« まだ、まだ、まだ、Dashboard de Aqauarium ! | トップページ | JJUG : クロスコミュニティー IDEバトル? »

2007年8月19日 (日)

PL/SQL de Conditional Compile #5

さて、PL/SQL条件付きコンパイルもネタが無くなってきたので、最後に、DBMS_DB_VERSIONパッケージを利用して、各リリース毎にコードを切り替えてみよう!
ということで、Oracle database 10g以前のリリースとOracle databse 11g以降のリリースでコードを切り替える例。

● 条件付きコンパイルが無い場合、Oracle11gより前のリリースで以下ようなコードを書いてしまったら....

当然コンパイルエラー!
FUNCTION CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3 RETURN NUMBER
IS
vSeq# NUMBER;
BEGIN
vSeq# := mySeq.NEXTVAL;
RETURN vSeq#;
END CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3;
/

警告: ファンクションが変更されましたが、コンパイル・エラーがあります。

SCOTT> show errors
FUNCTION CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3のエラーです。

LINE/COL ERROR
-------- -----------------------------------------------------------------
9/5 PL/SQL: Statement ignored
9/20 PLS-00357:
表またはビュー、シーケンス参照MYSEQ.NEXTVALは、このコンテキストで
は使用できません。

SCOTT>

● しかし、DBMS_DB_VERSIONパッケージでリリース毎にコードを選択し切り替えたら・・・・便利ですよね。

CREATE OR REPLACE FUNCTION CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3 RETURN NUMBER 
IS
vSeq# NUMBER;
BEGIN

$IF DBMS_DB_VERSION.Ver_LE_10 $THEN
SELECT mySeq.NEXTVAL INTO vSeq# FROM DUAL;
$ELSE
vSeq# := mySeq.NEXTVAL;
$END

RETURN vSeq#;

END CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3;

DBMS_DB_VERSIONパッケージをリリース番号でどのようにソースコードが変化するか確認。
● Oracle database 10g以前のバージョンでコンパイルした場合

SCOTT> 
SCOTT> set serveroutput on
SCOTT> exec dbms_preprocessor.print_post_processed_source('FUNCTION','SCOTT','CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3');
FUNCTION CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3 RETURN NUMBER
IS
vSeq# NUMBER;
BEGIN
SELECT mySeq.NEXTVAL INTO vSeq# FROM DUAL;
RETURN vSeq#;
END CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3;

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。


● Oracle database 11g以降でコンパイルした場合

SCOTT> exec dbms_preprocessor.print_post_processed_source('FUNCTION','SCOTT','CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3');
FUNCTION CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3 RETURN NUMBER
IS
vSeq# NUMBER;
BEGIN
vSeq# := mySeq.NEXTVAL;
RETURN vSeq#;
END CONDITIONAL_COMP_SAMPLE3;

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT>


● 各リリース毎のDBMS_DB_VERSIONパッケージの違い
参考 http://download.oracle.com/docs/cd/B19306_01/appdev.102/b14258/d_dbver.htm

● 10.2:
package DBMS_DB_Version is 
Version constant pls_integer := 10;
Release constant pls_integer := 2;
Ver_LE_9_1 constant boolean := false;
Ver_LE_9_2 constant boolean := false;
Ver_LE_9 constant boolean := false;
Ver_LE_10_1 constant boolean := false;
Ver_LE_10_2 constant boolean := true;
Ver_LE_10 constant boolean := true;
end DBMS_DB_Version;
● 10.1:
package DBMS_DB_Version is 
Version constant pls_integer := 10;
Release constant pls_integer := 1;
Ver_LE_9_1 constant boolean := false;
Ver_LE_9_2 constant boolean := false;
Ver_LE_9 constant boolean := false;
Ver_LE_10_1 constant boolean := true;
Ver_LE_10 constant boolean := true;
end DBMS_DB_Version;
● 9.2:
package DBMS_DB_Version is 
version constant pls_integer := 9;
release constant pls_integer := 2;
Ver_LE_9_1 constant boolean := false;
Ver_LE_9_2 constant boolean := true;
Ver_LE_9 constant boolean := true;
end DBMS_DB_Version;




PL/SQL de Conditional Compile #1
PL/SQL de Conditional Compile #2
PL/SQL de Conditional Compile #3
PL/SQL de Conditional Compile #4

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/16152685

この記事へのトラックバック一覧です: PL/SQL de Conditional Compile #5:

コメント

コメントを書く