------------------- -------- ----------------------------
EMPNO NUMBER
ENAME VARCHAR2(20)
SAL NUMBER

11:29:33 OCITEST> exec insert_val;

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

経過: 00:00:00.36
11:29:39 OCITEST> commit;

コミットが完了しました。

経過: 00:00:00.01
11:29:41 OCITEST>

という準備の後に、前回改造した(オリジナルのcdemoqc.cでも確認できます。)デモプログラムを実行中にclient_result_cache_stats$ビュ−を覗いて見ると〜

シノニム経由だとキャッシュされなくなることが確認できる。


11:33:22 SYS> /

CACHE_ID STAT_ID NAME VALUE
---------- ---------- ------------------------------ ----------
140 1 Block Size 256
140 2 Block Count Max 4096
140 3 Block Count Current 128
140 4 Hash Bucket Count 1024
140 5 Create Count Success 0
140 6 Create Count Failure 0
140 7 Find Count 0
140 8 Invalidation Count 0
140 9 Delete Count Invalid 0
140 10 Delete Count Valid 0

10行が選択されました。

経過: 00:00:00.00
11:33:48 SYS>

あと一つぐらいはエントリ書くかも、(書かないかも)




Client result cache (クライアント結果キャッシュ)と client_result_cache_stats$の怪しい関係 #1
Client result cache (クライアント結果キャッシュ)と client_result_cache_stats$の怪しい関係 #2
Client result cache (クライアント結果キャッシュ)と client_result_cache_stats$の怪しい関係 #3
Client result cache (クライアント結果キャッシュ)と client_result_cache_stats$の怪しい関係 #4
Client result cache (クライアント結果キャッシュ)と client_result_cache_stats$の怪しい関係 #5 (最終回)
Client result cache (クライアント結果キャッシュ)と client_result_cache_stats$の怪しい関係 #おまけ

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・Client result cache (クライアント結果キャッシュ) #1 w:

コメント

コメントを書く