« Oracle Application Express 4.0 EA2 on Amazon EC2 | トップページ | pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #8 »

2010年5月10日 (月)

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7

2010/11/25追記
実は_pga_max_sizeの扱いがOracle10g R2以降ひっそりと変更されていた!という事実。Season2という後付けのタイトルで後日談を書いておきましたので次いでに見ておくとちょっとは幸せになるかも…
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? Season2 #1

pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? その7回目、

今回からOracle10g R2での検証、環境は以下。

Oracle10g R2 for MacOS X Server (x86_64) / MacOS X 10.6.3 Core2 Duo 2.2Ghz RAM:2GB

手順はOracle10g R1の場合と同じだが、多少順番が前後したり設定するサイズは変更しながら行うかもしれないのであしからず。

SYS> select * from v$version;

BANNER
----------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Prod
PL/SQL Release 10.2.0.4.0 - Production
CORE 10.2.0.4.0 Production
TNS for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production
NLSRTL Version 10.2.0.4.0 - Production

SYS>

Oracle10g R1 for MacOS X Serverの場合と同じテスト表とデータを用意してっ、と。

SCOTT> 
SCOTT> create table code (code varchar2(4000));

表が作成されました。

SCOTT>
SCOTT> begin for i in 1..100000 loop insert into code values(lpad('#',4000,'#')); end loop; commit; end;
2 /

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT> exec dbms_stats.gather_table_stats(ownname=>'SCOTT',tabname=>'CODE',degree=>2,estimate_percent=>100);

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT>
SCOTT> l
1 select
2 blocks*block_size/1024/1024 as "table_size(MB)"
3 from
4 user_tables ut join user_tablespaces uts
5 on ut.tablespace_name = uts.tablespace_name
6* and ut.table_name = 'CODE'
SCOTT> /

table_size(MB)
--------------
788.101563

SCOTT>


テスト開始まえの関連パラメータの値は以下のような状態になってます。

SYS> @show_param

KSPPINM KSPPSTVL KSPPSTDF
------------------------------ ------------------------------ ------------------------------
_4031_sga_dump_interval 3600 TRUE
_4031_sga_max_dumps 10 TRUE
_lock_sga_areas 0 TRUE
_pga_large_extent_size 1048576 TRUE
_pga_max_size 209715200 FALSE
_use_ism_for_pga TRUE TRUE
lock_sga FALSE TRUE
pga_aggregate_target 104857600 FALSE
pre_page_sga FALSE TRUE
sga_max_size 612368384 TRUE
sga_target 612368384 FALSE

11行が選択されました。

SYS> show parameter workarea_size

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
workarea_size_policy string AUTO
SYS>


引っ張るメソッドはいつもと同じということで、Oracle10g R2編、次回へつづく。 :)


前回までのあらすじ・・・
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #1
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #2
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #3
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #4
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #5
pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #6

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/48318369

この記事へのトラックバック一覧です: pga_aggregate_targetでPGA?、_pga_max_sizeでPGA? #7:

コメント

コメントを書く