« 10万円未満 de RAC (Oracle11g R1編) | トップページ | Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#2 »

2008年10月 6日 (月)

Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#1

まずは環境から。
前回のシリーズの環境をそのまま流用。但し、各PCのメモリ不足が明確になった時点で各512MB増設し1GBとする。)

Hardware
PC2100 512MBのメモリ2枚(合計2,960円)以外は既存のH/Wを流用したので、現在の価値は5万円にも満たない。。。。はず?!

(1) PC - RAC用 - DELL Optiplex GX260 CPU:P4 2.4Ghz RAM:512MB * 1
  (尚、DBCA実行時にメモリ不足となったので。最終的には各1GBのメモリと搭載させる。)

(2) PC - iSCSI用 - DELL PowerEdge SC600 CPU : P4 1.8Ghz RAM:769MB * 1

(3) DISPLAY - DELL 15inch 液晶ディスプレイ * 1

(4) KEYBOARD, MOUSE -- DELL製 * 2セット

(5) HUB - Corega CG-SW05TXPL(100base for public)
  Corega CG-SW05GTPLB(1000base for interconnect) 各1

注)DISPLAY、Keyboard、mouseはPC数より少ないが必要に応じて繋ぎ替えて利用する。

Software
Oracle11g 11.1.0.6.0 EE for Linux x86
CentOS5.2 - 2.6.18-92.el5
Openfiler2.3 - Final Release
OCFS2(Oracle Cluster File System 2) - 1.4.1-1
Oracle Cluster Verification Utility - Linux x86(Aug 2008)
Oracle ASMLib2.0 for RHEL5
 (oracleasm-support-2.0.4-1.el5.i386
 oracleasmlib-2.0.3-1.el5.i386
 oracleasm-2.6.18-92.el5-2.0.4-1.el5.i686.rpm)


尚、Openfiler2.2(respin 2)及びOracle Enterprise Linuxを利用しているUS OTN記事ー「Build Your Own Oracle RAC Cluster on Oracle Enterprise Linux and iSCSI」も参考にしたが、Openfiler2.2と2.3では管理画面構成が異なる点、Oracle Enterprise Linuxは正式にサポートされているプラットフォームだがCentOS5.2はサポートされていないプラットフォームである点等は異なる。


そして・・・Mac De OracleですからLinuxのインストール以外はMacOSXのxtermから全て行う。(お約束)w

今回はPowerMac G5(PPC)とMacBook Pro(Intel)を利用するが、インストールなど構成はPowerMac G5から行う。
また、MacOSX用Oracle Clientは以下のOracle Instant Clientを利用する。
Oracle Instant Client for MacOSX (PPC) 10.1.0.3.0
Oracle Instant Client for MacOSX (Intel) 10.2.0.4.0

ClientにするMacも含めた配置図は以下の通り。


Racdeoracle11g




バックナンバー
10万円未満 de RAC (Oracle11g R1編)

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#1:

コメント

コメントを書く