« Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#12 | トップページ | Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#14 »

2008年10月14日 (火)

Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#13

今回はOracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成 その2

  1. ハードウェア構成と価格(Mac De Oracle - 10万円 de RAC #1とMac De Oracle - 10万円 de RAC #5参照のこと)
  2. Linux (CentOS 5.2)のインストール
  3. Openfiler2.3のインストール
  4. Openfiler2.3によるiSCSIボリュームの構成
  5. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成 その1その2
  6. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  7. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  8. hangcheck-timerカーネル・モジュールの構成
  9. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成
  10. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  11. Oracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成 その1、その2
  12. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0)のインストール及び構成
  13. Oracle11g R1 インストール事前作業
  14. Oracle11g R1 Clusterwareのインストール
  15. Oracle11g R1 Database softwareのインストール
  16. Oracle11g R1 examplesのインストール
  17. TNS Listenerの構成
  18. Oracle Cluster databaseの作成
  19. Oracle Net Serviceの確認
  20. Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認
  21. Clusterの開始と停止の確認
  22. Oracle Clusterwareプロセス・モニター・デーモンの構成
  23. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認
  24. MacOSXからの接続確認(Mac De Oracleではお約束!なので)



11.Oracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成 その2


・OCFS2の構成

ocfs2consoleというGUIツールが提供されているのでそれを利用する。この操作はRACを構成する全ノードで実施する。(OCFS2の構成もMacOSXのxtermから行う。お約束.w)

Ocfs2console1_2

Ocfs2console2_2

Ocfs2console3_2

Ocfs2console4

Ocfs2console5



2010/10/16訂正
Node Configurationダイアログの画像を訂正。private networkのホスト名として設定したdiscus1-priv/discus2-privではなく、public networkのホスト名として設定したdiscus1/discus2を設定するのが正しい。


Ocfs2console6_ng

Ocfs2console6_ok

Ocfs2console7

OCFS2コンソールで構成後には/etc/ocfs2/cluster.confが作成される。
[root@discus1 ˜]# cat /etc/ocfs2/cluster.conf
node:
ip_port = 7777
ip_address = 192.168.2.3
number = 0
name = discus1
cluster = ocfs2

node:
ip_port = 7777
ip_address = 192.168.2.4
number = 1
name = discus2
cluster = ocfs2

cluster:
node_count = 2
name = ocfs2

[root@discus1 ˜]#
簡単な状況確認及び動作確認。(これをやらなくてもインストール及び構成には支障はありませんが。。。念のため。)
後ほど調整するが、Heatbeat dead threshholdが31(デフォルト)になっていることが確認できる。
[root@discus2 ocfs2]# /etc/init.d/o2cb status
Driver for "configfs": Loaded
Filesystem "configfs": Mounted
Driver for "ocfs2_dlmfs": Loaded
Filesystem "ocfs2_dlmfs": Mounted
Checking O2CB cluster ocfs2: Online
Heartbeat dead threshold = 31
Network idle timeout: 30000
Network keepalive delay: 2000
Network reconnect delay: 2000
Checking O2CB heartbeat: Not active
[root@discus2 ocfs2]#
[root@discus2 ocfs2]# /etc/init.d/o2cb offline ocfs2
Stopping O2CB cluster ocfs2: OK
[root@discus2 ocfs2]#
[root@discus2 ocfs2]# /etc/init.d/o2cb unload
Unmounting ocfs2_dlmfs filesystem: OK
Unloading module "ocfs2_dlmfs": OK
Unmounting configfs filesystem: OK
Unloading module "configfs": OK
[root@discus2 ocfs2]#
[root@discus2 ocfs2]# /etc/init.d/o2cb load
Loading filesystem "configfs": OK
Mounting configfs filesystem at /sys/kernel/config: OK
Loading filesystem "ocfs2_dlmfs": OK
Mounting ocfs2_dlmfs filesystem at /dlm: OK
[root@discus2 ocfs2]#
[root@discus2 ocfs2]# /etc/init.d/o2cb online ocfs2
Starting O2CB cluster ocfs2: OK
[root@discus2 ocfs2]#
[root@discus2 ocfs2]# /etc/init.d/o2cb status
Driver for "configfs": Loaded
Filesystem "configfs": Mounted
Driver for "ocfs2_dlmfs": Loaded
Filesystem "ocfs2_dlmfs": Mounted
Checking O2CB cluster ocfs2: Online
Heartbeat dead threshold = 31

Network idle timeout: 30000

Network keepalive delay: 2000
Network reconnect delay: 2000
Checking O2CB heartbeat: Not active
[root@discus2 ocfs2]#
その3へつづく。




(2010/10/17追記)
ちなみに、add nodeダイアログで「Name」欄にpublic networkに設定したhost名ではなく、private networkに設定したhost名を設定してしまうと、cluster file system(以下の例では “ocfs2”)をonlineにできずエラーが発生する。 add nodeダイアログでは、public networkに指定したhost名を設定しましょうね。(直感的に分かりにくいので注意しましょ!)

[root@discus1 ˜]# /etc/init.d/o2cb status
Driver for "configfs": Loaded
Filesystem "configfs": Mounted
Driver for "ocfs2_dlmfs": Loaded
Filesystem "ocfs2_dlmfs": Mounted
Checking O2CB cluster ocfs2: Offline

[root@discus1 ˜]# /etc/init.d/o2cb unload
Unmounting ocfs2_dlmfs filesystem: OK
Unloading module "ocfs2_dlmfs": OK
Unmounting configfs filesystem: OK
Unloading module "configfs": OK

[root@discus1 ˜]# /etc/init.d/o2cb load
Loading filesystem "configfs": OK
Mounting configfs filesystem at /sys/kernel/config: OK
Loading filesystem "ocfs2_dlmfs": OK
Mounting ocfs2_dlmfs filesystem at /dlm: OK

[root@discus1 ˜]# /etc/init.d/o2cb online ocfs2
Starting O2CB cluster ocfs2: Failed
Cluster ocfs2 created
Node discus1-priv added
Node discus2-priv added
o2cb_ctl: Configuration error discovered while populating cluster ocfs2.
None of its nodes were considered local.
A node is considered local when its node name
in the configuration matches this machine's host name.

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac de Oracle - 10万円未満 de RAC (11g編)#13:

コメント

コメントを書く