« 10万円 de RAC 番外編 - EM10g DB Control | トップページ | Mac De Oracle - 10万円 de RAC #42 »

2007年2月24日 (土)

Mac De Oracle - 10万円 de RAC #41

10万円 de RACのつづき。PowerBook G4のJDeveloper10g/SQL Developer/SQL*Plusなどからの接続確認。SQL*Plus編。

  1. ハードウェアの価格構成
  2. Linux (CentOS 4.4)のインストール
  3. ネットワークの構成
  4. Openfilerのインストール
  5. OpenfilerによるiSCSIボリュームの構成
  6. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成 その1。 その2
  7. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  8. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  9. hangcheck-timerカーネル・モジュールの構成
  10. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成
  11. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  12. Oracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成 その1/その2/その3
  13. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0)のインストール及び構成
  14. Oracle 10gソフトウェアのダウンロード
  15. Oracle10g R2インストール事前作業 その1/その2/その3/その4
  16. Oracle10g Clusterwareのインストール
  17. Oracle10g R2 Database softwareのインストール その1/その2
  18. Oracle10g R2 Companion CD softwareのインストール
  19. TNS Listenerの構成
  20. Oracle Cluster databaseの作成 その1/その2
  21. Oracle Net Serviceの確認
  22. 表領域の作成と変更
  23. Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認
  24. Clusterの開始と停止の確認
  25. >簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認
  26. PowerBook G4のJDeveloper10g/SQL Developer/SQL*Plusなどからの接続確認(Mac De Oracleではお約束!なので) SQL*Plus編
注)
MacOSX 10.4.8(PowerPC)へのOracle10g clientインストールは特に新しいネタでもないので記事として書く予定はないが、MacOSX 10.4.8(PowerPC)のJDeveloper10g、SQL DeveloperやSQL*Plusからの接続確認等の記録は載せる予定である。



10万円 de RACも残すところ後少し、今日は、PowerBook G4 (MacOSX10.4.8)の SQL*Plusからの接続確認を行う。

● tnsnames.oraの設定

TAFの設定もしてあるが接続確認だけを行う。
Last login: Sat Feb 24 22:30:49 on ttyp4
Welcome to Darwin!
pb17:˜ oracle$ cat $ORACLE_HOME/network/admin/tnsnames.ora
ORCLTEST =
(DESCRIPTION =
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = discus1-vip)(PORT = 1521))
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = discus2-vip)(PORT = 1521))
(LOAD_BALANCE = yes)
(CONNECT_DATA =
(SERVER = DEDICATED)
(SERVICE_NAME = orcltest.discus.info)
(FAILOVER_MODE =
(TYPE = SELECT)
(METHOD = BASIC)
(RETRIES = 180)
(DELAY = 5)
)
)
)

pb17:˜ oracle$

● /etc/hostsの設定

今回はDNSは利用していないのでhostsに設定した。
pb17:˜ oracle$ cat /etc/hosts
##
# Host Database
#
# localhost is used to configure the loopback interface
# when the system is booting. Do not change this entry.
##
127.0.0.1 localhost
255.255.255.255 broadcasthost
::1 localhost
192.168.1.3 discus1
192.168.1.4 discus2
192.168.1.5 arowana

#public virtual ip(vip) for Oracle RAC
192.168.1.100 discus1-vip
192.168.1.101 discus2-vip

pb17:˜ oracle$

● 環境変数NLS_LANGの設定

データベースのキャラクタセットに合わせて、AL32UTF8に設定し、SQL*Plusで接続確認を行った。
また、TerminalのキャラクタエンコーディングはUTF-8である。
pb17:˜ oracle$ echo $NLS_LANG
Japanese_Japan.JA16SJISTILDE
pb17:˜ oracle$ export NLS_LANG=japanese_japan.AL32UTF8
pb17:˜ oracle$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 10.1.0.3.0 - Production on 土 2月 24 22:39:36 2007

Copyright (c) 1982, 2004, Oracle. All rights reserved.

> conn system@orcltest
パスワードを入力してください:
接続されました。
SYSTEM> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
----------------
orcl2

SYSTEM> show parameter service

NAME TYPE VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
service_names string orcl.discus.info, orcltest
SYSTEM>
SYSTEM> select * from v$active_instances;

INST_NUMBER INST_NAME
----------- ------------------------------
1 discus1.macdeoracle.jp:orcl1
2 discus2.macdeoracle.jp:orcl2

SYSTEM> exit
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, Real Application Clusters, OLAP and Data Mining optionsとの接続が切断されました。

Macosx_client_sqlplus


ということで、PowerBook G4の Oracle10g R1 ClientのSQL*Plusからの接続は確認できた。次回へつづく。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac De Oracle - 10万円 de RAC #41:

コメント

コメントを書く