« Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#16 | トップページ | Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#18 »

2008年10月16日 (木)

Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#17

今回はOracle11g R1 Clusterwareのインストール

  1. ハードウェア構成と価格(Mac De Oracle - 10万円 de RAC #1とMac De Oracle - 10万円 de RAC #5参照のこと)
  2. Linux (CentOS 5.2)のインストール
  3. Openfiler2.3のインストール
  4. Openfiler2.3によるiSCSIボリュームの構成
  5. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成 その1その2
  6. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  7. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  8. hangcheck-timerカーネル・モジュールの構成
  9. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成
  10. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  11. Oracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成 その1その2その3
  12. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0)のインストール及び構成
  13. Oracle11g R1 インストール事前作業
  14. Oracle11g R1 Clusterwareのインストール
  15. Oracle11g R1 Database softwareのインストール
  16. Oracle11g R1 examplesのインストール
  17. TNS Listenerの構成
  18. Oracle Cluster databaseの作成
  19. Oracle Net Serviceの確認
  20. Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認
  21. Clusterの開始と停止の確認
  22. Oracle Clusterwareプロセス・モニター・デーモンの構成
  23. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認
  24. MacOSXからの接続確認(Mac De Oracleではお約束!なので)



14.Oracle11g R1 Clusterwareのインストール

ということでやっとインストール作業。まずはOracle Clusterwareのインストール。OUIによるインストールはRACの1ノードから実行する。
今回もMacOSXのxterm(X11)でOUIを起動する。
G5Server:~ discus$ ssh -Y oracle@discus1
oracle@discus1's password:
[oracle@discus1 ˜]$ cd /home/oracle/orainstall/clusterware
[oracle@discus1 clusterware]$
[oracle@discus1 clusterware]$ exec /usr/bin/ssh-agent $SHELL
[oracle@discus1 clusterware]$ /usr/bin/ssh-add
Enter passphrase for /home/oracle/.ssh/id_rsa:
Identity added: /home/oracle/.ssh/id_rsa (/home/oracle/.ssh/id_rsa)
[oracle@discus1 clusterware]$
[oracle@discus1 clusterware]$ ssh discus1 hostname
discus1.macdeoracle.jp
[oracle@discus1 clusterware]$ ssh discus2 hostname
discus2.macdeoracle.jp
[oracle@discus1 clusterware]$
[oracle@discus1 clusterware]$ ./runInstaller &

・・・中略・・・

Copyright (C) 1999, 2007, Oracle. All rights reserved.
MacOSXのxterm上では文字化けするがOUI自体は文字化けしないのでご心配なく。
Ocwinst1

Ocwinst2

Ocwinst3

Ocwinst4

Ocwinst5

Ocwinst6

Ocwinst7

Ocwinst8

Ocwinst9

Ocwinst10

Ocwinst11

Ocwinst12

Ocwinst13

Ocwinst14

お約束のorainstRoot.sh及びroot.shスクリプトはRAC全ノードのrootユーザで実行する。
[root@discus1 ˜]# /u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限の変更:/u01/app/oraInventory : 770.
グループ名の変更:/u01/app/oraInventory : oinstall.
スクリプトの実行が完了しました
[root@discus1 ˜]# /u01/app/crs/root.sh
WARNING: directory '/u01/app' is not owned by root
Checking to see if Oracle CRS stack is already configured
/etc/oracle does not exist. Creating it now.

Setting the permissions on OCR backup directory
Setting up Network socket directories
Oracle Cluster Registry configuration upgraded successfully
The directory '/u01/app' is not owned by root. Changing owner to root
Successfully accumulated necessary OCR keys.
Using ports: CSS=49895 CRS=49896 EVMC=49898 and EVMR=49897.
node <nodenumber>: <nodename> <private interconnect name> <hostname>
node 1: discus1 discus1-priv discus1
node 2: discus2 discus2-priv discus2
Creating OCR keys for user 'root', privgrp 'root'..
Operation successful.
Now formatting voting device: /u02/oradata/orcl/CSSFile
Now formatting voting device: /u02/oradata/orcl/CSSFile_mirror1
Now formatting voting device: /u02/oradata/orcl/CSSFile_mirror2
Format of 3 voting devices complete.
Startup will be queued to init within 30 seconds.
Adding daemons to inittab
Expecting the CRS daemons to be up within 600 seconds.
Cluster Synchronization Services is active on these nodes.
discus1
Cluster Synchronization Services is inactive on these nodes.
discus2
Local node checking complete. Run root.sh on remaining nodes to start CRS daemons.
[root@discus1 ˜]# ssh root@discus2
root@discus1's password:
[root@discus2 ˜]# /u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限の変更:/u01/app/oraInventory : 770.
グループ名の変更:/u01/app/oraInventory : oinstall.
スクリプトの実行が完了しました
[root@discus2 ˜]# /u01/app/crs/root.sh
WARNING: directory '/u01/app' is not owned by root
Checking to see if Oracle CRS stack is already configured
/etc/oracle does not exist. Creating it now.

・・・.中略・・・・

discus1
discus2
Cluster Synchronization Services is active on all the nodes.
Waiting for the Oracle CRSD and EVMD to start
Oracle CRS stack installed and running under init(1M)
Running vipca(silent) for configuring nodeapps

(2)ノードでVIPアプリケーション・リソースを作成しています...
(2)ノードでGSDアプリケーション・リソースを作成しています...
(2)ノードでONSアプリケーション・リソースを作成しています...
(2)ノードでVIPアプリケーション・リソースを起動しています...
(2)ノードでGSDアプリケーション・リソースを起動しています...
(2)ノードでONSアプリケーション・リソースを起動しています...


Done.
[root@discus2 ˜]#
Ocwinst16

Ocwinst17


OUIの最後のCVUでエラーが発生するが既知の問題(CentOS5.2がサポートされていないから)なので無視してOUIを進め、OTN USから別途ダウンロードしCentOS5でも実行できるようカスタマイズしたCVUをOUIを起動したノードで実行し正常であることの確認が取れればOK。
以下はOUIのログ。
-----------------------------------------------------------------------------
コンフィギュレーション・アシスタント"Oracle Cluster Verification Utility"から生成された出力:
Command = /u01/app/crs/bin/cluvfy stage -post crsinst -n discus1,discus2

ERROR:
オペレーティング・システムを識別できません。このオペレーティング・システムに対して正しいソフトウェアが実行中であることを確認してください。
検証を続行できません。


コンフィギュレーション・アシスタント"Oracle Cluster Verification Utility"が失敗しました。
-----------------------------------------------------------------------------
"/u01/app/crs/cfgtoollogs/configToolFailedCommands"スクリプトには、失敗したコマンド、スキップされたコマンド、または取り消されたコマンドがすべて含まれています。
このファイルは、OUI以外でコンフィギュレーション・アシスタントを実行するために使用される場合があります。このスクリプトを実行する前に、
(存在する場合は)パスワードを使用してスクリプトを更新する必要がある場合があります。
-----------------------------------------------------------------------------
[oracle@discus1 clusterware]$ ./bin/cluvfy stage -post crsinst -n discus1,discus2 -verbose

クラスタ・サービス設定の事後チェックを実行しています

ノード到達可能性をチェック中...

チェック: ノード"discus1"からのノード到達可能性
宛先ノード 到達可能ですか
------------------------------------ ------------------------
discus1 はい
discus2 はい
結果: ノード"discus1"からのノード到達可能性チェックに合格しました。


ユーザー等価をチェック中...

チェック: ユーザー"oracle"のユーザー等価
ノード名 コメント
------------------------------------ ------------------------
discus2 合格
discus1 合格
結果: ユーザー"oracle"のユーザー等価チェックに合格しました。

クラスタ・マネージャ整合性をチェック中...


CSSデーモンをチェック中...
ノード名 ステータス
------------------------------------ ------------------------
discus2 実行中
discus1 実行中
結果: "CSS daemon"のデーモン・ステータスチェックに合格しました。

クラスタ・マネージャ整合性チェックに合格しました。

クラスタ整合性をチェック中...

ノード名
------------------------------------
discus1
discus2

クラスタ整合性チェックに合格しました


OCR整合性をチェック中...

非クラスタ構成がないことをチェック中...
すべてのノードにローカル専用の非クラスタ構成がありません。

OCRデバイスの一意性チェックに合格しました。

OCRのバージョンをチェック中...
OCRの正しいバージョン"2"が存在します。

OCRのデータ整合性をチェック中...
OCRのデータ整合性チェックに合格しました。

OCR整合性チェックに合格しました。

CRS整合性をチェック中...

デーモン活性をチェック中...

チェック: "CRS daemon"の活性

・・・・中略・・・・

GSDノード・アプリケーションの存在をチェック中です
ノード名 必須 ステータス コメント
------------ ------------------------ ------------------------ ----------
discus2 いいえ 存在します 合格
discus1 いいえ 存在します 合格
結果: チェックに合格しました。


クラスタ・サービス設定の事後チェックは成功しました。
[oracle@discus1 clusterware]$

最後に全ノードのOracleユーザで以下の確認を行ってOracle clusterwareのインストールは終了。
[oracle@discus1 ˜]$ $ORA_CRS_HOME/bin/olsnodes -n
discus1 1
discus2 2
[oracle@discus1 ˜]$ $ORA_CRS_HOME/bin/crs_stat -t -v
Name Type R/RA F/FT Target State Host
----------------------------------------------------------------------
ora....us1.gsd application 0/5 0/0 ONLINE ONLINE discus1
ora....us1.ons application 0/3 0/0 ONLINE ONLINE discus1
ora....us1.vip application 0/0 0/0 ONLINE ONLINE discus1
ora....us2.gsd application 0/5 0/0 ONLINE ONLINE discus2
ora....us2.ons application 0/3 0/0 ONLINE ONLINE discus2
ora....us2.vip application 0/0 0/0 ONLINE ONLINE discus2
[oracle@discus1 ˜]$ $ORA_CRS_HOME/bin/crsctl check crs
Cluster Synchronization Services appears healthy
Cluster Ready Services appears healthy
Event Manager appears healthy
[oracle@discus1 ˜]$ ls -l /etc/init.d/init.*
-rwxr-xr-x 1 root root 2236 10月 2 21:43 /etc/init.d/init.crs
-rwxr-xr-x 1 root root 5290 10月 2 21:43 /etc/init.d/init.crsd
-rwxr-xr-x 1 root root 49416 10月 2 21:43 /etc/init.d/init.cssd
-rwxr-xr-x 1 root root 3859 10月 2 21:43 /etc/init.d/init.evmd
[oracle@discus1 ˜]$


次回へつづく

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#17:

コメント

コメントを書く