« 携帯へのスパムメール | トップページ | え〜〜っ!、600円/H »

2007年9月27日 (木)

"日本語"のデータベースオブジェクト名 #1

Oracle10gのグローバリゼーションガイドには、新たに構築するデータベースでは、データベースキャラクタセットとして AL32UTF8 を推奨している。
Oracle Database グローバリゼーション・サポート・ガイド
10g リリース2(10.2)- データベース・キャラクタ・セットに関する指示書

ちなみに、Oracle製品間であっても、こんな注意点もある。
Oracle Content Management SDK(Oracle CM SDK)

とにかく、データベースキャラクタセットを選択する際には、関連するプロダクトの制限などもよ〜〜く調査して、方針を決めないといけないだろうね。あとで苦労しないためにも。

次回は、データベースキャラクタセット絡みで注意しないとならない点を書こうかな。
特に、日本語(マルチバイト文字)で表名、列名、その他のデータベースオブジェクト名を定義しているようなところでは注意しておいたほうがよい点について書いてみようかと。

そういえば、"日本語" de ストアドなんてお遊びもやってましたねぇ。(^^;;

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/16588798

この記事へのトラックバック一覧です: "日本語"のデータベースオブジェクト名 #1:

コメント

コメントを書く