« Insight World 2007 | トップページ | Speech Recognition »

2007年2月15日 (木)

Mac De Oracle - 10万円 de RAC #36

10万円 de RACのつづき。Oracle Net Service構成ファイルの確認。

  1. ハードウェアの価格構成
  2. Linux (CentOS 4.4)のインストール
  3. ネットワークの構成
  4. Openfilerのインストール
  5. OpenfilerによるiSCSIボリュームの構成
  6. Oracle RACノードでのiSCSIボリュームの構成 その1。 その2
  7. Oracle所有者と関連ディレクトリの作成及び環境変数の設定
  8. Oracle向けLinuxサーバーの構成(カーネルパラメータの設定)
  9. hangcheck-timerカーネル・モジュールの構成
  10. Oracle RACノード間リモートアクセスの構成
  11. Oracle RACノード構成ファイルの確認
  12. Oracle Cluster File System (OCFS2)のインストール及び構成 その1/その2/その3
  13. Oracle Automatic Storage Management(ASMLib 2.0)のインストール及び構成
  14. Oracle 10gソフトウェアのダウンロード
  15. Oracle10g R2インストール事前作業 その1/その2/その3/その4
  16. Oracle10g Clusterwareのインストール
  17. Oracle10g R2 Database softwareのインストール その1/その2
  18. Oracle10g R2 Companion CD softwareのインストール
  19. TNS Listenerの構成
  20. Oracle Cluster databaseの作成 その1/その2
  21. Oracle Net Serviceの確認
  22. 表領域の作成と変更
  23. Oralce RAC ClusterとDatabase構成の確認
  24. Clusterの開始と停止の確認
  25. 簡単なTransparent Application Failover (TAF)の確認
  26. PowerBook G4のJDeveloper10g/SQL Developer/SQL*Plusなどからの接続確認(Mac De Oracleではお約束!なので)
注)
MacOSX 10.4.8(PowerPC)へのOracle10g clientインストールは特に新しいネタでもないので記事として書く予定はないが、MacOSX 10.4.8(PowerPC)のJDeveloper10g、SQL DeveloperやSQL*Plusからの接続確認等の記録は載せる予定である。



今回は、Oracle Net Serviceの確認。

tnsnames.oraに作成した(された)Cluster Databaseの各サービス名で接続できるか確認する。

尚、手順など、OTN USの元ネタ「25. Verify TNS Networking Files」とほぼ同様なのでそちらも参照されたい。

どちらのノードから行ってもいよいのだが、下記例では、discus1から行っている。

[oracle@discus1 ˜]$ 
[oracle@discus1 ˜]$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 木 1月 11 22:52:06 2007

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle. All rights reserved.

SQL> conn system@orcl2
パスワードを入力してください:
接続されました。
SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
------------------------------------------------
orcl2

SQL> conn system@orcl1
パスワードを入力してください:
接続されました。
SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
------------------------------------------------
orcl1

SQL> conn system@orcltest
パスワードを入力してください:
接続されました。
SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
------------------------------------------------
orcl2

SQL> conn system@orcl
パスワードを入力してください:
接続されました。
SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
------------------------------------------------
orcl1

SQL> exit
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, Real Application Clusters, OLAP and Data Mining optionsとの接続が切断されました。
[oracle@discus1 ˜]$

とまあ、こんな感じです。


次回へつづく。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac De Oracle - 10万円 de RAC #36:

コメント

コメントを書く