« Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#20 | トップページ | Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#22 »

2008年10月17日 (金)

Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#21

今回はOracle Cluster databaseの作成 その1

  1. ハードウェア構成と価格(Mac De Oracle - 10万円 de RAC #1とMac De Oracle - 10万円 de RAC #5参照のこと)
  2. Linux (CentOS 5.2)のインストール
  3. Openfiler2.3のインストール
  4. Openfiler2.3によるiSCSIボリュームの構成
  5. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成 その1その2
  6. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  7. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  8. hangcheck-timerカーネル・モジュールの構成
  9. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成
  10. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  11. Oracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成 その1その2その3
  12. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0)のインストール及び構成
  13. Oracle11g R1 インストール事前作業
  14. Oracle11g R1 Clusterwareのインストール
  15. Oracle11g R1 Database softwareのインストール
  16. Oracle11g R1 examplesのインストール
  17. TNS Listenerの構成
  18. Oracle Cluster databaseの作成 その1
  19. Oracle Net Serviceの確認
  20. Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認
  21. Clusterの開始と停止の確認
  22. Oracle Clusterwareプロセス・モニター・デーモンの構成
  23. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認
  24. MacOSXからの接続確認(Mac De Oracleではお約束!なので)



18.Oracle Cluster databaseの作成 その1

まず、dbca実行事前チェック。
CentOSで実行出来るよう構成ファイルをカスタマイズしたCVUを利用する。尚、事前にsshのユーザ等価関係を有効にしておくこと。(RACを構成する1ノードから実行する。)
[oracle@discus1 ˜]$ cd /home/oracle/orainstall/clusterware
[oracle@discus1 clusterware]$ ./bin/cluvfy stage -pre dbcfg -n discus1,discus2 -d ${ORACLE_HOME} -verbose

データベース構成の事前チェックを実行しています

ノード到達可能性をチェック中...

チェック: ノード"discus1"からのノード到達可能性
宛先ノード 到達可能ですか
------------------------------------ ------------------------
discus1 はい
discus2 はい
結果: ノード"discus1"からのノード到達可能性チェックに合格しました。


ユーザー等価をチェック中...

チェック: ユーザー"oracle"のユーザー等価
ノード名 コメント
------------------------------------ ------------------------
discus2 合格
discus1 合格
結果: ユーザー"oracle"のユーザー等価チェックに合格しました。

管理権限をチェック中...

・・・・中略・・・・

チェック: サブネット"192.168.1.0"のノード接続性
ソース 宛先 接続しましたか
------------------------------ ------------------------------ ----------------
discus2:eth0 discus2:eth0 はい
discus2:eth0 discus1:eth0 はい
discus2:eth0 discus1:eth0 はい
discus2:eth0 discus1:eth0 はい
discus2:eth0 discus1:eth0 はい
discus1:eth0 discus1:eth0 はい
結果: ノードdiscus2,discus1を持つサブネット"192.168.1.0"のノード接続性チェックに合格しました。

チェック: サブネット"192.168.2.0"のノード接続性
ソース 宛先 接続しましたか
------------------------------ ------------------------------ ----------------
discus2:eth1 discus1:eth1 はい
結果: ノードdiscus2,discus1を持つサブネット"192.168.2.0"のノード接続性チェックに合格しました。

インタフェースがVIPの候補となるサブネット"192.168.1.0"で見つかりました:
discus2 eth0:192.168.1.4 eth0:192.168.1.101
discus1 eth0:192.168.1.3 eth0:192.168.1.100

インタフェースがプライベート・インタコネクトの候補となるサブネット"192.168.2.0"で見つかりました:
discus2 eth1:192.168.2.4
discus1 eth1:192.168.2.3

・・・・中略・・・・

CRS状態をチェック中...

チェック: CRSの状態
ノード名 CRS OK?
------------------------------------ ------------------------
discus2 はい
discus1 はい
結果: CRS状態チェックに合格しました。

CRS整合性チェックに合格しました。

データベース構成の事前チェックは成功しました。
[oracle@discus1 clusterware]$
チェックOKなので、dbcaを起動しCluster database作成を作成する。
今回もMacOSXのxterm(X11)から行う。尚、sshのユーザ等価関係が有効になっていない場合は有効化しておくこと。
G5Server:˜ discus$ ssh -Y oracle@discus1
oracle@discus1's password:
[oracle@discus1 ˜]$
[oracle@discus1 ˜]$ exec /usr/bin/ssh-agent $SHELL
[oracle@discus1 ˜]$ /usr/bin/ssh-add
Enter passphrase for /home/oracle/.ssh/id_rsa:
Identity added: /home/oracle/.ssh/id_rsa (/home/oracle/.ssh/id_rsa)
[oracle@discus1 ˜]$
[oracle@discus1 ˜]$ ssh discus1 hostname
discus1.macdeoracle.jp
[oracle@discus1 ˜]$ ssh discus2 hostname
discus2.macdeoracle.jp
[oracle@discus1 ˜]$
[oracle@discus1 ˜]$ dbca &

・・・中略・・・
あ〜〜〜〜、ダメか?、物理メモリ512MBでは・・・無理しているのは承知だが..?? ASMインスタンスを作成しようとしているところで以下のエラーが出て進む事ができない。。。ここまでか・・・。
ORA-00845: MEMORY_TARGET no support on this system

1

Asmng2

Asmng3

諦めずにログから調査していくと...ありました・・・既知の問題が・・・
どうやらtmpfsを大きく取ってやることで回避できるようだ。。以下のマニュアルを参照のこと。
Oracle Clusterware Installation Guide11g Release 1 (11.1) for Linux
- MEMORY_TARGET not supported on this system
なんとか回避できそうだな・・・ということで、早速tmpfsのサイズを増す。。
Connection to discus1 closed.
G5Server:˜ discus$ ssh root@discus1
root@discus1's password:
Last login: Sat Oct 4 04:08:21 2008 from 192.168.1.19
[root@discus1 ˜]# df -a
Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
16790968 11316644 4607612 72% /
proc 0 0 0 - /proc
sysfs 0 0 0 - /sys
devpts 0 0 0 - /dev/pts
/dev/hda1 101086 11816 84051 13% /boot
tmpfs 256984 0 256984 0% /dev/shm
none 0 0 0 - /proc/sys/fs/binfmt_misc
sunrpc 0 0 0 - /var/lib/nfs/rpc_pipefs
configfs 0 0 0 - /sys/kernel/config
ocfs2_dlmfs 0 0 0 - /dlm
/dev/sdc1 2095648 335520 1760128 17% /u02
oracleasmfs 0 0 0 - /dev/oracleasm
[root@discus1 ˜]# umount tmpfs
[root@discus1 ˜]# mount -t tmpfs shmfs -o size=2g /dev/shm
[root@discus1 ˜]# df -a
Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
16790968 11316648 4607608 72% /
proc 0 0 0 - /proc
sysfs 0 0 0 - /sys
devpts 0 0 0 - /dev/pts
/dev/hda1 101086 11816 84051 13% /boot
none 0 0 0 - /proc/sys/fs/binfmt_misc
sunrpc 0 0 0 - /var/lib/nfs/rpc_pipefs
configfs 0 0 0 - /sys/kernel/config
ocfs2_dlmfs 0 0 0 - /dlm
/dev/sdc1 2095648 335520 1760128 17% /u02
oracleasmfs 0 0 0 - /dev/oracleasm
shmfs 2097152 0 2097152 0% /dev/shm
[root@discus1 ˜]#
[root@discus1 ˜]# cat /etc/fstab
/dev/VolGroup00/LogVol00 / ext3 defaults 1 1
LABEL=/boot /boot ext3 defaults 1 2
tmpfs /dev/shm tmpfs defaults 0 0
devpts /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
sysfs /sys sysfs defaults 0 0
proc /proc proc defaults 0 0
/dev/VolGroup00/LogVol01 swap swap defaults 0 0
LABEL=oracrsfiles /u02 ocfs2 _netdev,datavolume,nointr 0 0
shmfs /dev/shm tmpfs size=2g 0
[root@discus1 ˜]#

・・・・・一旦再起動・・・・・

[root@discus1 ˜]# df -ah
Filesystem サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
17G 11G 4.4G 72% /
proc 0 0 0 - /proc
sysfs 0 0 0 - /sys
devpts 0 0 0 - /dev/pts
/dev/hda1 99M 12M 83M 13% /boot
tmpfs 2.0G 0 2.0G 0% /dev/shm
shmfs 2.0G 0 2.0G 0% /dev/shm
none 0 0 0 - /proc/sys/fs/binfmt_misc
sunrpc 0 0 0 - /var/lib/nfs/rpc_pipefs
configfs 0 0 0 - /sys/kernel/config
ocfs2_dlmfs 0 0 0 - /dlm
/dev/sdd1 2.0G 328M 1.7G 17% /u02
oracleasmfs 0 0 0 - /dev/oracleasm
[root@discus1 ˜]#
注)上記操作はRAC全ノードのrootユーザで行った


Cluster Databaseの作成は次回へつづく・・・・・・・。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#21:

コメント

コメントを書く