« Google プロダクトセミナー #4 | トップページ | iPod Touchか〜 »

2007年9月 5日 (水)

つい買ってしまった。ビクターエブリオ #2

つい買ってしまった。ビクターエブリオの続きです。

前回は、Victor Everio GZ-MG130をつい勢いて買ってしまったが、自分のPowerBook G4 1Ghz 17inchでは、iLife '06のiMovie HD version 6.0.3しか利用できず、仕方なく面倒な手順を繰り返し、、iMovie HD version 6.0.3に撮影した16:9サイズのムービーを取込むことができた。
というところまでだった。

そのムービーの一部は以前のエントリでも公開しています!


はっきり言って、あんな面倒な操作を行わなくてもビデオカメラから撮影した映像を取込みたいわけです。 はい。

そんなもやもやした気分が続いていたのだが、タイミングよく、と言うか運良く、先日、iLife '08 を購入していたことを思い出し、その最新版、iMovie '08 version 7.0.1を妻と共有しているPowerMac G5 Dual2.7Ghz MacOSX Server 10.4.10へインストールしていろいろと試していた。
UIが随分変わったな〜〜と、何気なく、Victor EverioをUSB接続してみると....

なんと!、Victor Everio GZ-MG130でもUSB接続すれば撮影した映像(もちろん、16:9サイズも)がDVストリームとして簡単に読み込めるじゃありませんか!!!!

  

iMovie'06 version 6.0.3の場合と比べると随分楽ですよ!。

まず、iMovie'08 version 7.0.1を起動
iMovie HDまでとはアイコンが変わっています!
New01

16:9サイズのワイド画面でプロジェクトを作成する。ウィンドウ自体もiMovie HDのころとは随分違います!
New02

USBケーブルでVictor Everio GZ-MG130をMacに接続すると!
お!〜〜〜〜〜。ビデオカメラを認識してくれました。やった〜!

New03

取込むムービークリップを選択して、「完了」ボタンをクリックすれば取り込み開始!
New04 New05

New06 New07

サムネールが作成されて、準備完了! 
iMovieHDで Eveiroの映像を取込む作業と時間と比べたらどんでもなく簡単に行えますね。

New08

New09

iLife'08 - iMovieが利用できるマシンスペックなら新しいiMovieを利用したほうが楽でいいですね。おすすめです!

尚、新しいiMovieの操作に慣れるのに私の場合は、1〜2時間程度でした。ということで、次回サンプルムービーの作成へつづく。

iLife '08

iLife '08ファミリーパック

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つい買ってしまった。ビクターエブリオ #2:

コメント

コメントを書く