« PL/SQL de Conditional Compile #1 | トップページ | Oracle database 11g for MacOSX ? »

2007年8月16日 (木)

PL/SQL de Conditional Compile #2


とにかく、熱過ぎる! 沖縄の方が気温が低いってどうよ!? 避暑のために、石垣島なんていいかも。 午前10時の気温。東京:摂氏34.6度、沖縄:摂氏29.9度 沖縄のほうが気温が低い!(爆笑) http://www.weather-eye.com/amedas_graph/index.html

yanokami (矢野顕子 × レイ・ハラカミ) - yanokami - EP - You Showed Me yanokami (矢野顕子 × レイ・ハラカミ) - yanokami - EP - You Showed Me



さて、PL/SQL条件付きコンパイルの続きです。

前回は、本機能が正式にサポートされているOracle10g R2 10.2.0.2.0で行ったが、今回は、バックポートされた Oracle10g R1 10.1.0.4.0で行う。
PL/SQL条件付きコンパイル機能は、前回も書いたように、Oracle10g R1 10.1.0.4.0以降、Oracle9i R2 9.2.0.6.0以降へバックポートされている。

但し、Oracle10g R1 10.1.0.4.0以降及び、Oracle9i R2 9.2.0.6.0以降へバックポートされたPL/SQL条件付きコンパイルでは幾つかの制限があり、Oracle10g R2 からサポートされている同機能と比べて利用できない機能などが存在するので注意が必要だ。
ちなみに、前回のエントリで紹介したPLSQL_CCFLAG初期化パラメータは、パックポートされたOracle10g R1 10.1.0.4.0及び、Oracle9i R2 9.2.0.6.0以降では利用できないと記載されている。

参考:plsql_conditional_compilation.pdfのFunctionality restrictions in 10.1 and 9.2 (P.61)


では、前述の制限を踏まえつつ、以下、Oracle10g 10.1.0.4.0でのテストを!

環境:Oracle10g R1 10.1.0.4.0 for Linux x86
 (TurboLinux Enterprise Server 8 SP3- powered by United Linux 1.0)

前回の例では、ユーザ定義フラグとして、独自に DEBUGONブラグをPLSQL_CCFLAGS初期化パラメータで設定していたが、前述の制限の通り、ハックポートされた機能では利用できない。

そのため、バックポートされた条件付きコンパイルでも利用できるよう、PLSQL_DEBUG初期化パラメータを利用することにした。
このパラメータを利用すれば、Oracle10g R2/R1(10.1.0.4.0以降)/Oracle9i R2(9.2.0.6.0以降)それにOracle11gでも利用できるコードにすることができる。

注)初期化パラメータをしなくても各リリースでソースコードを共有できる方法がある。
但し、初期化パラメータを利用する方法に比べ、いちいちコードに手を加えなければならないなど、イマイチな感じはある。(別途掲載予定)

Conditional_compilation_sql_develop

● まずは、PLSQL関連の初期化パラメータの確認から。

PL/SQL関連の隠しパラメータが幾つかあるが、ここで大切なのは、_plsql_conditional_compilationという初期化パラメータでこれがTRUEであれば、PL/SQLの条件コンパイルが機能する。
また、Oracle10g R2には存在していた、PLSQL_CCFLAGS初期化パラメータが存在していないことも確認できる。前述した通り、今回は、PLSQL_DEBUG初期化パラメータを利用して条件コンパイルを行うことにする。

SYS> select * from v$version;

BANNER
--------------------------------------------------------------------------------
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.1.0.4.0 - Prod
PL/SQL Release 10.1.0.4.0 - Production
CORE 10.1.0.4.0 Production
TNS for Linux: Version 10.1.0.4.0 - Production
NLSRTL Version 10.1.0.4.0 - Production

SYS> l
1 select
2 a.ksppinm,
3 b.ksppstvl,
4 b.ksppstdf
5 from
6 x$ksppi a join x$ksppcv b
7 on a.indx = b.indx
8 and a.ksppinm like '%plsql%'
9 order by
10* a.ksppinm
SYS> /

KSPPINM KSPPSTVL KSPPSTDF
---------------------------------- ------------------------------ ------------------------------
_plsql_anon_block_code_type INTERPRETED TRUE
_plsql_conditional_compilation TRUE FALSE
_plsql_dump_buffer_events TRUE
plsql_code_type INTERPRETED TRUE
plsql_compiler_flags INTERPRETED, NON_DEBUG TRUE
plsql_debug FALSE TRUE
plsql_native_library_dir TRUE
plsql_native_library_subdir_count 0 TRUE
plsql_optimize_level 2 TRUE
plsql_v2_compatibility FALSE TRUE
plsql_warnings DISABLE:ALL TRUE

11行が選択されました。

SYS>

● 前回のコードから変更したコードは赤字部分

SCOTT> l
1 create or replace
2 FUNCTION CONDITIONAL_COMPILATION_SAMPLE
3 RETURN TIMESTAMP
4 IS
5 vNow TIMESTAMP;
6 BEGIN
7 $IF $$PLSQL_DEBUG $THEN
8 DBMS_OUTPUT.ENABLE(20000);
9 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('======= start =====');
10 $END
11 SELECT SYSTIMESTAMP INTO vNow FROM dual;
12 $IF $$PLSQL_DEBUG $THEN
13 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('======= end =======');
14 $END
15 RETURN vNow;
16* END CONDITIONAL_COMPILATION_SAMPLE;
17 /

ファンクションが作成されました。

● では、PLSQL_DEBUG=falseとして確認!

SCOTT> set serveroutput on
SCOTT> alter session set plsql_debug=false;

セッションが変更されました。

SCOTT> alter function conditional_compilation_sample compile;

ファンクションが変更されました。

SCOTT> exec dbms_preprocessor.print_post_processed_source('FUNCTION','SCOTT','CONDITIONAL_COMPILATION_SAMPLE');
FUNCTION CONDITIONAL_COMPILATION_SAMPLE
RETURN TIMESTAMP
IS
vNow TIMESTAMP;
BEGIN
SELECT SYSTIMESTAMP INTO vNow FROM dual;
RETURN vNow;
END CONDITIONAL_COMPILATION_SAMPLE;

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。


SCOTT> select conditional_compilation_sample from dual;

CONDITIONAL_COMPILATION_SAMPLE
---------------------------------------------------------------------------
07-08-13 22:53:14.161995000


● 次に、PLSQL_DEBUG=trueとして確認!

SCOTT> alter session set plsql_debug=true;

セッションが変更されました。

SCOTT> alter function conditional_compilation_sample compile;

ファンクションが変更されました。

SCOTT> exec dbms_preprocessor.print_post_processed_source('FUNCTION','SCOTT','CONDITIONAL_COMPILATION_SAMPLE');
FUNCTION CONDITIONAL_COMPILATION_SAMPLE
RETURN TIMESTAMP
IS
vNow TIMESTAMP;
BEGIN
DBMS_OUTPUT.ENABLE(20000);
DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('======= start =====');
SELECT SYSTIMESTAMP INTO vNow FROM dual;
DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('======= end =======');
RETURN vNow;
END CONDITIONAL_COMPILATION_SAMPLE;

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SCOTT> select conditional_compilation_sample from dual;

CONDITIONAL_COMPILATION_SAMPLE
---------------------------------------------------------------------------
07-08-13 22:54:01.071903000

======= start =====
======= end =======
SCOTT>
SCOTT>


次回は、初期化パラメータを利用しない場合コードの例を載せる予定。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106341/16132479

この記事へのトラックバック一覧です: PL/SQL de Conditional Compile #2:

コメント

コメントを書く