« Oracle SQL Developer Data Modeler #2 | トップページ | Snow Leopard の Finderがcrashしてrestartを繰り返すなうの巻き »

2009年9月27日 (日)

Oracle SQL Developer Data Modeler #3

前回予告したようにOracle SQL Developer Data Modeler 2.0で日本語を使ったモデリングを試してみた。まず使用感から先に書いておくと”まあまあ”と言ったところ。
日本語を使う上で注意する点も現時点ではまだまだあるな。という感じで、その辺りが面倒だとか気になるようであればERwinとかObjectBrowser ERとか既存のツールを使った方が楽だと感じる方も多いかもしれない。


まずはYouTubeへアップしたムービーでご覧ください。
論理モデルを日本語で作成し、物理モデルへ変換する。
その際のポイントは以下。

  • 変換する際に英語表記へ変換しているが制約名(主キー制約、ユニーク制約、外部参照制約など)を日本語表記から英語表記へ置換する機能が無い(?)ようで、制約名に関しては論理モデル上で英語表記へ手動変更している。

  • 外部参照制約では外部キー削除時のデフォルトアクションをNO ACTIONと設定していてもSET NULLが設定されてしまうため、この項目についても適宜手動で設定する必要がある。

  • DDL生成時に指定した名称を置換する「Name Substitution」機能は動作しないようなので使うのをやめた。(使い方が悪いのか?)

  • 今回あえて、日本語名のままのカラム(従業員.給与)を残しておきDDLにどのように書き出されるか確認しておいた。結果としては識別引用子(quoted identifier)は付加されないので「日本語名称でテーブル等のデータベースオブジェクト名称」を作成したいという方々には残念!かも。ただ、どうしても識別引用子を付加したい場合もあると思うのでDDL生成時オプションとして用意してもらえると良いと思う。(確かObjectBrowser ERはそんな機能があったような気がする。)

  • 論理モデル上にてリレーションを作成した場合、属性名称のPreferred Abbreviationに指定した名称を継承しないので手動で入力する必要がる。(タイプミスには要注意。)


ムービーは最大化するといいよ!

ムービーで作成した物理モデルから生成したDDLは以下の通り。(EMPLOYEESの給与列はあえてマルチバイトのままにしてあるが識別引用子が付加されていない。赤太字部分)

他に気付いたことも幾つかあった気がする・・・・・。が・・・思い出したらこのエントリに追記するか別エントリにする予定。

尚、論理モデルから物理モデルへ変換する際「Apply Name Translation」と「Use preferred abbreviations」をチェックしたが、「Use preferred abbreviations」をチェックしなかった場合はどこに設定した名称に変換してくれるのか未確認。


-- Generated by Oracle SQL Developer Data Modeler Version: 2.0.0 Build: 570
-- at: 2009-09-26 22:05:49
-- site: Oracle Database 11g
-- type: Oracle Database 11g


CREATE TABLE DEPARTMENTS
(
DEPARTMENT_ID NUMBER (4) NOT NULL ,
DEPARTMENT_NAME VARCHAR2 (60 BYTE) NOT NULL
) TABLESPACE HOGE_TS

;


COMMENT ON TABLE DEPARTMENTS IS '部署マスタ'
;

COMMENT ON COLUMN DEPARTMENTS.DEPARTMENT_ID IS '部署ID'
;

COMMENT ON COLUMN DEPARTMENTS.DEPARTMENT_NAME IS '部署名'
;
CREATE UNIQUE INDEX DEPARTMENTS_PKX ON DEPARTMENTS
(
DEPARTMENT_ID ASC
)
;

ALTER TABLE DEPARTMENTS
ADD CONSTRAINT DEPARTMENTS_PK PRIMARY KEY ( DEPARTMENT_ID ) ;


CREATE TABLE EMPLOYEES
(
EMPLOYEE_ID NUMBER (5) NOT NULL ,
EMPLOYEE_NAME VARCHAR2 (40 BYTE) NOT NULL ,
給与 NUMBER (7,2) NOT NULL ,
DEPARTMENT_ID NUMBER (4) ,
MGR_ID NUMBER (5)
) TABLESPACE HOGE_TS

;



COMMENT ON TABLE EMPLOYEES IS '従業員マスタ'
;

COMMENT ON COLUMN EMPLOYEES.EMPLOYEE_ID IS '従業員ID'
;

COMMENT ON COLUMN EMPLOYEES.EMPLOYEE_NAME IS '従業員名'
;

COMMENT ON COLUMN EMPLOYEES.給与 IS '給与'
;

COMMENT ON COLUMN EMPLOYEES.DEPARTMENT_ID IS '部署ID'
;

COMMENT ON COLUMN EMPLOYEES.MGR_ID IS '上司ID'
;
CREATE UNIQUE INDEX EMPLOYEES_PKX ON EMPLOYEES
(
EMPLOYEE_ID ASC
)
;
CREATE INDEX EMP_DEPT_FK1X ON EMPLOYEES
(
DEPARTMENT_ID ASC
)
;
CREATE INDEX EMP_EMP_FK1X ON EMPLOYEES
(
MGR_ID ASC
)
;

ALTER TABLE EMPLOYEES
ADD CONSTRAINT EMPLOYEES_PK PRIMARY KEY ( EMPLOYEE_ID ) ;



ALTER TABLE EMPLOYEES
ADD CONSTRAINT EMP_DEPT_FK1 FOREIGN KEY
(
DEPARTMENT_ID
)
REFERENCES DEPARTMENTS
(
DEPARTMENT_ID
)
;


ALTER TABLE EMPLOYEES
ADD CONSTRAINT EMP_EMP_FK1 FOREIGN KEY
(
MGR_ID
)
REFERENCES EMPLOYEES
(
EMPLOYEE_ID
)
;


-- Oracle SQL Developer Data Modeler Summary Report:
--
-- CREATE TABLE 2
-- CREATE INDEX 4
-- ALTER TABLE 2
-- CREATE VIEW 0
-- CREATE PROCEDURE 0
-- CREATE TRIGGER 0
-- CREATE STRUCTURED TYPE 0
-- CREATE COLLECTION TYPE 0
-- CREATE CLUSTER 0
-- CREATE CONTEXT 0
-- CREATE DATABASE 0
-- CREATE DIMENSION 0
-- CREATE DIRECTORY 0
-- CREATE DISK GROUP 0
-- CREATE ROLE 0
-- CREATE ROLLBACK SEGMENT 0
-- CREATE SEQUENCE 0
-- CREATE SNAPSHOT 0
-- CREATE SYNONYM 0
-- CREATE TABLESPACE 0
-- CREATE USER 0
--
-- DROP TABLESPACE 0
-- DROP DATABASE 0
--
-- ERRORS 0
-- WARNINGS 0




バックナンバー
Oracle SQL Developer Data Modeler #1
Oracle SQL Developer Data Modeler #2

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/46324856

この記事へのトラックバック一覧です: Oracle SQL Developer Data Modeler #3 :

コメント

コメントを書く