« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

WIF2008 - Webdesign International Festival - ファイナリスト決定!

高味氏のブログによるとWIF2008のファイナリストが決定したとのこと。
私個人は「Water Songs」の狙いが面白なぁと思っていたら、1チームではなく2チームが日本からファイナリストとしてリモージュ(フランス)へ行く事になったようです。

ファイナルもがんばれ、ニッポン!

Life Pool」- Team 203

8


Water Songs」- Team Reverie
9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

Oracle Instant Client 10g R1 for MacOSX(PPC)

さて、最近Mac De OracleなのにMacのOracleネタが少ない。。(OracleさんがMacOSX版のOracle11gとかリリースでもしてくれないとネタ切れ状態なので・・・)
・・・という理由で他のネタばかりでは申し訳ないので久々にMac De Oracle的なネタにしました。
MacOSX Tiger 10.4.11(Tigerでは最新)かつPowerPCでなら利用可能なOracle Instant Client 10g R1 for MacOSX(PPC)のネタを取り上げてみたいと思います。
Oracle Clientとして十分利用できるので使いたい方は試してみるといいでしょうね。

SQL*Plusを使うだけとか利用目的毎に分かれているが今回は全部のっけで!

まず、Oracle Instant Client 10g R1 for MacOSX(PPC)はUS OTNのサイトからダウンロードできる。(今回は全部のっけなので4つのzipファイル全部ダウンロードします。)

Oracle_instant_client_4_macosx_ppc

ダウンロードが済んだら適当な場所に解凍する。

解凍すると4フォルダになるはずです。

READMEにはいろいろ書かれていますが、むずかしいことは考えずに、各フォルダ以下にあるファイル全てを /Users/Shared以下に新たにフォルダを作りそこへ放り込みます!
今回の例では、OracleInstantClientHomeというフォルダを作成しました。つまり、/Users/Shared/OracleInstantClientHome以下に解凍した全ファイルを放り込みます。
(尚、MacOSX Tiger Serverを使っていますが、Client版でも問題同じ手順で簡単に利用できます。)

dG5Server:˜ discus$ sw_vers
ProductName: Mac OS X Server
ProductVersion: 10.4.11
BuildVersion: 8S169
G5Server:˜ discus$
G5Server:˜ discus$ echo $ORACLE_HOME
/Users/Shared/OracleInstantClientHome
G5Server:˜ discus$ ls -l $ORACLE_HOME
total 182192
-r--r--r-- 1 discus dba 21299 Apr 29 2004 README_IC.htm
-r--r--r-- 1 discus dba 1461081 Jul 5 2004 classes12.jar
-r--r--r-- 1 discus dba 1418 Jan 29 21:38 glogin.sql
-rwxr-xr-- 1 discus dba 14891264 Dec 13 2004 libclntsh.dylib.10.1
-rwxr-xr-- 1 discus dba 27432 Oct 24 2004 libheteroxa10.dylib
-rw-r--r-- 1 discus dba 1516340 Nov 16 2004 libnnz10.dylib
-rw-r--r-- 1 discus dba 1841448 Oct 24 2004 libocci.dylib.10.1
-rwxr-xr-- 1 discus dba 66160096 Dec 14 2004 libociei.dylib
-rwxr-xr-- 1 discus dba 93028 Nov 9 2004 libocijdbc10.dylib
-rwxr-xr-- 1 discus dba 744612 Oct 24 2004 libsqlplus.dylib
-r--r--r-- 1 discus dba 54032 Jul 5 2004 ocrs12.jar
-r--r--r-- 1 discus dba 1397543 Jul 5 2004 ojdbc14.jar
-r--r--r-- 1 discus dba 5018319 Jul 7 2004 orai18n.jar
drwxr-xr-- 4 discus dba 136 Dec 14 2004 sdk
-rw-r--r-- 1 discus dba 686 Jan 29 21:45 sqlnet.log
-rwxr-xr-- 1 discus dba 15660 Dec 13 2004 sqlplus

あとは、ORACLE_HOME、NLS_LANG、DYLD_LIBRARY_PATH、PATH、TNS_ADMINというおなじみの環境変数を設定します。

G5Server:˜ discus$ cat .bash_profile
. .bashrc
G5Server:˜ discus$
G5Server:˜ discus$ cat .bashrc
alias ll='ls -lv'

export ORACLE_HOME=/Users/Shared/OracleInstantClientHome
export NLS_LANG=Japanese_Japan.AL32UTF8
export DYLD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME
export PATH=$ORACLE_HOME:$PATH
export TNS_ADMIN=$ORACLE_HOME
G5Server:˜ discus$ . .bash_profile

次に、tnsnames.oraを$ORACLE_HOME以下(この例では/Users/Shared/OracleInstantClientHome以下)に作成します。
(tnsnames.oraは前述した$TNS_ADMIN環境変数で指定したパスが参照される。)

以下、専用サーバ接続用の記述例

G5Server:˜ discus$ cat $TNS_ADMIN/tnsnames.ora
lampeye =
(DESCRIPTION =
(ADDRESS_LIST =
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = 192.168.1.2)(PORT = 1521))
)
(CONNECT_DATA =
(SERVER = DEDICATED)
(SERVICE_NAME = lampeye.macdeoracle.jp)
)
)
G5Server:˜ discus$

さあ、sqlplusを起動して接続してみましょう。(この例ではOracle11g R1へ接続)

G5Server:˜ discus$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 10.1.0.3.0 - Production on 火 1月 29 23:07:42 2008

Copyright (c) 1982, 2004, Oracle. All rights reserved.

SQL> conn scott/tiger@lampeye
接続されました。
SQL> select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.6.0 - Production
CORE 11.1.0.6.0 Production
TNS for Linux: Version 11.1.0.6.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.6.0 - Production

SQL>

どうですか? 簡単でしょ!

Enjoy!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

200000

ついに20万アクセス突破。


Access_ctr_200000


このブログを書き始めてから2年8ヶ月、Dashboard de Aquarium公開後からアクセス数も急に増え始め、最近はDashboard de Aquariumより本題のOracleネタのアクセス数も増えてきました。みなさん、アクセスありがとうございます。

ところで、先日から使い始めたAmung.usのヒートマップは3日目でこんな感じ。日本語のブログだけどいろいろな国からアクセスされているなぁ。
Current_amung_us_heat_map

Heatmap2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacOSX で Eclipse の日本語化(備忘録)

Eclipseの日本語化プラグインのインストール手順について以下を参考にしたのだが、MacOSX以外の記述もあり少々分かりにくかったので自分なりの備忘録として書いておく。
とはいってもMacOSX上で利用する可能性は低いのだけれど・・・
Eclipse Wiki - 日本語化に関する記述

だったら何故、EclipseをMacOSXで使おうと思ったのか?・・・・

先日、OTN-Jのエントリに回答したのがきっかけで・・・、仕事ではEclipseを利用する事が多いウチの奥さんと

私     :「MacOSXでEclipseを日本語化する手順ってブログで書いてたっけ?
ウチの奥さん:「書いてないと思う」

という話になりこのエントリを書く気になったというわけ。。。(個人的には日本語化しないと使いにくいというわけでもないのですが・・・)

2008/1/28追記
奥さん曰く、Eclipseネタは沢山あるからネタとしてはつまらないし、誰かがもう書いていると思ったからだとか。。。

今回利用した Eclipse for MacOSXのバージョンは、3.3.1.1
日本語化プラグインは、pleiades-all-in-one-java-wtp_20071121.zip
MacOSX : version 10.4.11

http://www.eclipse.org/downloads/
http://mergedoc.sourceforge.jp/

※ダウンロードしたEclipseと日本語化プラグインはぞれぞれ適当なフォルダで解凍済み。

以下の例では、Eclpseと日本語化プラグインはそれぞれ

/Volumes/ExtraDisk/Application



/Volumes/DiscusWork/temp

以下に解凍した。

Last login: Wed Jan 23 17:16:05 on console
Welcome to Darwin!
G5Server:˜ discus$
G5Server:˜ discus$ cd /Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse/
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$ ls -l
total 64
drwxr-xr-x 3 discus discus 102 Nov 4 02:47 Eclipse.app
drwxr-xr-x 10 discus discus 340 Jan 23 18:06 configuration
lrwxrwxrwx 1 discus discus 34 Jan 23 17:48 eclipse -> Eclipse.app/Contents/MacOS/eclipse
-rw-r--r-- 1 discus discus 16536 Nov 4 02:47 epl-v10.html
drwxr-xr-x 104 discus discus 3536 Jan 23 17:50 features
-rw-r--r-- 1 discus discus 6506 Nov 4 02:47 notice.html
drwxr-xr-x 461 discus discus 15674 Jan 23 17:52 plugins
drwxr-xr-x 3 discus discus 102 Nov 4 02:47 readme
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$

※これが重要。
日本語化パッケージのconfiguration、features、pluginsの各ディレクトリ以下にある全ファイルをコピーする(注:ディレクトリごと上書きしないように!)

G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$ cp -Rf /Volumes/DiscusWork/temp/pleiades-all-in-one-java-wtp_20071121/configuration/*.* configuration
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$ cp -Rf /Volumes/DiscusWork/temp/pleiades-all-in-one-java-wtp_20071121/features/*.* features
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$ cp -Rf /Volumes/DiscusWork/temp/pleiades-all-in-one-java-wtp_20071121/plugins/*.* plugins
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$

※eclipse.iniを編集。

(configuration以下のelipse.iniではないので注意。)
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$ cat Eclipse.app/Contents/MacOS/eclipse.ini
-showsplash
org.eclipse.platform
-vmargs
-Xdock:icon=../Resources/Eclipse.icns
-XstartOnFirstThread
-Xms40m
-Xmx512m
-XX:MaxPermSize=256m
-javaagent:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar=no.mnemonic
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.5
-Dorg.eclipse.swt.internal.carbon.smallFonts


※細かいことは考えずにとりあえず、-cleanを付けて起動しちゃう。(日本語プラグイン追加後に一度だけ。)

G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$ 
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$ ./eclipse -clean &
[1] 1814
2008-01-23 18:06:41.005 eclipse[1704] [Java CocoaComponent compatibility mode]: Enabled
2008-01-23 18:06:41.005 eclipse[1704] [Java CocoaComponent compatibility mode]: Setting timeout for SWT to 0.100000

G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$
[1]+ Done ./eclipse -clean
G5Server:/Volumes/ExtraDisk/Application/eclipse discus$

上手くできました〜。 :)


Eclipse1 Eclipse2

Eclipse3

Eclipse4

最後の画像は、最初に

先日、OTN-Jのエントリに回答したのがきっかけで・・・、

と書いた”きっかけ”の話題に関連したおまけ・・・次回のエントリはそのネタにしようかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

who's Amung.us Statistics

今日は、Amung.usとう簡易な分析機能を提供しているサイトの話。
このAmung.usというサイトが提供している分析機能は、Google Analyticsのような詳しい分析は行えないが、今同時に何人の人がどこからこのページを閲覧しているのかがリアルタイムに確認できるユニークな機能を無料で提供している。また、この機能を利用するのにユーザ登録といった事も必要ない。本ブログでもタイトル部分に貼付けてみた。

自分のブログを訪れてくれる方がどこの国なのか、今どれくらいの方が見てくれているのかが簡単に確認できる点で私のお気に入りのサービスになりそうだ。

Whos_amung_us1

Whos_amung_us2

Whos_amung_us3

以下のページにアクセスして表示されるコードを自分のブログなどにコピペすればいい
Whos_amung_us4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

24(テレビドラマではないよ)

Wigitize

24時間で作られたドットコムサイト『Wigitize』でも取り上げられていたのでいろいろ覗いてみたついでにWidgetを作って貼付けてみた。元からあるココログの「最近の記事」と比べても見劣りしないでしょ。
記事にもあるように24時間でどのようにしてWigitizeを構築していったのか、プロセスが細かく書かれていて実に面白い。


ココログオリジナルの「最新の記事」(左)とWigitizeで作って少々加工した「最新の記事」(右)
9 8

あ、24時間で作るといえば、Wif2008の予選会も24時間で与えられたテーマのWebデザインを完成させるのが条件でしたね。予選の作品が公開されたようです。。。Wif2008ネタは別エントリで。

日本からは8チームエントリしているように見えるが実際には5チームとのこと。
Wif2008_preselect

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac De Oracle なんですが、Windows(32bit)でのOracleな話 #4 のおまけ

Mac De Oracle なんですが、Windows(32bit)でのOracleな話 #4では専用サーバ接続であるためoracle.exeがユーザメモリ空間の制限である2GBを超えてスレッドを作れずにORA-12518が発生していた。
では2GBを超えない範囲で共有サーバを起動して接続した場合はどうなるだろうか?(大抵の方は共有サーバ接続であればこの問題を解決できることは認識されていると思うが共有サーバ接続にした場合、専用サーバ接続に比べデメリットもある。テスト環境でしっかりテストし条件を満たせるかしっかり見極める必要がある。共有サーバ接続のご利用は計画的に!!)

2006年のOOWで興味深い資料が公開されていたのでURLを載せておきます。
http://www.oracle.co.jp/openworld/tokyo2006/session_download/1B-8.pdf

以下に示した初期化パラメータ以外は以前のエントリで記載した値に同じ

SYS> alter system set shared_servers=5 scope=both;

システムが変更されました。

SYS> alter system set dispatchers='(PROTOCOL=TCP)(SERVICE=catfishS)(DIS=10)' scope=both;

システムが変更されました。

SYS> select name,network from v$dispatcher;

NAME NETWORK
---- --------------------------------------------------------------------------------
D000 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=3818))
D001 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=1463))
D002 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=1464))
D003 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=1465))
D004 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=1466))
D005 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=1467))
D006 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=1468))
D007 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=1469))
D008 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=1470))
D009 (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=1471))


10行が選択されました。

SYS> $lsnrctl service

SYS> select count(*) from v$session;

COUNT(*)
----------
16


ここでJDeveloperから接続(400セッション)接続に利用したコードは以前テストで利用したものと同じ。
Shared_server_jdev

Shared_server_win_mon

SYS> select count(*) from v$session;

COUNT(*)
----------
416

SYS> $lsnrctl service

LSNRCTL for 32-bit Windows: Version 10.2.0.2.0 - Production on 20-1月 -2008 14:47:56

Copyright (c) 1991, 2005, Oracle. All rights reserved.

(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=1521)))に接続中
サービスのサマリー...
サービス"catfish.macdeoracle.info"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"catfish"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
ハンドラ:
"DEDICATED" 確立:0 拒否:0 状態:ready
LOCAL SERVER
サービス"catfishS.macdeoracle.info"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"catfish"、状態READYには、このサービスに対する10件のハンドラがあります...
ハンドラ:
"D009" 確立:40 拒否:0 現行:40 最大:1002 状態:ready
DISPATCHER <machine: CATFISH, pid: 320>
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=2213))
"D008" 確立:40 拒否:0 現行:40 最大:1002 状態:ready
DISPATCHER <machine: CATFISH, pid: 2756>
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=2212))
"D007" 確立:40 拒否:0 現行:40 最大:1002 状態:ready
DISPATCHER <machine: CATFISH, pid: 2912>
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=2211))
"D006" 確立:40 拒否:0 現行:40 最大:1002 状態:ready
DISPATCHER <machine: CATFISH, pid: 856>
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=2210))
"D005" 確立:40 拒否:0 現行:40 最大:1002 状態:ready
DISPATCHER <machine: CATFISH, pid: 2092>
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=2209))
"D004" 確立:40 拒否:0 現行:40 最大:1002 状態:ready
DISPATCHER <machine: CATFISH, pid: 1256>
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=2208))
"D003" 確立:40 拒否:0 現行:40 最大:1002 状態:ready
DISPATCHER <machine: CATFISH, pid: 3236>
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=2206))
"D002" 確立:40 拒否:0 現行:40 最大:1002 状態:ready
DISPATCHER <machine: CATFISH, pid: 3248>
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=2205))
"D001" 確立:40 拒否:0 現行:40 最大:1002 状態:ready
DISPATCHER <machine: CATFISH, pid: 3312>
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=2204))
"D000" 確立:40 拒否:0 現行:40 最大:1002 状態:ready
DISPATCHER <machine: CATFISH, pid: 3288>
(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=catfish.macdeoracle.jp)(PORT=2203))
コマンドは正常に終了しました。

SYS>
SYS>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

WIF2008 - Webdesign International Festival - 予選終了

WIF2008 - Webdesign International Festivalの予選が終了したようだ。

高味氏ブログより引用


日本時間本日(19日)午後10時までにアップする予選参加チームのウェブサイトは以下の手順で見られます。

WIF2008オフィシャルサイトー「Competirion」ー「2008teams」


左下のチーム名別検索、国別検索で、チームをクリック、各チームに与えられたURLをクリック。

まだ全ての作品が公開されていないようなので明日の朝に覗いてみる事にしましょうかね。どんな作品があるか楽しみだ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WIF2008 - Webdesign International Festival

WIF2008 - ウェブデザイン国際フェスティバルの予選がスタートしたようだ。日本時間で今19日の10時だがページをみると後12時間余りで予選終了。

高味氏のブログによると国内からはオンライン参加で6チームがエントリしたとのこと。

予選のテーマは、"Water Is Life!"だとか。

Wif2008_1


以下に記載されている観点から審査されるとのこと。

Wif2008_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

Oracle - BEAを買収

一昨年、OracleによるJBOSS買収なんて噂が流れていましたが、BEAを買収しちゃったのですね〜。以前からニュースにはなっていましたが。。ん〜〜〜パックマンの本領発揮というところか!。

85億ドルとはね〜〜〜。

大きな買収の話題2連チャン。(^^;;;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sun が MySQLを買収

Sun、MySQLを買収

いや〜、驚きましたね!
PostgreSQLのサポートを提供しているSunですがMySQLを買収するとは。

InnoDBなどがOracleに買収されてしまい、なんとなくいやな雰囲気(Oracleさんも買収買収でバックマンになりはじめたねぇ〜と感じ始めていた)を感じていた今日このごろ。Sunによる買収なのでデータベースの世界もおもしろい状況になりそうな雰囲気を感じます。Falconの開発にも拍車がかかる事でしょうね。期待していますよ〜。:)

Oracle AppsLabのエントリでも書かれてますね - Acquisition Wednesday

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

Mac de Ruby on Rails - #1

さて、ウチの奥さんから遅れること?年、rubyをやってみようかと思っていたんですが中々手が進まず、風邪をひいてデータベースを触っていないこの時期に少しでも進めてみようと思い立ち私のPowerBook G4で環境作り。
ただ元来データベース周りが得意分野なのでRubyそのものというよりRuby on Railsで遊ぶことに。。。
今のところはデータベースはSQLite3を利用する環境なのですが・・いずれはOracleと繋げる予定・・・。

というのも・・・

S/N Ratioより引用

先週開催されていたオラクルの年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2007」の開始に合わせて、新サービス「Oracle Mix」のベータがローンチしました。Oracle Mixは、ソーシャル ネットワーク、アイデア共有、グループ コラボレーション、Q&Aフォーラムなどの機能を提供しています。

Oracle Mixは、Oracle Applications (オラクルの業務アプリケーション製品群) の開発チーム内のグループ「Oracle AppsLab」と、Martin Fowlerが所属していることでも有名なThoughtWorksが協力して開発したサービスです。

なんて事もあり興味を持ったとうのもあるんですけどね。

ところで、Oracle AppsLabといえば・・・以前私のエントリがPingback(かな?)でAppsLabのエントリにトラックバックされていたっけ。。。(^^;;;

ちなみに、Oracle Mixに登録しちゃってます。。:)
Oraclemix

さて、前置きはこれくらいにして本題です。。

奥さんのMacBook Proは既にMac OS X LeopardなのでなにもしなくてもRuby on Railsは利用できるんですが、私のPowerBook G4はまだMac OS X Leopardへアップデートしてないんですよいろんな都合で。なのでインストール作業から・・・・・

RubyもRuby on Railsも初めてなので、ググったり奥さんが買っていた書籍などを参考に・・・PowerBook G4 1Ghz(1GB ram) MacOSX Tiger 10.4.11へRuby on Railsをインストールしてみた。

MacPortsがあると便利とのことなのでまずは、MacPorts 1.6.0のTiger版をダウンロード。あとはMacPorts-1.6.0-10.4-Tiger.dmgをダブルクリック、さらにMacPorts-1.6.0.pkgをダブルクリックしてインストールすればOK。
Macport


MacPortsなどは、/opt/local以下にインストールされる。(XCodeは事前にインストールしておくべし。)

Last login: Sat Jan 12 20:01:35 on ttyp1
Welcome to Darwin!
pb17:˜ discus$ cd /opt/local/bin
pb17:/opt/local/bin discus$ ls
daemondo port portf portindex portmirror
pb17:/opt/local/bin discus $ port -v
MacPorts 1.600
Entering interactive mode... ("help" for help, "quit" to quit)
[local/bin] > quit
Goodbye
pb17:/opt/local/bin discus $


次にMacPortsのアップデート。

pb17:/opt/local/bin discus$ sudo ./port -v selfupdate
Password:
Synchronizing local ports tree from rsync://rsync.macports.org/release/ports/
receiving file list ... done
./
aqua/Affiche/
aqua/AppKiDo/
aqua/AquaLess/
aqua/ArpSpyX/

・・・・中略・・・・

zope/zope-zopezen/
zope/zope-zphotoslides/
zope/zope-zphotoslides/files/
zope/zope-zsyncer/

sent 74 bytes received 291810 bytes 20129.93 bytes/sec
total size is 16241925 speedup is 55.65

MacPorts base version 1.600 installed
receiving file list ... done

sent 73 bytes received 6617 bytes 2676.00 bytes/sec
total size is 3962384 speedup is 592.28

Downloaded MacPorts base version 1.600

The MacPorts installation is not outdated and so was not updated
selfupdate done!
pb17:/opt/local/bin discus$
pb17:/opt/local/bin discus$ ruby -v
ruby 1.8.2 (2004-12-25) [powerpc-darwin8.0]

MacOSX Tiger 10.4には、ruby 1.8.2は既にインストールされている。


環境変数 $PATHに/opt/local/binを追加。

pb17:/opt/local/bin discus $ echo $PATH
/opt/local/bin:/usr/local/mysql/bin:/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin

pb17:/opt/local/bin discus $ cd


次にRubyGemsパッケージ管理システムをMacPorts1.6を利用してインストール。インストール後には、Rubyも1.8.6へ更新されている。

pb17:˜ discus$ sudo port install rb-rubygems
Password:
---> Fetching expat
---> Attempting to fetch expat-2.0.1.tar.gz from http://downloads.sourceforge.net/expat
---> Verifying checksum(s) for expat

・・・・中略・・・・

---> Installing rb-rubygems 0.9.4_0
---> Activating rb-rubygems 0.9.4_0
---> Cleaning rb-rubygems
pb17:˜ discus$ ruby --version
ruby 1.8.6 (2007-09-23 patchlevel 110) [powerpc-darwin8.11.0]
pb17:˜ discus$


そしてRubyGemsでrailsをインストールしようとしたが、以下のようなエラーが発生して全くうまくいかない。。困った〜〜。

pb17:˜ discus$ sudo gem install rails --include-dependencies
Password:
/opt/local/lib/ruby/vendor_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:27:in `gem_original_require': no such file to load -- sources (LoadError)
from /opt/local/lib/ruby/vendor_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:27:in `require'
from /opt/local/lib/ruby/vendor_ruby/1.8/rubygems/source_info_cache.rb:6
from /opt/local/lib/ruby/vendor_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:27:in `gem_original_require'
from /opt/local/lib/ruby/vendor_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:27:in `require'
from /opt/local/lib/ruby/vendor_ruby/1.8/rubygems/remote_installer.rb:12
from /opt/local/lib/ruby/vendor_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:27:in `gem_original_require'
from /opt/local/lib/ruby/vendor_ruby/1.8/rubygems/custom_require.rb:27:in `require'
from /opt/local/lib/ruby/vendor_ruby/1.8/rubygems.rb:112:in `manage_gems'
from /opt/local/bin/gem:10
pb17:˜ discus$


前述のエラーメッセージでググってみたら「ソースからインストールするとうまくいくよ!」という内容のエントリを発見。
/opt以下削除してから再度MacPortsのインストール及びアップデートからやり直し。(尚、$PATH環境変数へは。/opt/local/binは設定したまま)

pb17:˜ discus$ sudo port -v selfupdate
Password:
Synchronizing local ports tree from rsync://rsync.macports.org/release/ports/
receiving file list ... done

sent 74 bytes received 291834 bytes 11447.37 bytes/sec
total size is 16241915 speedup is 55.64

MacPorts base version 1.600 installed
receiving file list ... done

sent 73 bytes received 6621 bytes 4462.67 bytes/sec
total size is 3962384 speedup is 591.93

Downloaded MacPorts base version 1.600

The MacPorts installation is not outdated and so was not updated
selfupdate done!


次に、RubyGems 0.9.4をインストール(1.0.1がリリースされていたが敢て、古いバージョンをインストール)
curlを使わなくてもいいんですが・・・とりあえずコマンドで作業を進めて行きます。(このエントリの後半で1.0.1へアップデートします。)

pb17:˜ discus$ curl -L -O http://rubyforge.org/frs/download.php/20989/rubygems-0.9.4.tgz
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 200k 100 200k 0 0 49807 0 0:00:04 0:00:04 --:--:-- 81744

pb17:˜ discus$ tar zxvf rubygems-0.9.4.tgz
rubygems-0.9.4/
rubygems-0.9.4/.document
rubygems-0.9.4/bin/
rubygems-0.9.4/bin/gem

・・・・中略・・・・

rubygems-0.9.4/test/user_capture.rb
rubygems-0.9.4/test/yaml_data.rb
rubygems-0.9.4/TODO
pb17:˜ discus$


解凍したら setup.rbを実行してRubyGems 0.9.4をインストール。

pb17:˜ discus$ cd rubygems-0.9.4
pb17:˜/rubygems-0.9.4 discus$ sudo ruby ./setup.rb
Password:
---> bin
<--- bin
---> lib
---> lib/rbconfig
<--- lib/rbconfig

・・・・中略・・・・

<--- lib
Successfully built RubyGem
Name: sources
Version: 0.0.1
File: sources-0.0.1.gem
Removing old RubyGems RDoc and ri...
Installing rubygems-0.9.4 ri...
Installing rubygems-0.9.4 rdoc...

As of RubyGems 0.8.0, library stubs are no longer needed.
Searching $LOAD_PATH for stubs to optionally delete (may take a while)...
...done.
No library stubs found.

pb17:˜/rubygems-0.9.4 discus$


ソースからインストールしたRubyGemsを使ってrailsをインストール・・・

pb17:˜/rubygems-0.9.4 discus$ sudo gem install rails --include-dependencies
Bulk updating Gem source index for: http://gems.rubyforge.org
Successfully installed rails-2.0.2
Successfully installed rake-0.8.0
Successfully installed activesupport-2.0.2

・・・・中略・・・・

Installing RDoc documentation for actionpack-2.0.2...
Installing RDoc documentation for actionmailer-2.0.2...
Installing RDoc documentation for activeresource-2.0.2...
pb17:˜/rubygems-0.9.4 discus$ rails -v
Rails 2.0.2
pb17:˜/rubygems-0.9.4 discus$ cd
うまくいった〜〜。パチパチ。


ついでにSQLite3もインストール(こちらはMacPortsでインストールできた。)

pb17:˜ discus$ sudo port install sqlite3
---> Fetching gawk
---> Attempting to fetch gawk-3.1.5.tar.bz2 from http://ftp.gnu.org/gnu/gawk

・・・・中略・・・・

---> Installing sqlite3 3.5.4_0+darwin_8
---> Activating sqlite3 3.5.4_0+darwin_8
---> Cleaning sqlite3
pb17:˜ discus$


さらにSQLite3インターフェースのインストール

pb17:˜ discus$ sudo port install rb-sqlite3
Password:
---> Fetching rb-sqlite3
---> Attempting to fetch sqlite3-ruby-1.2.1.tar.bz2 from http://rubyforge.org/frs/download.php/17096/
---> Verifying checksum(s) for rb-sqlite3
---> Extracting rb-sqlite3
---> Configuring rb-sqlite3
---> Building rb-sqlite3 with target setup
---> Staging rb-sqlite3 into destroot
---> Installing rb-sqlite3 1.2.1_0
---> Activating rb-sqlite3 1.2.1_0
---> Cleaning rb-sqlite3
pb17:˜ discus$ sudo gem install sqlite3-ruby
Select which gem to install for your platform (powerpc-darwin8.11.0)
1. sqlite3-ruby 1.2.1 (mswin32)
2. sqlite3-ruby 1.2.1 (ruby)
3. sqlite3-ruby 1.2.0 (mswin32)
4. sqlite3-ruby 1.2.0 (ruby)
5. Skip this gem
6. Cancel installation
> 2
Building native extensions. This could take a while...
Successfully installed sqlite3-ruby-1.2.1
Installing ri documentation for sqlite3-ruby-1.2.1...
Installing RDoc documentation for sqlite3-ruby-1.2.1...
pb17:˜ discus$


インストールできたのでrailsアプリケーションの作成準備。


pb17:˜ discus$ cd /Volumes/Repository
pb17:/Volumes/Repository discus$ mkdir discus
pb17:/Volumes/Repository discus$ cd discus
pb17:/Volumes/Repository/discus discus$ rails rails-demo
create
create app/controllers
create app/helpers
create app/models
create app/views/layouts

・・・・中略・・・・

create doc/README_FOR_APP
create log/server.log
create log/production.log
create log/development.log
create log/test.log
pb17:/Volumes/Repository/discus discus$
pb17:/Volumes/Repository/discus/rails-demo discus$ script/server
=> Booting WEBrick...
=> Rails application started on http://0.0.0.0:3000
=> Ctrl-C to shutdown server; call with --help for options
[2008-01-13 22:59:27] INFO WEBrick 1.3.1
[2008-01-13 22:59:27] INFO ruby 1.8.6 (2007-09-23) [powerpc-darwin8.11.0]
[2008-01-13 22:59:27] INFO WEBrick::HTTPServer#start: pid=15815 port=3000
127.0.0.1 - - [13/Jan/2008:23:01:02 JST] "GET / HTTP/1.1" 200 7557-
-> /
127.0.0.1 - - [13/Jan/2008:23:01:02 JST] "GET /favicon.ico HTTP/1.1" 200 0
http://localhost:3000/ -> /favicon.ico
127.0.0.1 - - [13/Jan/2008:23:01:02 JST] "GET /javascripts/prototype.js HTTP/1.1" 200 125605
http://localhost:3000/ -> /javascripts/prototype.js
127.0.0.1 - - [13/Jan/2008:23:01:02 JST] "GET /javascripts/effects.js HTTP/1.1" 200 38916
http://localhost:3000/ -> /javascripts/effects.js
127.0.0.1 - - [13/Jan/2008:23:01:02 JST] "GET /images/rails.png HTTP/1.1" 200 1787
http://localhost:3000/ -> /images/rails.png
127.0.0.1 - - [13/Jan/2008:23:01:33 JST] "GET /rails/info/properties HTTP/1.1" 200 920
http://localhost:3000/ -> /rails/info/properties
^C[2008-01-13 23:02:09] INFO going to shutdown ...
[2008-01-13 23:02:09] INFO WEBrick::HTTPServer#start done.
pb17:/Volumes/Repository/discus/rails-demo discus$

なんとかここまでできました〜〜。
Ror_demo2


最後に、はじめにも書いていましたがgemsを最新版にアップデートしておきます。

pb17:˜ discus$ gem -v
0.9.4
pb17:˜ discus$ sudo gem update --system
Updating RubyGems...
Attempting remote update of rubygems-update
Successfully installed rubygems-update-1.0.1
Updating version of RubyGems to 1.0.1
Installing RubyGems 1.0.1
install -c -m 0644 rbconfig/datadir.rb /opt/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rbconfig/datadir.rb
install -c -m 0644 rubygems/builder.rb /opt/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/builder.rb
install -c -m 0644 rubygems/command.rb /opt/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/command.rb
install -c -m 0644 rubygems/command_manager.rb /opt/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems/command_manager.rb

・・・・中略・・・・

rm -rf /opt/local/lib/ruby/gems/1.8/doc/rubygems-0.9.4
Installing rubygems-1.0.1 ri into /opt/local/lib/ruby/gems/1.8/doc/rubygems-1.0.1/ri...
Installing rubygems-1.0.1 rdoc into /opt/local/lib/ruby/gems/1.8/doc/rubygems-1.0.1/rdoc...
As of RubyGems 0.8.0, library stubs are no longer needed.
Searching $LOAD_PATH for stubs to optionally delete (may take a while)...
...done.
No library stubs found.
RubyGems system software updated
pb17:˜ discus$ gem -v
1.0.1
pb17:˜ discus$

これでRubyGemsのアップデートもなんとか完了〜〜。ホッ。この続きは暇を見て調べながらやって行きましょうかね・・・・。


参考にしたサイトや書籍など。。
http://feeds.japan.cnet.com/~r/cnet/blog/kenn/~3/761095/
http://www.takezou.com/archives/2007/05/ror_install_on.html
http://i.loveruby.net/ja/projects/setup/doc/usage.html
http://mikilab.doshisha.ac.jp/dia/research/report/2006/1014/002/report20061014002.html
http://lapangan.net/darwinports/index.php?HowTo%2FUseMacPorts
http://rubyforge.org/
http://www.rubyonrails.org/down

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

Dashboard Widget top50 - 2008/01/12

今週の火曜日から風邪をひいてしまった。

奥さんが2週間半前からひいていた風邪に感染してしまったようだ。奥さんが通院した病院と同じ病院なのでほぼ同じ処方をしてもらい早めの対処で4日目の今ではこうしてブログの更新ができるようになるまで回復。。(よかった〜。)

奥さんは咳が酷くなり2週間半たった今でもたまに咳をする。今年の風邪はほんとうに咳が長く続くようなので皆さんお気をつけくださいませ。私は咳はほとんど出てないのでこのまま完治しそう。ただ子供は多少鼻水が多くなってきたので注意して様子をみておこう。(食欲はあるので大丈夫そうだが。。。)

とにかく奥さんの風邪がインフルエンザでなくてよかったよ〜〜。。。。

となが〜〜い前置きは此のくらいで、Dashboard de Aquarium v1.1の現時点でのDashboard Widget Top50ランキング。昨日は、Top13に位置していた。。やはりそう簡単にはTop10入りしないよね。返り咲いたらうれしいけど。。
でもTop13ですからね。ダウンロードしてくださった方々ありがとうございます。

20080112top13

ちなみに、私のブログのDashboard de Aquarium v1.0v1.1のページのアクセス数をGoogle Analyticsで集計した結果、昨日の時点で17000アクセスを突破。(Google Analyticsを導入したのはDashboard de Aquarium v1.0リリース後1ヶ月ほどしてからなので実際にはもっと多いのですが。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

初夢 - Mac Touchなんてね。

The Apple Colletcionというよく見てるサイトで見つけたんですが、こんなイメージのMulti-Touch対応 "Mac Touch"なんてのが出たらつい買っちゃうかも。。

The Apple Colletcionより引用。
MacBoardPro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Oracle de XMLDB #17

「XMLマスター:プロフェッショナル(データベース) 試験」のサンプル問題がXML技術者育成推進委員会のサイトに掲載されている。
この問題の幾つかは直接XML DBを操作して確認することができる問題なのだが、それらの問題をOracle11g R1 11.1.0.6.0を利用して試す場合には次の2点には注意しておいたほうがよいだろう。

● 最初はSQL*Plusの仕様による影響。

SQL*PlusのXQueryコマンドで試す場合以下のように@がSQL*PlusのSTARTコマンとして実行されてしまう。
SCOTT> xquery
2 for $n in fn:doc("/public/scott/xml/example2.xml")/list
3 return
4 <codeList>
5 <code> {
6 @code
SP2-0310: ファイル"code.sql"をオープンできません。
6 .
SCOTT>

これを回避する方法は以前も紹介した方法でSQL*PlusのSTARTコマンドして実行されることを回避できる。

SCOTT> xquery
2 for $n in fn:doc("/public/scott/xml/example2.xml")/list
3 return
4 <codeList>
5 <code>{
6 (::) @code
7 }</code>
・・・以下省略・・・

「XMLマスター:プロフェッショナル(データベース) 試験のサンプル問題」の問題2をOracle11g R1 11.1.0.6.0で試す場合には忘れずに!


● もう一つはテキストノードのwhitespaceの取扱いに関するもの。

Oracle11g R1 11.1.0.6.0のXMLDBではテキストノードに対するwhitespaceの取扱いは常にstripであること。以下の例を見ていただければ一目瞭然。
ということで「XMLマスター:プロフェッショナル(データベース) 試験のサンプル問題」の問題3をOracle11g R1 11.1.0.6.0で実行した場合<space> </space>というノードの空白は削除されてしまうのでこれまたOracle11g R1ではそのような実装になっているということをお忘れなく。

SCOTT> !cat sample.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<space> </space>

SCOTT> declare
2 r boolean;
3 begin
4 r := dbms_xdb.createresource(
5 '/public/scott/xml/sample.xml',
6 bfilename('SCOTT_XMLDIR','sample.xml'),
7 nls_charset_id('AL32UTF8'));
8 commit;
9 end;
10 /

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT>
SCOTT> xquery
2 fn:doc("/public/scott/xml/sample.xml")/space
3 /

Result Sequence
--------------------------------------------------------------------------------
<space/>

SCOTT>


ちなみにオープンソースのSaxon Bではテキストノードのwhitespaceの扱いは指定可能なのでXMLマスタープロフェッショナル(データベース)のようなベンダー比依存の試験勉強の為だけであればSaxon Bを使ったほうが無難かもしれない。ただ、プロジェクトでOracle11g R1のXML DBを利用するのであればOracle11g R1を利用して検証したほうがいいのは言うまでもない。

以下、saxon 9.0.0J(saxon B 9.0.0.2のjava版)を利用して上記2点に関連する部分を実行した例

環境:MacOSX Server 10.4.11 Tiger

● SAXON B 9.0.0.2(java版)をダウンロード、unzipする。

今回は/User/Sharedで作業を行うことにした。Webブラウザでダウンロードしてもいいのだが折角なので全部コマンドで行っちゃいましょう。
curlコマンドSAXON B 9.0.0.2(Java版)をダウンロード後、unzip。

G5Server:˜ oracle$ java -version
java version "1.5.0_13"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_13-b05-241)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.5.0_13-121, mixed mode)
G5Server:˜ oracle$
G5Server:˜ oracle$ cd /Users/Shared/
G5Server:/Users/Shared oracle$
G5Server:/Users/Shared oracle$ curl -L -o saxonb9-0-0-2j.zip http://prdownloads.sourceforge.net/saxon/saxonb9-0-0-2j.zip
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 1862k 100 1862k 0 0 144k 0 0:00:12 0:00:12 --:--:-- 144k

G5Server:/Users/Shared oracle$ unzip saxonb9-0-0-2j.zip -d saxonb9-0-0-2j
Archive: saxonb9-0-0-2j.zip
inflating: saxonb9-0-0-2j/saxon9-ant.jar
inflating: saxonb9-0-0-2j/saxon9-dom.jar
inflating: saxonb9-0-0-2j/saxon9-dom4j.jar
inflating: saxonb9-0-0-2j/saxon9-jdom.jar
inflating: saxonb9-0-0-2j/saxon9-s9api.jar
inflating: saxonb9-0-0-2j/saxon9-sql.jar
inflating: saxonb9-0-0-2j/saxon9-xom.jar
inflating: saxonb9-0-0-2j/saxon9-xpath.jar
inflating: saxonb9-0-0-2j/saxon9-xqj.jar
inflating: saxonb9-0-0-2j/saxon9.jar
G5Server:/Users/Shared oracle$ cd saxonb9-0-0-2j


● XMLファイルとXQueryファイルを用意する。

前述したXMLマスタープロフェッショナル(データベース)試験のサンプル問題元にXMLファイルとXQueryファイルを準備しておく。
SAXON Bのコマンドラインでは直接XQueryを記述できずXQueryを記述したファイルを指定する必要がある為。)

G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ ll
total 10584
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 444 Dec 31 17:38 example.xml
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 40 Dec 31 17:38 query1.xql
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 58 Dec 31 17:38 query2.xql
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 199 Dec 31 17:38 query_a.xql
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 188 Dec 31 17:38 query_b.xql
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 204 Dec 31 17:38 query_c.xql
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 189 Dec 31 17:38 query_d.xql
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 57 Dec 31 17:38 result.xml
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 108 Dec 31 17:38 sample.xml
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 56 Dec 31 17:38 sample2.xml
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 23963 Nov 30 14:35 saxon9-ant.jar
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 110602 Nov 30 14:35 saxon9-dom.jar
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 30000 Nov 30 14:35 saxon9-dom4j.jar
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 32743 Nov 30 14:35 saxon9-jdom.jar
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 110818 Nov 30 14:35 saxon9-s9api.jar
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 45598 Nov 30 14:35 saxon9-sql.jar
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 45218 Nov 30 14:35 saxon9-xom.jar
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 43536 Nov 30 14:35 saxon9-xpath.jar
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 173255 Nov 30 14:35 saxon9-xqj.jar
-rw-r--r-- 1 oracle wheel 4737705 Nov 30 14:35 saxon9.jar
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$


● SAXON BのXQueryのコマンド形式は以下のようにして確認できます。

G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ java -cp saxon9.jar net.sf.saxon.Query -?
Saxon 9.0.0.2J from Saxonica
Usage: java net.sf.saxon.Query [options] query {param=value}...
Options:
-cr:classname Use specified CollectionURIResolver class
-dtd:on|off Validate using DTD
-expand:on|off Expand defaults defined in schema/DTD
-explain[:filename] Display compiled expression tree
-ext:[on|off] Allow|Disallow external Java functions
-l:on|off Line numbering for source document
-mr:classname Use specified ModuleURIResolver class
-o:filename Send output to named file
-outval:recover|fatal Handling of validation errors on result document
-p Recognize Saxon file extensions and query parameters
-pipe:push|pull Execute internally in push or pull mode
-projection:[on|off] Use|Don't use source document projection
-r:classname Use URIResolver class
-repeat:N Repeat N times for performance measurement
-s:file|URI Provide initial context document
-sa Schema-aware query (requires Saxon-SA)
-strip:all|none|ignorable Strip whitespace text nodes
-t Display version and timing information
-tree:tiny|linked Select tree model
-T[:classname] Use TraceListener class
-TJ Trace calls to external Java functions
-u Names are URLs not filenames
-val:strict|lax Validate using schema
-wrap:on|off Wrap result sequence in XML elements
-x:classname Parser (XMLReader) used for source files
-xi:on|off Expand XInclude on all documents
-xmlversion:1.0|1.1 Version of XML to be handled
-? Display this message
param=value Set query string parameter
+param=value Set query document parameter
!option=value Set serialization option
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$

SAXON B「XMLマスター:プロフェッショナル(データベース) 試験のサンプル問題」の問題2を試す。

G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ cat example.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<logList>
<list code="w001" message="警告1"/>
<list code="w002" message="警告2"/>
<list code="e001" message="エラー1"/>
<list code="e002" message="エラー2"/>
<day date="2007-12-01">
<log time="10:00:00" code="w001"/>
<log time="14:00:00" code="e001"/>
</day>
<day date="2007-12-02">
<log time="13:00:00" code="e002"/>
<log time="15:00:00" code="e001"/>
</day>
</logList>
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ cat -n query_a.xql
1 <result>{
2 let $doc := fn:doc("example.xml")
3 for $log in $doc//log
4 return
5 <log>{
6 $log/../@date,
7 $log/@time,
8 $doc//list[@code eq $log/@code]/@message
9 }</log>
10 }</result>
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ java -cp saxon9.jar net.sf.saxon.Query query_a.xql
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<result>
<log date="2007-12-01" time="10:00:00" message="警告1"/>
<log date="2007-12-01" time="14:00:00" message="エラー1"/>
<log date="2007-12-02" time="13:00:00" message="エラー2"/>
<log date="2007-12-02" time="15:00:00" message="エラー1"/>
</result>
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ cat -n query_b.xql
1 <result>{
2 let $doc := fn:doc("example.xml")
3 for $log in $doc//log
4 return
5 <log>{
6 ../@date,
7 @time,
8 ../../list[@code = $log/@code]/@message
9 }</log>
10 }</result>
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ java -cp saxon9.jar net.sf.saxon.Query query_b.xql
Error on line 6 of file:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j/query_b.xql:
XPDY0002: The context item is not set
Query processing failed: Run-time errors were reported
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ cat -n query_c.xql
1 <result>{
2 let $doc := fn:doc("example.xml")
3 for $day in $doc//day
4 return
5 <log>{
6 $day/@date,
7 $day/log/@time,
8 $doc//list[@code eq $day/log/@code]/@message
9 }</log>
10 }</result>
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ java -cp saxon9.jar net.sf.saxon.Query query_c.xql
Error on line 7 of file:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j/query_c.xql:
XQDY0025: Cannot create an element having two attributes with the same name: @time
Query processing failed: Run-time errors were reported
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ cat -n query_d.xql
1 <result>{
2 let $doc := fn:doc("example.xml")
3 for $day in $doc//day
4 return
5 <log>{
6 @date,
7 log/@time,
8 ../list[@code = $day/log/@code]/@message
9 }</log>
10 }</result>
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ java -cp saxon9.jar net.sf.saxon.Query query_d.xql
Error on line 6 of file:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j/query_d.xql:
XPDY0002: The context item for axis step attribute::attribute(date, xs:anyAtomicType) is undefined
Query processing failed: Run-time errors were reported


SAXON Bではテキストノードのwhitespaceの取扱いを-stripオプションで指示できる。

G5Server:/Users/shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ cat -n sample2.xml
1 <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
2 <space> </space>
G5Server:/Users/shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ cat -n query2.xql
1 fn:doc("sample2.xml")/space
G5Server:/Users/shared/saxonb9-0-0-2j oracle$
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ java -cp saxon9.jar net.sf.saxon.Query query2.xql
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<space> </space>
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ java -cp saxon9.jar net.sf.saxon.Query -strip:all query2.xql
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<space/>
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ java -cp saxon9.jar net.sf.saxon.Query -strip:none query2.xql
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<space> </space>
G5Server:/Users/Shared/saxonb9-0-0-2j oracle$ java -cp saxon9.jar net.sf.saxon.Query -strip:ignorable query2.xql
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<space> </space>




● バックナンバー
Oracle de XMLDB #1
Oracle de XMLDB #2
Oracle de XMLDB #3 - Oracle10g XEではどうよ?
Oracle de XMLDB #4
Oracle de XMLDB #5 - Oracle11g環境再構築完了
Oracle de XMLDB #6 - Linux x86版再び。
Oracle de XMLDB #7 - 何かが違う!?
Oracle de XMLDB #8 - またまた少々脱線
Oracle de XMLDB #9 - またまた少々脱線の続き
Oracle de XMLDB #10 - 三度脱線
Oracle de XMLDB #11 - 三度脱線のおまけ
Oracle de XMLDB #12
Oracle de XMLDB #13
Oracle de XMLDB #14
Oracle de XMLDB #15
Oracle de XMLDB #16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

MyMiniCity - DISCUS HAMBURG #4 ... and A Happy New Year!

Cimg8459


あけましておめでとうございます。

年越しそばを食べ終わり、年が明けると早速お腹が空いた子供へミルクを与え、早く寝かしつけようと添い寝をしていたら私も寝てしまいネタを纏めている時間がなかったので新春第一弾のエントリはMyMiniCity - DISCUS HAMBURGの状況確認から。w

はじめたころは・・・・・
3
      15
そして今は・・・・
16


今年もMac De Oracleをよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)