« Mac De Oracle - 10万円 de RAC #37 | トップページ | 10万円 de RAC 番外編 - X11 »

2007年2月17日 (土)

Mac De Oracle - 10万円 de RAC #38

10万円 de RACのつづき。Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認。

  1. ハードウェアの価格構成
  2. Linux (CentOS 4.4)のインストール
  3. ネットワークの構成
  4. Openfilerのインストール
  5. OpenfilerによるiSCSIボリュームの構成
  6. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成 その1。 その2
  7. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  8. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  9. hangcheck-timerカーネル・モジュールの構成
  10. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成
  11. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  12. Oracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成 その1/その2/その3
  13. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0)のインストール及び構成
  14. Oracle 10gソフトウェアのダウンロード
  15. Oracle10g R2インストール事前作業 その1/その2/その3/その4
  16. Oracle10g Clusterwareのインストール
  17. Oracle10g R2 Database softwareのインストール その1/その2
  18. Oracle10g R2 Companion CD softwareのインストール
  19. TNS Listenerの構成
  20. Oracle Cluster databaseの作成 その1/その2
  21. Oracle Net Serviceの確認
  22. 表領域の作成と変更
  23. Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認
  24. Clusterの開始と停止の確認
  25. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認
  26. PowerBook G4のJDeveloper10g/SQL Developer/SQL*Plusなどからの接続確認(Mac De Oracleではお約束!なので)
注)
MacOSX 10.4.8(PowerPC)へのOracle10g clientインストールは特に新しいネタでもないので記事として書く予定はないが、MacOSX 10.4.8(PowerPC)のJDeveloper10g、SQL DeveloperやSQL*Plusからの接続確認等の記録は載せる予定である。



今回は、Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認を行う。

オリジナルと異なるところは、環境変数NLS_LANGが、日本語のキャラクタセットだというところだけなので、特に追記することもなく、一気に確認を。
CentOSがUTF-8ベースであることもあり、環境変数LANG=ja_JP.UTF-8、環境変数NLS_LANG=japanese_japan.AL32UTF8 としてある。データベースキャラクタセットもAL32UTF8としてある。
MacOSXのTerminalは、これらに併せて、UTF-8に設定してある。

尚、手順など、OTN USの元ネタ「27. Verify the RAC Cluster & Database Configuration」とほぼ同様なのでそちらも参照されたい。


以下の確認作業は、Oracle RACの全ノードで実施する。(下記例は、discus1から実施したもの)

[oracle@discus1 ˜]$ srvctl status database -d orcl
Instance orcl1 is running on node discus1
Instance orcl2 is running on node discus2
[oracle@discus1 ˜]$ srvctl status instance -d orcl -i orcl2
Instance orcl2 is running on node discus2
[oracle@discus1 ˜]$ srvctl status service -d orcl -s orcltest
Service orcltest is running on instance(s) orcl2, orcl1
[oracle@discus1 ˜]$ srvctl status nodeapps -n discus1
VIP is running on node: discus1
GSD is running on node: discus1
Listener is running on node: discus1
ONS daemon is running on node: discus1
[oracle@discus1 ˜]$ srvctl status asm -n discus1
ASM instance +ASM1 is running on node discus1.
[oracle@discus1 ˜]$ srvctl config database
orcl
[oracle@discus1 ˜]$ srvctl config database -d orcl
discus1 orcl1 /u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1
discus2 orcl2 /u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1
[oracle@discus1 ˜]$ srvctl config nodeapps -n discus1 -a -g -s -l
VIP exists.: /discus1-vip.macdeoracle.jp/192.168.1.100/255.255.255.0/eth0:eth1
GSD exists.
ONS daemon exists.
Listener exists.
[oracle@discus1 ˜]$ srvctl config asm -n discus1
+ASM1 /u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1
[oracle@discus1 ˜]$

[oracle@discus1 ˜]$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 金 1月 12 00:37:21 2007

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle. All rights reserved.

SQL> conn / as sysdba
接続されました。
SQL> l
1 select
2 inst_id,
3 instance_number inst_no,
4 instance_name inst_name,
5 parallel,
6 status,
7 database_status db_status,
8 active_state state,
9 host_name host
10 from
11 gv$instance
12 order by
13* inst_id
SQL> /

INST_ID INST_NO INST_ PARALLEL STAT DB_STATU STATE HOST
---------- ---------- ----- --------- ---- -------- -------- ----------------------
1 1 orcl1 YES OPEN ACTIVE NORMAL discus1.macdeoracle.jp
2 2 orcl2 YES OPEN ACTIVE NORMAL discus2.macdeoracle.jp

SQL>
SQL> l
1 select name from v$datafile
2 union
3 select member from v$logfile
4 union
5 select name from v$controlfile
6 union
7* select name from v$tempfile
SQL> /

NAME
--------------------------------------------------------------------------------
+FLASH_RECOVERY_AREA/orcl/controlfile/current.268.611867601
+FLASH_RECOVERY_AREA/orcl/onlinelog/group_1.269.611867617
+FLASH_RECOVERY_AREA/orcl/onlinelog/group_2.270.611867647
+FLASH_RECOVERY_AREA/orcl/onlinelog/group_3.271.611873595
+FLASH_RECOVERY_AREA/orcl/onlinelog/group_4.272.611873627
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/controlfile/current.277.611867599
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/datafile/example.262.611867781
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/datafile/indx.270.611876095
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/datafile/sysaux.257.611867731
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/datafile/system.267.611867671
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/datafile/undotbs1.258.611867715
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/datafile/undotbs1.269.611876347
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/datafile/undotbs2.265.611876455
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/datafile/undotbs2.275.611867793
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/datafile/users.274.611867809
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/onlinelog/group_1.276.611867607
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/onlinelog/group_2.268.611867637
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/onlinelog/group_3.273.611873585
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/onlinelog/group_4.271.611873619
+ORCL_DISK_GRP1/orcl/tempfile/temp.272.611867743

20行が選択されました。

SQL>
SQL> l
1 select path
2 from
3 v$asm_disk
4 where
5 group_number in
6 (
7 select group_number
8 from
9 v$asm_diskgroup
10 where
11 name = 'ORCL_DISK_GRP1'
12* )
SQL> /

PATH
--------------------
ORCL:VOL1
ORCL:VOL2

SQL>

次回へつづく。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac De Oracle - 10万円 de RAC #38:

コメント

コメントを書く