« Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #1 | トップページ | 気付いたら400,000アクセス超えてました »

2009年4月14日 (火)

Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #2

Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)の続きです。

前回はOracle Universal Installerを起動したところまでだった。
今回はその続き。Oracle10g release 2 10.2.0.4.0の起動確認と停止まで確かめてみた。

guppy:˜ oracle$ cd /Users/Shared/db/Disk1
guppy:Disk1 oracle$ ll
total 16
drwxr-xr-x@ 10 discus staff 340 Apr 3 02:18 doc
drwxr-xr-x@ 15 discus staff 510 Apr 2 22:49 install
drwxr-xr-x@ 7 discus staff 238 Apr 2 22:49
response
-rwxr-xr-x@ 1 discus staff 1980 Apr 2 22:49 runInstaller
drwxr-xr-x@ 47 discus staff 1598 Apr 2 22:49 stage
-rw-r--r--+ 1 discus staff 3911 Apr 3 02:18 welcome.html
guppy:Disk1 oracle$ ./runInstaller &
[1] 738
guppy:Disk1 oracle$ Starting Oracle Universal Installer...

No pre-requisite checks found in oraparam.ini,
no system pre-requisite checks will be executed.
Preparing to launch Oracle Universal Installer from
/tmp/OraInstall2009-04-12_03-gguppguppguppy:Disggggguguguggguppy:Disk1 oracle$

21_2

インストールの模様はYouTubeでどうぞ。HD版がおすすめですよ。


22_3
上記画面が現れたらいつものお約束、root.shの実行

guppy:˜ discus$ sudo /Users/shared/u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限の変更:/Users/shared/u01/app/oraInventory : 770.
グループ名の変更:/Users/shared/u01/app/oraInventory : oinstall.
スクリプトの実行が完了しました
guppy:˜ discus$ sudo /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/root.sh
-bash: /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/root.sh: Permission denied
guppy:˜ discus$ sudo /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/root.sh
Running Oracle 10g root.sh script...

The following environment variables are set as:
ORACLE_OWNER= oracle
ORACLE_HOME= /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
Copying dbhome to /usr/local/bin ...
Copying oraenv to /usr/local/bin ...
Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root.sh script.
Now product-specific root actions will be performed.
guppy:˜ discus$

これでOUIによるインストールは終了。MacOSX 10.5.6でもインストールできるでしょ!。:)

さて、仕上げは環境変数 .bashrcを以下のように設定(Oracle JDeveloper 11g with Oracle WebLogic Server for MacOSXをインストール済みなので関連する環境変数も入れてあるが気にしないでください。)

guppy:˜ oracle$ cat .bashrc
alias ll='ls -lv'

export ORACLE_BASE=/Users/shared/u01/app/oracle
export ORACLE_SID=leopard1
export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/oracle/product/10.2.0/db_1
export NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8
export DYLD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib
export PATH=$ORACLE_HOME/bin:$PATH

#for Oracle11g and Jdeveloper Oracle Middleware HOME
export ORACLE_MIDDLEWARE_HOME=/Users/Shared/Oracle/Middleware

guppy:˜ oracle$

では最後の確認を。

guppy:˜ oracle$ . .bashrc
guppy:˜ oracle$ onsctl ping
ons is running ...
guppy:˜ oracle$ lsnrctl status

LSNRCTL for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production on 12-4月 -2009 16:51:09

Copyright (c) 1991, 2007, Oracle. All rights reserved.

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名 LISTENER
バージョン TNSLSNR for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production
開始日 12-4月 -2009 16:49:57
稼働時間 0 日 0 時間 1 分 12 秒
トレース・レベル off
セキュリティ ON: Local OS Authentication
SNMP OFF
パラメータ・ファイル /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/network/log/listener.log
リスニング・エンドポイントのサマリー...
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=guppy.macdeoracle.jp)(PORT=1521)))
サービスのサマリー...
サービス"PLSExtProc"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"PLSExtProc"、状態UNKNOWNには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"leopard1.macdeoracle.jp"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"leopard1"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"leopard1XDB.macdeoracle.jp"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"leopard1"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"leopard1_XPT.macdeoracle.jp"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"leopard1"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
コマンドは正常に終了しました。
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ sqlplus sys@leopard1 as sysdba

SQL*Plus: Release 10.2.0.4.0 - Production on 日 4月 12 16:51:25 2009

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All Rights Reserved.

パスワードを入力してください:


Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
に接続されました。
SQL> select * from v$version;

BANNER
----------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Prod
PL/SQL Release 10.2.0.4.0 - Production
CORE 10.2.0.4.0 Production
TNS for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production
NLSRTL Version 10.2.0.4.0 - Production

SQL> exit
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing optionsとの接続が切断されました。
guppy:˜ oracle$

guppy:˜ oracle$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 10.2.0.4.0 - Production on 日 4月 12 16:59:33 2009

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All Rights Reserved.

SQL> conn / as sysdba
接続されました。
SQL> shutdown
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SQL> exit
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing optionsとの接続が切断されました。
guppy:˜ oracle$ lsnrctl stop

LSNRCTL for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production on 12-4月 -2009 16:59:58

Copyright (c) 1991, 2007, Oracle. All rights reserved.

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1)))に接続中
コマンドは正常に終了しました。
guppy:˜ oracle$

Copyright 2007というのが2009に登場したのだからOracle11gは意外とすんなりリリースされたりして・・・・・

次回はCompanion CDで追加インストールでもやりましょうか・・・・




バックナンバー

Oracle10g R2 for MacOSX (Intel x86-64) released !!!
Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #1

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/44657691

この記事へのトラックバック一覧です: Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #2:

コメント

コメントを書く