« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月25日 (土)

中国って、強制的にソースコード開示要求?

Yomiuri Online : 中国、ITソースコード強制開示強行へ…国際問題化の懸念
中国ってなんだか凄い国ね。このままいっちゃうのだろうか。

デジタル家電だけが対象であるのか一般的なソフトウェア製品もその対象になるのか上記記事からは読み取れないのだが、中国が強制的になんでもかんでもソースコード強制開示要求するようになっちゃうと。。。。中国でも商売している最近Sun Microsystemさんを買収したOracleさんは、中国では他の国向けのOracle11gとかOracle WebLogic Server 10.3という製品とは別エディションを販売するようになっちゃったりしてね。。

例えば。。。。

Databaseは、Oracle11g Release 2 Chinese Edition
(実はMySQL)

Application Serverは、Oracle Application Server 11g Relase 1 Chinese Edition
(実はGlassFish)
とか。

これならソースコード見せろ!!
なんて言われてもどうぞご自由に・・・と言えちゃうし。
とにかく今後の成り行きに注目ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

Oracle Open World Tokyo 2009 #2(最終日) - Do you Poken?

Oracle Open World Tokyo 2009でOracle社員犬のWendyがPoken始めたというのでハイフォーしてきました。私以外にWendyとハイフォーした方いたのかな?

おっと、忘れるところでした、Unconferenceや他のセッション、そして最後に、Oracle Master de Night(なんとなく似ている? de だけね)にもちゃんと参加してきましたよ。

12

今話題のSun Microsystemsさんのブースにて(T5440の256スレッドのデモ中)、知っている営業の方がいたので、つい話し込んでしまいました。あはは。
Img_0348

そしてちょっとしたサプライズ、MacとiPhoneがWendyのブースのお隣に!!!!(できればもっと目立つところに・・・・)
Img_0352

そして最後はOracle Master de Night!
ここで名刺交換した方々がこのブログをよく見てくださっているようで、名刺交換した時の反応に私自身が驚いてしまいました。:)
見て頂いてありがとうございます。

Img_0366

ところで、Oracle Master de Night!とMac De Oracleの"de"がかぶってますが、Mac De Oracleの"De"は、Cube De Zopeから頂いた"De"なんですよ。実はそれほど売れなかったPowerMac G4 Cubeでしたが、私はあのデザインが好きで未だにPowerMac G4 Cube保管してます。SonnetのCPUカード付けて1.2GhzにClock-upしてますけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

Javaじゃないよ、Brazil + Ethiopia + Guatemalaのブレンドだよ

Espressoでコーヒーブレイク中!。
今日はOracle Open World Tokyo 2009へ行く予定はないが、明日は午後から夕方まで参加予定。
犬好きの私の目的はWendyとのハイフォー。:)


ということでPoken準備完了。 Do you poken? wendy!

8

10



2009/4/24追記
そういえば、PokenのサイトってMySQL/GlassFish/Java使っているんだね。

バックナンバー
Oracle Open World Tokyo 2009 #1

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年4月22日 (水)

Oracle Open World Tokyo 2009 #1

急遽予定を変更して、14:10〜15:00の1セッションだけにしてしまったので、OTNラウンジのUnconferenceを横目で見つつ水とポテチを頂きセッション会場へ。Go。でも大体想定の範囲内の話だったので後半はお隣の方の寝息でこちらまで眠くなってしまった。Zzzzzzzz....

明日は行く予定はないので明後日(金曜日)の午後からOTNラウンジとセッション会場を行ったり来たりしつつOracle Master de Nightまで参加予定。

OpenWorldTokyo09

OpenWorldTokyo09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

OracleがSunを買収...その2

今日のうちのブログを参照したremote host数で日本オラクルさんがTop3に!
なんて話は置いといて。

「OracleはSunの輝きを永久に奪う」という記事が載っていて、その記事を読んでいたらイメージが浮かんでしまったのでOracle HQ by space.Boyの画像を元に作ってみた。Sun MicrosystemsがOracleの影にぼんやりと写り込むようなことだけにはなって欲しくないです。(取り上げた記事とは逆に買収を歓迎するような記事も多々ありますけどね。)

ところで用賀のSBSタワーは今後どうなるの? Oracle-sun!、Oracleさん!、教えて!


6

Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

がお〜〜〜〜っ、Oracle が Sunを買収!

On April 20, 2009, Oracle announced it has entered into an agreement to acquire Sun Microsystems (Sun).
MySQLもOracleなのねぇ~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Oracle SQL Developer 1.5.4がJavaSE6.0 Developer Preview 1(PowerPC版ね)を嫌だと言うので・・

さて、今日はSQL Developer 1.5.4 for MacOSX(PowerPC)の話題をちょっとだけ。

PowerMac G5 with MacOSX Tiger 10.4.11(PowerPC)へJDeveloper 11g for MacOSXをインストールした際、JavaSE6.0 Developer Preview 1をデフォルトのJavaVMに変更してしまったので、それ以前にイストールしていたOracle SQL Developer 1.5.4がJDK6.0 Developer Preview 1なんてダメダメ、ちゃんとしてくれなくちゃだわ!。とアラートを表示するので、Oracle SQL Developer1.5.4はJavaSE5.0を利用するよう変更した。。(警告がでるだけで今のところ特に問題はなかったのですが、起動するだびアラートが表示されうざいので。)

ついでにどうにもこうにもSQL Developerのアイコンが気に入らないのでアイコンはカスタマイズしちゃってます。:)



Icon

1

Java6dp1

デフォルトのJDKをJavaSE6.0 Developer Preview 1(PowerPC版では正式なJDK6.0は無いので)にしてしまったのだが、旧リリースもちゃんと残してあるのでOracle SQL Developer for MacOSXではsqldeveloper-Darwin.confを編集し、SetJavaHomeにJavaSE5.0のパスをセットして再起動すれば作業終了。

ちなみに、sqldeveloper-Darwin.confの場所は、SQLDeveloper.app/Contents/Resources/sqldeveloper/sqldeveloper/bin 以下。

G5Server:˜ discus$
G5Server:˜ discus$ ls -l /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/
total 56
lrwxr-xr-x 1 root wheel 5 Sep 25 2008 1.3 -> 1.3.1
drwxr-xr-x 8 root wheel 272 Jul 21 2005 1.3.1
lrwxr-xr-x 1 root wheel 5 Sep 25 2008 1.4 -> 1.4.2
drwxr-xr-x 8 root wheel 272 Jul 21 2005 1.4.2
lrwxr-xr-x 1 root wheel 5 Sep 25 2008 1.5 -> 1.5.0
drwxr-xr-x 8 root wheel 272 Apr 9 10:02 1.5.0
lrwxr-xr-x 1 root wheel 5 Jul 21 2007 1.6 -> 1.6.0
drwxr-xr-x 10 root wheel 340 Mar 24 10:30 1.6.0
drwxr-xr-x 6 root wheel 204 Mar 17 19:53 A
lrwxr-xr-x 1 root wheel 1 Sep 25 2008 Current -> A
lrwxr-xr-x 1 root wheel 3 Mar 25 13:52 CurrentJDK -> 1.6
G5Server:˜ discus$
G5Server:˜ discus$
G5Server:˜ discus$ cd /Volumes/ExtraDisk/Application/
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application discus$ ls SQLDeveloper.app/Contents/Resources/sqldeveloper/sqldeveloper/bin
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application discus$ ll SQLDeveloper.app/Contents/Resources/sqldeveloper/sqldeveloper/bin
total 136
-rw-r--r-- 1 discus discus 0 Mar 2 21:47 jdk.conf
-rw-r--r-- 1 discus discus 315 Mar 2 21:47 logging-debug.conf
-rw-r--r-- 1 discus discus 316 Mar 2 21:47 logging.conf
-rw-r--r-- 1 discus discus 12702 Mar 2 21:47 splash.gif
-rw-r--r-- 1 discus discus 10286 Mar 2 21:47 splash.png
-r-xr-xr-x 1 discus discus 3168 Mar 2 21:47 sqldeveloper
-rw-r--r-- 1 discus discus 392 Apr 20 04:32 sqldeveloper-Darwin.conf
-rw-r--r-- 1 discus discus 350 Apr 20 04:32 sqldeveloper-Darwin.conf.org
-rw-r--r-- 1 discus discus 63 Mar 2 21:47 sqldeveloper-debug.conf
-rw-r--r-- 1 discus discus 170 Mar 2 21:47 sqldeveloper-nondebug.conf
-rw-r--r-- 1 discus discus 173 Mar 2 21:47 sqldeveloper.boot
-rw-r--r-- 1 discus discus 516 Mar 2 21:47 sqldeveloper.conf
-rw-r--r-- 1 discus discus 132 Mar 2 21:56 version.properties
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application discus$
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application discus$ cd
G5Server:˜ discus$ SQL_DEV_HOME=/Volumes/ExtraDisk/Application/SQLDeveloper.app/Contents/Resources/sqldeveloper/sqldeveloper/bin
G5Server:˜ discus$ diff $SQL_DEV_HOME/sqldeveloper-Darwin.conf.org $SQL_DEV_HOME/sqldeveloper-Darwin.conf
6c6
< SetJavaHome /Library/Java/Home/
---
> SetJavaHome /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.5/home
G5Server:˜ discus$
G5Server:˜ discus$


以下、JDKをJavaSE6.0 DP1からJavaSE5.0へダウングレードした結果。
Java50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #6 (onsがバグっている?件..)

さて、Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64)、その第六話。
onsがバグっている?件..

ということで、まずはonsのおさらいとして、ons (Oracle Notification Server)の略であり、昔のOracle Name Serverの略じゃないよ! 2
という辺りを参照してほしい。

該当記事で書いているが「Oracle10g release 1 10.1.0.3.0 for MacOSX Server (PowerPC)の既知の問題としてonsが紀藤起動していないとlistenerがハングしてしまうという問題があった」ので、Oracle10g release 2 10.2.0.4.0 for MacOSX Server (Intel x86-64)ではどうなのかを確認している際、listenerじゃなくて、ons、バグってね? 起動しないんだけど。。。。という事に気付いた次第。
ちなみに、listenerがハングしていたという問題はOracle10g R2 for MacOSX Server(intel x86-64) では改善されたようです。



以下のログを見てもらいたい。onsctlでpingするとonsが起動しないのにrunningを返してくる。あらら。(^^;;;;

guppy:˜ oracle$ onsctl ping
ons is running ...
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ ps -axc | grep -E '(tns|ons)'
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ lsnrctl start

LSNRCTL for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production on 18-4月 -2009 17:26:20

Copyright (c) 1991, 2007, Oracle. All rights reserved.

/Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/tnslsnrを起動しています。お待ちください...

TNSLSNR for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production
システム・パラメータ・ファイルは/Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/network/admin/listener.oraです。
ログ・メッセージを/Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/network/log/listener.logに書き込みました。
リスニングしています: (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1)))
リスニングしています: (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=guppy.macdeoracle.jp)(PORT=1521)))

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名 LISTENER
バージョン TNSLSNR for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production
開始日 18-4月 -2009 17:26:20
稼働時間 0 日 0 時間 0 分 0 秒
トレース・レベル off
セキュリティ ON: Local OS Authentication
SNMP OFF
パラメータ・ファイル /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/network/log/listener.log
リスニング・エンドポイントのサマリー...
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=guppy.macdeoracle.jp)(PORT=1521)))
サービスのサマリー...
サービス"PLSExtProc"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"PLSExtProc"、状態UNKNOWNには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
コマンドは正常に終了しました。
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ ps -axc | grep -E '(tns|ons)'
oracle 1491 ?? 0:00.02 tnslsnr
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ lsnrctl stop

LSNRCTL for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production on 18-4月 -2009 17:29:28

Copyright (c) 1991, 2007, Oracle. All rights reserved.

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1)))に接続中
コマンドは正常に終了しました。
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ onsctl ping
ons is running ...
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ ps -axc | grep -E '(tns|ons)'
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ onsctl stop
onsctl: shutting down ons daemon ...
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ onsctl start
onsctl: ons is already running
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ ps -axc | grep -E '(tns|ons)'
guppy:˜ oracle$

Oracle10g R1 10.1.0.3.0 for MacOSX Server(PowerPC)とOrcle10g R2 10.2.0.4.0 for MacOSX Server(Intel x86)でons -aとタイプしてみると・・・・・。やはりIntel版のonsではなにも返さず。。。。onsctlの内部を見てもdbshut/dbstartと同様にDYLD_LIBRARY_PATH環境変数の設定はないし、この辺りは手が入っていない感じがします。。まぁ、どうでもいいですけどね、onsが動作しなくても困らないようにはなっているようなので。

Oracle10g R1 10.1.0.3.0 for MacOSX Server(PowerPC)

G5Server:˜ oracle$ $ORACLE_HOME/opmn/bin/ons -a
Usage:
ons -a <cmd>
Where:
cmd = ping|shutdown|reload|debug
G5Server:˜ oracle$

Oracle10g R2 10.2.0.4.0 for MacOSX Server(Intel x86)

guppy:˜ oracle$ $ORACLE_HOME/opmn/bin/ons -a
guppy:˜ oracle$

2009/4/20:画像追加とタイポ修正。

今日はこれまで。次回へつづく。




バックナンバー

Oracle10g R2 for MacOSX (Intel x86-64) released !!!
Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #1
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #2
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #3 (ちょいと寄り道)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #4 (Companion CD installation)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #5 (dbstart and dbshut does not work!! But....)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #5 (dbstart and dbshut does not work!! But....)

Leopard de Oracle10g R2の続きです。
Companion CDのプロダクトもインストールしましたので、今回はOracle10g R2 for MacOSX Server (Intel x86-64)を自動起動、自動停止するよう設定してみます。

Tiger以降のMacOSXではSystemStarterによる自動起動からLaunchDaemonによる起動が推奨されるようにはなったのですがOracle10g R2 for MacOSX Srever (Intel x86-64)のマニュアルにはlaunchd.plistの例が全く記載されていないのでLaunchDaemonによる起動、停止はひとまずお預け。(後で実験はしますけどね。)
LeopardでもStartupItemsフォルダへ自動実行するスクリプトを配置しておけばSystemStarterLaunchdから呼び出されるので、昔ながらの方法で自動起動、停止、再起動するよう設定してみることに。。


Panther de Oracle10g R1 (PowerPC)で使っていた起動用のshellとStartupParameters.plistをベースに環境変数等を書き換えただけでは動作しない。
Oracle10g R1 10.1.0.3.0までは、リスナーの起動及び停止は$ORACLE_HOME/bin/dbstart又は、dbshut内で行われていなかったが、Oracle10g R2以降のdbstart/dbshutでは、lsnrctlにより起動/停止されるようになっている。
また、$ORACLE_HOMEをパラメータして渡すよう変更されている。

Oracle10g R2向けのスクリプトへ変更を加えないまま流用したらどうなるか?、、とりあえずPanther de Oracle10g R1(PowerPC)で試した際に動作していた起動用shellとStartupParameters.plistを環境変数だけを書き換えて実行した場合、どのような状況になるか確認しておく。(結果からお伝えしておくと、does not workなのは明白なのですが、どのようなエラーになるか知っておくとためになるでしょうから。)



以下に、Panther de Oracle10g R1で使ったStartupItems用のshellスクリプトとStartupParameters.plistを”単純に”パス等を書き換え、dbstart/dbshut内で実行されるリスナー起動部分を削除、onsctl(今回は起動しておかなくてもリスナーがハングしなくなった。というかonsはちゃんと動作しない。詳細は後日)、oem及び、isqlplusの起動部分を削除した。(エラーになるのでマネしないでね。どんなエラーになるか知りたいだけなので)

guppy:˜ discus$ cat /Library/StartupItems/Oracle/Oracle
#!/bin/bash
# define globally used paths/variables
PATH=/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin

TEMP=/tmp
TMPDIR=/tmp

ORACLE_BASE=/Users/shared/u01/app/oracle
ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/oracle/product/10.2.0/db_1
ORACLE_SID= leopard1
NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8
DYLD_LIBRARY_PATH=/usr/X11R/lib:$ORACLE_HOME/lib:$ORACLE_HOME/rdbms/lib:$DYLD_LIBRARY_PATH
PATH=$ORACLE_HOME/bin:/usr/X11R/bin:$PATH
ORACLE_OWNER_PATH=/Users/oracle
ORACLE_OWNER=oracle
TERM=vt100

export PATH ORACLE_BASE ORACLE_HOME ORACLE_OWNER ORACLE_OWNER_PATH ORACLE_SID DYLD_LIBRARY_PATH
export TERM NLS_LANG

# debug
echo '****************************'
echo ' env for Oracle'
echo '****************************'
env

echo ''
echo '*************************************'
echo ' hard and soft shell resource limits'
echo '*************************************'
echo 'Hard / Soft limit:'
launchctl limit

# get common system config setting
. /etc/rc.common

if [ ! -f $ORACLE_HOME/bin/dbstart -o ! -d $ORACLE_HOME ]
then
echo 'Oracle startup : cannot start'
echo ' (cannot find one or both of dbstart or $ORACLE_HOME)'
exit
fi

StartService ()
{
ConsoleMessage 'Starting Oracle database...'
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/dbstart"
ConsoleMessage 'Started Oracle database'
}

StopService ()
{
ConsoleMessage 'Stopping Oracle Database...'
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/dbshut"
ConsoleMessage 'Stopped Oracle Database.'

ConsoleMessage 'Stopping TNS Listener...'
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/lsnrctl stop"
ConsoleMessage 'Stopped TNS Listener.'
}


RestartService ()
{
ConsoleMessage 'Stopping Oracle Database...'
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/dbshut"
ConsoleMessage 'Stopped Oracle Database.'

ConsoleMessage 'Stopping TNS Listener...'
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/lsnrctl stop"
ConsoleMessage 'Stopped TNS Listener.'

ConsoleMessage 'Starting TNS Listener...'
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/lsnrctl start"
ConsoleMessage 'Started TNS Listener.'

ConsoleMessage 'Starting Oracle database...'
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/dbstart"
ConsoleMessage 'Started Oracle database'
}

RunService "$1"

guppy:˜ discus$
guppy:˜ discus$ cat /Library/StartupItems/Oracle/StartupParameters.plist
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
<key>Description</key>
<string>Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server</string>
<key>OrderPreference</key>
<string>Late</string>
<key>Provides</key>
<array>
<string>Oracle10g 10.2.0.4.0 Database</string>
</array>
<key>Requires</key>
<array>
<string>Disks</string>
</array>
<key>Uses</key>
<array>
<string>Disksv/string>
<string>Network</string>
<string>NFS</string>
</array>
</dict>
</plist>
guppy:˜ discus$
guppy:˜ discus$


4

上記をテスト実行してみると・・・・
以下のようなerrorになり動作しない。

errorの原因は複数あるようで、1つはConsoleMessageがshでしか認識されていないこと、dbstart及びdbshutの実行時$ORACLE_HOMEを引数として渡さないといけないこと、それとdbstart及びdbshut自体がバグっていることが原因。
特にOracle10g R1のdbstart/dbshutとOracle10g R2のdbstart/dbshutが異なっているのでOracle10g R1の頃のスクリプトはそのままでは使えない。
そのような状態でLeopardのSystemStarterで実行しようとすると以下のようなエラーでまくりでとなる訳です。(><)

この場合、特徴的なエラーメッセージがあるので、そのポイントを赤太字で強調しておいたので注意深くご覧ください。

guppy::˜ discus$ sudo /sbin/SystemStarter -nd start "Oracle10g 10.2.0.4.0 Database"
SystemStarter[2256]: Found item: HP IO
SystemStarter[2256]: Found item: HP Trap Monitor
SystemStarter[2256]: Uses: Evaluating HP IO
SystemStarter[2256]: Uses: Keeping HP IO
SystemStarter[2256]: Found item: IntegoCommon
・・・・中略・・・・
SystemStarter[2256]: Running command (2257): /Library/StartupItems/Oracle/Oracle start
・・・・中略・・・・
*************************************
hard and soft shell resource limits
*************************************
Soft / Hard limit:
cpu unlimited unlimited
filesize unlimited unlimited
data 6291456 unlimited
stack 8388608 67104768
core 0 unlimited
rss unlimited unlimited
memlock unlimited unlimited
maxproc 2068 2068
maxfiles 65536 65536
/Library/StartupItems/Oracle/Oracle: line 46: ConsoleMessage: command not found
dyld: Library not loaded: /b/227/network/lib/libnnz10.dylib
Referenced from: /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/lsnrctl
Reason: image not found
/Library/StartupItems/Oracle/Oracle: line 48: ConsoleMessage: command not found
/Library/StartupItems/Oracle/Oracle: line 50: ConsoleMessage: command not found
ORACLE_HOME_LISTNER is not SET, unable to auto-start Oracle Net Listener
Usage: /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/dbstart ORACLE_HOME
Processing Database instance "leopard1": log file /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/startup.log
/Library/StartupItems/Oracle/Oracle: line 52: ConsoleMessage: command not found
SystemStarter[2256]: Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server (2257) did not complete successfully
SystemStarter[2256]: none left
SystemStarter[2256]: The following StartupItems failed to properly start:
SystemStarter[2256]: /Library/StartupItems/Oracle
SystemStarter[2256]: - execution of Startup script failed
guppy:˜ discus$

上記のConsoleMessage: command not foundについてはスクリプトをbashではなくshで実行するようにすれば解決できる。
ORACLE_HOME_LISTNER is not SET, unable to auto-start Oracle Net Listenerについては、dbstart及び、dbshutの実行時に$ORACLE_HOME環境変数を引数として渡してやれば解決できる。
最後に一番問題なのは
dyld: Library not loaded: /b/227/network/lib/libnnz10.dylib部分。この問題の解決方法はオラクルが提供しているdbstart/dbshutの問題部分(後述)を修正するか、
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/dbstart"su $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/dbstart"のように-lオプションなしのsuコマンドで起動(USの方で-lオプション無しのsuコマンドで回避した方がいる模様。)するしか手っ取り早く解決する方法はなさそう。

他にあるというツッコミ大歓迎です。m(_ _)m

ということで前述の問題点を変更した自動起動/停止スクリプトを以下に示します。
尚、dbstartとdbshutはdiffによる差分のみ示しておきますね。(そのほうが分かり易いでしょうから。)

・まずStartupItemsに配置するOracle起動/停止/再起動スクリプト
以前のスクリプトを変更した部分は赤字太文字にしてあります。(削除部分除く)

guppy:˜ discus$ cat  /Library/StartupItems/oracle/oracle
#!/bin/sh
# define globally used paths/variables
PATH=/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin

TEMP=/tmp
TMPDIR=/tmp

ORACLE_BASE=/Users/shared/u01/app/oracle
ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/oracle/product/10.2.0/db_1
ORACLE_OWNER=oracle
export PATH ORACLE_BASE ORACLE_HOME ORACLE_OWNER

# debug
echo '****************************'
echo ' env for Oracle'
echo '****************************'
env

echo ''
echo '*************************************'
echo ' hard and soft shell resource limits'
echo '*************************************'
echo 'Soft / Hard limit:'
launchctl limit

# get common system config setting
. /etc/rc.common

if [ ! -f $ORACLE_HOME/bin/dbstart -o ! -d $ORACLE_HOME ]
then
echo 'Oracle startup : cannot start'
echo ' (cannot find one or both of dbstart or $ORACLE_HOME)'
exit
fi

StartService ()
{
ConsoleMessage "Starting Oracle database..."
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/dbstart $ORACLE_HOME"
ConsoleMessage "Started Oracle database."
}

StopService ()
{
ConsoleMessage "Stopping Oracle Database..."
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/dbshut $ORACLE_HOME"
ConsoleMessage "Stopped Oracle Database."
}


RestartService ()
{
ConsoleMessage "Stopping Oracle Database..."
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/dbshut $ORACLE_HOME"
ConsoleMessage "Stopped Oracle Database."

ConsoleMessage "Starting Oracle database..."
su - $ORACLE_OWNER -c "$ORACLE_HOME/bin/dbstart $ORACLE_HOME"
ConsoleMessage "Started Oracle database"
}

RunService "$1"
guppy:˜ discus$


・StartupItemsに配置するStartupParameters.plistは前のままで変更なし。

guppy:˜ discus$ cat /Library/StartupItems/Oracle/StartupParameters.plist
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
<key>Description</key>
<string>Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server</string>
<key>OrderPreference</key>
<string>Late</string>
<key>Provides</key>
<array>
<string>Oracle10g 10.2.0.4.0 Database</string>
</array>
<key>Requires</key>
<array>
<string>Disks</string>
</array>
<key>Uses</key>
<array>
<string>Disksv/string>
<string>Network</string>
<string>NFS</string>
</array>
</dict>
</plist>
guppy:˜ discus$


そして最後に一番重要なdbstartとdbshutの変更というか修正と...

MacOSXではLD_LIBRARY_PATHではなくDYLD_LIBRARY_PATH環境変数なので(Oracleさん修正宜しくね。;)
それも合わせて修正してあります。LD_LIBRARY_PATHを使っているのはバグでしょう。:)
以下、変更前のdbstartと変更後のdbstartと変更前のdbshutと変更後のdbshutのdiffです。

Oracle10g R2向け環境変数一覧(全プラットフォーム分)のマニュアルはこちら。

尚、Oracle10g release2 10.2.0.4.0 for MacOSX Server(Intelx86-64)のdbstart及びdbshutは$ORACLE_HOME/bin以下にあります。(書く必要はないと思いますが・・)

guppy:˜ oracle$ diff $ORACLE_HOME/bin/dbstart.org $ORACLE_HOME/bin/dbstart

86c86
< SAVE_LLP=$LD_LIBRARY_PATH
---
> #SAVE_LLP=$LD_LIBRARY_PATH
89a90
> DYLD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME_LISTNER/lib; export DYLD_LIBRARY_PATH
147c148
< LD_LIBRARY_PATH=${SAVE_LLP}:${ORACLE_HOME}/lib ; export LD_LIBRARY_PATH
---
> #LD_LIBRARY_PATH=${SAVE_LLP}:${ORACLE_HOME}/lib ; export LD_LIBRARY_PATH
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ diff $ORACLE_HOME/bin/dbshut.org $ORACLE_HOME/bin/dbshut
75c75
< SAVE_LLP=$LD_LIBRARY_PATH
---
> #SAVE_LLP=$LD_LIBRARY_PATH
78a79
> DYLD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME_LISTNER/lib; export DYLD_LIBRARY_PATH
117c118
< LD_LIBRARY_PATH=${SAVE_LLP}:${ORACLE_HOME}/lib ; export LD_LIBRARY_PATH
---
> # LD_LIBRARY_PATH=${SAVE_LLP}/:${ORACLE_HOME}/lib ; export LD_LIBRARY_PATH
guppy:˜ oracle$

さて、お待たせしました。上記変更したスクリプトとplistで起動/停止の動作確認です。以下のように問題なく起動するようになります。ニッコリ :)
まずは起動から。

guppy:˜ discus$ 
guppy:˜ discus$ sudo /sbin/SystemStarter -nd start "Oracle10g 10.2.0.4.0 Database"
SystemStarter[11715]: Found item: HP IO
SystemStarter[11715]: Found item: HP Trap Monitor
SystemStarter[11715]: Uses: Evaluating HP IO
SystemStarter[11715]: Uses: Keeping HP IO
・・・・中略・・・・
SystemStarter[11715]: Running command (11716): /Library/StartupItems/Oracle/Oracle start
****************************
env for Oracle
****************************
SHELL=/bin/bash
TERM=xterm-color
ORACLE_OWNER=oracle
USER=root
・・・・中略・・・・
ORACLE_HOME=/Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1
・・・・中略・・・・
*************************************
hard and soft shell resource limits
*************************************
Soft / Hard limit:
cpu unlimited unlimited
filesize unlimited unlimited
data 6291456 unlimited
stack 8388608 67104768
core 0 unlimited
rss unlimited unlimited
memlock unlimited unlimited
maxproc 2068 2068
maxfiles 65536 65536
Starting Oracle database...
Processing Database instance "leopard1": log file /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/startup.log
SystemStarter[11715]: Waiting for Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server
SystemStarter[11715]: Waiting for Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server
SystemStarter[11715]: Waiting for Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server
Started Oracle database.
SystemStarter[11715]: Finished Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server (11716)
SystemStarter[11715]: none left
guppy:˜ discus$
guppy:˜ discus$ ps -axc | grep tnslsnr
11728 ?? 0:00.03 tnslsnr
guppy:˜ discus$ ps -ax | grep ora_
11820 ?? 0:00.05 ora_pmon_leopard1
11822 ?? 0:00.04 ora_psp0_leopard1
11824 ?? 0:00.13 ora_mman_leopard1
11826 ?? 0:00.05 ora_dbw0_leopard1
11828 ?? 0:00.07 ora_lgwr_leopard1
11830 ?? 0:00.10 ora_ckpt_leopard1
11832 ?? 0:00.40 ora_smon_leopard1
11834 ?? 0:00.06 ora_reco_leopard1
11836 ?? 0:01.33 ora_cjq0_leopard1
11838 ?? 0:00.92 ora_mmon_leopard1
11840 ?? 0:00.07 ora_mmnl_leopard1
11842 ?? 0:00.02 ora_d000_leopard1
11844 ?? 0:00.02 ora_s000_leopard1
11848 ?? 0:00.03 ora_qmnc_leopard1
11918 ?? 0:00.03 ora_q000_leopard1
11924 ?? 0:00.03 ora_q001_leopard1
11931 ttys000 0:00.00 grep ora_
guppy:˜ discus$

次は停止。ところでLeopardのSystemStarterコマンドって-nオプション付けてもスクリプト実行しちゃうのね。今気付いた。www (^^;;;

guppy:˜ discus$ sudo /sbin/SystemStarter -nd stop "Oracle10g 10.2.0.4.0 Database"
・・・・中略・・・・
SystemStarter[11933]: Found item: Oracle
SystemStarter[11933]: Requires: Evaluating Disks
SystemStarter[11933]: Uses: Evaluating Disks
SystemStarter[11933]: Uses: Evaluating Network
SystemStarter[11933]: Checking Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server
・・・・中略・・・・
SystemStarter[11933]: Running command (11934): /Library/StartupItems/Oracle/Oracle stop
・・・・中略・・・・
Stopping Oracle Database...
Processing Database instance "leopard1": log file /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/shutdown.log
SystemStarter[11933]: Waiting for Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server
SystemStarter[11933]: Waiting for Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server
Stopped Oracle Database.
SystemStarter[11933]: Finished Oracle10g 10.2.0.4.0 Database Server (11934)
SystemStarter[11933]: none left
guppy:˜ discus$ ps -axc | grep tnslsnr
guppy:˜ discus$ ps -ax | grep ora_
12057 ttys000 0:00.00 grep ora_
guppy:˜ discus$

最後に、Pantherの頃だったか自動起動はするものの自動停止時にスクリプトが実行されていないという問題があったが、LeopardのSystemStarterでは解決しているようでOSの停止時にしっかり自動停止されていることが確認できた。以下、コンソールログとshutdown.log(自動停止時に記録するようになっているログファイル)


3


コンソールログ

4/18/09 1:20:03 AM com.apple.SystemStarter[25]  env for Oracle 
4/18/09 1:20:03 AM com.apple.SystemStarter[25] ORACLE_OWNER=oracle
4/18/09 1:20:03 AM com.apple.SystemStarter[25] ORACLE_BASE=/Users/shared/u01/app/oracle
4/18/09 1:20:03 AM com.apple.SystemStarter[25] ORACLE_HOME=/Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1
4/18/09 1:20:03 AM com.apple.SystemStarter[25] Stopping Oracle Database...
4/18/09 1:20:03 AM com.apple.SystemStarter[25] Processing Database instance "leopard1":
log file /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/shutdown.log
4/18/09 1:20:12 AM com.apple.SystemStarter[25] Stopped Oracle Database.

shutdown.logファイルの内容

SQL*Plus: Release 10.2.0.4.0 - Production on Sat Apr 18 01:20:03 2009

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All Rights Reserved.

> Connected.
SYS> Database closed.
Database dismounted.
ORACLE instance shut down.
SYS> Disconnected from Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
Database instance "leopard1" shut down.


今日はこれまで。次回は、え〜〜〜〜!!! onsがバグってる?! というお話




バックナンバー

Oracle10g R2 for MacOSX (Intel x86-64) released !!!
Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #1
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #2
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #3 (ちょいと寄り道)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #4 (Companion CD installation)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #4 (Companion CD installation)

Leopard de Oracle10g R2。データベースインストール、構成後、リスナーやデータベースインスタンスを停止してCompanion CD Installationへ。

TerminalからunzipしたCompanion CDディレクトリへ移動しrunInstaller.shを起動
Companion_cd_inst_002

Companion_cd_inst_003

あどは(訛ってどうするw)あとはOUIの指示に従いクリック、クリック。
Companion_cd_inst_004

Companion_cd_inst_005

Companion_cd_inst_006

Companion_cd_inst_007

Companion_cd_inst_008_2

Companion_cd_inst_009

Companion CDでは以下のプロダクトが提供されると書かれているがunsupported productであるUltra Searchはインストール、構成される模様。やはりOEMが構成されないのは構成自体がコケルからか・・・やはり??? 謎は深まる。。(爆
Companion_cd_inst_001

今日はこれまで。


バックナンバー
Oracle10g R2 for MacOSX (Intel x86-64) released !!!
Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #1
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #2
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #3 (ちょいと寄り道)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「世界エイズ孤児デー キャンペーン2009」サイトオープン

先日もお知らせした友人のmegawattさんがボランティアとして参加しているエイズ孤児支援NGO PLASの主催、「世界エイズ孤児デー キャンペーン2009」サイトがオープンしたのでお知らせします。
それに合わせてイベントも企画されています。イベント一覧はこちら。

世界エイズ孤児デー キャンペーン2009

チャリティーオークション開催中ー2009年4月17日(金)~5月29日(金)


2009/4/17:オークションへのリンク追記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #3 (ちょいと寄り道)

データベースをインストールして気付いたのだが、Oracle Enterprise Manager Database Controlが構成されていない。。。。Unsupported Productsのリストには記載されているけどiSQL*Plusは構成されているんだよな〜、使える使えない、サポートされるとかサポートされないとかは別としても。。。。
もしかしてOEMの構成自体がこけるとか?!・・・取りあえずリリースしたという感じがしないでもないOracle10g Release2 for MacOSX (Intel x86)ですが、Oracle11g release 1 for MacOSX (Intel x86) リリースへの伏線なのかも。
「MacOSXでもまだ営業中ですよ〜〜ん!」、というOracleさんの意志は感じますもの。。。:)

DBCAの画面でもOEMの構成は選択できない。
No_oem10g

しかし、同じくunsupportとなっているiSQL*Plusは何故か構成されているようだ。
Isqlplus

以下、Oracle10g R1 10.1.0.3.0 EE + APEX 3.0 for MacOSX Server Panther (PowerPC)Oracle10g R2 10.2.0.4.0 EE for MacOSX Server Leopard (Intel x86)のDBA_REGISTRYビューの比較。確かにOEMはR2には無いみたい。

 COMP_NAME                                VERSION              STATUS
---------------------------------------- -------------------- ---------------------------------
JServer JAVA Virtual Machine 10.1.0.3.0 VALID
OLAP Analytic Workspace 10.1.0.3.0 VALID
OLAP Catalog 10.1.0.3.0 VALID
Oracle Application Express 3.0.0.00.20 VALID
Oracle Data Mining 10.1.0.3.0 VALID
Oracle Database Catalog Views 10.1.0.3.0 VALID
Oracle Database Java Packages 10.1.0.3.0 VALID
Oracle Database Packages and Types 10.1.0.3.0 INVALID
Oracle Enterprise Manager 10.1.0.3.0 VALID
Oracle Expression Filter 10.1.0.3.0 VALID
Oracle OLAP API 10.1.0.3.0 VALID
Oracle Text 10.1.0.3.0 INVALID
Oracle Ultra Search 10.1.0.3.0 VALID
Oracle Workspace Manager 10.1.0.2.0 VALID
Oracle XDK 10.1.0.3.0 VALID
Oracle XML Database 10.1.0.3.0 VALID
Oracle interMedia 10.1.0.3.0 VALID
Spatial 10.1.0.3.0 VALID

18行が選択されました。

SYS>

COMP_NAME VERSION STATUS
---------------------------------------- -------------------- ---------------------------------
JServer JAVA Virtual Machine 10.2.0.4.0 VALID
OLAP Analytic Workspace 10.2.0.4.0 VALID
OLAP Catalog 10.2.0.4.0 VALID
Oracle Data Mining 10.2.0.4.0 VALID
Oracle Database Catalog Views 10.2.0.4.0 VALID
Oracle Database Java Packages 10.2.0.4.0 VALID
Oracle Database Packages and Types 10.2.0.4.0 VALID
Oracle Expression Filter 10.2.0.4.0 VALID
Oracle OLAP API 10.2.0.4.0 VALID
Oracle Rules Manager 10.2.0.4.0 VALID
Oracle Text 10.2.0.4.0 VALID
Oracle Workspace Manager 10.2.0.4.3 VALID
Oracle XDK 10.2.0.4.0 VALID
Oracle XML Database 10.2.0.4.0 VALID
Oracle interMedia 10.2.0.4.0 VALID
Spatial 10.2.0.4.0 VALID

16行が選択されました。

SYS>


今日はこれまで。




バックナンバー

Oracle10g R2 for MacOSX (Intel x86-64) released !!!
Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #1
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気付いたら400,000アクセス超えてました

2
このブログ開設から約4年ぐらいですが気付いたら400,000アクセス超えてました。ここ1年くらいでアクセス数も増えて以前にも増して、Macユーザ以外からのアクセスも増えております。プラットフォームに関係ないネタも多いですからね。タイポや誤字脱字、「その日本語の使い方は間違っているだろう!」なんていうところもたっぷりあると思いますが、呼んで読んでいただいたみなさんありがとうございます。:)

ちなみにブログ開設から遅れること約2年。Google Analyticsでアクセス解析もしていますが、Google Analyticsでも総ページビューは310,000を突破していました。(但し、クローラー等フィルタリング無し。ココログのアクセスカウンタはクローラ等をフィルタリングしてます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #2

Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)の続きです。

前回はOracle Universal Installerを起動したところまでだった。
今回はその続き。Oracle10g release 2 10.2.0.4.0の起動確認と停止まで確かめてみた。

guppy:˜ oracle$ cd /Users/Shared/db/Disk1
guppy:Disk1 oracle$ ll
total 16
drwxr-xr-x@ 10 discus staff 340 Apr 3 02:18 doc
drwxr-xr-x@ 15 discus staff 510 Apr 2 22:49 install
drwxr-xr-x@ 7 discus staff 238 Apr 2 22:49
response
-rwxr-xr-x@ 1 discus staff 1980 Apr 2 22:49 runInstaller
drwxr-xr-x@ 47 discus staff 1598 Apr 2 22:49 stage
-rw-r--r--+ 1 discus staff 3911 Apr 3 02:18 welcome.html
guppy:Disk1 oracle$ ./runInstaller &
[1] 738
guppy:Disk1 oracle$ Starting Oracle Universal Installer...

No pre-requisite checks found in oraparam.ini,
no system pre-requisite checks will be executed.
Preparing to launch Oracle Universal Installer from
/tmp/OraInstall2009-04-12_03-gguppguppguppy:Disggggguguguggguppy:Disk1 oracle$

21_2

インストールの模様はYouTubeでどうぞ。HD版がおすすめですよ。


22_3
上記画面が現れたらいつものお約束、root.shの実行

guppy:˜ discus$ sudo /Users/shared/u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限の変更:/Users/shared/u01/app/oraInventory : 770.
グループ名の変更:/Users/shared/u01/app/oraInventory : oinstall.
スクリプトの実行が完了しました
guppy:˜ discus$ sudo /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/root.sh
-bash: /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/root.sh: Permission denied
guppy:˜ discus$ sudo /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/root.sh
Running Oracle 10g root.sh script...

The following environment variables are set as:
ORACLE_OWNER= oracle
ORACLE_HOME= /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
Copying dbhome to /usr/local/bin ...
Copying oraenv to /usr/local/bin ...
Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root.sh script.
Now product-specific root actions will be performed.
guppy:˜ discus$

これでOUIによるインストールは終了。MacOSX 10.5.6でもインストールできるでしょ!。:)

さて、仕上げは環境変数 .bashrcを以下のように設定(Oracle JDeveloper 11g with Oracle WebLogic Server for MacOSXをインストール済みなので関連する環境変数も入れてあるが気にしないでください。)

guppy:˜ oracle$ cat .bashrc
alias ll='ls -lv'

export ORACLE_BASE=/Users/shared/u01/app/oracle
export ORACLE_SID=leopard1
export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/oracle/product/10.2.0/db_1
export NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8
export DYLD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib
export PATH=$ORACLE_HOME/bin:$PATH

#for Oracle11g and Jdeveloper Oracle Middleware HOME
export ORACLE_MIDDLEWARE_HOME=/Users/Shared/Oracle/Middleware

guppy:˜ oracle$

では最後の確認を。

guppy:˜ oracle$ . .bashrc
guppy:˜ oracle$ onsctl ping
ons is running ...
guppy:˜ oracle$ lsnrctl status

LSNRCTL for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production on 12-4月 -2009 16:51:09

Copyright (c) 1991, 2007, Oracle. All rights reserved.

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名 LISTENER
バージョン TNSLSNR for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production
開始日 12-4月 -2009 16:49:57
稼働時間 0 日 0 時間 1 分 12 秒
トレース・レベル off
セキュリティ ON: Local OS Authentication
SNMP OFF
パラメータ・ファイル /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル /Users/shared/u01/app/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1/network/log/listener.log
リスニング・エンドポイントのサマリー...
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=guppy.macdeoracle.jp)(PORT=1521)))
サービスのサマリー...
サービス"PLSExtProc"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"PLSExtProc"、状態UNKNOWNには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"leopard1.macdeoracle.jp"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"leopard1"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"leopard1XDB.macdeoracle.jp"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"leopard1"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"leopard1_XPT.macdeoracle.jp"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"leopard1"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
コマンドは正常に終了しました。
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$
guppy:˜ oracle$ sqlplus sys@leopard1 as sysdba

SQL*Plus: Release 10.2.0.4.0 - Production on 日 4月 12 16:51:25 2009

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All Rights Reserved.

パスワードを入力してください:


Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
に接続されました。
SQL> select * from v$version;

BANNER
----------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Prod
PL/SQL Release 10.2.0.4.0 - Production
CORE 10.2.0.4.0 Production
TNS for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production
NLSRTL Version 10.2.0.4.0 - Production

SQL> exit
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing optionsとの接続が切断されました。
guppy:˜ oracle$

guppy:˜ oracle$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 10.2.0.4.0 - Production on 日 4月 12 16:59:33 2009

Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All Rights Reserved.

SQL> conn / as sysdba
接続されました。
SQL> shutdown
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。
SQL> exit
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.4.0 - Production
With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing optionsとの接続が切断されました。
guppy:˜ oracle$ lsnrctl stop

LSNRCTL for MacOS X Server: Version 10.2.0.4.0 - Production on 12-4月 -2009 16:59:58

Copyright (c) 1991, 2007, Oracle. All rights reserved.

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1)))に接続中
コマンドは正常に終了しました。
guppy:˜ oracle$

Copyright 2007というのが2009に登場したのだからOracle11gは意外とすんなりリリースされたりして・・・・・

次回はCompanion CDで追加インストールでもやりましょうか・・・・




バックナンバー

Oracle10g R2 for MacOSX (Intel x86-64) released !!!
Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)
Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

Leopard de Oracle10g R2 (Intel x86-64) #1

ひさびさに、Mac De Oracleらしい内容かも。。。:)

Oracle® Database Installation Guide 10g Release 2 (10.2) for Apple Mac OS X (Intel)を元にホスト名等を変更していますが、ホスト名はhogehoge.localのような形式でも問題なはず(試したわけではないので駄目かもしれませんが、以前のリリースではOKだったので)。また、該当マニュアルにはMacOSX PantherやTigerの初期をイメージした記述があるのでLeopard向けに一部マニュアルとは異なるコマンド等を利用しています。

前回は結果だけをお見せしたので、今日からはインストールの模様を数回に分けてか書く予定です。
今回はインストール環境を整えてOUI(Oracle Universal Installer)を起動するところまで。

まず、HardwareとSoftwareの確認から。(お約束なので。)
今回利用したマシンはApple MacBook Pro 15inchです。

インストレーションガイドにはOnly the versions listed in the previous table are supported. Do not install the software on other versions of Apple Mac OS X.と書いてありますが、お遊び環境ならそれ以外でもインストールできますよ。またJDK1.4.2と書かれていて、laterとはかかれていないことも気になったが取りあえずJavaSE6.0でいきます。(JDeveloper11gとかOracle WebLogic Serverもインストール済みなので。。。)

Macintosh:˜ discus$ /usr/sbin/system_profiler SPHardwareDataType | grep -E '(Processor|Cores|Memory)'
Processor Name: Intel Core 2 Duo
Processor Speed: 2.2 GHz
Number Of Processors: 1
Total Number Of Cores: 2
Memory: 2 GB
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ sw_vers
ProductName: Mac OS X
ProductVersion: 10.5.6
BuildVersion: 9G55
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ df -h /
Filesystem Size Used Avail Capacity Mounted on
/dev/disk0s2 111Gi 66Gi 45Gi 60% /
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ df -h /tmp
Filesystem Size Used Avail Capacity Mounted on
/dev/disk0s2 111Gi 66Gi 45Gi 60% /
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ uname -a
Darwin Macintosh.local 9.6.0 Darwin Kernel Version 9.6.0: Mon Nov 24 17:37:00
PST 2008; root:xnu-1228.9.59˜1/RELEASE_I386 i386
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ gcc --version
i686-apple-darwin9-gcc-4.0.1 (GCC) 4.0.1 (Apple Inc. build 5488)
Copyright (C) 2005 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions. There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ java -version
java version "1.6.0_07"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_07-b06-153)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 1.6.0_07-b06-57, mixed mode)
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ system_profiler SPApplicationsDataType | grep Xcode
Xcode:
Get Info String: Xcode version 3.1.1
Location: /Developer/Applications/Xcode.app
Macintosh:˜ discus$

次はOracle所有者のグループ及びOracle所有者の作成
既存gidとuidを確認後、oinstall及びdbaグループを作成し、oracleユーザーを作成します。
LeopardではNetInfoManagerが無くなったのでPantherの頃利用していたniclコマンドは使えないので、替わりにdsclコマンドを使って作成します。

Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -list /groups gid name | more
・・・中略・・・
netusers 52
network 69
nobody -2
nogroup -1
・・・中略・・・
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -create /groups/oinstall
Password:
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -append /groups/oinstall gid 502
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -append /groups/oinstall passwd "*"
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -create /groups/dba
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -append /groups/dba gid 503
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -append /groups/dba passwd "*"
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -list /groups gid name | grep -E '(dba|oinstall)'
dba 503
oinstall 502
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -list /users uid name | more
・・・中略・・・
daemon 1
discus 502
nobody -2
root 0
uucp 4
(END)

Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -create /users/oracle
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -append /users/oracle uid 503
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -append /users/oracle gid 502
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -append /users/oracle shell /bin/bash
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -append /users/oracle home /Users/oracle
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -append /users/oracle realname "Oracle software owner"
Macintosh:˜ discus$ sudo mkdir /Users/oracle
Macintosh:˜ discus$ sudo chown oracle:oinstall /Users/oracle
Macintosh:˜ discus$ sudo passwd oracle
Changing password for oracle.
New password:
Retype new password:
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -append /groups/dba GroupMembership oracle
Macintosh:˜ discus$ id oracle
uid=503(oracle) gid=502(oinstall) groups=502(oinstall),503(dba)
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -read /users/oracle
・・・中略・・・
NFSHomeDirectory: /Users/oracle
Password: ********
PrimaryGroupID: 502
RealName:
Oracle software owner
RecordName: oracle
RecordType: dsRecTypeNative:users
UniqueID: 503
UserShell: /bin/bash
Macintosh:˜ discus$ sudo dscl . -read /groups/dba
AppleMetaNodeLocation: /Local/Default
GroupMembership: oracle
Password: *
PrimaryGroupID: 503
RecordName: dba
RecordType: dsRecTypeNative:groups
Macintosh:˜ discus$


これもお約束の作業、カーネルパラメータの調整です。既存の値を確認してインストレーションガイドで指定された値より小さければ変更します。変更するパラメータは/etc/sysctl.confへ設定しておきます。

Macintosh:˜ discus$ /usr/sbin/sysctl -a | grep sem
kern.sysv.semume: 10
kern.sysv.semmsl: 87381
kern.sysv.semmnu: 87381
kern.sysv.semmns: 87381
kern.sysv.semmni: 87381
kern.posix.sem.max: 10000
security.mac.sysvsem_enforce: 1
security.mac.posixsem_enforce: 1
Macintosh:˜ discus$ /usr/sbin/sysctl -a | grep shm
kern.sysv.shmall: 1024
kern.sysv.shmseg: 8
kern.sysv.shmmni: 32
kern.sysv.shmmin: 1
kern.sysv.shmmax: 4194304
machdep.pmap.hashmax: 11
security.mac.sysvshm_enforce: 1
security.mac.posixshm_enforce: 1
Macintosh:˜ discus$ /usr/sbin/sysctl -a | grep maxfiles
kern.maxfiles = 12288
kern.maxfilesperproc = 10240
kern.maxfiles: 12288
kern.maxfilesperproc: 10240
Macintosh:˜ discus$ /usr/sbin/sysctl -a | grep ortrange
net.inet.ip.portrange.hilast: 65535
net.inet.ip.portrange.hifirst: 49152
net.inet.ip.portrange.last: 65535
net.inet.ip.portrange.first: 49152
net.inet.ip.portrange.lowlast: 600
net.inet.ip.portrange.lowfirst: 1023
Macintosh:˜ discus$ /usr/sbin/sysctl -a | grep corefile
kern.corefile = /cores/core.%P
kern.corefile: /cores/core.%P
Macintosh:˜ discus$ /usr/sbin/sysctl -a | grep maxproc
kern.maxproc = 532
kern.maxprocperuid = 266
kern.maxproc: 532
kern.maxprocperuid: 266
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ cat /etc/sysctl.conf
#for Oracle10gR2 setting
kern.sysv.shmall=2097152
kern.sysv.shmmni=4096
kern.sysv.shmmax=1073741824
kern.maxfiles=65536
kern.maxfilesperproc=65536
net.inet.ip.portrange.first=1024
kern.maxproc=2068
kern.maxprocperuid=2068
Macintosh:˜ discus$

次にShell limitの設定。

マニュアルには/System/Library/StartupItems/IPServices/IPServices scriptを編集する・・・
とありますがLeopardではこのスクリプト自体というかSystemStarterが非推奨となりStartupItemsというディレクトリがあるだけでスクリプトはありません。替わりにlaunchdが用意されているので/etc/launchd.confに設定します。
一応LeopardでもStartupItemsにスクリプトを置けば実行してくれますが。。。元になるIPServicesスクリプトが無いのでね。Leopardには。(^^;;;;

現在の値を確認するにはulimitコマンドを利用してもいいですが、launchctlコマンドが用意されているのでこれを使ったほうがソフトリミット/ハードリミットの両方を一度に確認できて便利です。umaskは問題ないのでlimitだけ調整しておきます。

Macintosh:˜ discus$ umask
0022
Macintosh:˜ discus$ launchctl limit
cpu unlimited unlimited
filesize unlimited unlimited
data 6291456 unlimited
stack 8388608 67104768
core 0 unlimited
rss unlimited unlimited
memlock unlimited unlimited
maxproc 266 352
maxfiles 12288 65530
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ ulimit -aS
core file size (blocks, -c) 0
data seg size (kbytes, -d) 6144
file size (blocks, -f) unlimited
max locked memory (kbytes, -l) unlimited
max memory size (kbytes, -m) unlimited
open files (-n) 12288
pipe size (512 bytes, -p) 1
stack size (kbytes, -s) 8192
cpu time (seconds, -t) unlimited
max user processes (-u) 266
virtual memory (kbytes, -v) unlimited
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ ulimit -aH
core file size (blocks, -c) unlimited
data seg size (kbytes, -d) unlimited
file size (blocks, -f) unlimited
max locked memory (kbytes, -l) unlimited
max memory size (kbytes, -m) unlimited
open files (-n) 65530
pipe size (512 bytes, -p) 1
stack size (kbytes, -s) 65532
cpu time (seconds, -t) unlimited
max user processes (-u) 352
virtual memory (kbytes, -v) unlimited
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ cat /etc/launchd.conf
limit maxproc 2068 2068
limit maxfiles 65536 65536
Macintosh:˜ discus$


マウントポイントとORACLE_BASEとするディレクトリを作成しておきます。今回は/Users/Shared以下に作成することにしました。分かり易いようにu01としておきます。
詳細はマニュアル参照のこと

Macintosh:˜ discus$ cd /Users/Shared
Macintosh:Shared discus$ mkdir u01
Macintosh:Shared discus$ cd /Users/Shared/u01
Macintosh:u01 discus$ mkdir app
Macintosh:u01 discus$ mkdir app/oracle
Macintosh:u01 discus$ cd ..
Macintosh:Shared discus$ sudo chown -R oracle:oinstall u01
Macintosh:Shared discus$ sudo chmod -R 755 u01


そしてネットワーク関連の構成(自宅のLAN環境は固定IPなので今回利用するMacBook Proにはguppyと名付けてホスト名と/etc/hostsを構成します。この箇所はインストレーションガイドのChecking the Network Setupの内容とは異なりますのでご注意ください。)
ホスト名の変更にはhostnameコマンドの他、scutilコマンドを使いました。

Macintosh:˜ discus$ sudo hostname guppy
Macintosh:˜ discus$ hostname
guppy
Macintosh:˜ discus$ sudo scutil --set LocalHostName $(hostname)
Macintosh:˜ discus$ sudo scutil --set HostName $(hostname)
Macintosh:˜ discus$ hostname
guppy.macdeoracle.jp
Macintosh:˜ discus$ sudo scutil --get LocalHostName
guppy
Macintosh:˜ discus$ sudo scutil --get HostName
guppy.macdeoracle.jp
Macintosh:˜ discus$
Macintosh:˜ discus$ cat /etc/hosts | grep guppy
192.168.1.6 guppy.macdeoracle.jp guppy


ここでMacOSXを再起動


変更したkernel parameter値、及びshell limit値を確認

guppy:˜ discus$ sysctl -a | grep -E '(portrange.last|portrange.first)'
net.inet.ip.portrange.last: 65535
net.inet.ip.portrange.first: 1024
guppy:˜ discus$ sysctl -a | grep -E '(shmall|shmmni|shmmax)'
kern.sysv.shmall: 2097152
kern.sysv.shmmni: 4096
kern.sysv.shmmax: 1073741824
guppy:˜ discus$ sysctl -a | grep -E '(maxfiles|maxfilesperproc)'
kern.maxfiles: 65536
kern.maxfilesperproc: 65536
guppy:˜ discus$ sysctl -a | grep -E '(maxproc|macprocperuid)'
kern.maxproc: 2068
kern.maxprocperuid: 2068
guppy:˜ discus$
guppy:˜ discus$ launchctl limit
cpu unlimited unlimited
filesize unlimited unlimited
data 6291456 unlimited
stack 8388608 67104768
core 0 unlimited
rss unlimited unlimited
memlock unlimited unlimited
maxproc 2068 2068
maxfiles 65536 65536
guppy:˜ discus$


ここまでできたら、Fast User Switchでoracleユーザへログインし、Terminalを起動する。
Terminalを起動したら以下の環境変数を.bashrcに設定、反映させる。(あらかじめORACLE_BASEとして定義するディレクトリは作成しておいた。)

guppy:˜ oracle$ echo $ORACLE_BASE
/Users/shared/u01/app/oracle
guppy:˜ oracle$ echo $ORACLE_SID
leopard1
guppy:˜ oracle$


21

22_2


23


次に、ダウンロード、解凍したOracle10g R2 for MacOSX Server (Intel x86-64) DBのDisk1ディレクトリへ移動し、runInstaller起動してインストール開始。
(今回は特にカスタマイズせず、Enterprise Editionをインストールし、汎用タイプとして構成されたデータベースを作成。)

guppy:˜ oracle$ cd /Users/Shared/db/Disk1
guppy:Disk1 oracle$ ll
total 16
drwxr-xr-x@ 10 discus staff 340 Apr 3 02:18 doc
drwxr-xr-x@ 15 discus staff 510 Apr 2 22:49 install
drwxr-xr-x@ 7 discus staff 238 Apr 2 22:49
response
-rwxr-xr-x@ 1 discus staff 1980 Apr 2 22:49 runInstaller
drwxr-xr-x@ 47 discus staff 1598 Apr 2 22:49 stage
-rw-r--r--+ 1 discus staff 3911 Apr 3 02:18 welcome.html
guppy:Disk1 oracle$ ./runInstaller &
[1] 738
guppy:Disk1 oracle$ Starting Oracle Universal Installer...

No pre-requisite checks found in oraparam.ini, no system pre-requisite checks will be executed.
Preparing to launch Oracle Universal Installer
from /tmp/OraInstall2009-04-12_03-gguppguppguppy:Disggggguguguggguppy:Disk1 oracle$

22

次回へつづく。


バックナンバー
Oracle10g R2 for MacOSX (Intel x86-64) released !!!
Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

Leopard de Oracle10g release 2 (Intel x86-64)

昨日、Oracle10g R2 for MacOSX Server Leopard (Intel x86-64)版がなが〜〜い月日を経てようやくUS OTNからダウンロードできるようになったと書いたが早速インストールしてみた。

だたし、今日はデータベースのインストールの結果のみ。

(但し、うまくインストールできたが、幾つか気に入らないところもあるのでそれは後で。US OTNではその辺りを突っ込んでる方もいるみたいだけど。:)

22_3

Intel x86のみとはいえ、MacOSX Leopard 上で使えるOracle10g R2を見れるということはうれしい。(あとは11gね。)
ちなみに、Oracle10g R2 for MacOSX Server Leopard (Intel x86-84)版だが、今回はMacOSX Leopard、そうServerではなくてもインストールは可能、以前のように。:)
尚、動作確認された環境でないことは承知のうえで試してくださいね。

上記はMacOSX Tiger Server 10.4.11のOracle Instant Client 10g R1から接続している様子です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

Oracle10g R2 for MacOSX (Intel x86-64) released !!!

え〜〜、やった〜〜、ついにMacOSX版 Oracle10g R2リリース!!!
試すぞ〜〜〜〜。なが〜〜〜〜〜〜〜〜いことまったよ。w
11gのリリースも急いでね。楽しみにしてるから。:)

23

2009/4/12追記
いや〜Installation Guide見てて、かなり古いリリースでテストしていたんですね、という感じを受けた。でもOracle10g Release2が他のプラットフォームでリリースされていたのはこのころだったかもしれないけど....MacOSX 10.5.4でJDK1.4.2だからなぁ。JDKは古いバージョンのもあるけど、JavaSE6.0にしたからなぁ。まあ、どうにでもできる環境だからとりあえず全て最新ということでまずは試してみるか!

22

2009/4/13:タイポなど修正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

Java じゃないよ Rwanda だよ。

2

え〜〜っと、これ Java じゃなくて Rwanda です。
Rwandaフェアトーレード珈琲@JICA地球ひろば カフェ・フロンティア

友人のmegawattさんがボランティアとして支援(Webサイト作り中心)しているPLAS主催の写真展(世界エイズ孤児デーキャンペーン 写真展「エイズ孤児の素顔」@JICA地球ひろば。4月19日まで開催中。


Img_0236

世界エイズ孤児デーキャンペーン2009サイト

でもやっぱり、Javaのカップに見えちゃう。
4

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 9日 (木)

Oracle SQL Developer 1.5.4 for MacOSXでキーボードプリセットがロードされていない件

「Oracle SQL Developer 1.5.4 がリリースされたので早速入れ替えてみた」という記事を書いたが、使い始めてさらに気付いたことがあった。それはコードエディタで既存プロシージャを編集中にタイプミスした文字を削除しようとしたことから発覚。以下、発見当時の生中継! w

backspaceをタイプ。

ん?
backspace

backspace、ん?

backspace backspace backspace

あれ〜〜、backspaceが効かない。

enter keyをタイプしても改行しない!!


Oracle SQL Developer 1.5.4ってMacOSXのkeyboardにキ−イベントをちゃんとハンドリングしてくれてない?!。command+sで保存もできないし〜〜。なんで〜〜〜。

というところから捜査は始まった!

しかし、US OTNで同様の話題があることを発見しすぐに解決。MacOSXのkeyboard presetが正しくロードされていないのが原因らしい。。
次期リリースでは改善されることを期待します。オラクル様


6

上記のhogehoge部分を削除したいだけなのだがbackspaceが効かない。US OTNの該当スレッドによれば単純にkeyboard presetがロードされていないということなのでやってみた。
7

1

9_2

10

12

お〜〜〜めでたくbackspaceキーで削除できた。改行もenterキーでできた!。 command+sで保存もできた。ふ〜〜っ。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

ココログのアクセス解析でGoogle ChromeがSafariと認識される件

ChromeがSafariとして記録されている件(ココログ)と書いたが、問い合わせたところ素早い回答を頂いた。対応予定日は決まっていないようだが修正項目として対処することになったようなのでありがたい。(待ってま〜〜す、ココログさん)
一方、Google Analyticsではどうかというと、さすが〜〜、ちゃんとChrome / Windowsとして記録されている。 :)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MobileMeユーザを狙ったフィッシングメール(ついに来たか?!):注意してね

MobileMeユーザーを狙ったフィッシング詐欺が発生(ZDNet Japan)でも書かれているMobileMeユーザーを狙ったフィッシングメールが送られて来た。(もちろん英語で。日本語だったらあぶなかったかも。。なんて冷や汗たら〜〜〜り。多分間違いなく例のフィッシングメールだと思う。だって、もうMobileMeの更新処理は済んでますもの。私。)

以下、メールの画像
メールのサブジェクトは「Mobileme Service interruption」となっている。これを見た瞬間。え〜〜MobileMeが使えなくなる〜と焦りましたが・・・いや、ちょっと待て!!!、おかしいぞ〜このメール・・・・

44_2

メールはHTMLメールで巧妙に偽造されているのでパッと見はフィッシングメールであることに気付きにくい。が、日本人には日本語で来るのだよ。Appleさんからは・・・。日本語だったら少々甘くなるところだったが・・・(汗)
ZDNet Japanの元ネタとなっている「MobileMe users targeted in phishing scam again」という記事で紹介されている通りの内容だ。メールのタイトル等は微妙に変っているようだが。
HTMLメールのフッター部分のソースを見るとApple USへの正しいリンクが貼ってある。但し、「Login」となっているボタンの飛び先は怪しいドメイン(Appleのドメインではない)。しかも、"http"、そう"https"ではなく、"http"。重要な入力をするのに"http"は無いでしょう・・

39

そして、怪しいと思ったら、メールヘッダを確認してみましょう!!!!

見てみると・・・・、あ、やっぱり。Received: from がAppleのドメインではない!!!。
しかも、MailerがなんとMicrosoft Outlook Express 6となっている。Appleの中の人からのメールがOutlook Expressで送られてくるわけないでしょうに。

39_2

現在、このメールが例のフィッシングメールである可能性が高いためAppleへ確認している。(Apple社からの回答でやはりフィッシングであることが確認されたので、該当メールを対策チームへ転送した。)
MacユーザでMobileMeユーザーの日本人の皆さん、このような特徴のあるメールを受信したら注意してくださいね。このような偽メールを受け取ったらAppleに確認することも大切ですよ。

MobileMe News - フィッシングサギについてのご注意
http://www.apple.com/jp/mobileme/news/2008/08/post.html


2009/4/8追記
2009/4/9:Apple MobileMe Newsで昨年発生したフィッシングについての注意を追記
2009/4/10:Apple MobileMe担当よりAppleからフィッシングメールであるとの回答追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

IPhone/iPod touch - Freshwater Aquarium

昨日はアクアリウム好きなあなたに送るiPhone/iPod touch向け115円でお買い得なFreshwater Aquariumというアプリケ−ションを紹介したがネオンテトラ以外私好みの熱帯魚がいなかったので、ぜ〜〜〜〜んぶネオンテトラにしてみた。w
いいねぇ〜〜。ディスカスも入れてほしいのでリクエストしておくか・・FreshWater Aquarium

FreshWater Aquarium

現仕様では1水槽に35匹まで入れられるようだ。やはりネオンテトラは沢山いると絵になるねぇ。:)Img_0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

Nostalgia Break: VirtualPC 7 de Oracle PowerBrowser1.5

元ネタは昨年のOracle AppsLabの「Nostalgia Break: Oracle PowerBrowser」という記事なのだが、Mac de Oracleでも過去、Personal Oracle7 for PowerMacintoshやOracle PowerObjectなどNostalgiaなネタもあったのでつい反応して書いてみる。元ネタとは異なりNostalgiaな度合いど高めるため???、VirtualPC 7上で起動してみた。:)

ところでVirtualPC 7といえばConnectixがマイクロソフトに買収された後、最終版としてマイクロソフトからリリースされたもの。(最近は滅多に起動することもなくなりましたけど・・・・・)

思い出したのでついでに書いておくと、そのころOracle PowerBrowser、Personal Oracle7 for PowerMacintosh、Oracle PowerObject for PowerMacintoshなどなどその後に姿を消す事になる製品に振り回されていた私だったなぁ。Oracle9i/10gとDatabaseはMacOSXで復活するにはしたが・・・・・・どうなるんでしょ。USのforumなど見ているとそう思います。

1

尚、Oracle PowerBrowser1.5.04は現在ここからダウンロードできるようだ。
2

5

8_2

9

10

7

ボタンは当時のNetscapeそっくり。デザイン的にも時代を感じるよな〜〜〜。(^^;;;;
12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dashboard de Aquarium v1.3 - あ〜Top50圏外だ〜

今日のDashboard de Aquarium v1.3はついにTop50圏外に〜〜。

ということで今日はアクアリウム好きなあなたに送るiPhone/iPod touch向け115円でmなかなかお買い得なFreshwater Aquariumというアプリケ−ションを紹介しようと思う。FreshWater Aquarium

FreshWater Aquarium

このアプリケーション、単なる水槽を泳ぐ熱帯魚を眺めているだけのアプリケーションではなく、暇つぶしゲーム+AQUAZONE的な要素も持っていて115円と有料アプリながらお得感たっぷり。
暇つぶしゲームとして「釣りゲーム」があり、釣った熱帯魚は自分の水槽へポチャン。増えるわけですな。Dashboard de Aquariumの作者としても参考になります、このアプリ。

Img_0005_2

Img_0011_2

Img_0008

Img_0009

Img_0012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

ちょいと迷惑だったストアドファンクション(おまけ)

〜〜〜〜し〜〜し〜〜でぃ〜〜っ。む、ぶん!
やけに耳の残っちゃうんだよな〜。あの声とアクセント

なんて関係ない話はおいといて。。と



以前、
ちょいと迷惑だったストアドファンクション
ちょいと迷惑だったストアドファンクション(つづき)

ということを書いていたが、ちょいと迷惑だったストアドファンクションの例外ハンドラーで問題解決の手がかりとするためログ出力が実装されていたらどうするの? っていうこともあるのでおまけのおまけということで書いておきます。

以前の例では例外ハンドラーをバッサリ切り捨ててしまったのですが、例外ハンドラーで問題解決の手がかりとするためのログ出力が実装されていて例外ハンドラーを取り除くことが出来ない場合、例外名無しのRAISE文を使えば解決できますよ。:)

ちょいと迷惑だったストアドファンクションの例外ハンドラーで問題解決の手がかりとするためのログ出力を実装していたらという例・・・・(赤太字部分)

尚、この例ではオープンソースのPL/SQL向けロギングフレームワークLog4PLSQLを利用している。

CREATE OR REPLACE
PACKAGE inconvenient_package
AS
TYPE employeesType IS TABLE OF emp%ROWTYPE INDEX BY BINARY_INTEGER;
TYPE membersType IS RECORD (
deptNo dept.deptNo%TYPE
,deptName dept.dName%TYPE
,employees employeesType
);
FUNCTION inconvenient_function(iDeptNo IN dept.deptNo%TYPE)
RETURN membersType;
END inconvenient_package;
/
show errors


CREATE OR REPLACE
PACKAGE BODY inconvenient_package
AS
FUNCTION inconvenient_function(iDeptNo IN dept.deptNo%TYPE)
RETURN membersType
AS
members membersType;
Log4PlsqlCtx plogparam.log_ctx := plog.init(pDBMS_OUTPUT => TRUE); -- Log4PLSQL setting
BEGIN
SELECT
deptNo
,dName
INTO
members.deptNo
,members.deptName
FROM
dept
WHERE
deptNo = iDeptNo
;
--
SELECT *
BULK COLLECT INTO
members.employees
FROM
emp
WHERE
deptno = iDeptNo
;
RETURN members;
EXCEPTION
WHEN NO_DATA_FOUND THEN
plog.warn(Log4PlsqlCtx, sqlerrm()); -- Log4PLSQL warnning
RETURN NULL;
END inconvenient_function;
END inconvenient_package;
/
show errors


変更前ファンクションの例外ハンドラー部分にある"RETURN NULL;"を"RAISE;"(例外名無しのRAISE文)に変更するだけ。

CREATE OR REPLACE
PACKAGE BODY inconvenient_package
AS
FUNCTION inconvenient_function(iDeptNo IN dept.deptNo%TYPE)
RETURN membersType
AS
members membersType;
Log4PlsqlCtx plogparam.log_ctx := plog.init(pDBMS_OUTPUT => TRUE); -- Log4PLSQL setting
BEGIN
SELECT
deptNo
,dName
INTO
members.deptNo
,members.deptName
FROM
dept
WHERE
deptNo = iDeptNo
;
--
SELECT *
BULK COLLECT INTO
members.employees
FROM
emp
WHERE
deptno = iDeptNo
;
RETURN members;
EXCEPTION
WHEN NO_DATA_FOUND THEN
plog.warn(Log4PlsqlCtx, sqlerrm()); -- Log4PLSQL warnning
RAISE;
END inconvenient_function;
END inconvenient_package;
/


例外ハンドラー内で例外名を省略すると該当する例外がさらに外側のブロックへスローされます。詳細はマニュアル(Oracle Database PL/SQL Language Reference 11g Release 1 : RIASE statement)及び、Oracle Database PL/SQL Language Reference 11g Release 1 : How PL/SQL Exceptions Propagate参照のこと。

SCOTT> set linesize 132
SCOTT> set serveroutput on
SCOTT> l
1 DECLARE
2 members inconvenient_package.membersType;
3 Log4PlsqlCtx plogparam.log_ctx := plog.init(pDBMS_OUTPUT => TRUE);
4 BEGIN
5 BEGIN
6 members := inconvenient_package.inconvenient_function(99);
7 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(
8 'Dept name/id:'
9 ||members.deptname
10 ||'/'||TO_CHAR(members.deptno)
11 );
12 FOR i IN members.employees.FIRST..members.employees.LAST LOOP
13 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(' -- '||members.employees(i).ename);
14 END LOOP;
15 EXCEPTION
16 WHEN NO_DATA_FOUND THEN
17 plog.warn(Log4PlsqlCtx, sqlerrm());
18 END;
19* END;
SCOTT> /
12:35:27:02-WARN-block-->SCOTT.INCONVENIENT_PACKAGE ORA-01403: データが見つかりません。
12:35:27:03-WARN-block ORA-01403: データが見つかりません。

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT> l
1 DECLARE
2 members inconvenient_package.membersType;
3 Log4PlsqlCtx plogparam.log_ctx := plog.init(pDBMS_OUTPUT => TRUE);
4 BEGIN
5 BEGIN
6 members := inconvenient_package.inconvenient_function(10);
7 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(
8 'Dept name/id:'
9 ||members.deptname
10 ||'/'||TO_CHAR(members.deptno)
11 );
12 FOR i IN members.employees.FIRST..members.employees.LAST LOOP
13 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(' -- '||members.employees(i).ename);
14 END LOOP;
15 EXCEPTION
16 WHEN NO_DATA_FOUND THEN
17 plog.warn(Log4PlsqlCtx, sqlerrm());
18 END;
19* END;
SCOTT> /
Dept name/id:ACCOUNTING/10
-- CLARK
-- KING
-- MILLER

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dashboard de Aquarium v1.3 - 48位

2

Dashboard de Aquarium v1.3 - 本日は48位。なんとかTop50以内にとどまっている感じ。(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

Dashboard de Aquarium v1.3 - 46位

1

Dashboard de Aquarium v1.3 - 本日は46位、株価みたいな乱高下 :)

| | コメント (0) | トラックバック (0)